Home > 平成21年1月

平成21年1月

只今不法投棄警戒活動実施中

 今日1月31日をもって、六本木交差点より飯倉片町方向、外苑東通り六本木三丁目側に在った複数のゴミ集積所が廃止となりました。
 かねてより、これら集積所では、時間外やエリア外からのゴミ搬出などの不法投棄が続いていたこと、また区が行ってきた従来の集積方法から民間業者による集積への移行を促すなどの理由により、今回の廃止となりました。DSC06099.JPGDSC06100.JPG

 午前から最後の収集作業が行われ、作業が終了した場所から、封鎖措置が取られております。写真は午後9時の様子です。車道停車中の車は、みなと清掃事務所の監視車両。DSC06170.JPGDSC06173.JPG
 また同時刻から、地元の六本木町会、六本木安全安心パトロール隊、みなと清掃事務所、港区麻布地区総合支所、麻布警察などが現場に集まり、不法投棄に対する監視活動が行われております。
 私も明日まで、一定の時間ごとに巡回を行い、不法投棄防止のための警戒監視活動に当たっております。

 2月1日午前0時40分頃。風が強くなり寒さが効いてきました。風の影響で警告プレートがひん曲がってしまいました(写真左)。集積所閉鎖後、一部で路上に空き缶等が放置される状況が発生したため、ゴミ収集軽トラも出動しました(写真右)。DSC06187.JPGDSC06194.JPG

港区基本計画・実施計画(素案)について4・都市計画道路変更

 建設常任委員会が開会され、港区基本計画・実施計画(素案)について四回目の質疑が行われました。
 私からの質問ですが、この時点で"ネタ切れ"の状態となったため、質問は行いませんでした。

 基本計画素案以外に、東京都市計画道路の変更について(幹線街路放射第22号線)が、報告事項として議題に載せられました。
 都市計画道路の路線を変更する場合、都市計画法第21条第2項の規定、及び同規定において準用される同法第18条第1項の規定により、路線上の各自治体の意見を都道府県は聞かなければいけないことになっております。
 今回の変更場所は、以下記載のとおり渋谷区内ですが、同線が港区内も通過しているため、道路管理者である東京都から意見を求められています。

■街路詳細
路線名:放射第22号線
起点:港区六本木三丁目
終点:渋谷区道玄坂一丁目
距離:4.2キロ
早い話が六本木通りのことです。

■変更概要
①一部幅員の変更
 44m~38m → 50m~45m(渋谷2丁目~道玄坂1丁目 距離120m)
②車線の数の決定
 6車線
現場は246号線が渋谷駅南側の高架を潜る場所です。

 変更箇所の現状は、車道4車線、その外側に幅員5m以上の歩道が2本ある状態です。その歩道には現在自転車駐輪場も設置されています。
 質疑では、これら駐輪場も含めて現行の歩道を削ることになるのか質問致しましたが、担当者からは、区内のことではないので正確には分かりませんとのことでした。
 確かに港区外のこととは言え、法律上港区も意見を求められている以上、もう少し関連情報の収集や把握を努めてもらいたいと思います。
 

商店グランプリ/連合港新年会

 昨日、「平成21年度港区商店街連合会新年賀詞交歓会・平成20年度港区商店グランプリ表彰式」に出席致しました。港区議会では、産業政策を担当する区民文教委員会(渡辺専太郎委員長)所属の議員が出席することになっており、私は同委員会所属ではありませんが、議員就任以前、六本木商店街振興組合の理事を務めていた縁も有りうかがいました。
 港区商店グランプリとは、「お客様に愛されるお店づくり」及び「お店のイチ押し商品・サービスの開発・提供」に意欲的、積極的に努めている区内商店を審査・表彰することにより、商店経営の改善発展と区内商業の振興に役立てるものです(港区商店グランプリ受賞店ガイドより)。
 今回の受賞店は以下のとおりです。受賞された皆様おめでとうございます。
①にっぽんの洋食 赤坂 津つ井
②しゃぶしゃぶ・すき焼き 瑞雲
③新橋ベースボール居酒屋 三冠王
④コーヒーローストSAI
⑤Hair Cut KAWAMURA
⑥シャトレーゼ三田通店
⑦仙台坂 ますもと酒屋
⑧ヨロズヤ文具店
⑨Restaurant Carioca by R.Ramos
⑩ふじ鮨
DSC06087.JPG商店グランプリ受賞式の様子。檀上は開会の挨拶を行う後藤譲六本木商店街振興組合理事長。

 商店街連合会新年賀詞交歓会の後、日本労働組合総連合会(連合)港地区協議会主催の新春の集いに参加しました。民主党からは、大塚たかあき都議、渡辺専太郎区議、七戸淳区議が、また武井雅昭港区長も参加しました。
 私は区民の皆さんと共に、現場で汗を流す皆さんの声も区政に反映して行きたいと考えております。厳しい雇用環境にはありますが、働く皆さんの応援をして行きたいと思います。DSC06093.JPGDSC06095.JPG
挨拶をする武井雅昭区長(左)と大塚たかあき東京都議会議員(右)


港区基本計画・実施計画(素案)について3

 建設常任委員会が開会され、港区基本計画・実施計画(素案)について三回目の質疑が行われました。

  基本計画素案本文の中に以下のような文章が在り、この内容から質問を行いました。
 ■国際競争力強化を支える都市機能の充実
 港区は、75か国の大使館や多くの外資系企業が立地し、人口のやく1割、約120か国にのぼる国籍の外国人が暮らすなど、わが国で最も国際性豊かな地域の一つです。また、金融・情報通信をはじめとする業務機能が高度に集積し、わが国の国際競争力を支える一大拠点を形成しています。
 都市の活力を高め、港区をより魅力的なまちにするために、外国人にとっても、安心して訪れ、住み続けられる良好な生活環境を確保することが求められます。

質問(1)国際競争力強化を支える都市機能の充実について
①ここでいう「国際性」の意味は。

 答弁は新村和彦都市計画課長が行いました(山本書き取りのまま。以下各番号は、各質問項目に対応しております)。
答弁(1)①大使館、それに金融などの外資系企業が数多くあること、そして人口の1割が外国人であることだと考える。

 なお以下のような要望も行いました。要望とは、行政に対して具体的な答弁を求めるのではなく、議員としての要望について発言することです。
 今回質問で取り上げた「国際競争力強化を支える都市機能の充実」は、一見短い文章に見えますが、この中に三つの意味が混在していると思います。
 すなわち、外国大使館や外資系企業が数多く立地している点、金融・情報通信などの業務機能が集積している点、外国人にも安心して住み続けられる生活環境を確保するという点、これらを一括りにするのはどうかと思います。
 そもそも我が国の国際競争力の強さは、何も外国資本の存在だけではなく、日本人の勤勉さをベースとする能力の高さに在ると考えます。昨今金融不安が叫ばれていますが、景気の善し悪しで、国際性の増減がなされるわけではありません。その辺りを踏まえた基本計画を検討願いたい。
 


小学児童絵画展示(飯倉片町地下道)

 昨年12月22日、麻布地区コミュニティ形成事業 小学児童絵画展示除幕式に出席致しました。
 この事業は、母校麻布小学校の児童4年生が描いた絵を、飯倉片町交差点地下道に掲示したものです。地下道における景観改善と犯罪抑止に役に立っています。
DSC05572.JPGDSC05573.JPGDSC06195.JPGDSC06196.JPG

ブログカテゴリー改正

 ホームページのブログ(活動報告)のカテゴリーを改正しました。
 まず活動分野について、従来の「議員活動」「各種活動」から、「議員活動」「地区活動」「政治活動」「趣味その他」に改めました。
 各活動分野における活動事項も改めました。
 「議員活動」では、従来の「区政全般」「建設・街づくり」「交通・環境」「安全安心」に加え、「産業振興・物づくり」「区民文教」「街頭落書き対策」を、また旧「民主党・フォーラム民主」を二分割し、会派部門を「会派業務・政務調査」として設定しました。
 「地区活動」は新設の活動分野で、旧「各種活動」に含まれていた活動事項だった「地域・産業振興」を独立化させたものです。麻布地区のみならず区内各総合支所管内における地区活動を紹介します。
 「政治活動」も新設の活動分野で、従来の「松下政経塾」「北朝鮮・拉致問題」「国民運動」に加え、旧「民主党・フォーラム民主」の党活動部門として「民主党」を、新たに「遊説・集会」を設定しました。
 「趣味その他」は、映画や旅行などの私的趣味を、また「議員活動」と「政治活動」の各活動事項に含まれないものを「その他」として設定しました。
 平成21年度は、益々活動領域が拡大することが予想され、そのためブログのカテゴリーも拡大・改編致しました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

麻ノ葉町会日帰り旅行

 住民として参加している麻ノ葉町会の日帰りバス旅行で、静岡市に行って来ました。

 静岡市葵区に在る浅間神社本殿(写真左)と本殿前での一枚(写真右)。
DSC06076.JPGDSC06077.JPG

第5共和国(その2)

 韓国文化放送のドラマ「第5共和国」の第3話と第4話を鑑賞しました。
 先日掲載のとおり、このドラマは2005年に放映され、1979年の朴大統領暗殺事件から全斗換少将が政権を掌握するまでのストーリーです。放映当時は盧武鉉政権下にありました。韓国ではテレビ局は、時の政府の影響下に置かれています。従って左派政権の影響も色濃く反映されている部分を認識して見る必要がありそうです。
 大統領逝去後、崔圭夏国務総理が大統領代行に就任し、戒厳令が布告されます。韓国の政体はフランスに似ており、大統領が国家元首として対外的な顔であるとすれば、国務総理は対内的なまとめ役といったポジションに当たります。
 ドラマでは崔代行は日和見で無責任な指導者として描かれ、戒厳司令部と合同捜査本部が実権を掌握していく様子が描かれております。その合同捜査本部長が、後に大統領になる全斗換国軍保安司令官(陸軍少将)です。捜査の過程で、政治家や軍の幹部が賄賂などで篭絡され腐敗している現状に、全司令官とその側近は義憤を抱くようになります。また暗殺現場に戒厳司令官がいたことなどが明らかとなり、やがて両者は対立関係になります。
 全将軍は、朴大統領が育てた忠臣でした。祖国を建て直すのは自分しかいないという思いからか、それとも権力志向からかは分かりませんが、徐々に全司令官は独断で政治に関与するようになります。日本の毎日新聞が、全将軍が権限を掌握しつつあるとの記事を掲載したという場面も登場しました。
 暗にクーデターを即す側近達に対し、軽挙妄動を諫め、「勝負をするなら勝つ勝負をしろ。チャンスを掴むのも大事だが、待つのも大事だ。戦争をするなら時を考えろ。」というシーンが在りますが、印象に残りました。
 ところでアメリカは、CIA韓国支部を中心に、事件発生後の早い時期から情勢把握に努め、正式発表よりも前に朴大統領の死亡、強硬派の台頭、などの情報を確認し本国に打電していました。暗殺事件に米国が関与しているのか否か、今もって推測するしかないというのが番組の結論でした。

麻布防災協月例会

 麻布小地区防災協議会(水橋則男会長・水野むねひろ事務局長)の月例会が開催されました。今回は、毎回行っている避難所運営マニュアル案の検討以外に、屋上プールから地上への送水、マンホールトイレの位置確認、貯水タンクの視察、防災無線の使用訓練を行いました。

 区道に設置されているマンホールトイレ。普段の状態(左)と使用時の状態(右)。ここに簡易便器等を置く。
DSC06040.JPGDSC06042.JPG

 防災無線機の本体(左上)と携帯機器(右上)。双方の機器の間だけでなく、区役所や警察・消防などの関連機関とも通信が出来るようになっている。区職員と共に試験通信を行う森野弘司郎区議(左下)と、送信方法を練習する私(右下)。
DSC06054.JPGDSC06052.JPGDSC06058.JPGDSC06062.JPG

港区基本計画・実施計画(素案)について2

 昨21日、建設常任委員会が開会され、港区基本計画・実施計画(素案)について二回日目の質疑が行われました。

 質問(1)電柱の地中化について
①地表部における変圧器スペースの確保が必須だが、コンパクト化などの技術革新の動向についての把握は ②電線ではなく電線類と表記されているが、その内容は ③東電やNTTとの事業費の分担について
 質問(2)公衆トイレのあり方について
①今期整備対象となったトイレの選定について(既設か新設か) ②暗さや落書きの多さについて ③面積など大きさの基準について ④洋式トイレの導入は
 質問(3)交通安全について
①区民のみならず来街者や外国人にも啓発を
 答弁は榎本和雄都市施設管理課長が行いました(以下各番号は、各質問項目に対応しております)。
 答弁(1) ①機器のコンパクト化は進んでいる。港南2丁目では、雨水がしみ込む問題も起きている。また地下スペースの確保が難しい場合もある。将来さらに小型化が進むものと考えている。②東電以外に、NTTやケーブルテレビの回線も含まれている。③関係企業への負担金制度は在るが多くはない。都からの補助金も加え、区の負担を軽減したい。
 答弁(2) ①整備対象は昭和51年以前に建てられた既設トイレだが、緑水公園などは新設。②六本木三丁目公園や芋洗坂など、繁華街に近い所が落書き被害に遭いやすい。頻繁に見回るものの、それ以外の時間帯に書かれてしまうことが多い。③面積やトイレ個数の基準は、有って無いが如き。利用者のニーズに合わせ、またバリアフリー等を考えながら設置して行きたい。④「誰でもトイレ」には洋式を置いている。しゃがまないで済むからいい、誰が座ったか分からないからいやだ等、利用者から様々な声が寄せられている。洋式を増設すると共に、和式と分けて設置して行きたい。
 答弁(3) ①来街者や外国人も、被害者あるいは加害者になるおそれが在るので、共に啓発は必要であると考える。春・秋の交通安全運動期間中、国や都と共に啓発を行いたい。今後交通管理者と協議をしながら、外国人・来街者を含めた全体に啓発して行きたい。

ALL page  1   2   3   4 

Home > 平成21年1月

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る