Home > 平成21年5月

平成21年5月

建設委開会 魅力ある有栖川宮記念公園づくり事業他

 本日建設常任委員会が開会されました。議題は以下のとおりです。

(1)報告事項
①魅力ある有栖川宮記念公園づくり事業について
②放置自転車対策業務車両の事故について
③子どもの遊び場検討委員会の設置について
(2)審議事項
①付託案件について

<魅力ある有栖川宮記念公園づくり事業について>
 有栖川宮記念公園は港区を代表する公園です。貴重な自然が残る区内有数の公園として、またより愛され利用してもらえる公園として整備・保全していくために、区民参画組織を中心に検討しながら、必要な整備を行う「魅力ある有栖川宮記念公園づくり事業」に着手します。
 区民組織の新たなメンバーは、広報みなと5月21号で公募する予定です。また近隣町会からのメンバーは、5月中旬に、区より公園周辺の4町会に、から各2名を推薦するようお願いする予定です。
 以下質疑の内容です。答弁は新任の滝川豊美麻布地区まちづくり担当課長です。
質問 環境が良く、また由緒ある場所であり、当該事業の必要性を認めるものであるが、一方「魅力ある」というタイトルがあることは、逆に「魅力ない」部分が在ることに起因するのではないか。社会環境の変化等により、改善を要する部分について、どのように捉えているのか。
答弁 ①池にヘドロが堆積し、また透明度も低い。②区民から閉鎖的なイメージとの声も在る。周囲の塀も汚れが目立つ。③スーパーも隣接しており、周辺環境との一体性を考える必要がある。③区民が多様な目的で利用できるよう努めたい。
 なお要望として、子供や家族連れの利用者もいることから、区民参画について周辺小中学校のPTAにも呼び掛けて行くよう求めました。

<放置自転車対策業務車両の事故について>
 本件は、区道上における庁有車とタクシーとの衝突事故に関するものです。
 事故は、本年2月13日(金)午前10時35分頃、港区港南1丁目1番先、芝浦橋上で発生致しました。庁有車は、放置自転車対策業務のため巡回中に在り、同橋上で一時停止し、右側に位置する高浜公園内の状況を確認し、再び発信した直後に、前方曲り角より左折して来たタクシーが庁有車の側に寄って来て、双方車両の右前方部分が突しました。
 タクシー運転手が、乗客の指示する建物を探していて、前方をよく見ていなかった事が事故の原因で、庁有車側も曲がり角の視界が悪く、道幅も狭く、道路左側にガードレールも在り、咄嗟の回避行動が取れませんでした。
 なお弁護士の見解によると、過失の割合について、タクシー:庁有車が、9:1となり、補償額もこの基準で相殺されることになるとのことでした。
 以下質疑の内容です。答弁は奥野佳宏芝浦港南地区協働推進課長です。
質問 相手側(タクシー)がぶつかって来た事故だが、港区側にも1割の過失を負わされることになるのか。
答弁 庁有車側も完全に止まっていたのではなく、動いていたため、残念ながら過失が発生することになった。
 答弁後、要望として、昨年一昨年と庁有車に関わる事故が続いていることを踏まえ、我が会派より庁有車にドライブレコーダーを装着するよう今年度予算要求を行い、未だ実現には至っていないが、芝浦港南地区総合支所としても検討して頂きたい旨、発言致しました。

<子どもの遊び場検討委員会の設置について>
 区内の公園や児童遊園の中には、近年の少子化や子供を取り巻く環境の変化等により、子供が遊んでいる場所とそうでない場所との二極化が進んでいます。また立地条件も、安全安心の観点から課題のある場所も見られます。
 一方芝浦港南地区のように子供が増加している地域も在り、健全な子供の遊び場を検討する必要も在ります。
 このため「子どもの遊び場検討委員会」を設置し、子供がのびのび遊べる環境や遊び場の在り方を検討します。そして次年度には、現行の「区立公園」「児童遊園」「緑地」「遊び場」という制度体系を見直し、新たな体系として「区立公園」「まちかど広場」「緑地・遊び場」に移行するための関係条例の改正に着手する予定です。
 本年5月には、検討委員会区民委員の公募が行われます。
 以下質疑の内容です。答弁は波多野隆土木計画担当課長です。
質問 私の自宅付近にも児童遊園や遊び場が存在する。麻布台1-9-15の雁木坂児童遊園では、全く人気が無く、単なる広場があるだけの状態だ。また麻布台3-3の永坂上遊び場では、最近遊具が新調されたが、子供達が利用している様子をほとんど見たことが無い。現存するこれら児童遊園や遊び場の内、用途転換や新体系への移行など改善を要する場所はどれくらいの割合で存在するのか。
答弁 児童遊園については、広さを定める決まりが在り、大体500㎡となっている。既存の施設については、かなりの部分が改善を要する状態だ。本来子供たちのための施設が、大人の溜まり場やホームレスが住み着いているような状況であり、このままでいいのかという思いはある。

<付託案件について>
 以下の請願については、本日継続審議となりました。
 請願20第4号 港区芝増上寺周辺の良好な景観と環境を次世代に引き継ぐためと環境保全に関る超高層オフィスビル「(仮称)芝公園プロジェクト」についての請願
 請願20第10号 三叉路に信号設置または車両規制をする請願
 請願20第20号 (仮称)『芝浦四丁目計画』に関する請願

民間憲法臨調公開フォーラム

 これからの日本の憲法について、様々な提言を行って来た民間憲法臨調(三浦朱門代表世話人)が主催する第11回公開憲法フォーラム「国の安全・独立と憲法9条 -対馬・ソマリアを問う-」が、銀座ブロッサム(中央区)で開催され、参加して来ました。
 憲法改正国民投票法の成立により、衆参両院に憲法審査会を設置することが決まってから2年が経ちましたが、未だ審議開始のめどが立っていないのが現状です。曖昧な憲法9条の規定と積み重ねられて来た政府解釈の元で、国家の主権や国益が阻害されても、目を背け続ける現状逃避の姿勢は、もはや限界来ており、一日も早くこの現状を打開しなければならないというのが、本フォーラムの趣旨です。

 主催者代表挨拶に立つ大原康男國学院大學教授(左)と、来賓挨拶を行う安里繁信日本青年会議所会頭(右)。
DSC07671.JPGDSC07673.JPG

 基調提言は、ジャーナリストで同会世話人櫻井よしこ氏。
「本来外交と軍事は表裏一体でなければならず、日本がそうでないのは異常。異常の原因は現憲法に在り、憲法改正が必要。」
 シンポジウムには、パネラーとして山谷えり子自民党参議院議員、長島昭久民主党衆議院議員、秋山昌廣海洋政策研究財団会長(元防衛事務次官)、コーディネータとして西修駒澤大学教授がそれぞれ登壇しました。
 山谷議員「現在採択されている教科書6社の中で、竹島に言及しているものは1社のみ。対馬で韓国人資本による土地買収が拡大している問題が起きているが、大正14年に制定された外国人土地所有法が現在も効力が在ることが分かった。」
 長島議員「北朝鮮問題をめぐり日米関係の行末を懸念する声が多いが、むしろ日本が自立するためのチャンスであると考えたい。それは日本がアメリカから離れることではなく、日本も自らの責任を果たし、真の意味での日米同盟を推進するということだ。オバマ政権は、一期目に於いては、イラク・アフガン問題への対応に追われ、ここ数年アメリカをあてにしていてはだめだ。海洋や宇宙の利用についての基本法を定め、日本としてのビジョンを示していかなければならない。」
秋山会長「ソマリア沖の海賊対処など、今世界では軍隊の警察化が進んでいる。実は国連安全保障理事会での審議に於いて、日本は相当関与を行って来たのだが、具体的な行動は為されて来なかった。具体的な行動は今年からになる。」

基調提言に立つ櫻井よしこ氏(左)とシンポジウムの様子(右)。
DSC07677.JPGDSC07683.JPG

徒歩遊説「徒風」、白金台3丁目で実施

 民主党港遊説部による徒歩遊説「徒風24号」を、白金台3丁目で実施致しました。
 弁士として海江田万里総支部長(前衆議院議員)より国政報告、大塚たかあき港区支部長(都議会議員)より都政報告が行われました。
 白金台地区の担当区議は杉浦のりお議員ですが、当日は所用のため、私山本へるみが代役としてナビゲーションと司会を務め、歩きながら港区と東京都の相談窓口を広報しました。
◇新型インフルエンザの感染、及び感染が疑われる地域等からの帰国者又は入国者の相談窓口
・みなと保健所健康予防課
 電話番号 03-3455-4770
 平日午前8時30分~午後5時15分
・東京都保健医療情報センター「ひまわり」、
 電話番号03-5272-0303で対応します。
 休日・夜間

地点② 白金台ハウス南側 月極駐車場にて
DSC07653.JPG
地点⑥ 三田用水跡駐車場にて
DSC07656.JPG
地点⑨ 三田用水遺構前にて
DSC07659.JPG

ALL page  1   2 

Home > 平成21年5月

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る