Home > 平成22年9月

平成22年9月

22三定9日目 環境清掃費・民生費を質疑

 平成21年度決算特別委員会審議三日目の今日は、環境清掃費及び民生費に関わる質疑を行いました。

  < 一般会計第三款 環境清掃費 >

● 環境清掃費質問1番 光化学スモッグ注意報の発令状況について
 ここのところ光化学スモッグ注意報の発令が多いと感じる。
 ① 警報発令までの仕組みについて
 ② 今年発令が多い理由は
  (答弁:環境課長)
○ 光化学スモッグは注意報は東京都が発令している。発令基準である光化学オキシダント濃度基準値が0.12ppmを超え継続する時、都より注意報発令の連絡が環境課に届く。その連絡を基に、防災行政無線や庁内放送で区民に知らせ、同時に区有施設や学校(含私立)、保育園等に注意報発令をFAXで連絡する。
○ 昨年度は1回だったが、今年度は7回注意報を発令している。
○ 光化学スモッグは、自動車の排気ガスや工場の煙から排出された窒素酸化物と、ガソリンなどに含まれる炭化水素が、紫外線を受け、光化学反応を起こし、オゾンなどの光化学オキシダントなどを発生させる
○ 発生しやすい条件は、日差しが強く、気温が高く、風が弱い日に発生する。特に今年東京では、気温30度以上の真夏日が56日、最高気温35度以上の猛暑日が10日間あり、気温も高く、紫外線も強い安定した天気が続いたため、多く発生したと考える。
○ 7月の時点で3回注意報を発令したため、8月21日の広報で、注意報が多く発令されていることを知らせた。

● 環境清掃費質問2番 公害防止指導について
 項の1、環境費の中の公害防止指導について、平成21年度の支出済額が1847万6460円、不用額は438万2540円となっている。
 平成21年度の実績報告については。
  (答弁:環境課長)
○ 主たる経費は、公害関係技術支援業務委託及び自動車騒音・振動の調査業務だ。
○ 公害関係技術支援は、公害関係業務に民間専門業者の能力を活用するもので、アスベスト関係111件、苦情相談や測定関係90件、工場・事業所への立ち入り48件、土壌汚染関係17県の実績となっている。
○ 自動車騒音・振動の調査は、区内幹線道路で定期的に環境基準の達成状況を調査している。低周波やアスベスト等、より専門性の高い調査を迅速に行えるような体制が必要。

● 環境清掃費質問3番 ボランティアへのごみ袋配布について
 六本木交差点周辺では、早朝使用済のびんや缶が大量に捨てられている。近隣商店会や町会の皆さんが、朝ボランティアで自主的に拾いごみ袋に入れ、週一回の資源ごみ回収日まで、自らの地所内に一時保管しているとのこと。
 このような自主的な取り組みを行っている人々に、ごみ袋を配布してあげることはできないか。
  (答弁:みなと清掃事務所)
○ 地域が主体となって行う清掃活動は、街の環境美化に欠かせない。
○ ボランティア活動に必要なごみ袋の配布について、今後町会や商店街振興組合などから要望があれば、可能な限り対応したい。

  < 一般会計第四款 民生費 >

● 民生費質問1番 障害者送迎支援について
 障害者福祉施設への送迎用のバスが、乗降する際に停車する場所について。
① 既存のバス停を活用することはできないか。
② その他運行上、改善を要する課題について
※答弁書が出揃っておりませんので、揃い次第掲載します。

● 民生費質問2番 民生委員活動推進について
 項の1、社会福祉費で、民生委員・児童委員活動推進として、平成21年度の支出済額が2393万6166円、不用額は92万1834円となっている。
 最近高齢者の所在不明事案が続き、民生委員の活動に対する注目や期待が高まっているところだ。しかし、委員へのなり手が少ないこと、また委員一人当たりが担当する訪問件数が多く、膝を突き合わせて会話ができず、玄関先での訪問に終わってしまっているとの話も聞く。
① 平成21年度の実績報告については。
② 港区における民生委員の実情や今後の区の取り組みについて。
  (答弁:保健福祉課長)
○ 民生委員・児童委員の主な活動実績として、在宅福祉、介護保険など高齢者に関する相談1528件、子育て・母子保健など子供に関する相談277件など相談件数の総数は2250件。一人暮らし高齢者約13000人の実態調査、約15000回の訪問連絡活動(一人当たり約100回/年)、高齢者約3800人への寿商品券贈呈など活動。
○ オートロックマンションの増加など住宅事情の変化、プライバシー、個人情報の保護など活動を制約する問題が発生している。
○ 民生委員・児童委員の厳格な適格要件と職務が多岐にわたり負担が大きく、無報酬などのため、なり手が少なくなっている。
○ そのため支所区民課と協力し、各地域の中で民生委員・児童委員候補の人々を探し出し、欠員の解消に努めていく。


22三定8日目 決算特別委員会とは?

 平成21年度決算特別委員会(略称:決特)の審議二日目。昨日に引き続き総務費の質疑ですが、私の番は済んでおりますので、今日は出番は無く、皆様への報告もありません。

 そこで改めまして、決算特別委員会について、皆様にご説明しましょう。
 毎年9月議会、すなわち第三回定例会において、前年度の決算を審議するための決算特別委員会が設置されます。今年は平成22年ですので、今回は平成21年度となります。
 審議日程は7日間です。港区の場合は、34人の全議員により委員会が構成されますが、通常他の自治体は、各会派から委員を選定して行われているようです。

 平成21年度決算特別委員会で審議される議案は以下のとおりです。
 議案第72号 平成22年度港区一般会計歳入歳出決算
 議案第73号 平成21年度港区国民健康保険事業会計歳入歳出決算
 議案第74号 平成21年度港区老人医療保険会計歳入歳出決算
 議案第75号 平成21年度港区後期高齢者医療会計歳入歳出決算
 議案第76号 平成21年度港区介護保険会計歳入歳出決算

 港区の予算には、一般会計(議案第72号)と、4つの特別会計(議案第73号~76号)から成り、各会計の歳入(収入)と歳出(支出)について審議が行われます。特に一般会計では、歳出については、各款毎に質疑が行われます。
 各会計の内容は、カテゴリー分類として、順に、款(大分類)・項(中分類)・目(小分類)とに分かれます。一般会計の各款は以下のとおりです。
  第  1  款    議  会  費
  第  2  款    総  務  費
  第  3  款    環  境  清  掃  費
  第  4  款    民  生  費  
  第  5  款    衛  生  費
  第  6  款    産  業  経  済  費
  第  7  款    土  木  費
  第  8  款    教  育  費
  第  9  款    公  債  費
  第  10  款    諸  支  出  金
  第  11  款    予  備  費

 決算特別委員会なので、金額についての審議が行われると思われがちですが、実際には、祖の様な質問を行う議員は私以外にはおりません。2月議会(第一回定例会)で設置される予算特別委員会でも同じなのですが、金額についての質問が行われていないことが、議員就任後のカルチャーショックの一つでした。
 各会計各款の質疑が終了後、順に各会派からの総括質問、決算認定に関する各会派による態度表明と行われ、委員会採決が行われます。採決の結果は、本会議に送付され、定例会最終日に本会議採決が行われ、決算の認定未認定が確定されます。

22三定7日目 決特開会 費用弁償、客引き対策質疑

 今日から7日間、平成21年度決算特別委員会が開会されます。
 同委員会における審議事項は以下のとおりです。

 議案第72号 平成22年度港区一般会計歳入歳出決算
 議案第73号 平成21年度港区国民健康保険事業会計歳入歳出決算
 議案第74号 平成21年度港区老人医療保険会計歳入歳出決算
 議案第75号 平成21年度港区後期高齢者医療会計歳入歳出決算
 議案第76号 平成21年度港区介護保険会計歳入歳出決算

 平成21年度決算特別委員会の理事は以下のとおりです。
 委  員  長  菅野 弘一
 副 委 員 長  森野弘司郎
 副 委 員 長  杉浦のりお
 理     事  山本閉留巳(保守日本)・赤坂だいすけ(自民)・清原和幸(自民)・星野喬(共産)・林田和雄(公明)・沖島えみ子(共産)・樋渡紀和子(F民主)・藤本潔(公明)

 今日は審査意見書、一般会計歳入、一般会計歳出の内の議会費と総務費の質疑が行われました。
 私は、議会費と総務費の質疑を行いました。質問内容とそれに対する理事者答弁は以下のとおりです。

  < 一般会計第一款 議会費 >

● 議会費質問1番 費用弁償について
 費用弁償を、近年定額支払いから実費支払いに切り替えている自治体が増えていると聞く。特別区等他自治体における実例は。
  (答弁:議会事務局次長)
○ 港区議会と同様に定額(2500円~5000円)で支給している区議会が19区議会、内3区議会で見直しを検討中。
交通費実費相当額を支給している区議会は千代田区と世田谷区両区議会。
○ 杉並・荒川両区議会は費用弁償を廃止済。
○ 港区議会では、議会改革検討会の検討を経て、それまでの6千円から昨年4月より5千円の定額支給になっており、今後も引き続き引き下げの方向で検討する扱いとなっている。

● 議会費質問2番 議会におけるペーパレス化への考え方について
 区議会では、代表・一般質問の通告や議会だよりの原稿を、未だフロッピーディスクに保存して手交する方法を行っている。世間では、今やデータ保存メディアとしてはUSBが、また情報伝達手段でとして、メールやLANの活用が主流である。
 区行政では、情報容量が多く、漏洩のおそれがあるとの考えからUSBを忌避しているが、それは機材やシステムの問題ではなく、それらを扱う人間によるヒューマンエラーが原因である。
 また予特や決特の質問通告は、手書きによる手交を行っている。これも紙数が増えるばかりであり、日頃環境対策を訴える区の姿勢としても疑問が残る。
 少なくても情報化、環境対策の強化という観点から、少なくても議員と議会事務局の間からでも、ネットワーク化やペーパレス化を進めるべきではないか。
  (答弁:議会事務局次長)
○ 事務局でもペーパレス化の取り組みは重要な視点であると考える。
○ 一部だが議員からの質問通告について、メールによる文書の収受を行っている。
○ 議会改革検討会での検討項目の一つに、インターネット・庁内LANの議員控室、委員会室への敷設がゆだねられている。今後の課題として、利便性、効果性も含め、検討を議会改革検討会にお願いしたい。

  < 一般会計第二款 総務費 >

● 総務費質問1番 六本木地区における客引き対策について
 夜間、歩道上で呼び込みや客引きを行う外国人が一層増加し、またしつこくなってきている。歩行するにも、道路の真ん中に立たれ、邪魔で歩けない。
 周辺の善良な飲食店からは、六本木が怖いというイメージが広がり、客足も減り、営業にも支障が出ているとの声も聞いている。
 本職は、これまでも六本木地区における様々な安全安心対策について質疑を行い、区も状況改善に向けた各種の取り組みを行ってきたことは評価するが、実際に六本木で生活をしている区民や、事業を行っている事業者の皆さんの正直な体感としては、依然として悪い状況が続いている、あるいは悪化していると捉えている向きは相当ある。
① 平成21年度における六本木地区における客引き対策について。
② 本件に関する現状及び今後の取り組みについて
③ 住民や事業者の皆さんへの一層の説明について
  (答弁:生活安全担当課長)
○ 昨年5月に麻布警察署と協力して、「クリーンタウン六本木決起大会」を実施し、客引き排除宣言、客引き排除のための警告看板設置を行い、また同年6月には東京入管、警察、地域の方々と協力して「不法就労外国人対策キャンペーン」を実施した。
○ 本年3月には、六本木地区のビルオーナー・テナント事業者を対象に、外国人適正雇用などを内容とする「六本木地区ビルオーナー・テナント事業者講習会」を実施した。
○ 同地区の現状は、依然として外国人による客引き・立ち塞がり等の行為が行われ、地域の方々や来街者に不安を与えている状況だ。よって本年6月に東京入管や警察等と協力して、「不法就労外国人対策キャンペーン」を実施すると共に、警視庁に対し、引き続き不法客引き等の取り締まり強化を要請した。
○ 今後も警視庁、東京入管等関係機関との連携を深め、地元町会、商店会、事業所、関係団体等で構成する「六本木地区安全安心まちづくり推進会議」での協議を踏まえ、効果的な取り組みを検討する。
○ 区の取り組みについての広報・周知については、「六本木地区安全安心まちづくり推進会議」での協議を通じて行ってきた。引き続き同会議と連携しながら、地域の方々と一体となって取り組みが出来る効果的な広報手段等について検討して行く。

● 総務費質問2番 麻布地区における生活安全・環境美化推進事業について
① 平成21年度における本事業の実績報告は。
② 本年度及び今後の取り組みについて。
  (答弁:麻布協働推進課長)
○ 麻布地区の生活安全と環境を守る協議会にて、環境美化分科会と生活安全分科会の2分科会を中心に、地域の課題解決に向けた活動を行った。
○ 環境美化分科会では、落書き・ピンクチラシ対策、みなとタバコルールの推進、ヒートアイランド対策などをテーマに活動している。21年度は、みなとタバコルール啓発キャンペーンへの参加、年末に六本木5丁目で起きた大規模落書きに対する消去活動、他の自治体の落書き対策の事例研究を行った。
○ 生活安全分科会では、自転車・二輪車対策、公園・道路の安全対策などをテーマに活動している。21年度は、自転車マナーアップキャンペーンを赤羽橋駅周辺及び広尾駅周辺で実施、麻布管内の公園・児童遊園等28箇所の現状調査及び改善事項の検討を行った。
○ 同協議会において、今年度も2分科会活動を中心に、地域の課題解決に向け取り組みを進める。
○ 環境美化分科会では、今夏、六本木打ち水大作戦や麻布地区総合支所で実施打ち水に、麻布保育園の園児と共に参加した。今後みなとタバコルール啓発キャンペーンへの参加、落書き消去活動も予定している。
○ 生活安全分科会では、安全安心セミナーの開催、麻布十番駅周辺での自転車マナーアップキャンペーン、区内や他区の自転車駐輪施設の現地視察、麻布地区における放置自転車対策の検討を予定している。
○ 今後も、麻布地区の生活安全と環境を守る協議会の分科会という小回りの効く組織の活動を中心に、麻布地区の環境美化と安全安心まちづくりに向けた様々な取り組みを行う。

● 総務費質問3番 スタンドパイプについて
 本職は、長年麻布消防団員として活動してきているが、消火栓にホースをさし国作業は大変で危険を伴うものである。消火栓の口が路上から相当深い位置にあり、腹ばいになり、上半身を地下に向け、ようやく手の届く場所に口が在り、取り付けに際し、今にもまっさかさまに落下しそうで危険だ。
 東京消防庁では、消火栓に差し込むことが出来るスタンドパイプを装備している。
①  我が港区でも、消防団支援の一環として配備する考えはあるのか。
②  各町会や自主防災団体への配備についての考えは。
  (答弁:防災課長)
○ 消防団装備は、基本的には都が整備するが、区も装備品助成を実施している。
○ 助成品目の選定は、区・区内消防署・消防団との三者により協議している。スタンドパイプについては、今後協議していく。
○ 現在D級ポンプを配備している町会等防災住民組織は87団体あるが、それを使用した訓練を充実していく必要がある。D級ポンプの町会等配備については、この訓練と合わせて、防災住民組織や消防署と協議しながら検討していく。

● 総務費質問4番 北朝鮮人権週間における取り組みについて
「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」、いわゆる人権法は、地方公共団体が拉致問題に関する国民世論の啓発を努めるよう、特に、12月10日から16日の北朝鮮人権侵害問題啓発週間中は、同週間の趣旨にふさわしい事業が実施されるよう努めるものとすると明記してあ
る。
 ① 平成21年度における当該事業の実績報告は。
 ② 港区として、12月の人権週間に向けた事業の実施を計画しているのか。
※答弁書が出揃っておりませんので、揃い次第掲載します。

● 総務費質問5番 田町駅東口北地区の公共施設のランニングコストについて
 建設にかかる費用、総工費は、予算ベースで約500億円である。従来区で実施してきた公共事業は30億円程度で、都や国の事業でも500億に相当する事業は滅多にない。それだけに本事業の進捗に議員として注目する。
 建設にかかる予算もさることながら、完成後の運営に供する費用について、その額や支出基盤を確かなものにすることは、一層重要な課題であると本職は考える。
 建築に携わる人々の世界では、建築物が存在する期間を仮に50年として、建築に要した費用の倍の額の維持、修繕、更新の費用にかかるといわれているようだが、この辺りの見通しについて考えを聞きたい。
※答弁書が出揃っておりませんので、揃い次第掲載します。

22三定6日目 まちづくり・子育て等対策特別委員会

 本日は調査日で、決特は開会されませんが、定例会初日に区民より請願が提出され、私が副委員長を務める、まちづくり・子育て等対策特別委員会に付託されたため、同委員会が開会されました。因みに決特審議期間中に、他の特別委員会が開かれることは、この3年間では初めてです。

 本日の日程は以下のとおりです

 1  審議事項
  (1) 請願22第22号 田町駅東口北地区公共公益施設に関する請願
  (2) 発案19第22号 まちづくり及び子育て等に関する諸対策について
  (3) 発案19第28号 田町駅東口北地区等のまちづくりに関する諸対策について

 請願22第22号 田町駅東口北地区公共公益施設に関する請願 の審議では、まず請願者より趣旨説明が行われ、次に各委員より請願者に対する質問、そして理事者に対する質問が行われました。
 質問終了後、各委員より請願に関連して、資料要求が行われました。今日は、この資料要求をもって委員会は閉会致しました。

 

六本木祭り(25日子供祭り 26日大人祭り)

030303_P1030303.jpg 六本木祭りが開催され、25日に子供祭りが、26日に大人祭りが行われました。

 子供山車による町内巡行が25日午前行われました。
030240_P1030240.jpg 神酒所の在るラピロス六本木(地下鉄六本木駅)を始点に、天祖神社→東京ミッドタウン→三河台中跡地→三河台公園→六本木交差点→六本木青野前→マルシェロッポンギ前と町内を巡行し、再びラピロス六本木に戻りました。
 毎年行われるこの祭りで、私は先頭で山車を引く係を担当しております。
 午後から三河台公園で子供祭りが開催され、近隣から多くの家族連れが集まりました。

030328_P1030328.jpg 翌日は大人祭りの日です。子供祭りと違い、こちらは隔年で行われます。
 正午から六本木七丁目に在る天祖神社で、実行委員会による開会式が行われました。式終了後神輿が担がれ、町内巡行が始まりました。天祖神社から六本木7丁目→東京ミッドタウン前→六本木交差点→三河台公園前交差点→六本木青野前→マルシェ六本木前→ラビロス六本木→六本木ヒルズ前→明治屋傍→六本木交差点と周り、再び同神社に戻ります。
030386_P1030386.jpg 私は六本木交差点周辺で提灯持ちを、またその後は交代しながら担ぎ手を担いました。特に六本木交差点周辺は、4年前の祭りでも担ぎ、その翌年の選挙戦勝利となりましたので、来年改選を控えている身として、験担ぎで頑張りました。

【尖閣防衛】首相官邸前で抗議活動の様子

 我が国固有の領土、尖閣列島周辺海域で、領海侵犯した中国漁船の船長を、日本側が処分保留のまま釈放し帰国させた問題で、超党派議員らによる抗議活動が行われました。
 抗議活動としての街頭演説会は、午後4時から有楽町マリオン前で、また管首相の帰国時に合わせて、午後9時からは首相官邸前で行われました。
 現場の様子を、日本文化チャンネル桜が収録・放送しました。映像の終盤、シュプレヒコールの映像が在りますが、音頭の声は私のです。

<登壇議員>
北井宏昭(神奈川県・民主党) 石川輝久(神奈川県・民主党) 吉田あい(杉並区・自民党) こいそ明(東京都・自民党) 山本へるみ(港区・創新党) 中田宏(前横浜市長・創新党) 山田宏(前杉並区長・創新党) 水野むねひろ(港区・たち日) 松浦芳子(杉並区・創新党) 工藤裕一郎(横浜市・創新党) 

<関連サイト>日本文化チャンネル桜

22三定5日目 東麻布保育室請願を採択

 常任委員会審議の最終日です。審議事項は以下のとおりです。

1  審議事項
 (1)請願20第7号 介護職の待遇改善を求める請願
 (2)請願20第9号 介護に従事する労働者への待遇改善を求める請願
 (3)請願20第18号 「後期高齢者医療制度実施にともなう区民の負担増に対して軽減策を求める」請願
 (4)請願21第1号 区民が必要な介護を受けられることを求める請願
 (5)請願21第6号 一日も早い待機児の解消を願う請願
 (6)請願21第11号 港区における障害者等の個人情報に関する請願
 (7)請願22第19号 東麻布保育室の暫定期間延長に関する請願
 (8)発案19第10号 保健福祉行政の調査について
 (9)発案20第2号 港区の子どもの人権オンブズパーソン条例
 (10)発案21第10号 港区高齢者の医療費の助成に関する条例
 (11)発案22第9号 国民健康保険・国民年金行政の調査について

 開会後日程を変更し、まず 請願22第19号 東麻布保育室の暫定期間延長に関する請願 についての審議が行われました。
 請願提出者は、東麻布保育室の暫定期間延長を求める会(東麻布保育室父母の会)代表 藤野久美子氏です。
 同保育室は、増加する待機児童対策として、区が進めている緊急暫定保育施設の一つで、平成19年から5年間を暫定開設期間として、旧飯倉小学校校舎の1階と2階を使用して運営されている保育施設です。現在の定員数は、0歳児から5歳児まで合わせて133名となっております。暫定終了時期は、平成24年3月の予定です。
 請願内容は以下のとおりです。
①恵まれた環境と既存の施設を活用し、暫定期間を延長することを求めます。
②保育施設の運営は、長期的な計画の下に行われることを求めます。
③閉鎖後の転園による子どもの負担を減らすことを求めます。

 請願者として、母親2人、父親1人が来場され、請願の趣旨説明を行いました。説明の後、各委員より請願者に対して質問が行われました。私からの質問と、それに対する請願者の答弁は以下のとおりです。
質問 請願の趣旨に暫定期間の延長とある。また趣旨説明でも、施設存続とのこと。今後も暫定施設としての存続を求めるのか、あるいは暫定でない施設としての存続を求めるのか。
答弁① 保育園は子供の集う場である。これまでも入園を希望したがかなわず、あきらめている保護者もいる。
答弁② 都心で生活するとなると、共働きでないと生活は出来ないので、都心生活者のニーズが下がることはない。
答弁③ 私達の世代だけでなく、これからの親御さん達のことも考え、運動を続けて行きたい。

 請願者との質疑終了後、請願者は傍聴席に戻り、各委員から理事者(行政担当者)に対する質疑が行われました。
質問1.そもそも緊急暫定保育施設とは?暫定期間は、どのような基準で決められたのか。中でも東麻布の場合は。
答弁① 区は、区立保育園では、新設3ヶ所、改築5ヶ所を計画。また認証保育施設の紹介を通じて待機児童解消を目指している。
答弁②しかし依然として待機児童は増加しており、対策の前倒しとして緊急暫定保育施設を建て、一定の効果が出ている。
③期間は3年から5年を設定している。土地を借りている事情もあるため、このような期間を設けている。
質問2.東麻布保育室は旧飯倉小学校に在る。同小は区有地に在るので、最大の暫定期間の5年に設定したということか。
答弁① 概ね3~5年が一般的なイメージということで5年としている。
質問4.閉園についての事前説明は、いつ頃から行うつもりだったのか。
答弁① 暫定施設では今回の東麻布が第一弾となるが、閉園の1年前から説明を行う。
質問5.東麻布のまちづくりについて保育部門としての見解は。
答弁① 地元にとっても、子供関連施設が在ることは重要であると考えている。
答弁② 閉園しても、子供関連の何らかの施設を活用する事業を検討したい。

 理事者との質疑終了後、採決に入りました。採決の結果、全会一致で本請願は採択されました。
 その後、日程を戻し、審議事項(1) 請願20第7号 介護職の待遇改善を求める請願 から日程の順に継続が諮られて行きましたが、審議事項(5) 請願21第6号 一日も早い待機児の解消を願う請願 について、共産党の熊田委員より採決を求める動議がなされ、これに対し公明党議員団の杉本委員より請願の内容を改めて確認したい旨の発言が在り、一旦休憩となりました。
 再開後、自民・公明・F民主・保守日本・みらいの各会派が、継続審議を求めたため、同請願は今期継続となりました。
 その後、審議事項(6) 請願21第11号 港区における障害者等の個人情報に関する請願 から順に継続が諮られ、全て了承されました。

22三定4日目 指定管理6案を可決

 保健福祉常任委員会審議の二日目です。午後1時より、第1委員会室にて、同委員会が開会しました。本日の審議事項は以下のとおりです。

1  審議事項
 (1)議案第78号 指定管理者の指定について(港区立三田いきいきプラザ)
 (2)議案第79号 指定管理者の指定について(港区立南麻布いきいきプラザ等)
 (3)議案第80号 指定管理者の指定について(港区立赤坂いきいきプラザ等)
 (4)議案第81号 指定管理者の指定について(港区立豊岡いきいきプラザ等)
 (5)議案第82号 指定管理者の指定について(港区立港南子ども中高生プラザ)
 (6)議案第83号 指定管理者の指定について(港区立公衆浴場)
 (7)請願20第7号 介護職の待遇改善を求める請願
 (8)請願20第9号 介護に従事する労働者への待遇改善を求める請願
 (9)請願20第18号 「後期高齢者医療制度実施にともなう区民の負担増に対して軽減策を求める」請願
 (10) 請願21第1号 区民が必要な介護を受けられることを求める請願
 (11) 請願21第6号 一日も早い待機児の解消を願う請願
 (12) 請願21第11号 港区における障害者等の個人情報に関する請願
 (13) 請願22第19号 東麻布保育室の暫定期間延長に関する請願
 (14) 発案19第10号 保健福祉行政の調査について
 (15) 発案20第2号 港区の子どもの人権オンブズパーソン条例
 (16) 発案21第10号 港区高齢者の医療費の助成に関する条例
 (17) 発案22第9号 国民健康保険・国民年金行政の調査について

〇 議案第78号 指定管理者の指定について(港区立三田いきいきプラザ)
 本案は、三田いきいきプラザ(現福祉会館)の指定管理者を指定するものです。
  < 内 容 >
    (1) 対象施設 港区立三田いきいきプラザ
    (2) 指定管理者 中央区銀座七丁目13番15号 
    (3) 平成23年4月1日から平成24年3月31日まで
        ※芝地区内いきいきプラザ3施設の平成24年度以降における指定管理者による一         体的な管理を行うまでの期間。
 採決の結果、本案は賛成多数により可決されました。

〇 議案第79号 指定管理者の指定について(港区立南麻布いきいきプラザ等)
 本案は、南麻布いきいきプラザ等の指定管理者を指定するものです。
  < 内 容 >
    (1) 対象施設 港区立南麻布いきいきプラザ
               港区立本村いきいきプラザ
               港区立麻布いきいきプラザ
               港区立西麻布いきいきプラザ
               港区立飯倉いきいきプラザ
    (2) 指定管理者 中央区新川一丁目21番2号セントラルスポーツ株式会社内
                 セントラルスポーツ・ハリマビステム共同事業体
         (代表団体) セントラルスポーツ株式会社
         (構成団体) 株式会社ハリマビステム
    (3) 指定の期間 港区立南麻布いきいきプラザ、港区立麻布いきいきプラザ、港区立飯                 倉いきいきプラザは、平成23年4月1日から平成28年3月31日まで。
                港区立本村いきいきプラザ、港区立西麻布いきいきプラザは、平成23                 年4月1日から平成26年1月31日まで
                ※新たな施設に移転するまでの期間       
 採決の結果、本案は賛成多数により可決されました。

〇 議案第80号 指定管理者の指定について(港区立赤坂いきいきプラザ等)
 本案は、赤坂いきいきプラザ等の指定管理者を指定するものです。
  < 内 容 >
    (1) 対象施設 港区立赤坂いきいきプラザ
               港区立青山いきいきプラザ
               港区立青南いきいきプラザ
    (2) 指定管理者 豊島区長崎五丁目1番23号株式会社ピーウォッシュ内
                 株式会社ピーウォッシュ・太平ビルサービス株式会社共同事業体
         (代表団体) 株式会社ピーウォッシュ
         (構成団体) 太平ビルサービス株式会社
    (3) 指定の期間 平成23年4月1日から平成28年3月31日まで。
 採決の結果、本案は賛成多数により可決されました。  

〇 議案第81号 指定管理者の指定について(港区立豊岡いきいきプラザ等)
 本案は、豊岡いきいきプラザ等の指定管理者を指定するものです。
  < 内 容 >
    (1) 対象施設 港区立豊岡いきいきプラザ
               港区立高輪いきいきプラザ
               港区立白金いきいきプラザ
               港区立白金台いきいきプラザ
    (2) 指定管理者 世田谷区駒沢二丁目11番3号第二集花園ビル
                 社会福祉法人奉優会
    (3) 指定の期間 平成23年4月1日から平成28年3月31日まで。      
  採決の結果、本案は賛成多数により可決されました。

〇 議案第82号 指定管理者の指定について(港区立港南子ども中高生プラザ)
 本案は、港南子ども中高生プラザの指定管理者を指定するものです。
  < 内 容 >
    (1) 対象施設 港区立港南子ども中高生プラザ
    (2) 指定管理者 墨田区東駒形四丁目6番2号
                 財団法人本所賀川記念館
    (3) 指定の期間 平成23年4月1日から平成24年11月30日まで。
                 ※新たな施設に移転するまでの期間      
  採決の結果、本案は賛成多数により可決されました。

 (6)議案第83号 指定管理者の指定について(港区立公衆浴場)
 本案は、区立公衆浴場の指定管理者を指定するものです。
  < 内 容 >
    (1) 対象施設 港区立公衆浴場ふれあいの湯
    (2) 指定管理者 港区南麻布一丁目15番11号
                 港区浴場組合
    (3) 指定の期間 平成23年4月1日から平成28年3月31日まで。
 採決の結果、本案は賛成多数により可決されました。

 以上の審議事項をを除く請願、発案につていは、本日継続となりました。

22三定3日目 東麻布保育室などを視察

 本日より3日間、常任委員会が開会します。私は保健福祉常任委員会に所属しております。

 午後1時より、第1委員会室にて、同委員会が開会しました。本日の審議事項は以下のとおりです。

1  審議事項
 (1)議案第78号 指定管理者の指定について(港区立三田いきいきプラザ)
 (2)議案第79号 指定管理者の指定について(港区立南麻布いきいきプラザ等)
 (3)議案第80号 指定管理者の指定について(港区立赤坂いきいきプラザ等)
 (4)議案第81号 指定管理者の指定について(港区立豊岡いきいきプラザ等)
 (5)議案第82号 指定管理者の指定について(港区立港南子ども中高生プラザ)
 (6)議案第83号 指定管理者の指定について(港区立公衆浴場)
 (7)請願20第7号 介護職の待遇改善を求める請願
 (8)請願20第9号 介護に従事する労働者への待遇改善を求める請願
 (9)請願20第18号 「後期高齢者医療制度実施にともなう区民の負担増に対して軽減策を求める」請願
 (10) 請願21第1号 区民が必要な介護を受けられることを求める請願
 (11) 請願21第6号 一日も早い待機児の解消を願う請願
 (12) 請願21第11号 港区における障害者等の個人情報に関する請願
 (13) 請願22第19号 東麻布保育室の暫定期間延長に関する請願
 (14) 発案19第10号 保健福祉行政の調査について
 (15) 発案20第2号 港区の子どもの人権オンブズパーソン条例
 (16) 発案21第10号 港区高齢者の医療費の助成に関する条例
 (17) 発案22第9号 国民健康保険・国民年金行政の調査について

 委員会冒頭、井筒委員長より、三日間の審議日程について説明が在り、初日は議案等に関連して現地視察を、二日目に議案の審議を、三日目に請願の審議を、それぞれ行うことが明らかになりました。説明後直ちに休憩となり、議案・請願に関わる現地視察が行われました。

030169_P1030169.jpg 初めに議案第81号に関連して、建設中の高輪福祉会館を視察しました。
 工事名称は港区立高輪福祉会館等改築工事、住所は港区高輪3-18-15、敷地面積は1342.31平方メートル、建築面積は805.10平方メートルです。名称が高輪福祉会館等とあるのは、同じ施設内に、福祉会館以外で、保育園と児童館を併設するためであります。
030185_P1030185.jpg 児童館スペースでは、屋上部分にローラスケート場(左上写真)が造られていました。また 福祉会館スペースには、要介護者用の大型風呂(左下写真)が作られ、保育園スペースでは、遊戯室の天井にピアノの音を吸収する吸音板が取り付けられたりしておりました。

030197_P1030197.jpg 次に議案第79号に関連して、西麻布福祉会館と同児童館の仮設施設を視察しました。
 これらの施設は西麻布2-13に在りましたが、改築計画のため、現在の同2-2-2NK青山ホームズの一階部分を仮設で運営しております(右上写真)。

030200_P1030200.jpg 西麻布福祉会館(仮設)では、舞踊、手芸、茶道などの教室事業が開かれており、私たちが訪問した際も、手芸サークルが活動しておりました。西麻布児童館(仮設)には遊戯室や玩具(右下写真)が在り、直近のハロウィンのために職員が準備をしておりました。

030205_P1030205.jpg 次に同じく議案第79号に関連して、飯倉福祉会館を視察しました。
 住所は港区東麻布2-16-11(左上写真)。近隣にある東麻布飯五町会や森元町会の新年会、麻布法人会の勉強会、旧飯倉小学校跡地活用検討会などの会場として、私自身も利用する機会が多い福祉会館であります。

030212_P1030212.jpg 同会館の事業内容では、カラオケ、三味線、手芸、健康トレーニングなどの教室が催されております。私たちが訪れた際、東麻布や三田地区の老人会の皆さんが、洋服の形をしたお手拭きタオル(左下写真)を作っておりました。

030228_P1030228.jpg 最後に請願22第19号に関連して、東麻布保育室を視察しました。
 同保育室は、増加する待機児童対策として、区が進めている緊急暫定保育施設の一つで、平成19年から5年間を暫定開設期間として、旧飯倉小学校校舎の1階と2階を使用して運営されている保育施設です。現在の定員数は、0歳児から5歳児まで合わせて133名となっております。
030216_P1030216.jpg 今期定例会で、保護者から暫定期間の延長を求める趣旨の請願が提出されております。我が会派保守日本は、この請願に賛成の立場です。先日の本会議における我が会派を代表しての水野むねひろ議員の代表質問に対して、野村茂副区長より、「(待機児童が多いという)現況を鑑み、東麻布保育室の暫定期間の継続を考えている。」との答弁がなされております。
 保育室入口脇には、園長以下スタッフの名前と顔写真(右上写真)が貼られ、その傍には多数のバギーが並んでいました。また階段部分に落下防止用のネット(右下写真)が貼られ、通路の角には怪我防止用のゴムが貼り付けられており、幼児の安全に配慮した施設内環境になっておりました。

地方議員として考える国境問題

【山本閉留巳】地方議員として考える国境問題[桜H22/9/17]

 中国漁船が、尖閣列島付近で領海侵犯し、海上保安庁の巡視船に体当たりした事件を発端に、中国側による一方的な対日圧力が強まっております。
 この問題をテーマに、チャンネル桜の報道番組「防人の道」にゲスト出演しました。キャスターの濱口和久氏とは、濱口氏が防衛大学生、私が松下政経塾生当時から20年ほどの付き合いで、90年代後半には、共に隠岐や石垣島などの国境の島々を視察した経験もあります。
 収録は今月15日、放送は17日でした。

ALL page  1   2   3 

Home > 平成22年9月

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る