Home > 平成22年11月

平成22年11月

【拉致】横田めぐみさん拉致から33年

 横田めぐみさんが、北朝鮮工作員により拉致されてから、今日で33年が経ちました。
 2年前の今日、事件現場を視察しました。以下のURLをご参照下さい。

 横田めぐみさん拉致現場を視察(平成20年11月15日)

【草莽】昨年の外国人参政権反対演説画像

 外国人参政権に反対する超党派の草莽全国地方議員の会による街頭演説会が、昨年11月28日、渋谷駅ハチ公広場で行われた時の映像です。
 映像を投稿して頂いたmahorobajapanさん、有り難うございます。

 ところで幾つか補足説明があります。
 当時民主党所属であったことは事実ですが、都議会議員ではなく、港区議会議員でございます。
 また私を帰化人と思われたようですが、確かに父親はフィリピン人ですけれども、生まれた時から私は日本国籍を取得しております。
 画像が「そんな選挙なんかやる必要がない!」と述べているところから始まりますが、これには前段が在り、平成21年の総選挙で民主党は外国人地方参政権をマニフェストには入れていなかったこと、もし同参政権を推進するなら、もう一度選挙をやり直すべきだ、と訴えた後からのシーンです。

【亜州連帯】中国アジア侵略・人権弾圧阻止デモ

040679_P1040679.jpg アジア太平洋経済協力会議(APEC)で各国首脳が来日し、日中首脳会談の行方も焦点となっていた横浜で、中国の覇権と弾圧に苦­しむアジア各国からの声とも連帯しながら、尖閣問題などにおける中国の横暴と民主党政権の主体性なき外交に対する抗議集会とデモが開催されました。
 場所がAPEC開催都市であること、これまで都内で開催された集会やデモに、神奈川県内の議員の皆さんにも参加して頂いたこともあり、今回の私の横浜入りとなりました。

 抗議集会は、反町公園(横浜市神奈川区)で行われ、2500人が参加しました。日本の国旗の他、チャイナの圧力や弾圧を受けている台湾、ベトナム、チベット、ウイグル、南モンゴルの旗も多数掲げられました。

040692_P1040692.jpg 集会の後、デモ行進に移り、同公園から東急東横線反町駅、泉町交差点、鶴屋町三丁目交差点、横浜駅西口、一の橋交差点(横浜にも港区と同じ地名が在るのですね)、北楠町入口交差点を通り沢渡公園で解散となりました。
 面白かったことに、行進中の誘導は神奈川県警ではなく大阪府警機動隊が、通過地点の交差点では静岡県警機動隊が誘導をそれぞれ担当していたことです。おそらく神奈川県警は、APEC警備に出払っていたのでしょう。
 集会もデモも参加者の皆さんが、それぞれ思い思いに抗議の意を表した手製のプラカードや横断幕などを持ち寄りました。
 驚いたことに、麻布小学校や愛育幼稚園の同級生達がデモに参加しており、数十年ぶりの再会となりました。

 集会とデモの様子は、日本文化チャンネル桜の番組でご覧になれます。

http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV?gl=JP&hl=ja#p/search/5/N75eJG6gMYY


http://www.youtube.com/watch?v=50VF-38SZIo

【産業振興】産業交流展を視察

040650_P1040650.jpg 第13回産業交流展が、今月10日から12日までの三日間、東京ビックサイトで開催され、最終日の12日、会場を視察しました。

 会場内は、機械・金属、医療・福祉、環境、情報などのゾーンに分かれ、港区内からの各事業者が、それぞれの専門分野に分かれてブースを設置しました。すべてのブースには、港区の表示板も掲げられ、民間と行政がタッグを組んでいるという産業振興施策の一環を見れたことは喜ばしいと思いました。

040657_P1040657.jpg 出展内容も素晴らしく、間伐材を活用したテーブル(上写真)、屋根付きの車椅子(右写真)、顔認証システムなど、アイデアに富む商品が多く展示されました。

 一方せっかくのアイデア商品も、実用化にはハードルが在るのも事実です。需要件数が少ないと、単価が上がる問題もあります。
 それぞれの展示商品を拝見し、個人的には、区内の福祉施設に、移動支援の一環として屋根付き車椅子を置く、あるいは高齢者の徘徊対策として顔認証システムを導入するなど、アイデア商品の世間への普及を図るべく、まずは区有施設から積極的に活用してもいいのではないかと思いました。
 今後区では、出展支援だけでなく、展示商品が世間に周知され、需要が増えることを目的に、さらなる支援、普及支援を考えていく必要があるのではないでしょうか。

介護保険サービス従事者表彰式

040646_P1040646.jpg 平成22年度介護保険サービス従事者永年勤続表彰が、港区役所に隣接する慶應義塾大学薬学部校舎で行われました。
 式典は、港区長挨拶、港区議会保健福祉常任委員会委員長祝辞と続き、従事者の皆さんへの表彰状授与が、武井雅昭区長から行われました(写真)。
 その後休憩時間を挟み、株式会社ケアーズ白十字訪問看護ステーションの秋山正子統括所長による記念講演会が行われました。

夜の駅頭活動開始!

040638_P1040638.jpg 今日から、毎週月曜日と水曜日(パトロールと重なる日を除く)、夜の駅頭で、ビラ配布などの広報活動を始めました。
 今日の現場は、ゆりかもめお台場海浜公園駅頭でした。

<広報活動>六本木一丁目駅頭

040633_P1040633.jpg 今朝、東京メトロ南北線六本木一丁目2番口にて、ビラ配布活動を行いました。
 法令により、今月から。従来の個人名の入ったノボリから、所属党名の入ったノボリに変えて掲示します。

【尖閣】10.9尖閣侵略糾弾!緊急国民行動

 一昨日は、アジア連帯集会及び集会後のデモ行進の様子を掲載致しましたが、渋谷ハチ公広場にて、中国大使館抗議デモの事前周知を兼ねた街宣活動が、先月9日行われました。この時の様子は、演説の様子を収めたチャンネル桜の動画と共に当日の活動報告に掲載しておりますが、今回は私の演説シーンのみを収めた動画がYou Tubeに投稿されていました。
 投稿して頂いたpegiminnhさん、どうも有り難うございました。

 なお前回も書きましたが、演説中、私はシナという呼称を使用しております。これは差別用語ではありません。
 元々は、清の英語表記がCHINAで、それが日本語読みでシナとなった経緯があります。大戦後、マスメディアなどで、勝手に差別用語と決めつけられているだけです。現に中国近海の海洋名を、東シナ海、南シナ海と、我々日本人は平気で使用しております。

日本創新党臨時党大会

040619_P1040619.jpg 日本創新党臨時党大会が、港区六本木で開催されました。
 大会では、まず初めに党首挨拶が行われました。
 その後、大会議事進行のため議長選出が行われ、松浦芳子杉並区議会議員が選出されました。

 今大会に上程された議事は以下のとおりです。
  第1号議案 党則の改正について
  第2号議案 役員選任について
  第3号議案 活動方針について

 1号議案、党則の改正は、総則(第1章)、機関(第2章)、支部(第3章)、党員(第4章)、会計(第5章)、改正(第6章)、その他(第7章)、附則より構成されています。
 組織として、一定の重要事項を議決する党大会を最高議決機関とし、幹事会、常任幹事会と下位に続き、その下に最高責任者として党首、党首を補佐し幹事会を主催する代表幹事、代表幹事の元に、政策委員会、選挙対策委員会、組織委員会、党紀委員会、地方議員会、事務局の各部門が配置されます。
 採決の結果、満場一致で可決されました。

 2号議案、役員の選任については、まず山田宏党首より、参院選での敗北などを理由に、役員全員が辞任する意向が述べられました。この後、松浦議長より、立候補もしくは推薦を募る旨の発言がなされ、その際私が発言を求め、党の抱える課題を解決する責務を果たす上でも、前党首の再就任を希望すると述べました。この私の発言に大会全員が賛同の意を表し、山田宏氏の党首再就任が決まりました。

 3号議案、活動方針についてでは、選挙対策、組織、政策、その他の各項目が提示されました。
 選挙対策では、来春の統一地方選挙を地方組織拡大への足掛かりとして重視すること。組織では、地方組織の設置を図り、メルマガ、動画、ツイッター等のメディアを活用し広報活動を強化すること。政策では、国家・地方・国民それぞれの自立を実現するべく、外部シンクタンクとも協力して、現実味ある政策を立案し提言すること。その他では、支持層の底上げのため党組織とは別の運動体「日本を創新する会」を立ち上げ、上田清司埼玉県知事に会長をお願いすることなどが提案されました。
 採決の結果、満場一致で可決されました。
 
 党大会に続き平成23年度統一地方選挙公認予定候補者が紹介されました。
 小坂英二(こさか えいじ) 38歳 荒川区議(二期目) 東京都荒川区
 工藤裕一郎(くどう ゆういちろう) 37歳 横浜市議(二期目) 横浜市青葉区
 山本閉留巳(やまもと へるみ) 44歳 港区議(一期目) 東京都港区
 千住啓介(せんじゅ けいすけ) 34歳 明石市議(一期目) 兵庫県明石市
 佐々木浩(ささき ひろし) 45歳 前杉並区議(三期) 東京都杉並区
 鏑木徹(かぶらぎ とおる) 50歳 新人 東京都八王子市
 須藤英児(すどう えいじ) 41歳 新人 東京都大田区
 阿久津皇(あくつ こう) 37歳 新人 東京都世田谷区
 日下部晃志(くさかべ こうじ) 34歳 新人 福岡市博多区

自由と人権アジア連帯集会

040528_P1040528.jpg 市民団体頑張れ!日本と超党派の草莽全国地方議員の会の主催による「11.6 アジアに自由と平和を! 自由と人権アジア連帯集会」が、日比谷野外音楽堂で開催されました。

 集会では、チベット、ウイグル、南モンゴル、台湾、満州、ベンガル、ベトナム、韓国それに日本から、議員や著名人が集まり、チャイナの侵略と支配の脅威、このままでは日本も同じ轍を踏むのではないかなど、順に訴えが行われました。
 またラップや歌の披露も行われました。このあたりは、最近の保守系集会における新しいスタイルではないかと思います。その中で、「蛍の光」が歌われたのですが、私達が知っているのは2番までで、実は3番・4番まであったことを初めて知りました。戦後これらの部分は、学校教育の現場で削除されているようです。以下がその部分です。
(蛍の光 3番)
筑紫(つくし)のきわみ、みちのおく、
海山(うみやま)とおく、へだつとも、
その真心(まごころ)は、へだてなく、
ひとつに尽くせ、国のため。
(同 4番)
千島(ちしま)のおくも、沖縄(おきなわ)も、
八洲(やしま)のうちの、守りなり。
至らんくにに、いさお しく。
つとめよ わがせ、つつがなく。

 集会の様子は、
日本文化チャンネル桜の番組「桜プロジェクト」でご覧になれます。

040544_P1040544.jpg 集会閉会後、」デモ行進に移りました。私は他の地方議員や前衆議院議員の皆さんと共に、第一挺団に加わりました。
 行進は日比谷野外音楽堂脇から、日比谷公会堂前を通り、JR高架下を潜り、外堀通りを北上、数寄屋橋交差点、東京駅八重洲口前、呉服橋交差点を通過し、常盤橋公園にて解散となりました。参加人数は、主催者発表で4500人で、先月16日に行われた中国大使館抗議デモのっ参加者数を上回りました。

 デモ行進の様子は、こちらをご覧下さい。

 デモ行進終了後、参加者の皆さんは有楽町交通会館前広場に集結し、ここで街頭演説会が開催されました。広場一面のみならず、同会館の一階、二階テラス、3階屋上まで国旗で埋め尽くされる状況となり、周囲を警察官が交通整理に乗り出しておりました。
 
街頭演説会の様子を、こちらでご覧になれます。

ALL page  1   2   3 

Home > 平成22年11月

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る