Home > 平成23年3月

平成23年3月

【動画】港区の無駄な税金をカットし、区民に還元をする

平成23年2月18日、六本木4丁目住宅街で行った遊説の様子です。

【震災】東北地方太平洋沖地震関連情報2

<3月25日午前8時> 乳児による水道水の摂取を控える必要はなくなりました

 平成23年3月22日に採水された東京都水道局金町浄水場の浄水から、食品衛生法に基づく暫定指標値を超える放射性ヨウ素が検出され、乳児(1歳未満)による水道水の摂取を控えていただくように、お願いしておりました。
 3月24日に同浄水場の水を検査した結果、放射性ヨウ素は79ベクレル/キログラムで、暫定指標値を下回りました。
 この結果に基づき、東京都は1歳未満の乳児を含め全ての方に水道水を飲んでいただいても問題はない、との考えを示しました。
 よって今後、乳児につきましても、水道水の摂取を控える必要はなくなりました。

 なお、状況によって再び100ベクレル/キログラムを超える放射性ヨウ素が検出される可能性もありますので、注意は必要です。
 水道局では、濃度の変動を引き続き監視し、公表していくことになっております。

問い合わせ
東京都水道局
電話:03-5320-6436
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/

みなと保健所生活衛生課
電話:03-5114-3004

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

<3月23日午後5時> 区職員・東電社員を名乗るニセ電話にご注意を!
 ここのところ、東京電力あるいはその関連会社の社員を名乗り、「計画停電に伴い点検にうかがいます。」という内容の電話が区内で起きております。23区内の別の自治体では、区職員を名乗るケースもあります。
 港区、東京電力ともに、計画停電に関連して、点検を口実にした電話や戸別訪問は、一切行っておりませんのでご注意願います。そもそも現時点では、港区は計画停電の対象地にはなっておりません。不審に思われましたら、警察にご相談願います。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

<3月19日午前11時> 福島第一原子力発電所の事故による放射線の影響等について
 福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故に伴い東京都内でも微量の放射性物質が測定されています。
 いずれも健康に影響を及ぼすレベルではありません。
 区民の皆さんには、正しい情報に基づく行動をお願いします。
 以下の関連サイトホームページでも情報提供していますので、ご確認ください。
 なお、多くの方がアクセスしているため、画面が表示されるまで時間がかかることがあります。

 ◎独立行政法人放射線医学総合研究所
  放射線被ばくの情報を掲載しています

 ◎東京都福祉保健局
  東京都内の環境放射線測定結果についての情報を掲載しております 。

 ◎東京電力
  原子力発電所の情報を掲載しています

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

<3月19日午前10時> 福島原子力発電所事故による放射線の身体への影響相談窓口

  みなと保健所保健予防課
   電話:03-3455-4773、03-3455-4702

  みなと保健所健康推進課
   電話:03-3455-4928、03-3455-4772

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

<3月19日午前9時> 主な区有施設等の開設状況について
 区民センター及び福祉会館・健康福祉館等の区有施設は、通常どおり開設していますが、開館時間の短縮や事業の縮小を行っていますので、各施設にお問い合わせください。
 休館する施設等については、下記をご覧ください。

 ① 生涯学習・スポーツ施設について
 地震による生涯学習・スポーツ施設の対応について

 ② 港区スポーツセンターについて
 東京電力株式会社から、節電のため、港区スポーツセンター(プール棟を含む)を休止して欲しい旨、要請がありました。
 そのため、3月14日(月曜)から当分の間、休止します。

 ③ 港区立図書館の開館状況
 港区立図書館全館及び郷土資料館は開館しますが、当面の間、開館時間は、午前9時から午後5時までとなります。
 問い合わせ:図書・文化財課
 電話:03-3437-6621

 ④ その他の施設の休館について
 健康増進センター(ヘルシーナ):3月25日(金曜)まで休館します。
 エコプラザ:3月26日(土曜)まで休館します。
 大平台みなと荘:3月31日(木曜)まで休館します。
 箱根ニコニコ高原学園:3月31日(木曜)まで休館します。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

<3月19日午前8時> 区が主催する行事、イベント等について

① あざぶ達人倶楽部「記念講演会」の中止について
 3月21日(月曜・祝日)に開催予定の、平成22年度講座修了式・記念講演会の開催は中止します。
問い合わせ:麻布地区総合支所協働推進課地区政策係
電話:03-5114-8812

② すまいの専門相談の一時的な見合わせについて
 現在、すまいの専門相談等の事前予約、当日受付を中止しています。
 マンション管理相談(第2・4火曜日)相談員:弁護士
 マンション建替え相談(第3火曜日)相談員:建築士
 マンション修繕相談(第1・3火曜日)相談員:建築士
 すまいの建築相談(第1・3火曜日)相談員:建築士
 すまいの税務相談(毎週水曜日)相談員:税理士
 すまいの不動産相談(毎週水曜日)相談員:宅建主任者
※相談時間はいずれも午後1時から午後4時
 問い合わせ:都市計画課住宅支援係
 電話:03-3578-2111(内線:2346、2223、2224)

③ 「みなとエコひい木大作戦」について
 高輪区民センターで開催していましたモデルルーム展示、3月17日(木曜)・18日(金曜)開催予定の講演会・制度説明会はすべて中止します。
 問い合わせ:環境課地球温暖化対策担当
 電話:03-3578-2111(内線:2479)

④ エコプラザ事業について
 エコプラザで予定していました、下記の事業はすべて中止します。
3月18日(金曜) life in peace セミナー
3月19日(土曜) fsdアカデミー
3月22日(火曜) BOTUCATUワークショップ
3月23日(水曜) 子育てママのエコプラザ
3月26日(土曜) life in peace セミナー
 問い合わせ:環境課地球環境係
 電話:03-3578-2111(内線:2495)

⑤ みなと区民の森環境学習について
 3月26日(土曜)に予定していました「みなと区民の森環境学習(植樹とたい肥づくり)」は中止します。
 問い合わせ:環境課地球環境係
 電話:03-3578-2111(内線:2495)

⑥ 港区国際交流会議について
 3月23日(水曜)に予定していました「港区国際交流会議」は中止します。
 問い合わせ:地域振興課国際化推進担当
 電話:03-3578-2111(内線:2308)

⑦ みなとタバコルール一斉キャンペーンについて
 3月23日(水曜)に開催予定の「みなとタバコルール一斉キャンペーン」は、すべての地区で中止します。
 問い合わせ:環境課環境指導係
 電話:03-3578-2111(内線:2486)

⑧ ワークライフバランス講演会(石田ひかり講演)の中止について
 3月26日(土曜)に開催予定の、「ワークライフバランス講演会」の開催は中止します。
 問い合わせ:子ども家庭課家庭相談センター
 電話:03-3578-2436

【落書き】警察官・児童らによる消去活動

0189.jpg 麻布警察の呼びかけで、同署の剣道教室に通う児童とその保護者、地域住民が参加した落書き消去活動が行われました。

【震災】宮城県亘理町へ救援物資搬送

 この度、宮城県亘理(わたり)町の齋藤邦男町長の要請に基づき、救援物資を現地へ搬送しました。
 今回の救援物資の内容は、長靴500足。同町は地震後の津波により、沿岸部が壊滅的な被害を受けました。避難所にいる被災者の皆さんが、自宅跡地を見に行こうしても、瓦礫やぬかるみで歩行が困難であるため、長靴が必要との要請に基づき、今回のオペレーションとなりました。
 区内在住・在勤の皆さんや、阪神淡路大震災当時神戸で共に活動したボランティア仲間でチームを編成し、3月25日深夜に東京を出発し、亘理に向かいました。途中降雪によるチェーン規制に阻まれながらも安全運転に徹し、翌26日未明、亘理町に入りました。

 活動報告を動画にまとめました。

【地震】救援物資輸送活動報告 第一部 港区議会議員 山本へるみ

【地震】救援物資輸送活動報告 第二部 港区議会議員 山本へるみ

【震災】震災に便乗した悪質商法に要注意

 警察からの情報によれば、震災に便乗して、親類や実在する団体の名を騙り、被災者支援の義援金等と称して、特定の口座に振り込ませようとする詐欺容疑事案が発生しているとのことです。
 義援金などを求める電話等があった場合には、直ちに振り込んだりすることなく、相手方をよく確認し、詐欺の被害に遭わないように注意してください。
 不審な電話等があった場合にはお近くの警察署へ通報、相談してください。

■ 悪質商法の手口
事例1:岩手にいる親類を装い「おばあちゃん、地震で私の被害は大丈夫だったけど、他の親類の被害がひどい。皆で義援金を送ることになったから100万円を用意して」と電話してくる。

事例2:実在する団体を騙って「災害支援基金への寄付をお願いします」等という文面のファックスを送信し、当該団体が設けた募金振込口座とは異なる個人名の口座に振り込ませようとする。

事例3:震災により、自宅損壊の被害があった(ガラス窓が割れた等)という情報を得た業者が建設業者を騙り、「このままだと屋根が崩落します」「自宅の修繕が必要です」等と不安をあおり、不要な工事の契約を取り付ける。

事例4:「乾電池」「ガソリン」「懐中電灯」等、多くの人が必要としている物品等を「間もなく無くなる(買えなくなる)」等と不安をあおり、高額で売りつける。

■ 被害にあわないために
・ATMの操作を求める電話や手紙は「詐欺」と考え、相手に連絡はせず、すぐに最寄りの警察署に相談するか110番に通報してください。
・区役所など公的機関が義援金等の振込を求める電話や訪問をすることはありません。
・「あわてない」「すぐにお金を振り込まない」「事実を確かめる」ようにしましょう。
・息子や孫など親族と声が似ていても、不審だと思ったら、必ず警察や家族に相談しましょう。

■ 相談窓口(最寄りの警察署)
 愛宕警察署 電話:03-3437-0110
 三田警察署 電話:03-3454-0110
 高輪警察署 電話:03-3440-0110
 麻布警察署 電話:03-3479-0110
 赤坂警察署 電話:03-3475-0110
 東京湾岸警察署 電話:03-3570-0110

■ 問い合わせ
 港区役所防災課生活安全係
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2270-2)

【震災】計画節電に絡むニセ電話に注意!

 東北地方太平洋沖地震で、東京電力福島第一原子力発電所が機能停止となったことを受け、東京電力管内で景買う停電が実施されています。
 このような状況の中、区役所などの職員、東京電力の社員を名乗る人物から不審な電話かかってくる事案が多発しております。

 港区役所並びに東京電力では、計画節電に係る点検と称する戸別訪問は行っておりませんので、騙されないようご注意願います。
 また港区以外に在住されている方も、不審な電話を受けた際には、それぞれの自治体に事実関係を確認されることをお勧めします。

 先日練馬区で区議立候補予定者である松下政経塾の後輩がツイッターに投稿し、練馬区内で、区役所職員や東電社員を名乗り、各家庭を戸別訪問する旨の電話がかかるケースが続発しており、区も東電もそのようなことは行っておりませんのでご注意を、という内容でした。
 早速、港区議会予算特別委員会最終日にこの件を取り上げ、港区でも同様のケースが起きうるので対応を要望致しましたところ、港区のホームページに注意を呼び掛けるページが掲載されました。

 実は先週末、私の自宅にも、東京電力の保安会社を名乗る男から電話が入り、「そちらのビルのエレベータの状況を点検しにうかがいたい。」と言いました。私が「うちのマンションにはエレベータは無いよ。」と言うと、「では対象外ですので・・・。」、さらに私が「相手の状況も確認しないで電話するの?」と聞くと、一方的に切られてしまいました。
 そもそも港区は、他の自治体の方には申し訳ないのですが、計画停電の対象区になっていませんので、論理上もおかしな話です。

 このようなケースの他、震災被害に絡む悪徳商法も横行しているようです。くれぐれもご注意願います。

【震災】東北地方太平洋沖地震関連情報1

◆3月18日午後12時

 東北地方太平洋沖地震に関連した中小企業融資の新設について

 下記URLをご参照願います。 
http://www.city.minato.tokyo.jp/kinkyu/kuminto/index.html

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月18日午前6時

 東北地方太平洋沖地震 被災者に対する「区立住宅」の提供について(港区ポータルサイトより)

 本日(15日)、港区では東北地方太平洋沖地震で被災された方に対し、「港区立住宅」の提供を決定しました。
 提供するのは、区立住宅の「シティハイツ高輪(2LDK・3戸)」と「シティハイツ赤坂(2LDK・2戸)」の全5戸です。
 港区では、本日(15日)、東京都に対して、「被災地支援として、即入居可能な区立住宅5戸を提供する」旨を申し出ました。

提供を決めた区立住宅
シティハイツ高輪(3戸)2LDK(62から75平方メートル)
シティハイツ赤坂(2戸)2LDK(62平方メートル)
※この他、災害対策用職員住宅(4戸)についても、無料提供を決定しました。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月17日午後8時

 区庁舎における節電対策について(港区ポータルサイトより)

 3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」により、東京電力管内の電力需給が極めて厳しい状況になっております。
 こうした状況を受け、区では、職員一人ひとりが意識を持ち、積極的に取り組むことによって、できる限り区庁舎における消費電力量を減らすため、次のような対策を実施中です。
・空調の停止
・非常用を除くエレベーターの2分の1停止
・離席時のパソコンのシャットダウン
・廊下や事務室等の必要最小限の点灯
・職員の可能な限りの階段利用
 その結果、取り組み開始前の3月10日に比較して、3月14日には庁舎での電力使用料の約51パーセント削減を行うことができました。
 今後も、引き続き、区庁舎における節電対策を継続し、消費電力量の削減に努めて参ります。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月17日午前8時

 1.義援金の受付について

 東北関東大震災による義援金の受付先についてのお知らせです。
東北関東大震災義援金にご協力ください

 2.被災地への支援
 区は、「港区大規模災害被災地の支援等に関する条例」に基づき、被災地への支援を行います。
 「商店街友好都市との交流に関する基本協定」を締結している福島県いわき市からの要請に基づき、3月14日(月曜)午後8時に港区役所を出発した区職員4人と社団法人東京都トラック協会港支部のトラック5台が、「ミネラルウォーター(500ミリリットル入りペットボトル:16,000本」、「毛布:2,000枚」、「組み立て式トイレ:49台」の支援物資をいわき市へ送り届け、本日(15日)午前6時、区役所に到着しました。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月16日午後12時

 1.区民等に対する震災相談窓口の開設について(区HPより)

 区では、5か所の各総合支所内に、東北地方太平洋沖地震に関して、区民や事業者の皆さんが相談できる窓口を開設しました。
 相談時間は、月曜から金曜の午前8時30分から午後5時15分までです(ただし祝日を除く)。
 相談できる内容は、次のとおりです。

・罹災証明の相談
・税金等の減額免除の相談
・余震恐怖等に対する相談
・当面の防災(震災)対策相談

 2.区有施設予約利用者の東北地方太平洋沖地震に伴うキャンセル対応について(同)

 区有施設を予約し、あらかじめ使用料を納付しているものの、今般の東北地方太平洋沖地震の発生による影響により、やむをえず予約をキャンセルされる方につきましては、既に納付されている使用料の全額を返還することとします。詳しくは、各施設にお問い合せください。
 なお、地震発生以後これまでの間に同様の事情で予約をキャンセルし、あらかじめ使用料を納付したものの、返還されていない方につきましても対象となります。

【主な対象施設】
区民センター、福祉会館、健康福祉館、勤労福祉会館、男女平等参画センター、商工会館、生涯学習センターなど

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月16日午前11時

港区役所の業務について(港区ポータルサイトより)
 3月11日(金曜)に発生した東北地方太平洋沖地震後の区の業務について、お知らせします。
東京電力株式会社から、計画停電を実施すると発表されましたが、発表では、本日の計画停電の実施について、港区は対象外となっています。
 区の窓口や各区有施設は開庁しています(※一部施設を除く)が、節電対応や交通事情等の状況によっては、区の業務内容により、区民や事業者の皆さんにご不便とご迷惑をおかけすることが想定されます。
職員一同、区民サービスの維持に精一杯努めますが、このような状況をご理解いただきたくお願いします。
区としても、このような計画停電の事態を受け、各区有施設でも節電を実施しますのでご理解くださるよう、お願いします。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月16日午前10時

 昨日の予算特別委員会で、震災対策について、集中審議が行われました。
 この中で、私は節電対策について質問しました。以下は山本の書き取り内容です。
 港区は、今のところ輪番停電の対象とはなっていません。様々な理由はありますが、他の停電対象自治体、そして被災地の現状を考えると心が痛みます。
 そのような思いに立ち、
 ① 区民の皆さんへの節電啓発
 ② 福祉施設等を除く区有施設での節電の促進について
 ③ 以上の取り組みを広報し、世間の理解を得るための取り組みは
の三点を質問しました。櫻井純企画課長が答弁し、
○ 港区は山本委員指摘のとおり、計画停電の対象区になっておりません。
○ しかし今後の電力需給不足、また痛みを分かち合うため、区のHPなどで1/4節電を呼び掛けていいます。
○ 区有施設では、東電からの要請を受け、スポーツセンターを当面休館しています。本庁でも空調を止めたり、消灯するなどの対応を取っている。また区営プールの開放を見合わせています。
○ 今後も率先して取り組みを行います

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月15日午後7時

1.東北地方太平洋沖地震等の影響で家庭などから発生したごみについて

 (1) 不燃ごみの扱いについて
 ガラス、陶器類等、地震の影響で、発生した不燃ごみについては、紙で包む、ダンボール箱に入れるなど、危険のない状態にし、収集日にお出し下さい。
なお、量が多いなど、特別な事情のある方は、みなと清掃事務所にご相談ください。

 (2) 粗大ごみの扱いについて
 地震の影響で、発生した家庭から出る粗大ごみを処分する場合、港区では、粗大ごみ処理手数料を免除します。直接、みなと清掃事務所に電話でお申し込みください。

 申し込み・問い合わせ
  みなと清掃事務所 電話:(代表)03-3450-8025 ファックス:03-3450-8063

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月15日午後6時

1.健康増進センター(ヘルシーナ)臨時休館のお知らせ
 平成23年3月11日に東北地方で発生した地震の影響により、次の期間は臨時休館させていただきます。
 平成23年3月14日(月曜)から3月19日(土曜)
 なお、3月20日(日曜)以降については、決定次第、ホームページ上でお知らせいたします。
 
 問い合わせ
 みなと保健所健康推進課健康づくり係 電話:03-3455-4928

2.東北地方太平洋沖地震に伴う区内避難所の閉鎖について
 3月11日、区は、区内55カ所に避難所を開設し、午前0時15分頃のピーク時には約3,300人の区民、帰宅困難者の皆さんを受け入れました。その後、徐々に利用者が減少し、3月12日(土曜)午後6時30分、すべての避難者等が自宅等へ戻ったことから、区内の避難所をすべて閉鎖しました。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月15日午後2時

1.平成23年3月14日から3月19日までの健診事業等中止および振替のお知らせ
 平成23年3月14日(月曜)から3月19日(土曜)に予定していた次の健診事業等は、東北地方で発生した地震の影響により中止させていただきます。
 なお、中止となった健診事業等の振替えにつきましては、下記の通りです。

 (1) 中止する健診事業および振替日

  ① 3月14日(月曜)
  ・午後:4ヶ月児育児相談(三田分室)中止
       ↓
   4月4日(月曜)(三田分室)、4月11日(月曜)(三田分室)、午前:4月25日(月曜)(赤坂仮庁舎)

  ② 3月15日(火曜)
  ・午後:経過観察児健診(三田分室)中止
       ↓
   3月29日(火曜)(三田分室)

  ③ 3月16日(水曜)
  ・午前:うさちゃんくらぶ(三田分室)中止
       ↓
   3月30日(水曜)(三田分室)

  ・午前:緩和ケアミニ講話(赤坂仮庁舎)中止

  ・午後:精神保健福祉相談(赤坂仮庁舎)中止
       ↓
   3月23日(水曜)(赤坂仮庁舎)

  ・午後:バースデイ歯科健診(三田分室)中止
       ↓
   4月8日(金曜)(赤坂仮庁舎)、4月20日(水曜)(三田分室)

  ④ 3月17日(木曜)
  ・午後:1歳6ヵ月児健診(三田分室)中止
       ↓
   4月5日(火曜)(三田分室)、4月14日(木曜)(三田分室)

  ⑤ 3月18日(金曜)
  ・午前:デイケア事業(赤坂仮庁舎)中止
  
  ・午後:母親学級(赤坂仮庁舎)中止

  ・午後:母子メンタルヘルス相談(赤坂仮庁舎)中止
       ↓
   4月6日(水曜)(赤坂仮庁舎)、4月13日(水曜)(赤坂仮庁舎)

  ⑥ 3月19日(土曜)
  ・午後:両親学級(赤坂仮庁舎)中止
       ↓
   3月26日(土曜)(赤坂仮庁舎)

 (2) 今後の予定について
 3月22日(火曜)以降の健診等につきましては、みなと保健所健康推進課にご確認下さい。
 なお、3月22日(火曜)以降の健診事業等につきましては、決定次第、順次ホームページ上でお知らせいたします。

 ■ 問い合わせ
  みなと保健所(保健サービスセンター)
  健康推進課地域保健係 電話:03-3455-4772
  健康推進課健康づくり係 電話:03-3455-4928 FAX:03-3798-4619

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月15日午後1時

1.福島原子力発電所爆発による放射線の身体への影響等の相談について(みなと健康CANより)
 放射線の身体への影響等について、相談を希望される方は、みなと保健所へご連絡ください。
  みなと保健所保健予防課
  みなと保健所健康推進課
  電話:03-3455-4701(代表)

2.4ヶ月育児相談中止のお知らせについて(同)
 3月14日開催の4ヶ月育児相談につきましては、東北地方で発生した地震の影響により中止させていただきます。
 3月15日以降の健診等につきましては、みなと保健所(保健サービスセンター)健康推進課にご確認下さい。尚、3月15日以降に健診等の実施につきましては決定次第順次ホームページ上でお知らせいたします。
 ■問い合わせ
  みなと保健所(保健サービスセンター)
   健康推進課地域保健係 03-3455-4772(内線3874)
   健康推進課健康づくり係 03-3455-4928(3873) FAX3798-4619

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月15日午後0時

1.平成23年3月14日から3月19日までの健診事業等中止のお知らせ(みなと健康CANより)
 平成23年3月14日(月曜)から3月19日(土曜)に予定していた次の健診事業等は、東北地方で発生した地震の影響により中止させていただきます。
 なお、中止となった健診事業等の振替えにつきましては、決定次第、順次ホームページ上でお知らせいたします。

(1)中止する健診事業等
 〇 3月15日(火曜) 午後:経過観察児健診(三田分室)
 〇 3月16日(水曜) 午前:うさちゃんくらぶ(三田分室)
               午前:緩和ケアミニ講話(赤坂仮庁舎)
               午後:精神保健福祉相談(赤坂仮庁舎)
               午後:バースデイ歯科健診(三田分室)
 〇 3月17日(木曜) 午後:1歳6ヵ月児健診(三田分室)
 〇 3月18日(金曜) 午前:デイケア事業(赤坂仮庁舎)
               午後:母親学級(赤坂仮庁舎)
               午後:母子メンタルヘルス相談(赤坂仮庁舎)
 〇 3月19日(土曜)  午後:両親学級(赤坂仮庁舎)

(2)今後の予定について
3月22日(火曜)以降の健診等につきましては、みなと保健所健康推進課にご確認下さい。
なお、3月22日(火曜)以降の健診事業等につきましては、決定次第、順次ホームページ上でお知らせいたします。
<問い合わせ>
  みなと保健所(保健サービスセンター)
   健康推進課地域保健係 電話:03-3455-4772 
   健康推進課健康づくり係 電話:03-3455-4928 FAX:03-3798-4619

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月14日午後3時 

1.会議報告
 全34議員と行政との会議が、本日午後1時30分から行われました。以下報告です。
 (1) 区内の震度
     5弱
 (2) 区内被害
  ① 人的被害 死者・行方不明者なし 重軽傷なし
  ② 建物被害 全壊なし ビル傾き1件(新橋5-9-7)
  ③ 道路橋梁被害 小さな陥没数ヶ所
  ④ 交通機関被害 JR、地下鉄等一時不通

2.地下鉄情報(東京メトロ・都営地下鉄HPより)
 東京電力の計画停電により、本数を減らして運転しているため、ダイヤが乱れています。
 (1) 銀座線・丸ノ内線 通常時の4割程度の運転本数となっています。
 (2) 日比谷線 東武伊勢崎線、東急東横線との直通運転を終日中止しています。
            通常時の5割程度の運転本数となっています。
 (3) 東西線 快速運転、東葉高速線との直通運転を中止し、JR中央・総武各駅停車との直通運転を終日中止しています。通常時の4割程度の運転本数となっています。
 (4)千代田線 JR常磐線各駅停車線との一部直通運転、小田急小田原線との直通運転を終日中止しています。通常時の4割程度の運転本数となっています。
 (5)半蔵門線 東急田園都市線との直通運転中止、東武伊勢崎線との直通運転を終日中止しています。通常時の5割程度の運転本数となっています。
 (6)南北線 通常時の8割程度の運転本数となっています。
 (7)大江戸線 計画停電の影響により、本数を減らして運転しています。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月14日午後1時 議会に関する情報です。

 地震が発生した11日午後以降、港区議会平成23年度予算特別委員会が休憩のままとなっております。同委員会には、全34議員が参加しているため、事実上議会活動が止まっている状態です。
 本日午後1時30分より、行政側から全議員に対する状況説明会を行う予定です。輪番停電の影響による公共交通機関の運行調整で、登庁出来ない職員も多数おり、通常の議会日程が進まない状態です。
 詳細は改めてお知らせします。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月14日午後12時 現在の把握情報です。

(1) 区有施設の開設状況について(港区HPより)
 ① 港区スポーツセンターについて
 東京電力株式会社から、節電のため、港区スポーツセンター(プール棟を含む)を休止してほしい旨、要請がありました。そのため、本日3月14日(月曜)から当分の間、休止することとします。

(2)  港区役所の業務について(港区HPより)
 3月11日(金曜)に発生した東北地方太平洋沖地震後の区の業務について、お知らせします。
 東京電力株式会社から、計画停電を実施すると発表されましたが、3月14日(月曜)の発表では、本日の計画停電の実施について、港区は対象外となっています。
 区の窓口や各区有施設は開庁していますが、交通事情等の状況によっては、区の業務内容により、区民や事業者の皆さんにご不便とご迷惑をおかけすることが想定されます。
 職員一同、区民サービスの維持に精一杯努めますが、このような状況をご理解いただきたくお願いいたします。
 区としても、このような計画停電の事態を受け、各区有施設でも節電を実施しますのでご理解くださるよう、お願いいたします。

(3)港区芝浦・港南地区の交通状況
 区民の方が、自主的に動画を作成しアップされました。ご参照下さい。
 港区芝浦・港南地区の交通状況 2011年3月13日

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月14日午前10時 現在把握している情報を以下列挙します。

(1) 計画停電(港区内)
 ① 東京電力による計画停電について、今のところ港区で実施する予定はありません。
 ② 今後予定が変更するおそれがありますので、各種情報に注意して下さい。

(2) 公共施設運営状況
 ① 計画停電による公共交通機関の運行調整により、出勤できる職員数が減り、区有公共施設の運営に支障が出ております。
 ② 区では、BCP(緊急時事業継続計画)の発動を検討しております。

(3) 区内被災状況
 ① 道路陥没一ヶ所、建物の傾き一ヶ所(以上港区確認事案)。
 ② 東麻布で建物の外壁落下一ヶ所(山本現場確認、その後消防、港区に通報)。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

◆3月13日午前11時の情報です。

 報道にもございますが、東日本大震災の被害の影響により、明日から計画停電が行われます。計画停電は、東京電力(以下東電)の管内を5つのグループに分けて行われます。
 まず現在確認されているグループ毎の時間割です。

第一グループ   6:20 ~ 10:00
        16:50 ~ 20:30
第二グループ   9:20 ~ 13:00
        18:20 ~ 22:00
第三グループ  12:20 ~ 16:00
第四グループ  15:20 ~ 19:00

 第一及び第二グループは、一日二回停電が行われますが、状況により、午後の二回目分を行わない可能性もあります。
 東電の記者会見では、23区については、荒川区の一部を除き、明日は実施しないとのことでしたが、HP(現在閲覧不可)では荒川区の区も含まれているとのことで、東電側が確認中とのこと。

 なお港区内の各公共施設への影響については、今後調査の上、随時お知らせ致します。

【一定】閉会日 任期最後の議会が終了

 定例会最終日です。
 本会議における議事日程は以下のとおりです。

日程第 1 会議録署名議員の指名

以下議案・請願です。

日程第 2 議案第1号   公的法人等への港区職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
        ※全会一致可決
日程第 3 議案第2号   外国の地方公共団体の機関等に派遣される港区職員の処遇等に関する条例の一部を改正する条例
        ※賛成多数可決
日程第 4 議案第3号   港区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
日程第 5 議案第4号   港区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
日程第 6 議案第18号   平成22年度港区一般会計補正予算(第4号)
日程第 7 議案第19号   平成22年度港区国民健康保険事業会計補正予算(第2号)
日程第 8 議案第20号   平成22年度港区老人保健医療会計補正予算(第1号)
日程第 9 議案第21号   平成22年度港区後期高齢者医療会計補正予算(第2号)
日程第10 議案第22号   平成22年度港区介護保険会計補正予算
        ※以上7案 全会一致可決
日程第11 議案第27号   工事請負契約の承認について(田町駅東口北地区公共公益施設新築工事)
日程第12 議案第28号   包括外部監査契約の締結について
        ※以上2案 賛成多数可決
                    (以上 総務常任委員会審査報告)
日程第13 総務常任委員会からの中間報告について 
日程第14 総務常任委員会の継続審査申出について

日程第15 議案第11号   港区立いきいきプラザ条例の一部を改正する条例
        ※全会一致可決
日程第16 議案第12号   港区立保育園条例(全部改正)
        ※賛成対数可決
日程第17 議案第13号   港区立子ども中高生プラザ条例の一部を改正する条例
        ※全会一致可決
日程第18 議案第14号   港区国民健康保険条例の一部を改正する条例
        ※賛成多数可決
日程第19 請願23第 2号 エンディングノート利用提案に関する請願
        ※賛成少数否決(保守日本のみ採択表明)
                    (以上 保健福祉常任委員会審査報告)
日程第20 保健福祉常任委員会からの中間報告について
日程第21 保健福祉常任委員会の継続審査申出について

日程第22 議案第6号   港区道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例
        ※全会一致可決
日程第23 議案第7号   港区立公園条例の一部を改正する条例
日程第24 議案第8号   港区立上下水道施設上部利用公園の一部を改正する条例
        ※賛成多数可決
日程第25 議案第9号   港区立児童遊園条例の一部を改正する条例
日程第26 議案第10号   港区公衆便所条例の一部を改正する条例
        ※全会一致可決
日程第27 請願23第 3号 絶対高さ制限の導入と天空率制度の見直しを求める請願
日程第28 請願23第 4号 絶対高さ制限の導入と天空率制度の見直しを求める請願
        ※以上2案 賛成少数不採択
                    (以上 建設常任委員会審査報告)
日程第29 建設常任委員会からの中間報告について
日程第30 建設常任委員会の継続審査申出について

日程第31 議案第5号   港区特別区税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例
日程第32 議案第15号   港区幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
        ※以上2案 全会一致可決
日程第33 議案第16号   港区幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
        ※賛成多数可決
日程第34 議案第17号   港区幼稚園教育職員の給与等に関する特別措置に関する条例の一部
        ※全会一致可決
                    (以上 区民文教常任委員会審査報告)
日程第35 区民文教常任委員会からの中間報告について
日程第36 区民文教常任委員会の継続審査申出について

日程第37 議会運営委員会からの中間報告について
日程第38 議会運営委員会の継続審査申出について

日程第39 交通・環境等対策特別委員会からの中間報告について
日程第40 交通・環境等対策特別委員会の継続審査申出について

日程第41 
日程第42
日程第43 
日程第44 
日程第45 
日程第46 
日程第47
日程第48 議案第23号   平成22年度港区一般会計予算
日程第49 議案第24号   平成23年度港区国民健康保険事業会計予算
日程第50 議案第25号   平成23年度港区後期高齢者医療会計予算

日程第51議案第26号   平成23年度港区介護保険会計予算
日程第52
日程第53
日程第54

日程第55
を改正する条例
請願23第 1号 「港区職員の離職後の再就職に係る制限に関する条例(天下り禁止条例)」の制定を求める請願

【一定】十六日目 総括質問・態度表明

 予算特別委員会の最終日です。
 各会派による総括質問、そして予算案に対する賛否を示す態度表明が行われました。

 総括質問は、私山本へるみが行いました。

1.予算編成について
 今回上程されている予算案は、平時の状態で作成されている。今回の東北関東大震災の発生という有事において、行政内で修正などの議論が行われたのか。また無い場合でも、予算の執行の中で、重要度の精査などは検討しているのか。

2.耐震化支援事業について
① 非木造建築物と木造住宅へ耐震改修計画や工事費の助成をしているが、過去三年間の利用状況は
② 非木造建築物の耐震改修工事はあまり進んでいるとは言えないが、その理由は

3.家庭福祉員(保育ママ)について
港区の地域事情に根差した家庭福祉員・通称「保育ママ制度」の創設や、無認可も含めた民間保育所利用者の保育料の一部を直接補助する様な制度、例えば保育バウチャーといった個人補助に重きを置いた制度に、同じ予算でも今の何倍もの人にサービスを提供できると考えないか?

4.朝鮮学校保護者補助金について
 一般質問にて、教育長より、代理人申請から保護者直接申請に見直すとしたことは率直に評価したい。
 しかし教育長は一般質問答弁で、補助金の目的を保護者の負担軽減と述べた。一方保護者の所得に関係なく補助金交付しているとも述べている。
① 二つの答弁の間に矛盾はないのか。
 朝鮮学校では、金日成、金正日両者の肖像画がかけられていると聞く。
② 区は、その事実関係を確認しているのか。
③ 区教育委員会として、この両名をについて、どのような地位にあり、また地球人類史上どのような影響を与えた人物と認識しているのか。

 以上の質疑な様子は、以下の動画でご覧になれます。
 【港区議会予算特別委員会】保守日本 総括質問 山本へるみ

 総括質問終了後、態度表明が行われましたが、我が会派からは水野むねひろ議員が行いました。通常、総括質問と態度表明は同じ議員が行うのですが、今回は異例の対応となりました。この理由については、後日経過を報告します。
 我が会派の態度表明は以下のとおりです。

 議案第23号 平成23年度港区一般会計予算他三案について、保守日本は、会派としては賛成します。
 しかし、我が会派の山本へるみ議員は、多額の税金を使い過剰な行政サービスを行う区の姿勢、中でも朝鮮学校保護者補助金については反対の意思を表明しており、断腸の思いで会派の意思に従っております。
 我々は責任ある与党会派としての一員として、一致団結して行動しますが、区及び教育委員会においては、今後の予算執行には、東北関東大震災による被害、北朝鮮当局による拉致事件などへの区民感情に十分配慮して頂くことを強く要望します。

【一定】十五日目 震災対策集中審議

 地震発生後、本日より議会が再開されることになりました。予定されていた平成23年度一般会計歳出土木費の残り、及び教育費の質疑は中止され、臨時措置として、震災対策に関する集中審議を行うことになりました。

 私からの質問事項は以下の通りです。
1.節電対策について
 港区は、今のところ輪番停電の対象となっていない。様々な理由はあるだろうが、他の停電対象自治体、そして被災地の現状を考えると心が痛む。
(1)区民への節電啓発について
(2)福祉施設等を除く、区有施設での節電の促進について
(3)以上の取り組みを広報し、世間の理解を得る取り組みは。

(答弁:企画課長)
 港区は、山本委員ご指摘の通り、計画停電の対象区になっていない。しかし今後の電力需給不足、また痛みを分かち合うため、区のHPなどで1/4節電を呼びかけている。
 区有施設では東電からの要請を受け、スポーツセンターを当面休館する。本庁でも空調を止める、消灯するなどの対応を行っている。 区営プールの開放を見合わせるなど、率先して取り組みを行っている。
 今後も広く周知して広報し、世間の理解を得たい。

ALL page  1   2   3 

Home > 平成23年3月

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る