Home > 平成23年7月

平成23年7月

【芝浦】芝浦まつり

0164.jpg芝浦三・四丁目町会(岩藤文彦会長)主催による「平成22年芝浦まつり」に参加して参りました。
 まつりでは、多くの出店が並び、子供達にお楽しみ券配布、若芝太鼓独演会、納涼盆踊り大会が開催されました。

【拉致】生島孝子さん失踪事案に関する質疑の記録

 以下は、私のツイッターをフォローして下さっている、生島馨子さんの投稿です。

突然ですが、二葉百合子さんの「岸壁の母」を知っていますか。もしかしたら会えるかもと1丈の望みを託し、岸壁で待つ母の姿です。特定失踪者の母うらも同じ思いで政府が対応をしてくれるのを切望して亡くなりました。今回米国の人権報告書に拉致被害者として入っていません。政府も同じ見解でしょうか
1:46 AM Jul 26th webから

8月日朝協議行う方向を検討。拉致、核がテーマとか。記事では、政府関係者の見解として被害者家族が高齢化する中何もしないわけにはいかないと!しかし政府が拉致被害者とせず手つかずの特定失踪者の中に、本人が70歳80歳の高齢になる事実を、国民の皆様理解して下さい。
2:01 PM Jul 26th webから

 生島さんは、北朝鮮による拉致の可能性がある生島孝子さんのお姉様です。失踪当時は、港区の職員で麻布支所(現在の麻布地区総合支所)に勤務しておりました。
 4年前に議員に当選した後、初の区長・教育長に対する一般質問で、生島さんの失踪事件について取り上げております。
 当時の議事録を以下に紹介致します。

< 平成19年9月14日開会 : 平成19年第3回定例会 >

◯四番(山本閉留巳君) これより、みなとフォーラム・民主所属、私、山本閉留巳が一般質問を行います。
(中略)
 質問十番、港区職員、生島孝子さん失踪事案についてお尋ねします。
 生島孝子さんは、昭和四十七年当時の麻布支所において電話交換手として勤務しておりましたが、同年十一月一日に失踪いたしました。当日は有給休暇をとり、自宅アパートを出て以降、行方不明となっております。
 それから時が流れ、平成十四年十二月二十日、生島さんの職場と同じ場所にある麻布区民センターにおいて偶然北朝鮮拉致被害者家族及びその支援者による集会が開催され、私も現場責任者として参加しておりましたけれども、このとき区の関係者の方から、私たちスタッフに対して、港区の職員の中で過去きわめて不自然な形で行方不明になっている者がいるという情報が寄せられたことが事の始まりでございます。
 その後、生島さんの家族から政府、あるいは民間の支援団体への届出、一連の報道、脱北者による証言、また警察の再捜査の動きが続き、現在では生島さんが拉致被害者である可能性が取りざたされております。
 本件が拉致事件であるか否か、現時点で判断することはできません。しかし、被害者が港区の職員であるということ、そして、我が議会は、平成十二年十月、まさに七年前のこの定例会において、二十三区に先駆け、拉致問題に関する請願を全会一致で採択しております。
 北朝鮮は六か国協議に参加するそぶりを見せながら、核開発の全面停止に応じておらず、また、拉致問題について誠意ある対応を見せないなど、依然として我が国に対する敵対的姿勢を崩しておりません。かかる状況下にあって、区として本件について、政府に真相究明や情報公開を求める意思があるのか否か、区長のお考えをお聞かせ願います。
 これをもちまして、質問を終わります。ご清聴ありがとうございました。

◯区長(武井雅昭君) ただいまのフォーラム民主の山本閉留巳議員のご質問に順次お答えいたします。
(中略)
 最後に、職員の失踪事案についてのお尋ねです。
 拉致問題の解決は、喫緊の国民的課題であり、今後とも、拉致問題をはじめ、さまざまな人権侵害問題に関する区民の認識を深めることは重要と考えております。
 生島孝子さんが行方不明になった事実については確認をしており、現在、関係機関による捜査等を見守っている状況です。今後、真相が解明される中で、区として適切に対応してまいります。
 よろしくご理解のほどお願いいたします。

【六本木】打ち水大作戦

0138.jpg0145.jpg
 六本木打ち水大作戦が開催されました。

 地元町会や商店会、事業者、行政、地域関連団体が東京ミッドタウンに集まり、その後六本木交差点に移動し、同交差点周辺の道路上に、打ち水を行いました。水は、東京ミッドタウンが溜めていた雨水を活用しました。

【麻布】麻布地区納涼盆踊り大会/sayaさんコンサート

0135.jpg 麻布地区納涼盆踊り大会が開催されました。
 毎年運営側の一員として参加しておりますが、今年は準備作業日である前日が党大会と重なり、櫓の組立作業に参加できなかったのが残念。しかし当日会場のテント張りには加わることが出来ました。
 今年の盆踊りには、麻布小の同窓生も家族連れで例年以上に参加する姿が見られました。久し振りの再会で、中にはすぐに顔と名前が一致しないような場面もあり、面白かったです。

 ところで、私は盆踊りを終盤で中座し、会場と六本木交差点を挟んで反対側、丁度芋洗坂にあるライブハウスSTB139に向かい、友人で歌手のsayaさんのコンサートを鑑賞いたしました。
 コンサートのテーマは、『「日本の心をうたう」CD発売記念&上條恒彦さんを迎えて 童謡詩人金子みすゞを詠む with 塩入俊哉(pf) 〜 sayaの音楽流星群 in STB139 〜』でした。

<関連サイト>
saya official site

【創新党】靖国参拝 党大会

 日本創新党大会及び関連行事が開催されました。

0073.jpg 午前中、東日本大震災復興祈願のための昇殿参拝が行われ、山田宏党首初め党幹部、一般党員が参加致しました。昇殿参拝では、党首他、中田宏代表幹事、岡野としあき政策委員長、そして本参拝担当する国民運動本部長として、私山本の4人が、玉串をささげました。参拝終了後、境内に在る遊就館前にて記念撮影を行いました。

 午後から、会場を日本青年館に移して、地方議員会、杉並支部設立大会、党大会が相次いで開かれました。
 地方議員会は、現職、元職、新人予定者が参加し、党公認候補予定者として、川村宅哉氏(千葉県八街市)、石井幸子氏(埼玉県杉戸町)が紹介されました。
 党大会では、昨年度の活動報告と決算・監査報告、今年度の活動計画案、予算案、基本政策案、人事案が承認されました。政策案では、議員数・公務員数の削減、減税政策、少子化対策、脱原発とエネルギーの多角化、物つくり大国と日本の教育、国防政策について報告が行われ、党員との間で質疑も行われました。

0109.jpg 党大会終了後、良い国フォーラムが開催され、来賓として平沼赳夫たちあがれ日本代表、主催者を代表して松沢成文前神奈川県知事が挨拶し、講師として来場された竹田恒泰氏(慶應大学講師 旧竹田宮家)のご講演をうかがいました。

【虎ノ門】虎ノ門一丁目琴平町会のお祭り情報

 以下は、港区ポータルサイト(芝地区総合支所)からの転載です。

 虎ノ門一丁目琴平町会のお祭りにご参加ください

 虎ノ門一丁目琴平町会のお祭り~西久保八幡神社大祭~
 例年まちぐるみで賑わう虎ノ門一丁目琴平町会のお祭り(西久保八幡神社大祭)。
 子ども山車や和太鼓、地元企業の有志の皆さんも加わる神輿巡行、お祭りエリアでのかき氷・焼きそばの屋台など、大いに盛り上がります。
 今年は、8月4日(木)・5日(金)に催されます。

○「子ども山車」(8月5日 午後1時~)に参加しませんか!
 当日午後1時から「子ども山車」が町内を巡行します。揃いのはっぴを着て、楽しく街練り歩きます。夏休みの思い出づくりにぜひご参加ください。おみやげをご用意しています。

○和太鼓(邦楽アカデミー:大角太鼓)の演奏があります!
 4時半から「大角太鼓」の演奏が行われます。
 地元に長く続いている「大角太鼓」の演奏は、神輿巡行前の名物です。


○神輿巡行(8月5日 午後5時~)担ぎ手募集中!(半被をお貸しします。)
街を威勢よく練り歩く「神輿巡行」には、地域の方はもとより、近隣の企業にお勤めの方々が積極的に参加しています。

今年の「神輿巡行」は、8月5日午後5時から西久保八幡神社発で行います。
参加ご希望の方は、4時45分に海洋船舶ビル前(おまつり地図参照)に集合してください。車で八幡神社までお送りします。(足袋のみご持参ください。)


 

【法人会】麻布法人会社会貢献委員会

 午後3時より、社団法人麻布法人会社会貢献委員会が、同会事務局会議室(元麻布)で開催され、委員の一人として出席致しました。
 私は5年ほど前まで、同委員会の委員をしておりましたが、その後別の委員会に移り、今年再び古巣に戻る形になりました。
 今回の主要議題は、本年度委員会活動の実施内容についてで、具体的には、
○ 献血活動について
○ みなと区民まつりについて(本年10月8日・9日開催)
○ Pカード・切手回収について
○ 健康&クリーンウォーキングについて
○ GRSについて
○ CO2削減計画について
以上について話し合われました。

【麻布小】夏祭りに参加

 今日は、午後から、母校麻布小学校の夏祭りに参加して来ました。
 生憎の雨天で、会場を校庭から体育館に移して開催となりました。PTAのお母さんたちが、かき氷、ポップコーン、お茶配り、ゲームのコーナなどで大働きをされていました。

 子供達は、口が達者でおもしろい。ある女の子は、最近ややリバウンド気味の私を見るなり、「体がたるんできているじゃないの。だめじゃない!」とか、別の女の子は「あっ、へびちゃん!」、私が「へびじゃなくてへるみ」といっても「へびちゃん」を連発。

 会場は蒸し暑かったですが、かき氷を食べると涼んできました。

【東京都】人工呼吸器使用者 停電注意喚起調査について

 (東京都ホームページより)

人工呼吸器使用者の停電への備えに関する調査の結果について
平成23年7月19日
福祉保健局

 都内には、難病等により在宅で人工呼吸器を使用している方が多数おり、停電時の電源確保や人工呼吸器の作動停止を想定した対応など平常時からの備えが必要です。
 そこで、東京都では、都内の人工呼吸器使用者の概要を把握するとともに、今夏の停電に備え、患者や家族に訪問看護ステーションを通じた注意喚起を行うことを目的にアンケート調査を行いました。
 このたび、その調査結果がまとまりましたのでお知らせします。

  人工呼吸器使用者の停電への備えに関する調査の結果について

【港区】旧国立保健医療科学院活用 説明会開催

(港区ポータルサイトより)

 東北地方太平洋沖地震の影響により延期しておりました「旧国立保健医療科学院活用について」の説明会を下記のとおり開催します。

■日時
第1回:平成23年7月26日(火曜)午後6時30分から
第2回:平成23年7月30日(土曜)午前10時00分から

■会場
白金台いきいきプラザ ホール(地下2階)

※当日、別室にて保育室を設けています。
 保育を希望される方は、7月22日(金曜)までに企画課用地活用担当へご連絡ください。

■案内図

大きな地図で見る

■問い合わせ
企画経営部 用地活用担当
電話:03-3578-2503
高輪地区総合支所 協働推進課 まちづくり推進担当
電話:03-5421-7664 ファックス:03-5421-7626

【赤坂】講談で知ろう!地域のお役立ち情報!

 赤坂地区総合支所事業 講談で知る地域のお役立ち情報!

 赤坂地区総合支所では、平成21年度より、新たな情報の発信ツールとして、『講談』を活用しています。講談師の神田(かんだ)織音(おりね)さんを、赤坂・青山地区の地域のイベントなどに無料で派遣し、『講談』を通じて、地域の方に必要な情報を、わかりやすくお届けしています!

 詳しくはこちらをご覧下さい。

<問い合わせ>
 赤坂地区総合支所協働推進課地区政策担当
 電話:03-5413-7013
 ファックス:03-5413-2019

※港区ポータルサイトより

【港区】「ちぃばす」の芝・高輪ルートのバス入れ替え

(港区ポータルサイトより)

 「ちぃばす」の芝ルートの中型バスと高輪ルートの小型バスを一部入れ替えます。

 芝ルートでは新橋駅周辺で交通渋滞が激しいことから、バスの定時運行が難しくなっています。また、高輪ルートは利用者の増加に伴い、車内が混雑し利用者の快適な車内環境の維持の妨げとなっております。
 このため、7月16日(土曜)より、芝ルートの定時運行の改善と高輪ルートの車内混雑緩和のため、下記のとおり「ちぃばす」車両の入れ替えを実施します。

〇変更前(7月15日まで)
 芝ルート  中型バス4台(別途予備で小型バス1台)
 高輪ルート 小型バス4台

◎変更後(7月16日から)
 芝ルート  中型バス2台、小型バス3台(予備車1台含む)
 高輪ルート 中型バス2台、小型バス2台

「ちぃばす」利用者の快適性の向上のため実施しますので、ご理解願います。

<問い合わせ>
 土木課交通対策担当
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2278)
 株式会社フジエクスプレス
 電話:03-3455-2213

【港区】放射能・放射線量測定結果(砂場・プールの水)

(港区ポータルサイトより転載)

 区では、子どもがいる保護者など区民の皆さんに対して、子どもの安全・安心について、より確実なものとしていただくために、4月25日から開始している「水道水」に対する放射能測定に加え、6月9日から、区内の保育園や公園などの「砂場」と学校の屋外プールの水の放射能測定を行っています。
 また、砂場の検体採取と同時に、職員が簡易型測定器を使って大気中の放射線量を測定しています。
 7月14日(木曜)に検体採取した「砂場の砂の放射線量と放射能」、「プールの水の放射能」の測定結果は、こちらでご覧下さい。

*砂場の砂とプールの水についての放射能の測定結果は、検体採取後、検査機関に持ち込んでから5日から6日かかりますので、公表はそれ以降となります。
*測定頻度は「週1回」とし、各週区内の5、6か所を順番に測定します。
*これ以前の測定結果については後段をご覧ください。

●6月15日から、区内の「大気」についての定点測定を開始しました。区内の大気中放射線量の定点測定はこちらをご覧ください。

【拉致】北朝鮮当局者特例入国に対し抗議活動

0008.jpg このほど日本政府は、北朝鮮IOC委員の特例入国を認めました。来日したのは、IOCのチャン・ウン委員ら2人で、本日港区のグランドプリンスホテル新高輪で開催されるアジアオリンピック評議会の総会に出席しました。
 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)では、この動きに
対し、平田隆太郎事務局長以下20名のメンバーで、午前8時から会議の始まる9時までの間、会場前での抗議の意思表明活動を実行しました。活動では拡声器などは使用せず、横断幕持っての無言の抗議活動を行いました。
 同協議会加盟団体の一つ、北朝鮮に拉致された日本人を救出する青年の会(救う会青
年)の代表者として、山本以下港区民5名がこの活動に参加致しました。

【六本木】六本木をきれいにする会600回記念懇親会

 六本木で清掃ボランティア活動を行う六本木をきれいにする会による活動が、平成9年1月17日に開始して以来、今年6月24日で600回になったことを記念して、東京ミッドタウンの会議施設で記念懇親会が開催されました。

 会場には、清掃活動に参加している住民・在勤者によるボランティアなど60名が集まりました。
 式は皆川昌博会長による挨拶で始まり、来賓として、平和史麻布警察署長、西田京子港区麻布協働推進課長、青野信次六本木商店街振興組合理事長、谷口光一六本木町会会長、足立軍二六本木市西町会会長、山本隆志東京ミッドタウン町会会長、新保雅敏六本木安全安心パトロール隊隊長、下條弘之六本木倶楽部会長が、順に祝辞を述べられました。司会は、不肖私山本が担いました。
 

【港区】仮称港区防災対策基本条例についてのご意見

 以下は港区ポータルサイトからの転載です。

 災害時に区民のかけがえのない生命と貴重な財産を守るためには、東日本大震災で発生したさまざまな事象を教訓とし、今後区が防災対策上取り組むべき課題を明らかにするとともに、区・区民・事業者が「自助」、「共助」、「公助」という防災の基本理念に基づき、それぞれが果たすべき役割と責任の中で、防災対策の取り組みを進めることが必要です。
 以上のような認識のもと、防災対策の基本理念や区・区民・事業者が取り組むべき基本的事項等を定め、今後の区の防災対策を総合的に推進するため、現在区では(仮称)港区防災対策基本条例の制定に向けた検討を進めています。
 条例の制定にあたり、より多く区民の皆さんの声を反映させるため、下記の要領でご意見を募集しますので、よろしくご協力をお願いします。

<対象>
 ・港区にお住まいの方
 ・港区内の会社や事業所にお勤めの方
 ・港区内の学校等に通学している方

<募集期間>
 平成23年7月11日(月曜)から平成23年8月10日(水曜)まで

<条例の構成>
(1)基本理念
(2)区、区民、事業者の責務(自助、共助、公助)
(3)防災街づくりの推進
(4)地域防災力の向上と防災教育の充実
(5)災害時要援護者対策の充実
(6)高層住宅等の震災対策の促進
(7)応急体制等の強化
(8)帰宅困難者対策の再構築
(9)復興対策

<(仮称)港区防災対策基本条例に盛り込むべき項目(素案)>
「(仮称)港区防災対策基本条例に盛り込むべき項目(素案)」はこちらからご覧になれます。
 (仮称)港区防災対策基本条例に盛り込むべき項目(素案)


<ご意見の提出方法>
 こちらからご意見の入力ができます。

 または、次のいずれかの方法でお願いします。
 ・直接ご持参いただく場合
  受付:港区役所5階の防災課へ
 ・郵便でお送りいただく場合
  宛先:〒105-8511
  港区芝公園1丁目5番25号
  港区役所防災危機管理室防災課
 ・ファックスの場合
  送信先:港区役所防災危機管理室防災課
  ファクシミリ:03-3578-2539

<その他>
 ・お寄せいただいたご意見は、内容を確認後、このホームページ上で公表します。
  ただし、お名前と連絡先等はすべて非公開とさせていただきます。
 ・確認等のため、区の担当者から直接ご連絡させていただくことがあります。
 ・ご意見の記述は、日本語のみとさせていただきます。


<問い合わせ>
 防災危機管理室 防災課 防災係
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2541)
 ファックス:03-3578-2539

【神戸】メモリアルパーク訪問/【和歌山】松下塾主墓所参拝

0960.jpg0966.jpg
 神戸入り二日目の今日、午前中は神戸港震災メモリアルパークを訪問しました。ここは阪神淡路大震災発生時に陥没した桟橋の一部を、公園として保存している場所であります(左上写真)。
 メモリアルパークの近くの神戸市の様子も撮影しました(右上写真)。あの震災から今年で16年、神戸は復興しています。今から10数年後、東日本大震災被災地も力強く復興していることを祈るばかりです。

 午後和歌山に移り、松下政経塾創設者、故松下幸之助塾主墓所を参拝し、先の区議選の結果を報告致しました。

【神戸】先祖墓参と春日野墓地協会総会

 先祖の墓参りと春日野墓地協会総会出席のため神戸に来ております。

 午前中、先祖の墓がある春日野墓地を訪れ、先の区議選の結果について報告を行いました。 昼食を、三ノ宮駅近くに在り、名物とんかつで有名な「もん」で取り、同墓地協会総会に向かいました。

 春日野墓地は、徳川家光治世の寛永年間から共同墓地として発足し、今日迄400年近い歴史を有します。私の先祖の墓も、この中に在ります。
 総会では、昨年度の事業・決算・監査報告、新任理事の承認、墓地会館休館日の設定、本年度事業計画・予算案の承認などが議案として提出され、いずれも承認されました。審議時間は2時間半、よくあるシャンシャン総会でなく、会員と役員による積極的な質疑が行われました。
 私からは、法人化に向けての具体案、ホームページの内容の見直しなどについて質問を行いました。

0954.jpg0949.jpg
 総会終了後、久しぶりに異人館をめぐり歩きました。私が訪れた所がトーマス邸、通称風見鶏の館、30数年前のNHKの朝のドラマ「風見鶏」の題名の由来となった家です。100年前に建てられた住宅ですが、現代社会でも頑丈さと風格を守りながら残っている様子には素晴らしいものがあります。

 夜には、北野坂に在るジャズバー「ソネ」に行きました。神戸に来た際には必ず寄る場所です。久しぶりにジャズのセッションを聞きながら至福の時を過ごしました。

<関連URL>
〇 風見鶏の館オフィシャルサイト
〇 欧風料理 もん - 三ノ宮/洋食 [食べログ]
〇 神戸 JAZZ LIVE &レストラン ソネ
〇 神戸の霊園墓地・神戸中心地最短のお墓「春日野墓地」に永代供養墓を新設

【麻布】飯倉公園で夏祭り

0939.jpg 東麻布一丁目にある飯倉公園にて、飯倉保育園主催による夏祭りが開催されました。暑い日でしたが、子供たちが元気に走り回っていました。

【港区】保存文書の誤廃棄について

 この度、平成23年度の文書廃棄において、保存年限内の平成21年度分印鑑登録申請書(2,934件)、印鑑登録証明書交付申請書(5,715件)、平成22年度分住民基本台帳カード交付請求書の写し(493件)外の文書を誤って廃棄したことが明らかとなりました。

 この件に関して港区が発表した詳細については、こちらをご参照下さい。

【港区】港区内の空間放射線量(定点測定)について

 区では、区民の皆さんの安全・安心の確保を最優先とする観点から、6月15日(水曜)から、区内の「大気」中の放射線量の定点測定を開始しています。
 定点測定は、原則として毎週水曜日に行い、測定結果については、ホームページ等で公表します。

詳細はこちらから

※港区ポータルサイトより

麻布生活安全協議会/たち日・創新党合同勉強会

 午後3時から、第30回麻布地区の生活安全と環境を守る協議会に出席しました。同協議会で、私は環境美化分科会長を務めております。
 協議会では、生活安全分科会と環境美化分科会それぞれの取り組みについて報告が行われました。
 また「安全で安心できる港区にする条例」に基づく表彰候補者の推薦、みんなと安全安心メールの配信が議題となった他、麻布警察署から共同住宅防犯対策助成事業、麻布消防署から熱中症について、それぞれ報告が行われました。

  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 午後4時から、たちあがれ日本・日本創新党合同勉強会・懇親会が、衆議院第一議員会館で開催されました。
 講師として、伊藤哲夫日本政策研究センター代表が、「やっぱりおかしい 新歴史・公民教科書」と題し講演されました。

【港区】結核業務相談員(非常勤保健師)を募集しています

<対象>
 保健師資格があり、パソコン操作(健診データの入力があるためエクセル・ワードなど)ができる人。

<期間>
 平成23年8月1日から平成24年3月31日(更新は可能)

<勤務条件>
 週4日(29時間)
 午前8時30分から午後5時15分まで(7時間45分)
 4週に1回勤務時間の調整を行います。
 年次休暇10日間、夏季休暇5日間
 残業なし

<勤務場所>
 みなと保健所 保健サービスセンター(仮庁舎)
 港区赤坂4丁目1番26号(東京メトロ銀座線・丸の内線 赤坂見附駅A出口 徒歩5分、東京メトロ千代田線赤坂駅1番出口 徒歩7分)

<勤務内容>
○結核健診業務-保健所内での接触者検診(月5回程度)および対象事業所での出張健診(準備・問診・医師の介助など)、健診の連絡・勧奨・日程調整・未受診の把握など。
○対象事業所への訪問調査-地区担当保健師に同行
○健診データ入力-健診結果の入力、報告書の作成など
○電話による相談・問合せへの対応

<募集人員>
 1名

<選考方法>
 履歴書などによる書類選考の上、面接をして決定します。

<報酬>
 月額181,900円(予定)
 交通費 実費相当別途支給
 社会保険(健康保険、年金あり)
 定期健康診断あり

<申し込み>
 市販の履歴書に必要事項を記入し(写真添付)。保健師免許証の写しを同封の上、郵送してください。
 【募集期限】平成23年7月22日(金曜必着)

<問い合わせ・申し込み先>
 みなと保健所保健予防課保健予防係
 〒107-0052 東京都港区赤坂4丁目1番26号
 電話:(代表)03-3455-4770
 ファックス:03-3798-4619

※港区ポータルサイト


【港区】障害者チャレンジ雇用職員募集

 知的障害のある人を非常勤の嘱託員として任用し、一般企業等への就労に向けた支援を行うことを目的とした、障害者チャレンジ雇用事業を実施します。

<対象>
(1)区内在住で、1人で通勤及び就労が可能な、愛の手帳の交付を受けている人。
(2)港区障害者インターンシップ事業の実習を修了またはこれに準ずる経験がある人。
(3)一般企業等での正規職員(事務系)としての就労経験がない人。
※詳しくは採用選考実施要綱をご覧ください。

<任用期間>
 平成23年10月1日から平成24年3月31日まで
 ※1年以内の期間を単位として、2回まで更新がすることができます。

<任用数>
 1人(選考)

<勤務場所>
 みなと図書館

<勤務内容>
 事務補助、返本・書架整理などの軽作業、パソコン作業(ワード・エクセルなどの操作を行う場合もあります) 等

<勤務時間>
 月曜から金曜(週5日勤務)
 午前8時30分から午後5時15分の間で1日6時間勤務、休憩1時間

<報酬>
 月額107,140円

<第1次試験日>
 平成23年7月25日(月曜)

<第2次試験日>
 平成23年7月28日(木曜)

<申込み>
 人事課(区役所10階)・各総合支所・台場分室・各港区立図書館等にある採用選考実施要綱の用紙に必要事項を記入し、郵送または持参で、7月19日(火曜・必着)までに〒 105-8511 港区役所人事課人事係へ。

港区障害者チャレンジ雇用職員採用選考実施要綱
港区障害者チャレンジ雇用職員採用選考申込書

<問い合わせ>
 人事課人事係
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2189)
 ファックス:03-3578-2129

※港区ポータルサイトより


【港区】みなと食品衛生月間

 7月20日から8月31日までは「みなと食品衛生月間」です。みなと保健所ではこの期間中、食中毒予防のためのさまざまな催しを実施します。


1.食の衛生相談コーナー
 普段買い物をしているときに、もっと食品の表示の見方が分かったらいいのにと思ったことはありませんか?家族の食事のために、気軽に栄養相談ができたらいいのにと考えたことはありませんか?
 そういった方のために、区内のスーパーで保健所職員が相談コーナーを開設します。また、特設手洗いコーナーにて正しい手洗いの方法も紹介します。

 お越しいただいた方には、粗品をお配りします。また今年は、東京タワーのマスコットキャラクター、ノッポン弟も応援に駆けつけてくれます。多くの方のご参加をお待ちしています。

〇 とき:平成23年8月4日(木曜)午後2時から午後4時
〇 ところ:ピーコックストア 芝浦アイランド店(港区芝浦4丁目22番22号 エアテラス1階)
協力:東京タワー


2.食中毒予防のパネル展示
 港区役所および麻布地区総合支所にて食中毒予防のパネル展示を行います。

〇 港区役所(1階ロビー)  7月20日(水曜)から8月3日(水曜)
〇 麻布地区総合支所(1階ロビー)  8月23日(火曜)から8月31日(水曜)

 区役所電光掲示板、男女平等参画センター電光掲示板にて「肉の生食の注意喚起」をしています。


3.肉の生食について
 肉の生食による食中毒にご注意ください。

 近年、生や半生、加熱不足の肉類を原因とする食中毒が増加しています。肉類の中には、腸管出血性大腸菌やカンピロバクターなどの食中毒細菌が付着していることがあります。これらの菌は少量の菌数でも発症するため、注意が必要です。食中毒予防の基本である「菌をつけない(清潔)、増やさない(冷却)、やっつける(加熱)」の三原則を守って、食中毒予防しましょう。


お知らせ
 夏祭りや学園祭が盛んな時期です。食品の取り扱いには、十分注意してください。
 食中毒予防に一番効果があるのは正しい手洗いです。外から帰ってきたとき、トイレの後、調理や食事の前などは特にしっかりと手を洗いましょう。


問い合わせ
生活衛生課(生活衛生センター)
食品安全推進担当
電話:03-5114-3009
ファックス:03-3585-4449

※港区ポータルサイトより

【地域】社会を明るくする運動(六本木ヒルズにて)

0907.jpg 第61回「社会を明るくする運動」 第8回 青少年健全育成大会 in 六本木」が、六本木ヒルズアリーナにて開催されました(左写真)。
 社会を明るくする運動とは、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です(六本木ヒルズHPより)。

 大会は午後1時30分より開会し、初めに式典が開催され、運動を所管する法務省代表者や港区長が順に挨拶に立ちました。その後アトラクションステージや吹奏楽演奏などが続きました。出演団体は、警視庁音楽隊、麻布バトンクラブ、麻布ミュージックジョイバンド、慶応義塾大学応援指導部、港区立芝小学校シンフォニックスブラス、港区立南山小学校児童ジャズバンド、港区立本村小学校チアダンスクラブ、港区立六本木中学校吹奏楽部でした。
0918.jpg ステージ終了後、午後3時50分よりパレードが開催さました。パレードは町会や商店会など区内各団体や出演団体が順に梯団を組んで進み、六本木ヒルズを出て、けやき坂を降り、麻布十番商店街通り抜けました。このパレードで、私は所属している町会である麻ノ葉町会のプラカードを持って行進しました。私達の丁度前の団体が慶応義塾大学応援指導部のチアリーディングとブラスバンドの皆さんでした(右写真)。

【駅頭】麻布十番1番口/【放置看板】六本木五丁目

0896.jpg 今朝は、東京メトロ南北線麻布十番駅1番口にて、政策ビラ「駅頭報告 平成23年7月1日号」を配布致しました。
 以前からブログで何度か紹介し、またこの6月議会でも請願書を提出致しましたが、地下鉄入口のすぐ脇が、「障害保健福祉センター ヒューマンぷらざ」の乗降場所です。写真のように自転車で場所取りを行い、他の車が止まらないようにしました。このような行為について、道路交通法上問題があるとの認識はありますが、皆さんの安全のために、やむを得ず行っております。
0900.jpg
 昼過ぎに六本木交差点の喫煙ボックスの清掃活動を行いましたが、以下の写真は、その往路途中に外苑東通りに置いてあった放置看板であります。道路管理者に無断で置いてある看板について、私は発見次第、区に通報しております。

ALL page  1   2   3 

Home > 平成23年7月

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る