Home > 平成24年12月

平成24年12月

【年末挨拶】今年もお世話になりました

 お世話になっている皆様、応援頂いている皆様、一年間大変お世話になりました。
 
 今年は、消防団在籍20年表彰(1月)、六本木倶楽部会長就任(2月)、石原尖閣購入発言への支持活動(4月)、中国大使館員違法事案(6月)、尖閣諸島視察(8月)、日本創新党解党(9月)、麻布地区の生活安全と環境を守る協議会会長就任(10月)、日本維新の会への合流(11月)、衆議院総選挙(12月)と、様々な出来事がございました。
 地域では、地元の皆様より様々なお役を賜り、また政治では、新しい党への参加が実現しました。
 来年もこれらの流れを、さらに発展、充実化させていく一年となりそうです。新年の目標は、「克己」、己に打ち勝つことであります。どうぞ変わらずのご指導ご鞭撻の程偏にお願い申し上げます。

 そして皆様もどうぞ良い年をお迎え下さい。

総選挙について

 この度の、第四十六回衆議院議員総選挙に際し、多くの皆様よりご支援ご声援を賜り、誠に嬉しく存じます。
 今選挙では、我が日本維新の会は、全国で54四議席(内、小選挙区14議席、比例代表区40議席)、東京選挙区で3議席(内、小選挙区0議席、比例代表区3議席)を獲得させて頂きました。
 一方港区を含む東京第一区で立候補した加藤よしたか候補は、47,018票のご支持を賜りましたが、残念ながら当選には至りませんでした。
 私山本へるみは、民主党を二年前に離党し、山田宏杉並区長(当時)の元で日本創新党に参加し、さらに本年秋に同党解党に伴い、大阪市長を務める橋下徹代表(当時)率いる日本維新の会へ合流、さらに太陽の党との合併により、新たに前東京都知事石原慎太郎代表の指揮の元で、東京維新の会事務総括として、この選挙に臨みました。
 今後は、日本維新の会の一員として、港区を初め東京全域における組織の充実化などを進めて行くことになります。結成して間もない政党で、有権者の皆様には、いろいろと至らない所もございますが、今後ともご指導ご鞭撻の程偏によろしくお願い申し上げます。

 平成24年12月17日

前港区議会議員 日本維新の会

山本閉留巳

Home > 平成24年12月

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る