Home > 平成26年1月

平成26年1月

【都知事選】山手線一周遊説

2600004403:新橋駅前SL広場街頭演説会(26-01-29 DSC5244).jpg2600004404:山手線移動(26-01-29 DSC5343).jpg
 元航空幕僚長、田母神としお候補が、山手線一周遊説を行いました。私は、港区内の各駅頭遊説の運用を担当致しました。
 新橋駅前SL広場(左写真)を皮切りに、順に浜松町駅、田町駅、品川駅各駅頭を、山手線で移動しながら周りました(右写真)。

【都知事選】憲政記念館にて集会

2600004402:憲政記念館集会(26-01-28).jpg 東京を守り育てる都民の会主催による集会が憲政記念館で開催されました。集会の終盤、田母神としお候補が弁士として登壇しました。

※この記事は、公職選挙法の規定により、東京都知事選挙の告示期間及び投開票終了後に掲載致しました。

【反日活動】「慰安婦」「東海」~韓国のアメリカロビー活動と日本

 日本海呼称問題や従軍慰安婦プロパガンダなど、韓国の反日活動はとどまることを知らず­拡大を続けている。この暴走は結局、これまでの日本側の不作為により、韓国人が日本叩­きを「安全パイ」とみなし、筋違いの民族憎悪とルサンチマンの発散を満喫しているのが­実態であろう。
 しかしそうした日本人の慎みが、逆に在米邦人の生活や安全を脅かすまで­になり、日本側としても黙ってみているわけにはいかなくなった。無策の政府に代わり、­民間防衛の立場から中韓の反日プロパガンダに対処してこられた山本優美子氏をお招きし­、バージニア州での「日本海・東海並記問題」や、全米各地で計画されている「慰安婦記­念碑」問題に対抗するための、国境を越えた連帯を呼び掛けて頂きます。

【撫子日和】女性を助けられる女性自衛官

 世の中の人口の約半分は女性であるが、自衛隊に占める女性自衛官の割合は約5%に過ぎ­ない。東日本大震災の例を挙げるまでもなく、一旦大規模災害が発生すれば被災者の半分­は女性となり、ただでさえ不自由な避難生活の中では、男性自衛官に気持ちを吐露するこ­ともままならない人も多く出る。実際に女性被災者から聞いた体験談でも、女性自衛官が­派遣されてくることで、被災者の心の持ちようは大きく変わってくるのである。自衛官を­採用する側にも、今後自衛官を目指す側にも、女性の割合が増えることを望みながら、佐­波優子の考えをお話しさせて頂きます。

【都知事選】新宿駅西口街頭演説会

2600004401:新宿駅西口(26-01-26).jpg 新宿駅西口広場にて、田母神としお候補の街頭演説会が開催されました。

※この記事は、公職選挙法の規定により、東京都知事選挙の告示期間及び投開票終了後に掲載致しました。

【都知事選】田母神候補のポスター掲示

 猪瀬前都知事の辞職に伴う東京都知事選挙が告示されました。
 私、山本へるみは、元航空幕僚長の田母神としお候補の応援に参加することに致しました。
 告示日である23日は、港区の責任者として、区内301箇所の公営ポスター掲示板へのポスター掲示活動の指揮を執りました。

※この記事は、公職選挙法の規定により、東京都知事選挙の告示期間及び投開票終了後に掲載致しました。

【撫子日和】映画「永遠の0」に見る、祖父と孫の会話の大切さ

 これまでも、度々佐波優子からお話しさせて頂いた、戦中派の祖父と、戦争を知らない孫­の世代間ギャップ。ときにそれが、戦後教育の影響で家族の絆にまで悪影響を及ぼす事を­警告してきましたが、それを克服するためにも必要な、祖父と孫の会話の大切さについて­、映画「永遠の0」の例をひきながらお話しさせて頂きます。

【「慰安婦」像】米国より帰国

 「慰安婦像設置に抗議する地方議員の会」の一員としての訪米抗議活動を終え、本日帰国致しました。
 帰国を前に、今回応援して下さった皆様へのご挨拶を、ロサンゼルス空港で撮影致しました。

【「慰安婦」像】「慰安婦」像を視察

 問題となったグレンデール市内の公園に設置された「慰安婦」像を視察すると共に、抗議のためのアピール活動を行いました。


「慰安婦」像前でアピール活動を行いました。

櫻井秀三松戸市議会議員による指摘を発端に、碑文内容の偏向性が次々と明らかになりま­した。

「慰安婦」像に語りかけました。

グレンデールからのメッセージです。


【「慰安婦」像】グレンデール市庁舎にて抗議文手交

(米西部現地時間16日)

 訪米三日目、遂にグレンデールを訪れました。
 まずグレンデール市庁舎を訪問し、5人の市議会議員(内一人は市長兼務)宛の抗議文市の当局者に抗議文と関連資料を手交致しました。関連資料には、米国立公文書に所管されてある米軍の慰安婦に対する聴取資料もあります。

 グレンデール市庁舎に到着すると、日米韓のメディアが予想外に多数集結しておりました。

 抗議文手交に際して、同市職員が紳士的かつ友好的に対応して下さりました。

 抗議文手交後、報道各社の取材に対応致しました。

ALL page  1   2   3 

Home > 平成26年1月

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る