Home > 活動報告 > 安全安心活動

安全安心活動

忘れてはいけない日です。

 6434人が犠牲となった阪神・淡路大震災から16年が経過しました。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 当時私は、神戸市東灘区にある神戸市立本山南小学校に設置された避難所で活動しておりました。被災地に入った当初は、多数の倒壊家屋の在り様に衝撃を覚えましたが、半月も"瓦礫の街"の中にいると、その環境が当たり前に感じてしまいました。そして被災地から東京に戻ると、何も起きていない平和な街並みに違和感を覚えました。
 やがてその環境に慣れ、元の感覚に戻って行きました。その年の9月、南麻布に在る麻布グランドで行われた震災訓練の時のことです。訓練用に作られた倒壊家屋を見て、言いようもない感覚に陥りました。目の前に在る"倒壊家屋"が作り物であることは分かっているのですが、何か自分がその場にいることを否定したくなるような感覚に見舞われました。
 人間とは不思議な生き物なのかもしれません。ああいう感覚になるようなことは自分には無縁のことと震災前は思っていたのですが、本当に分からないものです。
 大きな事件や事故、災害に遭った人々が、その後もショックを引きずる状態、いわゆるPTSDというものは、誰にでもる起こり得ると思います。そのような症状に悩まされている人々への誤解や偏見を排し、理解をする努力と寛容さを、私達は持つべきだと思います。

 今朝は東京メトロ六本木一丁目駅2番口(左下写真)で、また夜はゆりかもめお台場海浜公園駅北口(右下写真)で、それぞれビラ配布活動を行いました。
060085_P1060202.jpg060086_P1060203.jpg

【消防】出初め式

060067_P1060036.jpg 平成23年東京消防出初め式がおう、江東区の東京ビッグサイトで開催され、麻布消防団員として参加して参りました。

 江戸川消防団の皆さんと協力して広報展示のコーナーを担当しました。
 消防団が現場で使用する装備の展示、活動を紹介したビデオ上映やパネル展示、子供向けに消防制服や防火服を着させ、消防団ポンプ車をバックに撮影会を行うなどの業務を行いました。
 私の居た持ち場は屋内でしたが、屋外では式典やパレード、そして梯子乗り演技などが行われました。この日は寒風吹きすさぶ中での開催であっただけに、皆さん本当にご苦労様でした。
060068_P1060024.jpg060069_P1060040.jpg060070_P1060048.jpg060071_P1060076.jpg

※写真説明
  左上:防災服と消防車両
  右上:子供写真撮影用にミニチェア制服
  左下:鳶職による梯子乗りの実演
  右下:消防音楽隊の演奏とカラーガード隊の演技


歳末消防特別警戒

060052_P1050827.jpg 麻布消防団による歳末消防特別警戒が行われ、同分団部長として参加致しました。写真は六本木交差点における巡回の様子ですが、歩きながらの撮影で、画像がぶれてしまいました

【防災】麻布台火災現場に出場

060023_P1050478.jpg 午後11時過ぎ、麻布台三丁目で火災が発生し、麻布消防団員として出場しました。「出場」という用語は、何かスポーツ大会の様な響きもありますが、自衛隊や警察では出動といいますが、消防の場合は出場といいます。
 今回麻布消防署からの出場要請はありませんでしたが、消防車のサイレンが付近で聞こえたため、自主的に出場しました。幸い火災自体の発生や怪我人は無く、現場となったマンションに隣接する飲食店などからの煙に感知器が反応したようです。

【新橋】今年最後の環境浄化パトロール

060019_P1050430.jpg 愛宕一之部連合町会による今年最後の環境浄化パトロール活動に参加しました。同町会では、毎月第三水曜日に、新橋駅周辺地区でパトロール活動を行っており、この日も町会員の皆さんの他、区役所、警察の職員も同行しました。
 六本木同様、新橋も放置看板が多い街です。放置看板には警告シールを貼り(左下写真)、また飲食店などでは警察官が直接立ち入り、撤去を要請します(右下写真)。
 以前は、商店会の皆さんがリヤカーを用いて、警察官の立ち会いの元、次々と強制的に撤去しておりましたが、今はそのようなことが出来ない状況です。区民の皆さんからは、区が及び腰だとの声が上がり、区は警察が及び腰だと言います。区民の不安や不満を解決するのが行政の仕事であり、その行政の仕事を監督するのが議会であります。新橋駅周辺の環境浄化については、来年の議会で、責任の明確化や今後の展望について質していきたいと思います。
060020_P1050452.jpg060021_P1050453.jpg

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

060022_P1050477.jpg 新橋でのパトロール終了後、ゆりかもめお台場海浜公園南口で広報活動を行いました。

米大使館宿舎で防災訓練'10(4日)

050339_P1050339.jpg 米国大使館員宿舎用地(六本木2-1)で行われた防災訓練が昨日も実施されました。昨年の訓練では麻布消防団第三分団班長としてでしたが、今年階級が一つ上がり、部長として参加致しました。
 十数年ほど前は治外法権の理由により、仮に火災が発生しても米大使館当局の許可が下りない限り、用地内に入ることができませんでしたが、現在は日本側消防が発災後直ちに敷地内に入り、消火活動等が出来る体制になっております。
 訓練では、昨年同様、用地内にあるプールからホースを消防車までつなげる作業、ガンタイプの放水機を使用し実際に放水する作業を行いました。訓練には居住する大使館員とその家族も参加しました。


【パトロール】放置看板移動

060004_P1050121.jpg060005_P1050136.jpg
 六本木安全安心パトロール隊の活動に参加しました。

 今回のオペレーションは、六本木三丁目、五丁目、六丁目を巡回し、放置看板に警告書を貼り付け移動しました。
 大体いつも放置看板を出す飲食店は同じで、我々は「常連さん」と呼んでいるのですが、ホント毎回毎回懲りないなと思うところであります。

麻布生活安全協議会

 第28回麻布地区の生活安全と環境守る協議会が開会されました。

 麻布生安協は、麻布地区の生活安全や環境美化を目指すことを目的に、地区内の町会や商店会、事業者やボランティア団体、それに区・警察・消防といった行政が一堂に会した協議体であります。

 議題として、任期切れに伴う正副会長の改選、今年度の分科会活動状況(生活安全分科会・環境美化分科会)が上げられました。
 正副会長改選については、会長には皆川昌博氏(六本木をきれいにする会 会長)が、副会長には石黒彰(西麻布四丁目南笄町会 会長)が、それぞれ再任されました。
 私は環境美化分科会長として、平成22年度の活動予定と実績、渋谷区の落書き消去活動の視察、打ち水活動への参加、タバコ対策についての検討などについて報告を行いました。

<関連URL>
平成22年4月28日 渋谷センター街で街頭落書き現場視察
平成22年8月10日 麻布支所前で打ち水

港区総合防災訓練

040168_P1040168.jpg 港区総合防災訓練が六本木中学校で開催され、麻布消防団第三分団部長として参加致しました。
 この訓練は港区が主催し、区内の警察・消防・防災関連団体・町会などが一堂に会し、実践的に防災訓練を行うものです。
 私の担当は「器材展示」で、災害時に家屋倒壊などにより、取り残された人の救助や避難路確保のために、ブロックや木材などの建材を破壊するための器材を展示するコーナーです。
 上の写真で、私が持っている器材がストライカーと呼ばれるもので、人力で建材を破壊できます。
040162_P1040162.jpg 他にチェーンソーによる木材切断作業の実演も行われました。下の写真は、同僚消防団員、青木部長による実演の様子です。

麻布地域安全のつどい

030931_P1030931.jpg 麻布警察署・麻布防犯協会が主催する「麻布地域安全のつどい」が開催されました。
 初めに麻布区民センターで集会が開催されました。
 最近、万引き、振り込め詐欺、ひったくりなどの犯罪が増加し、そのための啓発や自衛策の必要性が高まっております。集会では、警察や区などの行政、防犯協会などの防犯関連団体、町会や商店会などの地域団体の代表者やメンバーが一堂に会しました。
 集会終了後、パレードが行われました。
 パレードの先頭を慶応義塾大学応援指導部のリーダー・チア・バンドの皆さんが歩き、次に麻布母の会、麻布地区の各町会、六本木商店会、六本木安全安心パトロール隊、六本木地区の事業者などが続き、最後尾に警視庁騎馬隊が続きました。余談ですが、赤い礼装服に身を纏った騎馬隊女性警察官の姿は、カッコ良かったですね。
 パレードは、ロアビル前を起点に、六本木交差点を左折し、六本木ヒルズで終点となりました。
030970_P1030970.jpg030967_P1030967.jpg030973_P1030973.jpg030960_P1030960.jpg

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12 

Home > 活動報告 > 安全安心活動

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る