Home > 活動報告 > 地域活動

地域活動

東麻布でもちつき大会

21ウ地253-5735.jpg 東麻布のイースト通り商店街でもちつき大会が開催されました。大人衆がある程度ついた後、参加した子供達が交代交代について行く方法で、おもちが美味しく仕上がって行きました。

三光小100周年記念式典

0911305176.jpg 港区立三光小学校(小鹿原賢校長)開校100周年記念式典に出席して参りました。
 同校は明治42年の開校で、教育目標に「よく考える子」「思いやりのある子」「進んで運動する子」を掲げております。校名の「三光」の由来として、江戸時代白金地区に在った「名光」「東名光」「西名光」から来たという説、同地区に現存する専心寺に三つの葉のめずらしい松の大木が在ったこと、徳川三代将軍家光が鷹狩りの帰りに先ほどの大木を見て三鈷に似ていると褒めたことなどが在ります。
 三光小学校の皆さん、この度は誠におめでとうございます。

※写真:式典の様子。檀上は小鹿原賢校長。

御成門中学40周年

0911195093.jpg 港区立御成門中学校(壺内明校長)の創立40周年を祝う会に出席して参りました。同中学校は、昭和44年(1969年)、それまでの旧愛宕中学と旧北芝中学を廃し、新たに設立された中学校で、現在の全校生徒数は262名です(平成21年6月29日現在)。
 同校の教育目標は、「人間尊重の精神を基調とし、豊かな知性と感性をもち、心身ともに健全な生徒の育成を目指して次の目標を設定する。」とされており、
 ・ 豊かな心とたくましい体をもつ生徒を育てる。
 ・ 他人に立場を尊重し仲良く協力できる生徒を育てる。
 ・ 自ら計画し進んで学習する生徒を育てる。
を掲げております。
 御成門中学校の皆さん、卒業生の皆さん、おめでとうございます。

※写真 創立40周年記念しより転写

港南地区防災訓練

0911104925.jpg 港南地区防災訓練を視察して参りました。会場は港南4丁目に在る港区立港南和楽公園。会場周辺は、近年高層マンションの建設が続き、人口増加が著しい地域です。参加住民も、各集合住宅毎、さらには各フロアー毎にグループを組んで、居住地から会場まで集団で移動して来ました。

0911104928.jpg 上の写真で私が手にしているのが、家具転倒防止用の安定版で、合成樹脂で作られております。家具が置かれている場所の前の床に、これを階段の滑り止めのように取り付け、地震発生時に転倒を防ぐための物です。転倒防止器具には他に、家具や棚の上と天井を固定する防止器具もあります。
 高齢化が進む中、安全な場所に身を隠すための時間を稼ぐためにも、家屋内の生活用品が倒れづらくするための様々な工夫が必要だと思いました。

砕氷艦「しらせ」スクリューブレード除幕式

0911084903.jpg 港区立埠頭公園(港南3丁目)で開催された砕氷艦『初代しらせ』スクリューブレード除幕式に出席致しました。このスクリューブレードは、昨年7月に退役した海上自衛隊砕氷艦「しらせ」で使用されていたスクリューのうちの一枚で、今から99年前に現在の埠頭公園の場所から白瀬中尉初め南極探検隊を乗せた「開南丸」が出航したこと、そして来年が白瀬隊が南極に到達して丁度100年に当たることから、この度海上自衛隊から無償貸与を受けました。

 <初代しらせ概要>
●艦船番号:AGB-5002
●竣工:昭和57年11月12日(平成20年7月30日退役)
●基準排水量:11600t/満載排水量19000t
●主要寸法:全長134.0m×幅28.0m×深さ14.5m×喫水9.2m
●エンジン:ディーゼル6基3軸・エレクトリック6基3軸 出力:30000PS
●速力:約19kt
●船型:長船首楼型
●乗員:約170名(他に観測隊員60名)
●主要装備:海洋観測装置一式
●S-61A輸送ヘリコプター2機、OH-6D偵察ヘリコプター1機

 この初代「しらせ」に代わり、今年から二代「しらせ」(艦船番号:AGB-5003)が就航し、今月10日南極に向けて出航します。
 日本では、かっての帝国海軍から現在の海上自衛隊に至るまで、人名を艦船名称に使用することは禁じられております。「しらせ」の場合は、南極に在る日本の昭和基地の近くにある氷河を、日本政府が「白瀬氷河」と命名しており、ここから採ったとのことです。もちろん白瀬中尉にちなんでいるのでしょうが、規則をうまくクリアーしたものだと感心致しました。
 この行事をきっかけに、白瀬中尉と一行の偉業、そして南極を目指した100年前の日本人の心意気について、現在の子供たちに伝授していくこと、また南極開発や砕氷艦「しらせ」に対する理解を深めて行くことなど、様々するべきことがあるなと思いました。地域住民や行政、そして専門家の皆さんと話し合いながら、このスクリューブレードを守っていく運動を始めて参ります。

砕氷艦『初代しらせ』(港区芝浦港南支所配布資料より)
0911094965.jpg

ちびっこサッカーフェスティバル

0911074688.jpg 港区自主クラブ連絡協議会主催による第20回ちびっこサッカーフェスティバルに来賓として出席致しました。この日は、港区中の子供サッカークラブが、会場となった芝給水所公園サッカーグラウンドに集まりました。その名が示すとおり、ここは給水所でありますが、その上に蓋をして、サッカーグラウンドとして活用している場所であります。試合を前に、昨年入賞したチームからトロフィーの返還を受ける役を担いました。
 試合が始まりますと、雲一つ無い日差しの下で、子供たちが元気にプレイを行っておりました。

麻ノ葉町会バス旅行

0911024547.jpg0911024551.jpg
 地元の麻ノ葉町会(佐藤公一会長)のバス旅行に参加し、山梨県に参りました。行きの車中では、いつも私が簡単な区政報告を行うことが慣例となっており、今回は先の区議会定例会で、代表質問のトップに掲げた都区財政調整制度についてご説明を行いました。
 山梨県に入り、まず紅玉園でのぶどう狩りを行い(写真左)、次にマンズワイン勝沼ワイナリーで工場見学を行いました。料理には辛口が合うのかもしれませんが、私は元来甘党なので、甘口ワインをここで購入しました。
 笛吹市(旧石和町)での昼食を挟んで、河口湖町で紅葉回廊(写真右)を見物して帰京しました。

<関連URL>
都区財政調整制度について http://herumi.jp/giin/post_168.php
特別地方公共団体港区 http://herumi.jp/giin/post_171.php
紅玉園 http://katsunuma.net/budou/kougyokuen/
勝沼ワイナリー http://www.mannswine-shop.com/winery/katsunuma/

麻布フェスタ/宮城県知事選

0910274391.jpg 麻布地区の地域団体、商業団体、行政などが一同に会するイベント「麻布フェスタ」が開催されました。私は六本木倶楽部の一員として、焼きそばやトウモロコシの販売、六本木商店街のロゴとマップ入りのバッグの販売に参加しました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 0910274252.jpg10月8日(木)告示 10月25日(日)投開票にて行われました宮城県知事選挙で、無所属で現職の村井嘉浩氏が再選されました。
 村井氏は元陸上自衛隊航空隊員で松下政経塾13期生。、平成7年より宮城県議会議員に三期当選、平成17年に宮城県知事に初当選。平成13年に行われた東京都議会議員選挙に私が立候補した際、雨の中白金地区でマイクを持って一緒に歩いていただきました。
 今回の知事選では政党の支持・推薦を受け付けず、松下政経塾出身の肩書で勝負に出ました。この選挙では、対立候補の元官僚に民主党が推薦を出しているため、民主党籍のある私は直接選挙応援は行えませんでしたが、このたびの再選に祝意を表したいと思います。

灰皿清掃

0910294378.jpg 六本木交差点角に在る灰皿の清掃を行いました(写真)。灰皿は交差点角に4ヶ所設置され、うち1ヶ所は天城ビル新築工事のため仮て撤去されております。
 パトロールと同様、今春以降清掃ボランティアへの参加が少なかったのですが、今週から原則毎週金曜日昼に清掃活動に参加します。時間は概ね12時45分からです。ご協力いただける方はよろしくお願いします。

六本木パトロール

0910274360.jpg 六本木安全安心パトロール隊の活動に、久しぶりに参加しました。今年に入り、都議選、衆院選、区議会定例会と続き、中々参加する機会を失していたのですが、やはり現場は重要です。様々新たな課題を目にしました。
 道路整備が終わったばかりの芋洗坂では、ごみの不法投棄が目に付きました。最近はごみを出す方も巧妙で、レシートや納入品記録などが見つからないようにしています。また民間のごみ回収業者も、以前は業者名の入ったごみ袋を使用していましたが、最近は市販の物を使っています。
 今後の区政において、これらの問題解決に取り掛かりたいと思います。

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16 

Home > 活動報告 > 地域活動

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る