Home > 活動報告 > 地域活動

地域活動

六本木商店街/飯五町会新年会

 六本木商店街振興組合(後藤譲理事長)と東麻布飯五町会(内田定二郎会長)の新年会に、それぞれ参加致しました。
 六本木商店街振興組合に、私は組合員として入会しております。また東麻布飯五町会では、飯倉熊野神社例大祭や年末の防犯パトロールに参加させて頂いております。DSC05933.JPG六本木商店街振興組合の新年会の様子。会の初めに毎年恒例の獅子舞が披露された。

箱根駅伝を応援

 第85回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競争)が2日(往路)と3日(復路)開催され、両日共、明治大学校友会港支部の一員として、西新橋二丁目交差点で応援に参加しました。
明治大学の出場は2年ぶり。同支部では出場年の両日、同交差点に陣を張り、選手を応援します。応援では、昭和53年法学部卒の石川かおりさん(歯科医勤務)の威勢の良い応援が、関係者の間で結構話題になっています。今年の応援には、区議会関係では佐々木義信前議員(現港区選挙管理委員)、それに七戸淳議員も参加しました。
 紫紺ノボリはためく明大応援陣ですが、いつも周りを日大応援陣のピンクのノボリに囲まれてしまいます。それらは日比谷公園方向から芝公園方向まで、視線の果てまで続いています。一昨年隣に初めて東洋大学の応援陣が参加しほっとしましたが、そのリーダー格の方も実は日大OBで、息子さんが東洋大学ということで同大応援陣に参加していたとのこと。恐るべし日大パワー!
 応援で盛り上がるのは二日目の復路です。明治は箱根を出た時は4位。それが大東、中央学院、山梨学院に抜かれ6位に。さらに都内に入って、それまでジリジリ追い上げて来た日大にも抜かれ、最終的には8位でゴールイン。10位以内なら来年の大会に出場できるシード校となるのですが、明治大学は実に43年ぶりのシード入りでした(因みに43年前は私が生まれた年です)。
 一位は東洋大学。昨年競争部員が不祥事を起こし、一時は出場も危ぶまれましたが、これで名誉挽回となりました。事件により応援も自粛せざるを得ず、選手の皆さんも胴上げも自粛となり、本当に気の毒だと思いました。東洋大学関係者の皆さん、おめでとうございました。あの日大OBで、東洋大学応援リーダーの方が経営されている新橋の鰻屋さんに、近日行こうと思います。

DSC05772.JPG初日往路の様子。まだ1区なので、各選手が固まって走る"団子状態"となっています。
DSC05811.JPG名物応援女性で有名な石川さん(二日目。以下同じ)。
DSC05815.JPG選手到着前に現れた広報車。読売新聞の小旗を配布していました(新聞社の宣伝カーか!?)。
DSC05821.JPG先頭の東洋大選手を先導する警視庁交通機動隊(白バイ隊)。
DSC05830.JPGトップを走る東洋大学選手。

DSC05843.JPG二位を走る早稲田大学選手。

DSC05850.JPG"団子状態"で走る明治大学選手(左)。その隣は日本大学選手。

アークヒルズで餅つき大会

 アークヒルズ自治会(水野むねひろ会長)主催による餅つき大会が開催されました。お招き頂きました水野会長、そして自治会の皆様に心より感謝申し上げます。

 餅をつく水野むねひろ会長(港区議)。向かって右は幸枝夫人。
DSC05553.JPG
 私も餅つき挑戦。右利きなら、右手に力を入れずに、杵の重さで自然に落とすのが、コツだそうです。DSC05470.JPGDSC05473.JPG
 頑張るエグゼクティブ・プロテクションの皆さん。
DSC05478.JPGDSC05489.JPGDSC05505.JPGDSC05522.JPG

きれいにする会、年内活動終了

 六本木をきれいにする会(皆川昌博会長)による年内の清掃活動が、この日終了致しました。一週間前の12日には、スペシャル清掃も行われ(写真)、住民、事業者など、およそ100人のボランティアが集まりました。DSC05343.JPGDSC05335.JPG

明治大学校友会東京南部支部忘年会に出席

明治大学の卒業生で構成する明治大学校友会南部支部の忘年会に出席して参りました。同支部の下に、千代田・中央・港・品川・目黒・太田の各地域支部が在り、私は港区支部の事務局次長です。

DSC05118.JPG司会を務める熊澤雄造同会港区支部事務局長。
DSC05119.JPG今回叙勲となった佐々木義信同会港区支部長(前港区議会議員)と奥様。
DSC05126.JPG明治大学校友会港区支部の皆さん。

放置自転車対策キャンペーン/六本木ヒルズ水田視察

 麻布地区の生活安全と環境を守る協議会(皆川昌博会長)による、放置自転車対策キャンペーンが、地下鉄大江戸線赤羽橋駅前で行われました。同協議会に加盟している町会や商店会、事業者に加え、港区と警視庁の職員も参加し、早朝の出勤時間帯に啓発用のティッシュ配りや放置自転車に対する警告ステッカー貼りを行いました。

<左>赤羽橋駅中の橋口前の放置自転車の様子。<右>同駅赤羽橋口前におけるキャンペーンの様子。
DSC04950.JPGDSC04952.JPG
赤羽橋歩道上に止められている放置自転車に対する警告ステッカー貼り作業。
DSC04955.JPGDSC04956.JPG

 六本木ヒルズ内の施設屋上に在る水田を、自民党区議団の水野むねひろ議員、森野弘司郎議員と共に視察しました。視察にご協力頂きました管理者である森ビルの皆様に感謝申し上げます。

<左>六本木ヒルズシアター屋上に在る水田。<右>水野議員(中央)と森野議員(左)。
DSC04976.JPGDSC04980.JPG
<左>水田内をメダカが泳ぐ。<右>シアター屋上から見たテレビ朝日屋上(緑化)の様子。DSC04982.JPGDSC04992.JPG

六本木中学校創立十周年記念式典に出席

DSC04258.JPG 港区立六本木中学校(田邊伸雄校長)の創立十周年を記念する式典が、本日開催されました。

 六本木中学校は、戦後新学制施行により、昭和22年(1947年)4月に開校した城南中学校と、同中学三河台分校として昭和33年(1958年)4月に開校した三河台中学校が、平成10年(1998年)に統合し、同年4月に開校した学校です。

 式典では、開式の言葉、国歌斉唱に続き、学校長式辞と続き、港区教育委員会委員長、港区長、港区議会議長、港区立中学校校長会長による来賓挨拶が行われました。そして川村祥子生徒会長が原稿を読まずに生徒代表の言葉を述べ、全校生徒一同による合唱が行われました。

 六本木中学の特徴は、「教科教室型」と「ノーチャイム制」です。
 各教科毎に専門の教室が在り、生と自らが教室に移動して授業を受ける方式を採用しています。従って生徒達には自分の教室や机というものが有りません。朝登校すると、ホームベースと呼ばれるスペースに在る自分のロッカーに荷物を入れ、後は時間割に沿って教室を移動し授業を受けます。
 移動時には他の学校に様なチャイムが在りません。十分間の休み時間は移動と次の授業の準備に充てられ、昼休み、放課後、朝などには基本的にどこに過ごしても良いことになっています。図書室やコンピュータ室には鍵がかかっておらず、自分の好きなところで好きなことを選択できます。
 なお朝や帰りの学活や道徳の授業は、ホームベース隣の教室で行われます。

 他の学校には無いユニークなシステムを導入している六本木中学。今回初めてこのシステムを知りました。関心が有るので、後日改めて視察や関係者からのヒアリングを行いたいと思います。

 六本木中学校の皆さん、本日はおめでとうございます。

港区立六本木中学校 URL http://www2.rosenet.ne.jp/~roppongi-jab/

10月10日に六本木をきれいにする会が清掃500回達成

 ボランティア団体「六本木をきれいにする会」(皆川昌博会長)による清掃活動が、今月10日500回目を迎えました。

3.JPG きれいにする会は平成8年(1996年)に結成され、翌年1月から毎週金曜日の夜、港区六本木交差点周辺での清掃活動を始め、私も清掃活動に参加してきました。当初は地域住民や商店街の皆さんが参加していましたが、さらに回を重ねる毎に企業関係者や学生等も加わり、今では六本木の清掃をご縁に、様々な分野の皆さんによるネットワークが形作られるようになりました。

 活動を始めた平成9年12月には警視総監が視察に来られ、10年には麻布警察署より、11年には警視庁よりそれぞれ感謝状を頂きました。また14年には地元の麻布小学校の児童達に講演も行いました。

1.JPG 13日には500回達成記念式典が東京ミッドタウンで開催されました。懇親会では不肖山本が司会の役を仰せつかりました(写真)。

 きれいにする会の活動は、私自身に大きな影響を与えてきました。清掃をとおして地元六本木の現状、ゴミの不法投棄やタバコのポイ捨てによる環境の乱れやマナーの問題、この十数年いろいろと考えさせられました。いわば私の議員活動にとっての原点とも言うべき活動です。今後とも清掃活動への参加を続けたいと思います。

六本木をきれいにする会 公式サイト URL http://www6.ocn.ne.jp/~ro38/

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16 

Home > 活動報告 > 地域活動

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る