Home > 活動報告 > 議会活動

議会活動

ナント!60億円がパーに!?

 沈着冷静議員(自称)が書く記事にしては、いささかセンセーショナルなタイトルです。しかも昨今の金融危機の話ではなく、我が港区の税金に関わる事件です。

 港区議会(閉会中)建設常任委員会が、10月31日開会されました。同委員会で㈱みなと都市整備公社の清算について報告がなされました。清算という表現をしていますが、事実上の経営破たんです。
 同社は平成3年(1991年)4月に設立され、麻布十番や品川駅港南口で公共駐車場を、高輪でバイク駐車場を運営している他、損害保険代理業務も行っています。
 経営状況ですが、減損会計の適用で平成17年度決算で約76億円の特別損失を計上し、約36億円もの債務超過に陥りました。一方減価償却費が小さくなり、また利用台数も増加傾向にあることから、平成17年決算で初の経常黒字を計上しました。
 しかしながら、当初118億円と見込んでいた建設費用が169億円に膨れ上がり、銀行から借り受けていた建設資金の返済が収支を圧迫しており、このまま推移すると、平成30年度(2018年度)には、最大で累計37億円を超える見込みとなりました。これが清算に入る理由ですが、先ほども書きましたとおり、経営破たんです。
(以上港区外郭団体プラン参照)

 私と理事者(榎本和雄都市施設管理課長)との質疑は以下のとおり(書き取りのまま)。
本職(山本):黒字なのに清算ということで、その理由が建設資金の増大化という説明でした。資金増大の理由は何ですか?
理事者:地盤改良に経費が予想外にかかったこと、また水が大量に噴き出したことにより、建設費用が増大しました。
本職:ですが古地図などを見れば、あの辺りには昔川が流れていましたし、暗渠になったとは言え、水脈が走っている可能性も予見できたのではないですか・
理事者:申し訳ございません。私は当時の担当者ではないので、詳しくは分かりません。
本職:平たく言えば、出資金がパーになるわけですが、出資者の皆さんの了解は得られそうなのですか?
理事者:区以外の株主に極力負担がかからないよう公社に働きかけています。しかし出資者の中には納得されていない方もおり、場合によっては株主代表訴訟を起こされる可能性も在ります。

 現在港区からの増資額が44億円、港区以外から16億円、合計60億円が投資されています。公社が設立された平成3年4月と言えば、バブル景気崩壊の直前です。設立計画時期がそれに遡る事を考えれば、この計画そのものがバブリーということになります。皆さんは、この実態をどう思いますか?

「ちぃばす」一部車両更新へ

DSC04248.JPG港区議会交通・環境等対策特別委員会が10月23日開会されました。
報告事項の中で、港区が運営するコミュニティバス「ちぃばす」の車両(写真)について、その一部が更新される旨の報告がなされました。「ちぃばす」は現在、赤坂ルートに3台、田町ルートに5台が運行されておりますが、その田町ルートの5台の内の2台を新車に更新します。

現行車両と更新車両との比較を以下に記載します。

現  行更  新
車種日野リエッセ日野レインボーⅡ
全長7m9m
燃料CNG(天然ガス)CNG(天然ガス)
バリアフリーワンステップノンステップ
車椅子2台(リフト式)2台(スロープ板手動引出式)
予定価格 26,522,000円
(21,962,000円)
 32,700,000円
(25,149,000円)
         ※()内は補助予定金額を差し引いた金額。消費税含まず。

選定理由として、9mクラスのバスでノンステップ車は当該車種しかないこと、7mクラスのノンステップ車と定員がほとんど変わらないことがあげられました。

報告の後質疑が行われ、私より、現在4ヶ国語で行われている車内放送について、放送の全てが終わる前に次の停留所に着くような現況について、今一度検証を続ける事を求める要望を発言した上で、以下の質問をおこないました。
①現行・更新車両の選定方法について、東京モーターショーのような場所で実物を確認しているのか、あるいは資料やメーカーの説明だけで決めているのか。
②更新車両のAT車(オートマチック車)かMT車(マニュアル車)か。
③都バス採用の低床車では、停留所で乗降し易い様に車両を乗降口側に傾ける機能が在るが、今回の更新車はどうか。
これに対して、榎本都市施設管理課長より、①については、実際に選定候補車両をお台場まで運んでもらい確認したこと、②については、AT車であること、③については更新車両そして現行車両にも同様の機能が付いているとの答弁を得ました。

新車両の運行は来年2月から、また車体デザインは従来どおり、ルート沿いの赤羽小学校と芝浦小学校の小学生達がデザインした物をミックスしたものになる予定です。

平成19年度決算審議とは?

22日の投稿にも書きましたが、先日閉会した第三回定例会開会期間(9月18日~10月10日)中、「平成19年度決算特別委員会」の審議が行われました(9月29日~10月8日)。平成19年度決算とは、皆さんが納めていただいた税金の中で、昨年4月1日から本年3月31日の間の支出済額や不用額のことです。支出済額とは使われた金額、不用額とは使われなかった額のことです。

他の自治体と違い、港区議会では全34議員が同委員会に所属します。また正副委員長には毎年ローテーションで各会派所属の議員が就き、今期は委員長は共産、副委員長は自民と公明各会派の議員が就任しました。
各会派の議席数に応じ理事が割り当てられ、我が会派のフォーラム民主からは、阿倍浩子議員と私が就きました。理事の仕事は委員会の運営に関する事項を担い、具体的には、各会派各議員の質疑持ち時間の調整、所属会派の議員の質問通告書の取りまとめ、政府等に送る意見書の調整などが有ります。私にとっては、本年春の予算特別委員会に続き二回目の理事就任でした。

各議員にはそれぞれ60分の質疑時間が割り当てられます。この時間内で、各質問項目毎に質疑時間を自分で割り振ります。質疑時間には、議員が質問し理事者が答弁するまでの時間を含みます。理事者とは行政側の担当者で、通常は課長クラスが答弁に立ちます。
審議内容は、審査意見書・港区一般会計歳入及び歳出・港区国民健康保険事業会計・港区老人保健医療会計・港区介護保険会計です。審査意見書の審議は、監査委員が提出した決算に関する審査意見書の内容について行い、国民健康保険事業・老人保健医療・介護保険三特別会計については歳入と歳出を一括して審議します。そして最も審議時間を要するのが一般会計です。
一般会計は歳入と歳出に分かれますが、歳出はさらに、総務費・環境清掃費・民生費・衛生費・産業経済費・土木費・教育費に分かれます。各費用の詳細について後日改めてご報告します。

同委員会最終日の10月8日には、各会派による総括質問、態度表明そして採決という流れになります。総括質問とは会派を代表して行う質問で、区長が答弁、我が会派からは樋渡紀和子議員が質問に立ちました。態度表明とは、この決算についての認定の可否について態度を表明することであり、我が会派は与党会派として認定を表明致しました。採決とは、態度表明で各会派の意見が分かれた場合、多数決で決算認定を決めることであり、今回はF民主・自民・公明・みらい各会派賛成多数で、平成19年度決算が認定されました。

三定建設委員会の議案審議について(平成20年9月22日・24日)

平成20年第三回定例会期間(9月18日~10月10日)中の、9月22日と24日の両日、建設常任委員会が開会され、議案5件、請願5件について審議が行われましたました。今日は、そのうちの議案審議についてご報告します。

議案第59号 財団法人港区住宅公社に対する助成に関する条例の一部を改正する条例
 本案は、財団法人設立の根拠となる民法の規定を削ると共に、設立経緯の規定を追加するものです。施行期日は平成20年12月1日です。
 本案は可決されました。

議案第63号 港区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例
 本案は、環状第二号線新橋・虎ノ門地区地区計画の都市決定の変更に伴い、規定を整備するものです。内容は、建築してはならない建築物に係る制限の一部及び建築物の容積率の最低限度の変更、壁面の位置の制限が除外される部分を追加します。施行期日は公布の日です。
 本案は可決されました。

議案第80号 指定管理者について(港区特定公共賃貸住宅)
議案第81号 指定管理者について(港区営住宅)
議案第82号 指定管理者について(港区立住宅)
 上記三案とも、指定管理者を指定するものです。いずれも指定管理者は、株式会社東急コミュニティーで、指定の期間は、平成21年4月1日から平成26年3月31日までです。
 三案とも可決されました。

請願の審議結果については、改めてご報告致します。

第三回定例会閉会(H20-10-10)

平成20年第三回港区議会定例会が、10月10日閉会致しました。
港区議会では、一年間に4回の定例会が開会され、今回はその三回目に当たります。因みに第四回定例会は、本年11月下旬に開会する予定です。
今回の定例会で、最大の懸案は、平成19年度決算に関わる審議でした。これについては後日改めて報告致しますが、皆さんが一生懸命働いて納めて頂いた税金の内で、昨年4月1日から本年3月31日の間、どれだけの金額が支出され、あるいは余ったのか、税金の支出状況を審議し認定の可否を問うものでした。
同年度決算では、歳入決算額が1535億3224万6748円、歳出決算額が1448億9164万4089円、歳入歳出差引残高86億4060万2659円となり、私の所属会派フォーラム民主は、これを認定致しました。

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16 

Home > 活動報告 > 議会活動

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る