Home > 活動報告

活動報告

第四回定例会開会/麻薬取引について質疑

 平成20年第四回港区議会定例会が本日開会しました。閉会日は来月5日の予定です。
 25日の活動報告に今期定例会提出予定案件を列挙致しましたが、本日新たに以下5件の追加議案が提出されました。

平成20年第四回港区議会定例会提出予定案件(追加議案5件)
議案第106号 港区職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
議案第107号 港区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
議案第108号 港区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
議案第109号 港区幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
議案第110号 港区幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

 所属会派フォーラム民主からは、樋渡紀和子議員が代表質問に立ちました。代表質問の原稿は所属各議員が分担して作成しますが、私の担当は区内における麻薬取引対策です(以下参照)。

 麻薬取引及び所持に対する啓発活動についてお尋ねします。
 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は、今年7月港区の路上にて、薬物密売グループのリーダーでイラン人のアボルファズル・ザルバリ被告(42)を、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑などで逮捕しました。港区のマンションやアパートで、覚せい剤約20グラム、コカイン約42グラムなどを、販売目的で所持していた疑いです。
 同被告は、仲間のイラン人4人と共謀し、区内の白金や高輪、麻布などの高級住宅街で薬物を密売していました。1日平均70人、延べ2万人の主婦や会社員に密売し、月に2千万円の売り上げがあったとのことです。
 同麻薬取締部、いわゆる"マトリ"の関係者に拠れば、今は密売組織が固定客を把握しており、六本木などの繁華街の路上で立ち売りせず、閑静な住宅街の方が安心して密売ができる、とのことです。
 最近有名大学の現役学生が、また今月には葛飾区職員が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されるなど、麻薬取引に関する報道が相次いでいます。
 住宅街を舞台とした薬物汚染の事態は憂慮すべきです。区としても関係機関と連携し、麻薬の所持や取引の危険性について、区民に対する啓発などの対応が求められますが、区長のお考えをお聞かせ願います。

 質問に対して、武井雅昭区長の答弁の概要は以下のとおりです。
①これまで区は、学校教育を通して薬物乱用防止のための啓発、都の薬物乱用機関と連携して啓発を行ってきた。
②住宅地における麻薬取引により、主婦や大学生に汚染が広がり、薬物対策強化の必要性が求められている。
③対策として、青色回転灯車両による巡回、ホームページやメールによる周知を行い、危険啓発を推進する。

放置自転車対策キャンペーン/六本木ヒルズ水田視察

 麻布地区の生活安全と環境を守る協議会(皆川昌博会長)による、放置自転車対策キャンペーンが、地下鉄大江戸線赤羽橋駅前で行われました。同協議会に加盟している町会や商店会、事業者に加え、港区と警視庁の職員も参加し、早朝の出勤時間帯に啓発用のティッシュ配りや放置自転車に対する警告ステッカー貼りを行いました。

<左>赤羽橋駅中の橋口前の放置自転車の様子。<右>同駅赤羽橋口前におけるキャンペーンの様子。
DSC04950.JPGDSC04952.JPG
赤羽橋歩道上に止められている放置自転車に対する警告ステッカー貼り作業。
DSC04955.JPGDSC04956.JPG

 六本木ヒルズ内の施設屋上に在る水田を、自民党区議団の水野むねひろ議員、森野弘司郎議員と共に視察しました。視察にご協力頂きました管理者である森ビルの皆様に感謝申し上げます。

<左>六本木ヒルズシアター屋上に在る水田。<右>水野議員(中央)と森野議員(左)。
DSC04976.JPGDSC04980.JPG
<左>水田内をメダカが泳ぐ。<右>シアター屋上から見たテレビ朝日屋上(緑化)の様子。DSC04982.JPGDSC04992.JPG

議案説明を受けました。

 定例会開会を控え、行政より議案説明を受けました。区議会では、各定例会毎に、開会前に提出予定の議案について、説明を受ける慣例となっております。今回の議案は以下のとおりです。

平成20年第四回港区議会定例会提出予定案件(議案11件)
議案第 95号 港区国民健康保険条例の一部を改正する条例
議案第 96号 港区立学校設置条例の一部を改正する条例
議案第 97号 平成20年度港区一般会計補正予算(第2号)
議案第 98号 工事請負契約の承認について(港区立高輪福祉会館等改築工事)
議案第 99号 工事請負契約の承認について(港区立高輪福祉会館等改築に伴う電気設備工事)
議案第100号 工事請負契約の承認について(港区立高輪福祉会館等改築に伴う機械設備工事)
議案第101号 工事請負契約の変更について(港区立三田中学校改築工事)
議案第102号 指定管理者の指定について(港区立自転車等駐車場)
議案第103号 指定管理者の指定について(港区立公共駐車場)
議案第104号 指定管理者の指定について(港区立港南健康福祉館)
議案第105号 指定管理者の指定について(港区立図書館)

 内訳は、条例の一部改正2件、補正予算案1件、工事請負契約の承認3件、工事請負契約の変更1件、指定管理者の指定4件となっています。
 所属する建設常任委員会に関係する案件は、議案第 97・第102・第103各号です。
 平成20年第四回港区議会定例会は、今月27日に開会します。

松下政経塾シンポジウムへ参加

 松下政経塾のOB組織、松下政経塾員会の総会と、松下政経塾記念シンポジウムが、24日午前と午後、東京プリンスホテルで相次いで開催されました。

 有限責任中間法人松下政経塾員会は、松下政経塾出身者で構成され、現在の代表理事は逢沢一郎衆議院議員(自民党 岡山1区選出)です。私は事務局次長として同会の運営に参画しております。 総会では、平成19年度事業・決算・監査報告、平成20年度事業・予算計画案が、それぞれ承認されました。総会後の懇談会では、今後の塾員会の運営について参加者による自由討論が行われました。

 松下幸之助生誕記念 松下政経塾シンポジウムでは、「米国新政権の誕生と日米同盟の行方」と題し、塾員と日米両国専門家による基調講演とパネルディスカッションが行われました。
 シンポジウム終了後の懇親会では、久し振りに塾の先輩・同輩・後輩との語らいに花が咲きました。

DSC04909.JPG松下政経塾員会総会の様子。向かって右は逢沢一郎代表理事(1期生。自民党衆議院議員)、左は高橋秀明事務局長(2期生。元埼玉県知事特別秘書)。
DSC04911.JPGシンポジウム開会前のひととき。後列一番左は鈴木康友浜松市長(1期生)、二番目が奈良俊幸越前市長(6期生)。
DSC04912.JPG逢沢一郎自民党衆議院議員(1期生)による塾員代表挨拶。
DSC04924.JPGジャーナリスト櫻井よしこ氏による来賓挨拶。「政治が停滞しているが、日本は重要な所に立っている。日米安保存在の安住の上で考えるのは危険で、他国依存から脱却を。」
DSC04925.JPG山田宏杉並区長(2期生)による開催趣旨説明。

DSC04931.JPGパトリック・クローニン国家戦略研究所長による基調講演。「日米間の信頼欠如は同盟を損なう。北朝鮮情勢では、あらゆる緊急事態に日米で備えるべき。」
DSC04933.JPGフランク・シルフォジョージワシントン大学準副学長による基調講演。「米政権交代は、対テロについて調整をし直す機会だ。敵の力を弱め、中から崩壊させる手法を取るべきだ。」
DSC04934.JPGパネルディスカッションの様子。
DSC04942.JPG前原誠司民主党衆議院議員(8期生)がパネラーとして参加。「日米安保の範囲を確認し、自分の国は自分の力で守れる政治決断を日本が行うべき。」

党総支部、徒遊説を実施

 民主党東京都第一区総支部(海江田万里総支部長)は、11月4日から、港・新宿・千代田各区内住宅地を中心に徒歩及び定点箇所で演説を行う「徒遊説」(かちゆうぜい)活動を始めました。
 活動形態は、党所属の都議・区議がナビ議員として遊説隊を先導し、海江田総支部長がメイン弁士として定点箇所で演説を行います。港区では、私が遊説責任者としてオペレーションの企画・運用に当たり、ナビを大塚都議が担当する活動を「千里」(せんり)、また各区議が担当する活動を「徒風」(かちかぜ)と、それぞれ活動名が付されております。
 今後区内の皆様の地元を、大きな音を出しながらお邪魔することもあるかと思いますが、是非我が党へのご支持ご声援を、よろしくお願い申し上げます。

DSC04563.JPGDSC04584.JPG
11月11日実施の「徒風3号」の様子。(左)六本木7丁目6番路地にて。(右)六本木6丁目交差点角にて。

DSC04592.JPG「徒風3号」終了後、西麻布1丁目2番に在る旧ザブン(温泉施設)前にて、ナビ議員を山本から杉浦区議(右から二人目)に交代。「徒風4号」開始前のスナップ。一番右端が大塚都議。

DSC04895.JPGDSC04896.JPG
11月20日実施の「徒風9号」の様子(以下同じ)。(左)この日はテレビ東京の取材を受けた。六本木交差点「すし好」前にて。(右)六本木5丁目16番の住宅地にて。

DSC04901.JPGDSC04907.JPG
(左)六本木5丁目18番商店街にて。(右)六本木5丁目12番永坂下にて。

元厚生次官連続殺傷事案について

 さいたまと中野で、相次いで元厚生次官とその家族が殺傷される事件が発生致しました。亡くなられた方々のご冥福と負傷された方の一日も早いご回復をお祈り申し上げます。
 また暴力による自らの意思の強要は、民主主義社会に対する挑戦であり、断固粉砕しなければならない問題です。
 今回の事件、報道ではテロとされております。確かに麻生総理の「100年に一度の暴風」の発言のとおり、金融危機に端を発した景気の低迷は、正に昭和初期を連想させ、当時も民族主義者によるテロも続発しました。日頃テロ対策を含めた港区における安全安心まちづくりを訴えている立場として、本件に関する意見を書き記したいと思います。

 マスコミの報道を見ていると、今回の事件の背景として、①年金問題などに対する義憤、②犯人もしくはその関係者が年金をめぐり不当な扱いを受けたこと、この二つに集約している印象です。しかし私は現時点において、そのいずれも違うのではないかと考えます。
 この事件のポイントは、(1)犯人が被害者の住所を正確に知り得たこと、(2)家族を殺害もしくは殺害しようとしたこと、です。
 (1)については、いかなる動機があれ、一般人が厚生労働省の元幹部の住所を知る術は限られていることです。(2)については、当事者以外の家族、しかも女性に手を掛ける行為は、日本の民族派の美学に叶っていません。
 私の個人的見解では、犯人はそれぞれの被害者から案外近いところにいる人間ではないのか。それも被害者の居場所や家族構成が分かり得る特別な立場の人間ではないかと思います。
 現在、第三の犯行の恐れ在りとして、現役及び元の厚生幹部に対する警戒警備が強化されておりますが、この特別な人間関係を洗い出し、マルタイ(警護対象)のカテゴリー分けを行う必要があると考えます。


個室ビデオ店緊急点検について

 港区議会建設常任委員会(林田和雄委員長・公明)が開会され、個室ビデオ店等に係る緊急点検について報告が行われました。

 先月1日、大阪市の個室ビデオ店において火災が発生し、死者16名、負傷者9名の被害が出ました。この事態を受け、その直後に開かれた港区議会決算特別委員会(いのくま正一委員長・共産)にて、私は担当部署にあっては、早急に港区内の同様な店舗の実態把握に努め、問題箇所に対する適正化指導の実施を求める、とする発言を行いました。
 港区役所建築課(栗谷川哲雄課長)は、直ちに緊急点検を行い、この日の建設委員会で報告が行われました。
 区内に在る個室ビデオ店等の10月31日時点の状況(店舗数)は次のとおりです。点検対象は総数。その内訳が点検済と未点検。さらに点検済の内訳が要是正と指摘無です。

<個室ビデオ>
点検対象:14 点検済:7 要是正:7 指摘無:0 未点検(※1):7
<漫画喫茶・インターネットカフェ>
点検対象:16 点検済:16 要是正:10 指摘無:6 未点検(※1):0
<カラオケボックス>(※2)
点検対象:3 点検済:3 要是正:1 指摘無:2 未点検(※1):0
<合計>
点検対象:33 点検済:26 要是正:18 指摘無:8 未点検(※1):7

※1:10月31日現在、特定行政庁(この場合は港区)による立ち入り検査に協力を得られていない店舗。
※2:カラオケボックスについては、平成19年1月20日に発生した兵庫県宝塚市のカラオケボックスの火災(死者3名・負傷者5名)の事態を受け、当時点検及び是正指導を行っているため、その後出店した新設店舗のみを対象としています。

横田めぐみさん拉致現場を視察

 拉致被害者、市川修一さんのお母様、市川トミさんが亡くなられました。心よりご冥福をお祈り致します。

 横田めぐみさんが、北朝鮮工作員に拉致されてから31年が経ちました。
 この日事件現場を視察しました。視察は、午後3時台と、また事件が起きた可能性が高い午後6時30分過ぎに、それぞれ一回ずつ行いました。以下の写真は、3時台を中心にに撮影したものです。

DSC04806.JPGめぐみさんが在籍していた新潟市立寄居中学校。事件が起きた昭和52年(1977年)11月15日、午後6時30分頃、友人二人と、校門手前に写る営所通りを向かって左手に進んだ。
DSC04811.JPG同級生A子さんはここで右折、めぐみさんとB子さんはそのまま直進した。
DSC04813.JPG西大畑交差点。B子さんはここで左折、以後めぐみさんは一人で自宅方向に直進した。
DSC04818.JPG運命のT字路(事件現場)。当時捜索に当たった新潟県警の警察犬が、寄居中校門から進み、この場所で動きを止めた。車に無理やり押し込まれたものと考えられる(推定午後6時35頃)。
DSC04875.JPG同じ場所における事件発生推定時刻の写真。現在は付近に街灯が在るが、当時は無く、夜は暗闇であったという。
DSC04823.JPG警察犬はマンホールの辺りでくるくる回り、それ以上先には進まなかった。めぐみさんの自宅は、向かって左手方向。
DSC04877.JPG同じ場所の事件発生推定時刻の写真。
DSC04825.JPG横田宅(当時)の隣家。事件当日の午後6時半過ぎに、この家の二階に下宿していた女子大生が、女性の悲鳴を聞いている。
DSC04840.JPG横田宅近くの寄居海岸、遠くかすかに佐渡島が見える。午後7時台に爆発音が響き、めぐみさんの母、早紀江さんを初め近隣住民も耳にしている。工作船のエンジン起動音かと思われる。事件からおよそ一年後、佐渡で曽我ひとみさんが拉致された。めぐみさんとひとみさんは、一時期北朝鮮の収容施設で生活を共にしている。

 また事件発生直前には、現場付近で不審な出来事も起きておりました。

DSC04810.JPG 寄居中学裏手の道。めぐみさん拉致事件が明らかになった後年、当時の同級生D子さんが、当日夕方この場所に不審な白い車が止まっていたことを思い出し証言している。白い車については、当日この周辺で複数回目撃証言が有る。
DSC04850.JPG事件が起きた営所通りから一本北側に位置するあいづ通り。めぐみさん拉致直前、近所の女子高生E子さんが、ここで背後から二人の男が迫る気配を感じ逃走。その際道路脇の空き地に止まっていた白い車を目撃。さらにその前、同日午後、付近でめぐみさんの同級生の母F子さんも、白い車に乗った不審者に危うく拉致されそうになった。

勉強会~大統領選後の国際社会と日本に与える影響について~

 社団法人麻布法人会青年部会サンエークラブ(淺沼洋一会長)主催にる勉強会が、泉タワー会議室(港区六本木一丁目)で開催されました。テーマは、「アメリカ合衆国大統領が決まる これからの国際社会と日本に与える影響とは何か!」でした。
 今回の講師は、愛知淑徳大学ビジネス学部教授の真田幸光氏で、昨年の回に引き続き今回二度目のご講演となりました。因みに真田氏は、大阪夏の陣で徳川方についた真田伸之(幸村の兄)の末裔に当たる方です。

 真田氏の講演の内容は以下のとおりです(あくまで私の書き取りのまま)。
①ブッシュ政権の8年間における世界経済は、米国をトップとする並列型構造であった。
②オバマ次期大統領は、この構造を変え、平等型の経済構造を目指そうとしている。
③共和党の弱点は、一般庶民に対する優しさの欠如とイラク戦争の失敗だった。
④その優しさの欠如を埋めようと始めたのがサブプライムローンで、低所得者に対する債権を優良証券と組み合わせ、小口化・証券化・流動化し、さらには格付け機関による格付けが行われた。
⑤アメリカは自らを世界経済の中心と思っていたが、その実、世界経済のブラックホールで、大消費国である。
⑥アメリカは、基軸通貨ドルによる世界経済システム維持を目論んでいるが、ロシアや中国は、ルーブルや人民元による基軸通貨化を狙っている。
⑦ヘッジファンドについては、その規制の可否についてサミットなどで議論が起こるであろう。
⑧次期オバマ政権が、仮に今後金融界と妥協し、従来の並立型構造を容認するなら、金融市場に資金が戻り株価は上昇し、2010年から景気は上向くだろう。
⑨自己資金の範囲内の投資は構わないが、いわゆる投機は避けるべきだ。
⑩経営者の皆さんは、まずは自らの実需を優先し、真の本業を守るべきだ。

 講演後、講師と私との質疑応答は以下のとおり。
Q1:今回の騒動後、三菱UFJによるモルガン増資、野村のリーマン買収が続いたが、これらはアメリカの失策に対する埋め合わせなのか。
A1:今回の増資・買収は、アメリカ側から奉加帳(ほうがちょう)を突き付けられ、お金を持って行かれたようなものだ。当初韓国の銀行が買収を申し出たが、これを断り、日本の証券会社に買わせたのでは。
Q2:北朝鮮による偽ドル札製造問題は、基軸通貨体制への攻撃とみなされ、アメリカは捜査・規制を強化したのか。
A2:むしろ武器の調達において、取引をやり易くするために偽札を製造・使用したと考えられる。取引にはテロ集団との関係も在る。本物の紙幣を使い、金融機関を通して取引を行うことにより、足がつくことを警戒したのではないか。


<対馬危機>国会議員勉強会に出席

 対馬危機をテーマにした国会議員の勉強会が、「真・保守政策研究会」(中川昭一会長)と「日本の領土を守るために行動する議員連盟」(山谷えり子会長)による共催により、昨日憲政記念会館(千代田区)で開催され、オブザーバー参加して参りました。

 講師として財部能成対馬市長が対馬の現状について報告を行いました。
 同市長は、「対馬の人口がかっての7万人から3万7千人に減少し、就労環境の悪化で、九州や大阪に働き手が行ってしまっている。韓国人観光客は8万~9万人、韓国資本による土地の買収は5500坪で、対馬全土の0.26%に当たっている。対馬は日本の防波堤として活躍して来た。対馬の保全は日本の領土の保全につながる。どうか対馬を見捨てないでほしい。」と訴え、新法として「国境離島振興法」の必要性を述べました。

 勉強会には、内閣府・国土交通省・総務省・外務省・防衛省・海上保安庁の各省庁からの担当者も出席、それぞれこれまでの対馬に対して行った政策について報告が行われました。
 また出席した議員からは、「韓国資本が日本人名義で土地購入する行為は、公正証書原本不実記載に当たるのではないか。」や「自衛隊基地のすぐ隣に外国資本のホテルが建てられること自体問題だ。基地と民有地の間にバッファーゾーンを造るべきではないか。」、「防人の島新法制定推進議員連盟を立ち上げるべきだ」といった発言が相次ぎました。

 今回の勉強会に至る前、新法について、国土交通省は「他地域も疲弊しており、対馬のためだけの法律は難しい。」、また韓国資本の土地買収について防衛省は「見回りをしているので問題ない。」という姿勢で、いずれも国境の島における安全保障という観点が抜け落ちている姿勢でした。私は官僚批判に終始することは好きではありませんし、全ての官僚を否定するつもりもありませんが、国益よりも自分の立場を優先するバカ官僚、略してバカンリョウには、対馬問題も、この国の安全保障も任せられない、我々地方議員は、地道に草の根の精神で頑張らなければいけないと痛感しました。

 なおオブザーバー参加した地方議員が「対馬を守る地方議員の会」を結成し、国会議員と連携しながら行動することになりました。

DSC04737.JPG配布された資料。
DSC04738.JPG会の冒頭挨拶をする平沼赳夫真・保守政策研究会最高顧問。
DSC04752.JPG対馬の現状報告を発表する財部能成対馬市長(右)。隣は作元義文対馬市議会国境離島活性化特別委員長。

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103 

Home > 活動報告

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る