Home > 活動報告

活動報告

【請願】障害福祉施設利用者等の安全確保請願を提出

 本日港区議会に対して、以下の内容の請願を提出致しました。同議会第二回定例会は、今月15日から24日まで開会する予定です。
 提出した請願が審議される付託委員会は保健福祉常任委員会となります。審議予定日時は、今のところ22日午後1時以降となりそうです。

障害保健福祉センター ヒューマンぷらざを利用される方々など皆さんの送迎時における安全確保を求める請願

請願の趣旨
 港区におかれては、障害保健福祉センター ヒューマンぷらざへの送迎時において、利用者、介助者、また送迎バス運転手、センター職員の皆さんの安全確保のため、
① 港区麻布十番二丁目21番8号先の乗降場所の状況改善
② その他の乗降場所の安全性の確認と危険性がある場合には状況改善
以上について成し得る取り組みをして頂きたい。

理由
 港区麻布十番二丁目21番8号先、東京メトロ南北線麻布十番駅1番口の前で、午前9時前に障害保健福祉センター ヒューマンぷらざ(港区芝一丁目8番23号)を利用される皆さんが、送迎バスの乗降を行っております。
しかしバスが来る前に、工事車両や一般車両など駐車し、バスが止める位置をずらさざるを得ない場合が多々起きており、利用者の皆さん、介助者の皆さんに不便をかけております。
状況によっては、二重駐車をせざるを得ない時もあり、利用者が乗られた車椅子を、介助者の方が一生懸命押して、大きな道路を横切って行かなければならないこともありました。利用者や介助者だけでなく、運転手さんや職員さんも車道上で出迎えざるを得ず、正直言って危ないと思います。
 平成22年9月30日開会の平成21年度決算特別委員会で、民生費に関する質疑の中、当時の山本閉留巳委員の質問に対し、当時の宮内光雄障害者福祉課長は答弁で、
・ 障害保健福祉センターの送迎バスは、いわゆる貸切バスと呼ばれ、道路交通法上、貸切バスと路線バスは明確に区分をされており、同法第44条で免許を受けた路線バス以外のバス停への駐停車が禁止されており、既存の路線バスの停留所を送迎バスの停留所として利用することはできないこと。
・ 送迎バスの利用者は、さまざまな障害を持つ方が利用しており、乗降場所は可能な限り利用者の自宅付近に近づけることが求められていること。
・ 居住地の状況によっては狭い道も通行する必要があり、安全な運行の確保が大きな課題で送迎バスの事業者に対し、日ごろから安全確保の徹底を指導している。
・ 乗降場所は違法駐車されている場合など、乗降場所として使用することができなくなることがあり、苦労していると聞いている。
と話されております。
 確かに道路交通法上の問題があることや、また当該乗降場所が東京都道415号高輪麻布線と呼ばれ、道路管理者が東京都であることなど、様々難しい背景があることは重々承知しております。
しかし介助者の方からは、交番に相談しても、何も解決していないとの声が出ております。万一大きな事故が発生するような事態となれば、取り返しのつかない結果となります。答弁にあったように、送迎バスの事業者に対する安全確保の徹底指導だけではなく、本来区が安全確保の基本を担うべきではないでしょうか。
以上状況をお汲み取り頂き、現行の制度の中でも、港区として出来得る対策を講じて頂きますようお願い申し上げます。

 平成 年 月 日

請願者
港区麻布台三丁目2番13号
山本閉留巳
03-3584-5505

港区議会議長様

※日付は、実際の審議日が入る予定です。

港区立障害者住宅(世帯向け)空家入居者募集

< 募集戸数 >
 2戸
(1)世帯用1戸
(2)世帯用(車いす対応型)1戸

< 募集住宅の概要 >
 住宅名  シティハイツ竹芝
 所在地  港区芝1丁目8番23号
 間取り  (1)3DK 60.47平方メートル
      (2)2LDK 62.15平方メートル

<問い合わせ>
 港区指定管理者 株式会社 東急コミュニティー虎ノ門支店
 電話03-5733-0129
 ファックス:03-5733-0139

< 募集期間 >
 平成23年6月15日(水曜)から平成23年6月24日(金曜)まで

< 主な申込資格 >
(1)世帯で1人以上が区内に引き続き3年以上居住していること。
(2)現に同居し、または同居しようとする親族があること。
(3)世帯で1人以上の人が次のいずれかに該当すること。
 ・身体障害者手帳1級から4級の人
 ・愛の手帳1度から3度の人
 ・精神障害者保健福祉手帳1級・2級の人
 ・戦傷病者手帳(恩給法第1号表ノ3第1款症以上)の人
 ・厚生労働大臣の認定書の交付を受けている原爆被爆者
(4)世帯の所得が基準以内であること。
(5)住宅に困窮していること。
(6)住民税を滞納していないこと。
(7)車いす対応型住宅は、世帯1人以上が車いす使用者であること

< 「申込のしおり」配布期間 >
 平成23年6月15日(水曜)から平成23年6月24日(金曜)まで

< 「申込しおり」配布場所 >
 各総合支所協働推進課、台場分室、障害保健福祉センター、障害者福祉課(区役所2階)、各福祉会館、各いきいきプラザ、港区指定管理者 株式会社 東急コミュニティー虎ノ門支店
 ※詳しくは港区区民向け住宅ホームページ

(港区ポータルサイトより)

【動画情報】赤坂見附交差点での騒動の様子(5/21)

 5月21日のブログ記事にも書きましたが、赤坂見附交差点で、中国首相来日に抗議する目的で、国民運動団体 頑張れ日本!全国行動委員会による街頭宣伝活動が行われました。
 この活動の最中、警官隊との間で、押し問答に端を発する騒動が発生致しました。その様子が、動画サイトYou tubeに投稿されておりました。投稿されたtakaberry3さん、有り難うございました。

 マイクを握っているのが水島総チャンネル桜社長、警官に大声で抗議している青色スーツ姿が三輪和雄日本世論の会会長(港区民)、眼鏡をかけて水島社長の隣に立っているのが梅原克彦前仙台市長です。私と議論している濃グレースーツで眼鏡をかけているのが赤坂警察署警備課長。

 当初抗議活動は順当に行われておりましたが、終盤で参加者の一人が横断歩道を渡ろうとし、それを阻止する警官数名と口論が始まりました。その参加者が着ていたTシャツに本来チベットの動物であるパンダの絵が書いてあることが、「お咎め」の原因でした。
 その後、平服の私が帰宅しようと渡ろうとしたところ、今度は私を止めようとしましたので、私は厳重に抗議し、説明を要求。しかも周りでは普通の私服で横断する通行人が多数いました。
 このあたりから一挙に騒ぎが大きくなり、現場の警備責任者である赤坂警察署警備課長から明瞭な説明が無かったことで、騒ぎが長引きました。
 押し問答の末、結局私の理が通り、赤坂見附交差点横断歩道を渡り、無事帰宅することが出来ました。まあ現場の警官諸氏も任務として働いており、その労苦は分かりますが、単に命令に服するだけでなく、現場の状況に応じた臨機応変を求めたいところです。

【防災】麻布小地区防災協議会総会開催

0783.jpg 今朝は、東京メトロ南北線麻布十番駅1番口にて、「駅頭報告 平成23年6月1日号」の配布活動を行いました。

 第14回麻布小地区防災協議会(水橋則男会長)総会が、麻布小学校会議室で、午後4時より開催され、同協議会事務局員として参加致しました。

 総会は私が司会を務め、まず議事に先立ち、白川しげ子我善坊自治会会長による開会の辞、水橋則男同協議会会長による会長挨拶、西田京子港区麻布地区総合支所協働推進課長による課長挨拶と行政側担当者の紹介、鈴木義治麻布小学校長による校長挨拶が行われました。
 西田課長からは、東日本大震災発生当日の役所としての対応について検討を行っていること、また鈴木校長からは、同じく当日に、学校では、子供の保護者への引き渡しと帰宅困難者の収容が同時に発生したことなどについて、報告が在りました。

 議事は、慣例により、議長を水橋同協議会会長が務め、まず平成22年度活動報告、平成22年度決算報告、会計監査報告が順に審議され、いずれも了承されました。
 続いて、平成23年度活動計画案、平成23年度予算案、規約改正案(副会長を二名から三名に増員)、役員改正案が順に審議され、いずれも了承されました。役員改正では、水野むねひろ前事務局長に代わり、私が新たに事務局長として就任することになりました。

 総会終了後、引き続いて防災講演会が開催され、「都市の震災と救助犬活動について」と題し、日本救助犬協会の濱野一男氏の講演が行われました。
 濱野氏は震災後、宮城県名取市に入り、倒壊家屋に取り残された生存者の確認作業を行いました。活動を通じ、現地では日頃から地域のつながりの強さがあり、普段から地域の情報を、住民同士で共有しており、そのことが救出活動に大きく役立ったとのことです。 一方東京では、その情報が入りづらいのではないかとの指摘もありました。しかも、自分たち自身が被災者になる可能性もあるが、そのリスクを乗り越えて行方不明者をさがさなければならない。そのための訓練が必要だと述べられました。自分たちの身の安全を確保しつつ、救助活動ができるようにするための方法を、真剣に考えなければなりません。
 濱野氏は、他に訪問活動犬、セラピードックについても紹介されました。被災者の心を癒す活動も大事で、そのための犬の協力を検討してほしいとのお話でした。


【防衛】港区防衛親交会総会に出席

 今日午後4時から、市ヶ谷にあるグランドヒル市ヶ谷で、港区防衛親交会の総会が開催され、同会顧問として出席致しました。同会顧問には他に、渡辺専太郎港区議会議員(民主)、森野弘司郎前港区議会議員(自民)もおられます。

総会では、前年度の事業報告・決算報告・監査報告、今年度の事業計画・予算案が犠打として審議され、いずれも了承されました。東日本大震災被災地復興のため、自衛隊各部隊が被災地に展開している関係で、例年の行事の内の幾つかが、今年は中止となりました。

 港区防衛親交会は、昭和53年に設立され、私は母の勧めで、12歳という最年少メンバーで入会しました。当時まだ私は麻布小学校の児童で、防衛庁は六本木に在りました。以来同会の活動を通じて自衛隊を身近に感じるようになり、議員当選後、渡辺議員の勧めで顧問に就任致しました。

 総会終了後、懇親会が開催され、陸海空自衛隊市ヶ谷部隊の皆さんからは、被災地の支援状況について様々お話を伺うことが出来ました。また親交会の皆さんから私に、様々な激励の言葉を頂き大変有り難く思いました。

【六本木SP】ごみの迷惑投棄

0774.jpg 六本木安全安心パトロール隊(新保雅敏隊長)による通常巡回作業(パトロール活動)に参加しました。
 写真は、六本木交差点にある地下鉄六本木駅の出入り口付近での不法投棄の様子です。この場所は以前から決められた時間外のごみ出しが横行し、数年前に区がご覧のような不法投棄防止用の看板を建てました。一時は治まりましたが、その後再び迷惑投棄が行われるようになりました。
 この件について、議員時代も幾度か取り上げたことが在りますが、残念ながら完全な解決には至っておりません。今後請願活動など今後も対応を進めて参りたいと思います。

 以下は、武井雅昭港区長との議会での質疑の内容です。

<平成22年2月26日開会 平成22年第1回定例会議事録より>

(質問:山本閉留巳議員)
 質問四番、六本木地区におけるごみの不法投棄対策についてお尋ねいたします。
 私は、二年前の第一回港区議会定例会の際の一般質問において、この問題を取り上げました。その際、「集積所は清掃事務所の管轄だが、道路上や民有地などでは複雑な権利関係が交錯している。もとより、不届き者に不法投棄をさせないように指導することが最も重要ではないか。そして、ごみ出しに関する地域の巡回やテナント、ビルオーナーに対する啓発活動などを実施し、ごみ出しルールの推進を全区で継続的に進めていくべきではないか」と質問いたしました。
 これに対して区長から、「道路、公園、民有地等不法投棄された場所の管理者等がそれぞれ責任を持って対処しているが、個々の対応には限界がある。ごみ出しルールの徹底など不法投棄させない環境づくりが重要である。六本木地区では、地域の方々の主体的な話し合いに基づいた収集時間や収集場所、分別方法などの「六本木ごみ出しルール」や「モデル地区」を定め、地域全体で取り組み、大きな成果を上げており、他の地域においても、それぞれの地域の実情に応じて、関係機関等との緊密な連携のもと、地域の方々と恊働した取り組みを推進する」と答弁されております。
 その六本木地区では、集積所の整理が進んでいる反面、相変わらず不法投棄が行われております。「不法投棄監視中」と書かれた場所に、堂々と捨てていく者もおります。またそれ以外にも、六本木安全安心パトロール隊や六本木をきれいにする会の活動を通じて、本来ごみを出すべきでない時間帯に、しかも公道上にごみが捨てられている状況を私自身も確認したことがございます。
 ごみを捨てた当事者を捕まえまして事情聴取したところ、民間の回収業者から、自分の地所の前の公道上に置いておけばいいと言われたということです。区が、ごみ出しルールを徹底化して進めようとしているにもかかわらず、民間の回収業者がこれに相反するような行為を行っているのであれば、これは重大な妨害行為と言わざるを得ません。また、ルール破りでごみを出す方にも、ともに責任があると思います。
 地域の皆さんからは、事業用のごみは、事業者とビルオーナーが責任を持って廃棄から回収まで、罰則を含めた条例化をし、管理責任を義務づけることも必要だという声も上がっております。ごみの不法投棄防止の一層の推進、中でもルール破りの回収業者やビルオーナーへの指導の強化、あるいは条例の制定等について、区長にお尋ねいたします。

(答弁:武井雅昭区長)
 次に、六本木地区のごみの不適正な排出についてのお尋ねです。
 六本木地区では、区と地域住民等が連携し、ごみのないまちづくりに取り組んでまいりました。事業系のごみについては、地域の皆さんにご協力をいただきながら、区による収集から民間の収集運搬業者への移行を促してまいりました。こうした地域の皆さんの積極的な取り組みにより、六本木交差点周辺では、道路上のごみの山積み状態が目に見えて改善しつつあります。
 しかしながら、ごみの保管場所がないテナントビルなども多く、路上への排出がいまだに見受けられます。区では、事業系のごみの排出者やテナントビルオーナー、民間の収集運搬業者に対して、適正なごみの保管と収集について、きめ細かな指導等を行ってまいりました。
 今後も、港区廃棄物の処理及び再利用に関する条例などに基づき、事業系ごみの排出者、テナントビルオーナーに対して、ごみの適正な保管や排出について繰り返し指導してまいります。収集運搬業者には、適正な収集作業の徹底、路上への排出防止に向けた取り組みなどを促してまいります。

【動画】菅内閣打倒演説会の様子

 6月2日の記事にも書きましたが、その前日の1日、衆議院第二議員会館と首相官邸前で、頑張れ日本!主催の『6.1 菅内閣を国民の手で打倒せよ!緊急国民行動』が行われ、私も弁士の一人として参加致しましたが、その時の演説の様子が、動画投稿サイトYou tubeにアップされておりました。
 演説の途中で、学生時代から親交のある長島昭久民主党衆議院議員が通り過ぎて行かれました。志と良識のある国会議員の皆さんの奮起を期待したいところです。
 投稿していただきましたtakaberry3さん、有り難うございます。

【駅頭活動】お台場海浜公園駅

0755.jpg 今日から、夜の駅頭活動も再開致しました。
 今夜の場所は、ゆりかもめお台場海浜公園駅北口で、配布物は、駅頭報告平成23年6月1日号でした。駅頭報告は、活動再開後、新たに発行しているビラです。
 帰宅者の皆さんの中に、私のことを覚えていて下さる方々もおられ、「今回は惜しかったですね。」「また活動を始めたのですね。頑張って下さい。」とおっしゃっていただける方々の言葉に元気づけられました。

【拉致】すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大行進

0729.jpg 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)、北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(拉致議連)主催により、「生きているのになぜ助けられない!すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大行進」が本日午後行われ、私も参加致しました。

 約100人の日本人拉致被害者も、少なくとも世界12か国の拉致被害者も、自由を奪われながら、今も救出の日を待っています。生きている拉致被害者が北朝鮮にいるのに、なぜ助けられないのでしょうか。
 万景峰号入港禁止などの制裁を緩めてほしいと北朝鮮は2008年8月、生存者を帰すための「調査やり直し」を約束しましたが、9月になり突然その実行を中止して今に至っています。
 北朝鮮が「調査のやり直し」の約束を一方的に破棄してから今年の9月で3年になります。それまでに北朝鮮が約束を履行しない場合、政府は在日朝鮮人の再入国不許可対象拡大、送金全面禁止などの追加制裁発動を絶対にすべきで、家族会・救う会はその実現のため強い運動を展開していくことを決めました。
 不誠実な態度を取り続けている北朝鮮に、わが国と国民の毅然とした意思と強い怒りを伝えるために、そして米国を初め世界に向けて、わが国の真意を正しく伝えるために、私たちは、政府が「更なる対応措置」として、「拉致」だけを理由に、制裁の発動に踏み切ることを強く要請しています。政府を動かす大きな力は日本国民の世論です。政府が毅然とした対応を行うよう、国民の皆様の叱咤激励をお願いいたします。

 デモ行進に先立ち、午後2時から被害者家族などによる訴えが行われ、2時半より大行進が始まりました。デモのコースは、集合場所である芝公園23号地→芝公園3丁目左折(愛宕通り)→西新橋1丁目右折(外堀通り)→新橋駅前左折(外堀通り)→数寄屋橋→東京駅八重洲口前→常盤橋までの約4キロでした。
 行進で私は第二挺団のリーダーの役でしたが、運営上の都合で、途中から急遽マイクリーダーも兼ねることになりました。
 デモ行進の様子が、日本文化チャンネル桜の番組で紹介されております。15分40秒頃と19分25秒頃、20分00秒頃、マイクを通じての小生の声が入っています。

区内診療所でのエイズ検査・性感染症検査(AIチェック)

● AIチェックとは? ●
 AIチェックとは、エイズ検査および性感染症検査を希望する人が、港区の委託(診療所や大学病院など)において匿名、無料の検査が受けられる事業のことです。
 委託医療機関の空いている日時(月曜日から日曜日、平日夕方)に検査可能です。
 これまで心配がありながら、検査を受けていなかった方も、これを、機会にぜひエイズ、性感染症検査をお受けください。

● 事業の概要 ●
 エイズ、性感染症の予防と早期発見を目的として、診療所等の医師会所属医療機関において匿名、無料のエイズ検査および性感染症検査を実施します。詳細は下記のとおりです。

● 対象者 ●
 港区在住者、在勤、在学のいずれかに該当し、エイズ検査および性感染症検査を希望するもの

● 検査項目 ●
 HIV、梅毒、クラミジア、淋菌

● 検査実施場所 ●
 港区指定医療機関

● 検査期間 ●
 前期:平成23年6月1日から9月30日まで(6月検査推奨月間)
 後期:平成23年11月1日から平成24年2月29日(12月 エイズ予防月間)
 ※予定件数到達次第、終了いたします。
 ※東京慈恵会医科大学附属病院、みなと保健所では通年で検査を実施しています。(下記参照)

● 予定件数 ●
 1医療機関あたり、先着15件

● 検査結果 ●
 概ね10日前後に検査を受けた医療機関の医師が説明します。
 ※医療機関によって検査日時等が異なりますのでご注意ください。

● 検査の受け方について ●  
 検査を受けるまで
1.下記の医療機関リスト及び実施状況から検査を受ける医療機関を確認する。
2.下記からAIチェック受付整理券をダウンロードし、印刷する。または、各総合支所、図書館等で入手する。
3.希望する医療機関へ検査日時や場所等を事前に問い合わせ、予約が必要な場合は、予約をする
4.AIチェック受付整理券を持参して、医療機関で検査を受ける。 

AIチェック(港区エイズ・性感染症検査)実施医療機関リスト

● 検査当日の流れ ●
1.受付にAIチェック受付整理券を提示する。
※受付整理券をお持ちでない場合、検査できませんのでご注意ください。
2.検査申込書に必要事項を記入する
3.ご希望の検査を受ける。
4.概ね10日後に結果を聞きにいく。
(結果日時は各医療機関によって異なりますので、検査時にご確認ください。)

● どんな検査をするの? ●
 HIV・梅毒は血液検査、クラミジア・淋菌は男性:尿検査、女性:膣スメア検査を実施します。

● AIチェック受付整理券 ●
 AIチェック受付整理券はこの他に、各地区総合支所、図書館でも入手することができます。

● 注意事項 ●
・検査件数に限りがあるため、希望の医療機関で受けられない場合があります。検査を受ける際は事前に医療機関へお問い合わせください。
・検査日時、予約等については医療機関によって異なります。検査を受ける際は、希望の医療機関へ電話等でご確認をお願いします。
・検査を受ける際は、必ずAIチェック受付整理券を持参ください。お持ちでない場合、検査できません。
・匿名、無料の検査のため、証明書等は発行できません。結果は医師からの口頭説明のみになります。
・HIV検査は、感染の可能性のあった日から2ヶ月を経過してからお受けください。
・男性でクラミジア、淋菌検査を希望する方は検査当日に尿検査があります。女性でクラミジア、淋菌検査を希望する方は、検査当日に内診がある場合があります。また妊娠中、生理中は検査できません。
・検査結果は、必ず聞きにいくようにしてください。
・検査結果で陽性の項目があり、治療や追加検査が必要な場合は、保険診療の扱いで有料になります。

● その他 ●
 区内診療所の他に東京慈恵大学附属病院、みなと保健所でも匿名、無料のエイズ検査および性感染症検査を通年で実施しています。(要予約)
 詳細または検査、病気などの質問については、下記をご参照ください。

 大学病院(東京慈恵会医科大学附属病院)での検査について(AIチェック)

 保健所でのエイズ・性感染症検査について

 エイズ・性感染症検査 Q&A

(以上港区ポータルサイトより)

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103 

Home > 活動報告

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る