Home > 活動報告

活動報告

【放射能】港区内の放射能・放射線の測定を開始します

 6月9日(木曜)から区内の土壌(砂場)と空気、屋外プールの放射能・放射線を測定します。
 区では、子どもがいる保護者など区民の皆さんに対して、子どもの安全・安心について、より確実なものとしていただくために、これまでの「水道水」に対する放射能調査(測定)に加え、新たに6月9日(木曜)から、区内の「土壌(砂場)」・「ため水(プール)」の放射能調査を開始します。測定頻度は、「週1回」とし、各週区内の数か所で測定します。
 また、6月中旬からは、区内の「大気」について、定点測定(1か所)を開始します。この「大気」の定点測定に当たっては、地上から5センチ、50センチ、1メートルと高さを変えて測定するほか、室内での放射線量についても合わせて測定する予定です。
 測定結果については、6月15日(水曜)ごろからホームページなどで公表予定です。

測定概要については、こちらをご参照下さい。

 土壌については、平成23年6月9日(木曜)から測定を開始します。ただし、空気については6月中旬から測定を開始し、ため水については屋外プールの開設期間のみ実施します。

問い合わせ
大震災緊急対策担当
電話:03-3578-2111(内線:2093)

(港区ポータルサイトより)


内閣不信任案騒動をめぐり

0698.jpg 昨日、頑張れ日本!全国行動委員会による菅首相不信任を求める抗議活動が、衆議院議員会館前と首相官邸前で実施され、私も参加致しました。

 今日は内閣不信任案をめぐるニュースが報道されています。以下は、この件で今日一日ツイッターで投稿した内容です

午後から不信任決議のための本会議。今日は一日、このニュースから目が離せないです。 #minatoku
10:59 AM Jun 2nd webから

ところで最近聞いた話。23区某区で、それまで民主の看板を掲げていた会派が、新人議員の要求で、民主を名乗らないことにしたとのこと。新人の声を聞く器の大きさか、それとも新人を抑えられない情けなさか。 #minatoku
11:07 AM Jun 2nd webから

もっともその会派の幹事長は小沢ファンのようで、政界再編なら、民主党からさっさと乗りかえようという魂胆かもしれませんが。 #minatoku
11:08 AM Jun 2nd webから

皆様リツイート有り難うございます。昨日首相官邸前で撮影した首相の車です。 http://twitpic.com/55ow0b #minatoku
11:20 AM Jun 2nd webから

今日一日、国を挙げてのバカ騒ぎは、あっけなく終わりました。さんざん管政権を批判しておきながら、否決となったとたん、挙党一致だ、野党の不信任案に乗れないなどもっともらしい理屈をつける。本当に下らない喧嘩だ。こんな政党を去年離党してよかった。付き合いきれない。 #minatoku
4:13 PM Jun 2nd webから

先ほどのツイート、総理の苗字は、管ではなく菅ですね。ご指摘に感謝。頭に来ていて字を間違えました。 #minatoku
4:55 PM Jun 2nd webから

民主党の造反組と言われた皆さん、よくまあトイレから出て来たばかりのようなスッキリした顔して、テレビにしゃしゃり出てくることができますな。 #minatoku
10:51 PM Jun 2nd webから

党を守るために政治家になったのではない、国を守るため、子供たちを守るためと前日まで言っていた人がいましたが、結局自分を守るためということであります。ならハッキリそう言えば分かり易い。 #minatoku
10:52 PM Jun 2nd webから

やれ民主主義だ、挙党一致だ、野党の出す不信任案には乗れないと言い訳ばかりしている卑怯者が多い民主党。いざという時に腹をくくれなかったわけでしょう。 #minatoku
10:58 PM Jun 2nd webから

筋を通して賛成票を投じた松木謙公、横粂勝仁両議員はどうなるのでしょうか。彼らの考え方に全面的に賛同するわけではないが、少なくても今回に限り、男を挙げたことは間違いありません。 #minatoku
10:59 PM Jun 2nd webから

日本人の美徳として、自分が元いた所を悪く言うべきではないと思いますが、今日のような、散々引っ張りまわして、人騒がせなことをしても厚顔無恥でいられる民主党なら、もういらない、日本からさっさと消えてほしいと思いました。 #minatoku
11:02 PM Jun 2nd webから

「消える」と言えば、都内各区議会の民主党会派で、民主の名を消しているところが増えている事実を、今一度思い起こす必要があります。都合の良い時だけ民主党の名を使い、そうでなくなればさっさと隠す。国会民主党が厚顔無恥なら、地方議会民主党もこれまた同じなり。 #minatoku
11:06 PM Jun 2nd webから

活動再開のご報告

0697.jpgご支援頂いている皆様へ

 本年4月に行われました港区議会議員選挙では、多くの皆様からご支援ご声援を賜り、心より光栄に存じます。また結果判明後、多数の方々がメールでご激励下さり、元気づけられました。
 この選挙で、私は30票差で次点という結果となりました。選挙後、地元の皆様の元をご挨拶にまわりながら、今回至らなかった点、あるいは逆にご評価頂けた点をうかがうことができました。開票終了直後は、次回については考えないつもりでおりましたが、皆様のおかげで徐々に今後の方向性が見えて来るようになりました。
 本日6月1日より、次の目標を見据えて、本格的な活動を再開することに致しました。早速、今朝東京メトロ南北線六本木一丁目駅2番口で、政策ビラ配布活動を行いました。
今後駅頭や街頭、集会などの会場、そしてインターネット上などでお目にかかる機会が増えて来るもの存じますが、今後とも山本へるみに対しましてのご指導ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
この度は誠に有り難うございました。

 平成23年6月1日

山本閉留巳

【麻布】麻布小学校運動会

 麻布小学校運動会を見学して参りました。
 当初5月28日の開催予定でしたが、雨天で翌29日に順延、しかしこの日も雨天のため、一日置いて31日に再順延しての開催となりました。
 私は午後からの部を見学しましたが、徒競争やスーパーボウル(昔の大玉転がし)を見ました。子供達の元気な様子を見て、大人も元気をもらえそうな感じでした。

【産業振興】六本木商店街振興組合総会

 六本木商店街振興組合(青野信次理事長)第16回通常総会が、国際文化会館にて開会されました。
 総会では、第1号議案 平成22年度決算関係書類承認の件(事業報告・財産目録・貸借対照表・損益計算書・剰余金処分案・監査意見書)、第2号議案 平成23年度事業計画並びに予算決定の件、第3号議案 平成23年度借入金の最高限度額決定の件、以上の各議案が審議され、いずれも満場一致の承認を得ました。
 総会終了後、NPO法人まちづくり協会理事長、三橋重昭氏の講演会、そして懇親会が開催されました。

【消防団】麻布消防団ポンプ操法大会

 平成23年度麻布消防団ポンプ操法大会が、芝公園で開催されました。
 操法とは、実際の火事を想定して、ポンプ車を使い放水など一連の消火作業を行うことを指します。毎年一回、麻布消防団4個分団により、原則として各分団2チームずつ編成して、操法の技能を競い合う大会が開催されます。
 私の所属する第三分団は事情により、今年は1チーム(平戸隊)だけが出場致しましたが、優勝を飾ることが出来ました。応援を頂いた皆さんに心より感謝申し上げます。

0689.jpg麻布消防団第三分団平戸隊
指揮者  平戸 崇
1番員  赤嶺 亮太
2番員  前田 講平
3番員  生田 秀樹
4番員  横山 淳
補助者  青木 照雄

【三笠】復元50周年記念式に参加

0620.jpg  記念艦「三笠」復元50周年記念式に出席致しました。三笠は、日露戦争の終盤の明治38年、日本海海戦でロシアバルチック艦隊を撃退した大日本帝国海軍連合艦隊の旗艦であります。その後大正12年に退役し、同15年以来、記念艦として保存されております。

 式典の主催団体は財団法人三笠保存会です。同会のホームページによれば、現在の三笠保存会は大正15年(1926)世界に誇れる記念艦として生まれ変わった三笠が、昭和20年(1945)大東亜戦争敗戦後の世相の混乱により記念艦としての性格と形態を失い、 極度に荒廃していたのを遺憾とし、これの復元のための募金とその後の各種事業を行うために昭和33年(1958)に設立され、昭和35年に財団法人になったとのことです。
 そして保存会は記念艦三笠を旧態に復して永久にこれを保存し、もって民族精神の高揚に資することを目的とされ、この目的達成ののために行う事業として、
■国の委託を受けて記念艦三笠を維持保管すること。
■記念艦三笠に関係ある記念資料の蒐集、講演会の開催、印刷物の刊行。
■記念艦三笠を広く公衆の観覧に供し又はこれを公共の利用に充てること。
その他とされています。

 午後1時30分より、艦内の講堂で記念式典が挙行され、三笠保存会会長、米海軍第7艦隊司令官、横須賀市長が順に祝辞を述べました。

0647.jpg 艦内は展示館となっており、欧米列強によるアジア植民地化、ロシアによる南下など当時の日本を取り巻く国際情勢が、パネルや模型、当時の資料、実際の砲身などを用いて丁寧に説明されております。また艦橋や甲板にも上がることが出来、日本海海戦において東郷平八郎連合艦隊司令長官が立っていた場所には印が付けられております。ここから当時画期的な戦法とされた丁字戦法、いわゆる「トウゴウ・ターン」を命じ、我が国の勝利に導いたのであります。

0669.jpg 今や欧米列強の侵略はありませんが、中国による海洋覇権、ロシアの南下覇権のそれぞれの拡大など、日本周辺の緊迫した状況は現在も同じです。
 三笠保存会設立発起人総会において、発起人の一人である小泉信三氏(昭和8年 1933年 慶應義塾大学塾長就任)は講演で、「自尊自重の精神の無い国民が、他国人の侮りを受けるのは当然であり、自らを重んずる精神の無いものは、弱小のものに対しては不遜となり、強大なるものに対しては卑屈になることは避けがたいことであります。(中略)この度の三笠保存会の設立により、国民の間で復元気運が高まり、記念館三笠が元の姿に復元され、自尊自重の精神を取り戻すことができることは、申しようもない喜びであります。」と述べられたそうです。
 小泉氏のこの言葉は、今まさに現代の日本人が思い起こさなければいけないものだと思います。私達に自尊自重のせいしんがあるのでしょうか、それを取り戻すべき時代にあるのではないでしょうか。

記念艦「三笠」公式ホームページ

【防災】麻布小地区防災協議会

 麻布小地区防災協議会役員会が開催されました。同協議会で私は、事務局を担当しております。

 6月10日に同協議会総会が開催される予定で、それに向けての打ち合わせ事項が主要議題でした。総会当日に行われる防災講演会について、講師は未定ですが、日本救助犬協会の関係者に依頼する予定。
 また不肖山本が、次年度同協議会事務局長に就任することが内諾されました。

 港区では、各区立小学校の校区毎に、自主防災組織が設置されております。

【六本木】パトロール活動

 六本木安全安心パトロール隊の活動に参加しました。選挙後初めての活動です。清掃活動、落書き消し、消防団と並び、私の地元活動の原点の一つであります。
 今日は、六本木三丁目→同六丁目→同五丁目の巡回班に加わりました。

0589.jpg 六本木三丁目の丹波谷坂下で、番地表示板が剝がれそうになっておりました。この場所は、4年前に壁に描かれた落書き消しを一斉に行い、その後新たにペンキを塗り、さらに落書きを跳ね返す溶剤まで塗りましたが、その溶剤の効力が落ち始めた頃から再び落書きが行われ始めております。同行していた区の職員に善処を依頼しました。

0604.jpg 六本木六丁目にある飲食店では、屋外に網焼き用のスペースが作られておりました。屋外で営業目的で調理をする行為は、食品衛生法上問題があるのではないかと思いますが、この件も同行職員を通じて保健所に確認してもらうよう依頼しました。

【震災】福島県が義援金配分申請を受け付けます

 福島県の被災者の皆様へ 福島県が義援金配分申請を受け付けます。

 福島県が、東日本大震災で被災された方々に、日本赤十字社等に寄せられた義援金(国義援金)及び福島県へ寄せられた義援金(県義援金)の配分申請を受け付けます。
 該当される方は、申請をお願いします。

<対象>
平成23年3月11日当時、福島県に居住しており、東日本大震災により被災された方
<申請書の請求・受け付け・問い合わせ>
福島県社会福祉課 電話:024-521-7322

申請方法など詳しくは、下記PDFファイルをご覧ください。
福島県の被災者の皆様へ 義援金配分申請のお願い

問い合わせ
大震災緊急対策担当
電話:(代表)03-3578-2111(内線:2093)
ファックス:03-3578-2034

(港ポータルサイトより)

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103 

Home > 活動報告

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る