Home > 活動報告

活動報告

【重点課題】今年私が取り組む重点課題について

 2月からは、第一回港区議会定例会が開会しますが、議会の開会閉会を問わず、区議会議員の一人として、区政に関わる様々な課題に対し、現地現場主義に基づき、率先垂範して行動し、区政と区民の皆さんとの距離を近くするよう努めて参りますので、本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
今年私が取り組む重点課題についてお伝え致します。

1.安全安心まちづくりの推進
 六本木や新橋などの繁華街における路上客引き行為・放置看板対策・街頭落書き対策・タバコのポイ捨て対策など、地域安全や環境美化、火災・風水害・震災などの防災対策、テロ対策などの国民保護に取り組みます。

2.地方分権の推進と財政の自主化
 いわゆる地域主権三法案が国会で審議中です。また多くの税金を、未だ区ではなく都が徴収しています。真の基礎自治体をめざし、地方分権や財政改革の推進に取り組みます。

3.子育て支援の充実化
 待機児童解消に向け、既存保育園の改築、新設保育園の設立、区による暫定保育室の存続、私立保育園、認証保育所の誘致を進めます。また在宅で子育て中のお母さん達に対するへの支援策の充実化を進めます。

4.ものづくりの普及支援と地元商店街の発展支援
 港区のものづくりで作られた製品を社会に普及させていくため、区内公共施設への導入や、商店街がこれからも発展していくよう、実情に即した支援を進めます。

5.教科書採択の健全化
今年は中学校の教科書選定が行われますが、我が国の歴史、伝統文化、先人の業績に自信と誇りがもてる内容の教科書が選定されるよう取り組みます。

6.議会改革の推進
 税金に対するチェック機能を高め、行政提出の議案に対する追認だけでなく、議員提案による発案、政府に対する意見書作成など、積極的な提案型議会に向けた改革、議員交通費の見直しに取り組みます。

【政務調査】区道階段の様子(六本木三丁目)

060064_P1050988.jpg 左の写真は、六本木三丁目の8番地と13番地の間に在る階段です。造りが階段ですが、近隣住民の皆さんから、民有地ではなく公道だとうかがっております。そのあたりの正確な情報については、改めて調べるつもりです。
 この階段、実際に歩いてみるとかなり傷んでおります。ひびの在る所などはコンクリートで補強しておりますが、とにかく景観が良くない状況です。
060065_P1050972.jpg周囲には街頭落書きがされるわ、無断で近隣飲食店のゴミ箱が置かれるわ、地面にはタバコのポイ捨てが行われる始末です。しかも踊り場部分には「路上禁煙!」と記されているだけに、皮肉な環境となっております。
 今後道路管理権の所在(公道か私道か)を上で、区と協議の上、景観改善に取り組んで参りたいと思います。

港区新年あいさつ交歓会

060072_P1060098.jpg 今朝は、東京メトロ南北線麻布十番駅1番口にて、区政報告「街頭報告」配布活動を行いました。

060073_P1060104.jpg 午前中は東麻布であいさつ回りを行い、午後から東京プリンスホテルで開催された「港区新年あいさつ交歓会」に参加致しました。港区の主催で、区内の町会・自治会・商店会など各種団体、それに港区を選挙区とする各層議員が一堂に会しました。
 交歓会にはオーストラリア大使もお見えになられましたので、私より表敬し、昨年4月にオーストラリアを視察訪問したことを報告致しました。

060074_P1060109.jpg 夜は、JR田町駅芝浦口にて、配布活動を行いました。

【消防】出初め式

060067_P1060036.jpg 平成23年東京消防出初め式がおう、江東区の東京ビッグサイトで開催され、麻布消防団員として参加して参りました。

 江戸川消防団の皆さんと協力して広報展示のコーナーを担当しました。
 消防団が現場で使用する装備の展示、活動を紹介したビデオ上映やパネル展示、子供向けに消防制服や防火服を着させ、消防団ポンプ車をバックに撮影会を行うなどの業務を行いました。
 私の居た持ち場は屋内でしたが、屋外では式典やパレード、そして梯子乗り演技などが行われました。この日は寒風吹きすさぶ中での開催であっただけに、皆さん本当にご苦労様でした。
060068_P1060024.jpg060069_P1060040.jpg060070_P1060048.jpg060071_P1060076.jpg

※写真説明
  左上:防災服と消防車両
  右上:子供写真撮影用にミニチェア制服
  左下:鳶職による梯子乗りの実演
  右下:消防音楽隊の演奏とカラーガード隊の演技


【駅頭活動】六本木一丁目・お台場海浜公園

060062_P1050959.jpg060066_P1060003.jpg
 本日から今年の駅頭活動を開始致しました。
 早朝編は東京メトロ南北線六本木一丁目2番口にて、夜間編はゆりかもめお台場海浜公園駅北口にて、「街頭報告 平成22年1月5日号」を配布しました。

仕事始め/六本木七丁目で火災

060061_P1050949.jpg 今日は仕事始めの日です。
 毎年恒例の議会と行政による年賀交歓会が午前11時30分より開催されました。
 交歓会終了後、全議員と幹部職員との、また会派毎の記念撮影が行われました。
 改めまして本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 ※上の写真=向かって右から、鈴木洋一保守日本団長(たちあがれ日本)、島田幸雄港区議会議長(自由民主党)、水野むねひろ保守日本幹事長(たちあがれ日本)、山本へるみ同副幹事長(日本創新党)。

060060_P1050920.jpg ところで、二日朝、地元六本木七丁目で火災が発生しました。この火災で住民一人が死亡、住宅4棟が全半焼しました。火災の翌日、私も現場を視察しました(右写真)。今回の火災現場が、私の所属する消防分団の管轄外であったため、消防署からの出場通報はありませんでしたので、発生時の消火活動に参加することはできませんでした。
 麻布消防署管内では、7年前に麻布十番で起きた火災で死者が出て以来、火災による死者が出ておりませんでした。
 亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

箱根駅伝応援(複路)

060059_P1050944.jpg 昨日に引き続き、箱根駅伝複路の、今日は復路応援に参加しました。一昨年、昨年に引き続き東洋大学の優勝が期待されましたが、最後まで早稲田大学が踏ん張り優勝しました。我が明治大学は5位で入賞し、来年駅伝へのシード権を獲得しました。

箱根駅伝応援(往路)

060058_P1050882.jpg 第87回東京箱根間往復大学駅伝競争(箱根駅伝)の、往路応援に出場する明治大学応援に参加しました。応援場所は毎年西新橋二丁目交差点角で、競争スタートに先立つ午前7時頃から、応援の場所取りのために現場に行きました。この場所取りが、私にとり事実上の年間公式行事のスタートでもあります。
 競争スタートは午前8時。通常序盤である西新橋では、選手全員が集団となって走っているのですが、今年は早稲田大学と日本大学が抜きん出て、他の選手達を引き離しておりました。

平成23年の幕開けです

060055_P1050889.jpg 平成23年(皇紀2671年)の年が始まりを、皆様と共に迎えることができ、大変嬉しく思います。
 今年は、私にとり、「免許書き換え」の年であります。桜の花の咲く頃に、皆様の地元をいろいろとお騒がせすることになろうかと存じますが、これも港区を良くしていくための熱意の表れとして、お許し頂ければ幸いです。

 年明け早々危機感を煽るつもりはないのですが、今年懸念される日本の危機として私が思うには、一つは朝鮮半島情勢の流動化、もう一つは増大化する国の借金です。これらについては、また日を改めて記述致します。

 元旦になり、飯倉交差点近くの飯倉熊野神社で開催される、近隣氏子町会の皆さんによる甘酒振る舞い会に行きました。神社前から見上げる東京タワーは、新年に併せてデコレイトしておりました(左下写真)。六本木交差点からロアビル前にかけては、多くの人々で歩道が溢れておりました(右下写真)。
060056_P1050852.jpg060057_P1050862.jpg

今年の字は「無」 無から有の新年へ

 平成22年も、あと12時間ほどとなりました。この記事は正午前の投稿です。
 来年「免許の書き換え」のある身としては、この年末正月関係なく仕事を続けている状態です。今日もこの後、区内でポスティングを行った後、午後からNHK前で開催される、頑張れ!日本主催の街頭演説会に向かいます。
 明けてから、元旦は近隣の飯倉熊野神社への参拝が、新年の活動第一号となります。神社前では、お世話になっている東麻布の町会の皆さんが、恒例の甘酒振る舞い会を開催しています。2日は、箱根駅伝に出場する明治大学選手応援のため、早朝から新橋の交差点で場所取りを行います。

 さてこちらも恒例の、私にとっての今年の字は「無」です。
 9月に発生した尖閣諸島沖における中国漁船による領海侵犯事件では、早々に乗組員を、その後には船長まで釈放し、法治国家としての責任を果たす気が無い、相手国に日本の主権を堂々と訴える気が無い、領土領海を本気で守る気が無い、国民に真実を公表する気が無い。衝突ビデオをネットに暴露した海上保安官の行為は義挙と思いますが、その精神が我が政府には無い。
 国債の発行残高が、日本の総資産を上回るようになっているにも関わらず、国の収支を正していこうとする気が無い、マニフェストに囚われて経済の実態を見ようとする意思が無い、そもそもマニフェスト自体に無理が無かったのか検証する勇気が無い。
 国のかたちを考える、変えるといいながら、その具体的な方向性を国民に知らせようとする誠意が無い、北朝鮮への経済制裁を訴えながら、朝鮮学校無償化の正当性を説明する気が無い、北朝鮮による韓国砲撃では、当たり前の情報収集を指示するだけで、北朝鮮への明確な国家の意思を伝えようとしない、在留邦人の保護を言及しようともしない。
 管総理の姿勢は、失礼ながら「無い無いづくし」であります。表情を拝見する限り、本気で総理を続ける意思が在るのか無いのか、この国を本気で建て直そう、そして諸外国から守ろうとする意志が在るのか無いのか、全く分かりません。
 先ほど「免許の書き換え」と表現しましたが、来年は統一地方選挙が行われます。現状では、国民の皆さんの意思を表明する唯一の機会かもしれません。日本人の意思を明らかにすることこそ、国家の意思を明らかにすることになります。無から有へ、そういう新年にしたいものです。
 皆さんも、どうぞ良い年をお迎え下さいますようお願い申し上げます。

 平成22年12月31日

港区議会議員               
日本創新党国民運動本部長、地方議員会副会長

山本 閉留巳

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103 

Home > 活動報告

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る