Home > 活動報告

活動報告

夜の駅頭活動開始!

040638_P1040638.jpg 今日から、毎週月曜日と水曜日(パトロールと重なる日を除く)、夜の駅頭で、ビラ配布などの広報活動を始めました。
 今日の現場は、ゆりかもめお台場海浜公園駅頭でした。

<広報活動>六本木一丁目駅頭

040633_P1040633.jpg 今朝、東京メトロ南北線六本木一丁目2番口にて、ビラ配布活動を行いました。
 法令により、今月から。従来の個人名の入ったノボリから、所属党名の入ったノボリに変えて掲示します。

日本創新党臨時党大会

040619_P1040619.jpg 日本創新党臨時党大会が、港区六本木で開催されました。
 大会では、まず初めに党首挨拶が行われました。
 その後、大会議事進行のため議長選出が行われ、松浦芳子杉並区議会議員が選出されました。

 今大会に上程された議事は以下のとおりです。
  第1号議案 党則の改正について
  第2号議案 役員選任について
  第3号議案 活動方針について

 1号議案、党則の改正は、総則(第1章)、機関(第2章)、支部(第3章)、党員(第4章)、会計(第5章)、改正(第6章)、その他(第7章)、附則より構成されています。
 組織として、一定の重要事項を議決する党大会を最高議決機関とし、幹事会、常任幹事会と下位に続き、その下に最高責任者として党首、党首を補佐し幹事会を主催する代表幹事、代表幹事の元に、政策委員会、選挙対策委員会、組織委員会、党紀委員会、地方議員会、事務局の各部門が配置されます。
 採決の結果、満場一致で可決されました。

 2号議案、役員の選任については、まず山田宏党首より、参院選での敗北などを理由に、役員全員が辞任する意向が述べられました。この後、松浦議長より、立候補もしくは推薦を募る旨の発言がなされ、その際私が発言を求め、党の抱える課題を解決する責務を果たす上でも、前党首の再就任を希望すると述べました。この私の発言に大会全員が賛同の意を表し、山田宏氏の党首再就任が決まりました。

 3号議案、活動方針についてでは、選挙対策、組織、政策、その他の各項目が提示されました。
 選挙対策では、来春の統一地方選挙を地方組織拡大への足掛かりとして重視すること。組織では、地方組織の設置を図り、メルマガ、動画、ツイッター等のメディアを活用し広報活動を強化すること。政策では、国家・地方・国民それぞれの自立を実現するべく、外部シンクタンクとも協力して、現実味ある政策を立案し提言すること。その他では、支持層の底上げのため党組織とは別の運動体「日本を創新する会」を立ち上げ、上田清司埼玉県知事に会長をお願いすることなどが提案されました。
 採決の結果、満場一致で可決されました。
 
 党大会に続き平成23年度統一地方選挙公認予定候補者が紹介されました。
 小坂英二(こさか えいじ) 38歳 荒川区議(二期目) 東京都荒川区
 工藤裕一郎(くどう ゆういちろう) 37歳 横浜市議(二期目) 横浜市青葉区
 山本閉留巳(やまもと へるみ) 44歳 港区議(一期目) 東京都港区
 千住啓介(せんじゅ けいすけ) 34歳 明石市議(一期目) 兵庫県明石市
 佐々木浩(ささき ひろし) 45歳 前杉並区議(三期) 東京都杉並区
 鏑木徹(かぶらぎ とおる) 50歳 新人 東京都八王子市
 須藤英児(すどう えいじ) 41歳 新人 東京都大田区
 阿久津皇(あくつ こう) 37歳 新人 東京都世田谷区
 日下部晃志(くさかべ こうじ) 34歳 新人 福岡市博多区

自由と人権アジア連帯集会

040528_P1040528.jpg 市民団体頑張れ!日本と超党派の草莽全国地方議員の会の主催による「11.6 アジアに自由と平和を! 自由と人権アジア連帯集会」が、日比谷野外音楽堂で開催されました。

 集会では、チベット、ウイグル、南モンゴル、台湾、満州、ベンガル、ベトナム、韓国それに日本から、議員や著名人が集まり、チャイナの侵略と支配の脅威、このままでは日本も同じ轍を踏むのではないかなど、順に訴えが行われました。
 またラップや歌の披露も行われました。このあたりは、最近の保守系集会における新しいスタイルではないかと思います。その中で、「蛍の光」が歌われたのですが、私達が知っているのは2番までで、実は3番・4番まであったことを初めて知りました。戦後これらの部分は、学校教育の現場で削除されているようです。以下がその部分です。
(蛍の光 3番)
筑紫(つくし)のきわみ、みちのおく、
海山(うみやま)とおく、へだつとも、
その真心(まごころ)は、へだてなく、
ひとつに尽くせ、国のため。
(同 4番)
千島(ちしま)のおくも、沖縄(おきなわ)も、
八洲(やしま)のうちの、守りなり。
至らんくにに、いさお しく。
つとめよ わがせ、つつがなく。

 集会の様子は、
日本文化チャンネル桜の番組「桜プロジェクト」でご覧になれます。

040544_P1040544.jpg 集会閉会後、」デモ行進に移りました。私は他の地方議員や前衆議院議員の皆さんと共に、第一挺団に加わりました。
 行進は日比谷野外音楽堂脇から、日比谷公会堂前を通り、JR高架下を潜り、外堀通りを北上、数寄屋橋交差点、東京駅八重洲口前、呉服橋交差点を通過し、常盤橋公園にて解散となりました。参加人数は、主催者発表で4500人で、先月16日に行われた中国大使館抗議デモのっ参加者数を上回りました。

 デモ行進の様子は、こちらをご覧下さい。

 デモ行進終了後、参加者の皆さんは有楽町交通会館前広場に集結し、ここで街頭演説会が開催されました。広場一面のみならず、同会館の一階、二階テラス、3階屋上まで国旗で埋め尽くされる状況となり、周囲を警察官が交通整理に乗り出しておりました。
 
街頭演説会の様子を、こちらでご覧になれます。

中国漁船による海保巡視船への衝突事件流出ビデオ

 尖閣諸島周辺海域で発生した中国漁船による海上保安庁巡視船への衝突事件の状況を収めたとされるビデオが、インターネット上に流出し、動画サイトYou Tubeに投稿されております。
 以下の各URLでご覧になれます。

 以下の3本は、巡視船よなくに(PL63)より撮影された映像です。巡視船側からの警告を受け、漁船が一旦停船している様子、網を引き揚げている様子が描かれております。
 映像の下に出てくる4ケタの数字は、撮影時の時間と思われます。また2/6で、「よなくにが動揺している。」という保安庁職員のものと思われる声がありますが、これは船体の揺れをさしているものと考えられます。また「該船(がいせん)」とは、中国漁船のことを指しております。
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ コピー転載 1/6
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ コピー転載 2/6
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ コピー転載 3/6

 網を上げ、該船は再び前進し、巡視船よなくにの左舷後部に衝突してきます。
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ コピー転載 4/6 よなくに衝突

 巡視船みずき(PS11)から撮影した映像です。よなくにに衝突した後、みずき右舷後尾にぶつけて来ます。
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ コピー転載 5/6 みずき衝突

 巡視船はてるま(PL61)から撮影した映像で、該船がみずきに衝突していく様子が収められております。みずきが衝突を避けるべく取り舵(左ターン)をしているにも関わらず、該船が右側から強引にぶつけている様子がわかります。
尖閣諸島中国漁船衝突事件 流出ビデオ コピー転載  6/6

【亜州連帯】渋谷で街宣活動

 渋谷ハチ公広場にて、頑張れ1日本全国行動委員会、草莽全国地方議員の会による「11.3自由と人権アジア連帯街宣活動」が行われました。 今月6日に日比谷野外音楽堂で開催される「自由と人権アジア連帯集会」についての事前告知活動を兼ねて行われました。

 その様子を、日本文化チャンネル桜の報道番組「桜プロジェクト」にてご覧下さい。

六本木倶楽部設立30周年記念式典

040443_P1040443.jpg 六本木倶楽部設立30周年記念式典が、東京ミッドタウンで開催されました。
 同倶楽部は、六本木町会の青年部を前身とし、その拡大改編組織として商店主などの2世・3世が中心となり、昭和53年に発足しました。現在では、在住者以外でも、六本木で事業や各種活動を行っている人々も、メンバーとして参加しております。
 倶楽部では、30周年を記念してメンバーTシャツを製作する他、三河台公園に植樹を行う予定も立てています(写真は、挨拶を行う下条弘之会長)。

【広報活動】台場駅頭・麻布狸穴遊説

040402_P1040402.jpg 今朝は、ゆりかもめお台場海浜公園駅頭にて、挨拶活動を行いました。

040422_P1040422.jpg 午後から、麻布台・麻布狸穴町にて、自転車遊説活動を実施しました。写真は、子供の頃よく遊んだ狸穴公園の前で撮りました。
 演説内容は、福祉会館に指定管理者導入について、東麻布保育室の運営継続について、そして尖閣事件に対する政府の対応に抗議する意見書を採択したことについてでした。

麻布十番駅頭 保健福祉委員会

040399_P1040399.jpg 今朝は地下鉄麻布十番駅1番口にて、朝の挨拶活動を行いました。

 午後1時30分より、第1委員会室にて、保健福祉常任委員会が開会しました。内容は以下のとおりです。

1  報告事項
 (1) 港区立高齢者集合住宅の入居者選考方法の変更について
 (2) 東麻布保育室(緊急暫定保育施設)の継続について

2 審議事項 
 (1) 請願20第7号 介護職の待遇改善を求める請願
 (2) 請願20第9号 介護に従事する労働者への待遇改善を求める請願
 (3) 請願20第18号 「後期高齢者医療制度実施にともなう区民の負担増に対して軽減策を求める」請願
 (4) 請願21第1号 区民が必要な介護を受けられることを求める請願
 (5) 請願21第6号 一日も早い待機児童の解消を願う請願
 (6) 請願21第11号 港区における障害者等の個人情報に関する請願
 (7) 発案19第10号 保健福祉行政の調査について
 (8) 発案20第2号 港区子どもの人権オンブズパーソン条例
 (9) 発案21第10号 港区高齢者の医療費の助成に関する条例
 (10) 発案22第9号 国民健康保険・国民年金行政の調査について

 まず日程を変更し、審議事項から入り、共産党議員団所属議員より発案の、
 (8) 発案20第2号 港区子どもの人権オンブズパーソン条例
 (9) 発案21第10号 港区高齢者の医療費の助成に関する条例
の二案に関する審議が行われました。
 審議の結果、二案とも本日継続という結論に至りました。

 休憩後、日程を戻し、報告事項が報告されました。
 
 (1) 港区立高齢者集合住宅の入居者選考方法の変更について
 港区高齢者集合住宅では、申込時、1人1つの抽選番号を付与する普通抽選を実施してきました。しかし申込者のアンケート調査の結果、住宅困窮度の高い人と低い人とが混在していることが確認され、住宅の必要性が高い人ができるだけ入居できるよう抽選方法を変更します。

 (2) 東麻布保育室(緊急暫定保育施設)の継続について
 既報のとおり、東麻布保育室の継続を求める請願が、先の第三回定例会にて採択されました。この結果を受け、港区では、当初平成24年3月までであった運営期間を、5年間継続するすることに致しました。
 施設の概要は以下のとおりです。
  名 称  港区東麻布保育室(定員133名)
  所在地  港区東麻布二丁目1番1号
  建物等  旧飯倉小学校1階・2階 延床面積 約1、400㎡
 東麻布保育室は、運営期間を5年間継続し、引き続き認可保育園に準じた運営を行います。定員については、待機児童の動向を見ながら各年齢の定員構成を柔軟に設定します。
 運営は業務委託とし、その期間は運営期間と同じ平成29年3月31日までとする。

 その他の審議事項については本日継続となりました。

麻布生活安全協議会

 第28回麻布地区の生活安全と環境守る協議会が開会されました。

 麻布生安協は、麻布地区の生活安全や環境美化を目指すことを目的に、地区内の町会や商店会、事業者やボランティア団体、それに区・警察・消防といった行政が一堂に会した協議体であります。

 議題として、任期切れに伴う正副会長の改選、今年度の分科会活動状況(生活安全分科会・環境美化分科会)が上げられました。
 正副会長改選については、会長には皆川昌博氏(六本木をきれいにする会 会長)が、副会長には石黒彰(西麻布四丁目南笄町会 会長)が、それぞれ再任されました。
 私は環境美化分科会長として、平成22年度の活動予定と実績、渋谷区の落書き消去活動の視察、打ち水活動への参加、タバコ対策についての検討などについて報告を行いました。

<関連URL>
平成22年4月28日 渋谷センター街で街頭落書き現場視察
平成22年8月10日 麻布支所前で打ち水

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103 

Home > 活動報告

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る