Home > 活動報告

活動報告

神戸から戻りました

 寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲号」(列車番号5032M)に乗って神戸より戻りました。この列車は、「サンライズ瀬戸号」として高松を、また「サンライズ出雲号」として出雲市をそれぞれ出発し、岡山で連結し東京に向かいます。午前0時13分に三宮駅から乗車し、午前7時8分に東京駅に着きました。

21J政277-6541.jpg 昨日は阪神淡路大震災での犠牲者への追悼の後、神戸で先祖の墓参、続いて和歌山で松下幸之助塾主(松下政経塾創設者)の墓参(左写真)をそれぞれ行い、その後再び神戸に戻りました。
 元町通り商店街は、神戸市内有数の商店街の一つです。やけに人通りが少なかったのですが、日曜の夕方ということで仕方が無いのかと思いました。同商店街にあるステーキレストランにぶらっと入り夕食を取りました。店のご主人に人通りが少ないことを尋ねると、「日曜の夕方と言うことではなく、普段から人通りが少ない。特に震災後は顕著だ。」という答えが返ってきました。叔母が生前本町で画廊を開いていた関係で、東京の人間でありながら、子供の頃から元町の活気には慣れているつもりだっただけにショックでした。震災から15年、右の写真の夜景にもあるとおり、確かに見える場所は復興しているのかもしれませんが、見えないところはまだまだであり、改めて神戸の現実を思い知らされました。

21J政277-6577.jpg 私が自分の身分を明かすと、「民主党政権になってから、景気はもっと悪化している。国会では政治とカネの話ばかりだが、まずは景気を建て直してほしい。」とも言われました。ご主人は続けて、「欧州では消費税を上げないようにして、消費を拡大している。金持ちには不利かもしれないが、まずは中流以下の人々がお金を使い易くすることが景気回復につながると思う。」さらに「今の教育も良くない。戦後日本の教育を悪くしたのは日教組だ。」とまで訴えたことが心に残りました。

 東京駅から自宅に戻り、小休止の後、東京メトロ南北線六本木一丁目2番口にて、駅頭挨拶活動を行いました。

阪神淡路大震災から15年

 阪神淡路大震災で亡くなられた皆様、またハイチの大地震で亡くなられた皆様に心より哀悼の意を表します。

 今日で、あの震災から15年が経過しました。当時私は、国際救援組織である日本国際救援行動委員会のスタッフとして、佐々淳行理事長(元内閣安全保障室長)の指揮の元、アメリカからの対日援助物資の受け取りと神戸への搬送のために、関西国際空港で活動を進めておりました。当初は、海上自衛隊の艦船を使用して、関空から神戸港に運ぶ予定でしたが、港湾労組の反対により、海上保安庁のヘリコプターと巡視艇に積み替えて搬出しました。

 その後仲間達と神戸市内に移動し、阪急西ノ宮北口駅で一旦単独で別れ、親族の捜索に当たりました。母が神戸の出身であることから親戚の多くが被災地に住んでおりました。避難所に逃げていた親戚一同の無事を確認した後、仲間たちが先行して活動していた神戸市立本山南小学校避難所に合流しました。この時JR神戸線が西ノ宮駅まで部分開通しており、そこから国道2号線を歩いて西ノ宮、芦屋、そして神戸市東灘区と進み、同避難所にに入りました。辺り一面倒壊した建物ばかりで、それらが歩道にせり出し、やむなく車道を歩きましたが、真横を自衛隊や警察、消防などの緊急車両が走り、上空には数多くのヘリが飛んでいたことを覚えております。
 同避難所にはおよそ1500人ぐらいだったかと記憶しておりますが、被災者の皆さんが収容され、全国から集まったボランティアが毎日30名ほど活動しておりました。混乱が増大する中、誰かがリーダーシップを執らなければならなくなり、どういうわけかその役を私が担うことになりました。
 避難所本部を組織化し、本部長に住民代表者、その下に私が事務局長に就きました。そしてその元に、援助物資などモノを担当する「物資部」、被災者などヒトを担当する「住民部」、そして避難所自体の運営やボランティア自体の管理を担当する「企画総務部」を設置し、それぞれ部長を任命しました。各部には、毛布係長、食品係長、名簿係長、よろず相談係長、総務係長などを置き、それらの係長に現場の指揮権を委ねる事業部制を敷きました。各係は原則係長一人ですが、例えば大量の食料が運び入れられる時には、他の係長やスタッフが全員食料係長の指揮下に入り行動するなどのプロジェクトチームの要素を取り入れました。

 震災の環境下では様々なことが起きました。ある瞬間突然住民が一箇所に集められ、不自由な生活を強いられる、トラブルが起きないはずがありません。体育館の床に敷く畳一枚の取り合いをめぐり高齢者同士が喧嘩を始めるケースもありました。動物愛護法の無い当時において、ペットの受け入れについて様々な意見がありました。避難所が学校ということもあり、学校機能の復旧と避難所機能の充実化の板ばさみになり、ノイローゼを起こしそうになった教職員もいました。活動のあり方をめぐりボランティア同士がぶつかったり、応援に来た神戸市職員が非難の的になったこともありました。「現下の状況は、我々の能力を超えた所にあります。」と素直に話して下さった自衛隊指揮官の言葉に、現実の困難さを再認識したこともありました。

 今思えば、住民、ボランティア、学校、警察・消防・自治体などの行政そして、自衛隊などの皆さんが協力し合い、震災直後の"無政府状態"をよく耐えたと思います。本当に皆さんは、すばらしい方々でした。
 その中で自分自身はどうであったのかと思うことがあります。自分にはそれまで絶対に起こり得ないと思っていたPTSD(心的外傷後ストレス症候群)を、軽いレベルであったかと思いますが、初めて感じました。震災から8ヵ月後、港区の防災訓練に麻布消防団員として参加致しましたが、作り物と分かっていながら、倒壊家屋などを見た瞬間に、その場にいることを拒絶するような、命令を受けても何も動きたくないような感覚に襲われました。この感覚は一年ほど続きました。

 様々なことがありましたが、当時の経験は、その後の中越地震、中越沖地震における救援活動、そして麻布小地区防災協議会による震災マニュアル作りに生かすことが出来ました。
 一方当時活動を共にしたボランティアや住民の皆さんと、今でも毎年この時期になると、炊き出し同窓会や再会の集いが行われております。私も今大阪でこの記事を書いております。
 今日は犠牲者を追悼したいと思います。

赤坂青山地域活動報告会/石川知裕容疑者逮捕

21J地271-6513.jpg 港区役所赤坂地区総合支所管内の地域活動についての報告会が、フロラシオン青山で開催され、赤坂や青山の地域団体、行政、議会関係者が参加致しました。
 報告会では、プロジェクターを使い、区民参画・協働の体制、タウンミーティング、防災や清掃などの地域事業、ワークショップなどについて活動報告が行われました。
 私は民主党内では六本木・麻布地区担当の議員ですが、隣接する赤坂・青山地区の皆さんの活動を知ることで勉強になりました。
 報告会が終わり懇親会が開催されましたが、私は阪神・淡路大震災15周年関連行事のため中座し、神戸に向かいました。

<関連URL>

 ところで、東京地検特捜部は昨夜、政治資金規正法違反(不記載)容疑で、小沢一郎幹事長の元私設秘書で当時陸山会の会計事務担当だった民主党衆院議員、石川知裕容疑者(民主党衆院議員 海道11区)を逮捕しました。
 民主党員として無念さを隠せません。私の考えは13日のブログ記事(http://herumi.jp/giin/post_270.php)に掲載されているとおりですが、今後捜査が進み、裁判が行われることになると思いますので、それらを見守りたいと思います。
 同時に党首脳は、事実関係について党員にそして国民に理解を得る説明を行うべきであります。これまで私は、港区議会議員であると共に、党港区支部副幹事長という立場にもあることから、一連の事件についての発言は慎重に行って来たつもりであります。しかしことこの事態に至っては、そのような姿勢は許されなくなって来たかと思います。
 党本部に対しては、本件に関する説明を要求します。

都税事務所訪問/六本木商店街振興組合新年会

21J議275-6463.jpg 麻布台三丁目に東京都港都税事務所が新設され、午後から地元麻ノ葉町会の一員として所内を見学しました。同事務所は、以前三田の札の辻交差点脇にありましたが、このほど現在地に移転して参りました。私が少年時代は、お蕎麦屋さんがあったところで、外苑東通りを挟んで日本郵政公社飯倉分館が在ります。
 所内組織として、管理業務を担当する総務課、土地家屋の評価などを担当する固定資産評価課、固定資産税の課税などを担当する固定資産税課、軽油引取税や都たばこ税などを担当する事業税課、法人事業税などを担当する法人事業税課、徴収を行う徴収課から構成されます。
 各部署に分かれておりますが、上の写真のとおり、納税・評価証明書等の発行・法人事業税や都民税の申告などが、一階の簡易受付コーナーで一括して行われ、利用者には便利な仕組みとなってすくみとなっております。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


 夕方からANAインターコンチネンタルホテルにて、六本木商店街振興組合の新年賀詞会が開催されました。
 新年会に先立ち、六本木デザイナーズフラッグコンテストの表彰式が行われました(写真)。今年これらのフラッグが、六本木の街路を飾ることになります。
21J議275-6484.jpg 六本木は日本有数の繁華街であり、また国際的にも認知度の高い地区です。国内のみならず海外からも多くの来街者が来る場所です。路上客引きや薬物取引などの問題も目にしますが、この街で育った者として、責任感を持って守って参りたいと思います。
 後藤譲同組合理事長の挨拶の後、谷口光一六本木町会長のご発声による乾杯で懇親会が始まりました。

広島へ出張(13日)

21J政272-6368.jpg 松下政経塾地方議員の会の事前協議の為に、昨日広島に行きました。
 同会は来週神戸で総会を開催する予定ですが、私は地元行事と日程が重複するため出席出来ず、総会の議題の中で、自分が担当する項目について調整する必要が出て来たため、中原好治同会会長(政経塾7期生 現広島県議会議員)、森本真治会員(政経塾18期生 現広島市議会議員)と協議を行いました。
 打ち合わせのためだけに広島入りでは、時間的にもったいないので、会議までの時間、区議会総務副委員長として平和行政及び交通行政に関わる現場を視察することに致しました。
 当日は午前6時55分羽田空港(HND)発日本航空1601便(JL1601)に搭乗しました。到着地の広島空港(HIJ)には8時25分に着陸する予定でしたが、広島では珍しい降雪により管制塔から着陸許可が下りず、暫し空港上空を旋回し、20分遅れの到着となりました。21J政272-6362.jpg
 広島市内に入ると雪は止んでおり、広島電鉄(通称:広電)に乗り、原爆ドーム、爆心地、広島平和記念公園、広島平和記念資料館と順に周りました。移動手段に活用した広電は、全国各地で廃線となった路面電車の車両が集められ運行されていることで有名ですが、最近は環境問題や高齢化問題を配慮して、低床型の新型車両も導入されています。
 原爆ドーム(旧産奨励館)に訪れた人も多いでしょうが、以外に爆心地のことは、あまり知られておりません。米軍は原爆ドームの傍に在り、上空から見るとT字型に見える相生橋を標的に原爆を投下しましたが、ややン逸れて炸裂しました。その場所が爆心地です。以外にもそこには慰霊碑などは無く、有料駐車場が在るだけでした。21J政272-6371.jpg爆発は地上ではなく、上空500メートルで起きたことから爆心地を細かく断定することは難しいことかもしれないと、中原県議よりうかがいました。
 広島平和記念資料館を10年ぶりに訪問し、展示内容を拝見しましたが、率直な感想として、アメリカよ、よくも民間地に核爆弾を落としたな、と思いました。当時「リメンバー・パールハーバー」と彼らは言いましたが、パールハーバー、真珠湾における我が軍の攻撃対象は、あくまで軍事施設であります。住宅地ではありませんでした。イラクでもユーゴスラビアでも、アメリカ軍は民間地や医療施設に爆弾を落とし、後から誤爆であったと発表しました。その真偽は定かではないですが、広島にいる限り、軍人でも民間人でも敵は敵として攻撃する国であるようです、アメリカは。私は政策的判断として、日米同盟の必要性は認める立場ですが、アメリカが歴史上何をしてきた国であるのか、どのような国民性であるのか、我が国政府そして国民は、きちんと理解した上でつきあった方が良いかと思います。
 もっとも同館の資料によると、原爆開発当時、これを日本人に対して使用することについて反対の声明を出していた科学者達がアメリカにいたことは、せめてもの救いかもしれません。
 原爆ドーム近くにある桟橋から船に乗り、宮島に向かい、厳島神社を参拝しました。

<関連URL>
松下政経塾 http://www.mskj.or.jp/
中原好治ホームページ http://www.nakahara.gr.jp/
元気もりもりNet http://www.morimori.net/
広島平和記念資料館WEB SITE http://www.pcf.city.hiroshima.jp/


本日の強制捜査について

 本日は出張で広島に来ております。この事については明日改めてご報告致します。

 我が党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が、平成16年に世田谷区内に購入した土地の取引について、当時小沢議員の秘書で会計事務担当であった石川知裕衆議院議員が、政治資金収支報告書に、土地購入に際しての原資4億円を記載していなかったとの疑いにより、東京地方検察庁特別捜査部が、政治資金規正法違反容疑で、陸山会事務所、小沢議員の個人事務所、鹿島本社などに対する強制捜査に踏み切りました。

 容疑の事実関係については検察が解明することになりますが、一民主党員として、これまで民主党と山本へるみにご支援頂きました皆さん、区民の皆さんにお詫びを申し上げなければなりません。
 政治家は結果が全てですから、容疑の審議は別として、結果的に国民の皆さんに無用なご心配をおかけしたこと、また自分が事件の当事者でないにせよ、所属党員として全くの傍観者の素振りは許されないのであります。
 もっとはっきり言えば、党本部の国会議員がしっかりしてもらわないと、我々末端の議員、党員が大いに困るのであります。これまでもこのブログに書いたことがありますが、自民党初め既存体制の不備を質すのであれば、それ以上のモラルを我々の側が求められるのであります。つまり説明責任を果たしているのか否かであります。いくら果たしていると言っても、聞き手である国民の皆さんに伝わらなければ、果たしているとは言い切れないのであります。
 その上で同時に言いたいことは、一方で検察は今言われている容疑だけで、本当に立件が出来るのか否か、この点については正直疑問も残ります。

 いずれにしても、私は民主党所属の地方議員であり、これまでも港区から日本を変えるための国民運動にも参加して参りました。民主党員である前に日本国民であるとの思いに基づき、国民目線を持った姿勢は、今後も守り続けて参りたいと思います。


シーシェパードの妨害を許すな!

 ここのところ、日本の調査捕鯨活動に対して、反捕鯨団体シー・シェパードによる過激な妨害が目立ってきておりますが、日本国民としては強い憤りを感じます。捕鯨は日本の食文化であり、言論であるならともかく、威力を用いての妨害活動は、明らかに我が国の食生活に対する攻撃と言わざるを得ません。
 欧米人は牛や豚を殺してステーキにして食べます。中国では犬を食用にしている地域が在ると聞きます。犬を殺すことに個人としては抵抗が有りますが、彼らの食文化であるのであれば仕方ありません。
 アメリカ人は、確かに牛を殺すが一方で育ててもいると言います。それを言うなら、捕鯨をしても自然の生態系により鯨は新たに生まれていましたし、捕鯨が減ることで、鯨が逆に増え、他の魚を食べる量も増え、結果的に全体の魚類の生態系自体に悪影響が出ています。日本政府は、IWC(国際捕鯨委員会)など国際的な協議の場で、これらの状況をデータで示し主張しているにも関わらず、反捕鯨国は感情論だけで捕鯨に反対している始末です。
 過去60年以上に渡り、我が国は一部の領土を不法占拠され、多数の国民が拉致されて来ましたが、この上食生活にまで攻撃を加えて来る今日の状況を、このまま許していいのでしょうか?
 以下新聞記事の転載です。

◆捕鯨監視船と衝突 シー・シェパードの妨害激化
 2010年1月7日(木)8時0分配信 産経新聞
 水産庁は6日、日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」と環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体シー・シェパード(SS)の抗議船「アディ・ギル号」が南極海で衝突したと発表した。捕鯨船団は同日未明からア号ともう1隻の抗議船「ボブ・バーカー号」から妨害活動を受けており、衝突は妨害の最中に起きたという。昭南丸の船体に大きな損傷はなく、乗組員にもけがはなかった。ア号は船首部分が大破したが、乗組員らはボ号に救助された。
 水産庁によると、ア号は同日午後0時半(日本時間)ごろ、昭南丸に異常接近し、前方を右側から左側へと横切ろうとしたうえ、途中で急に減速した。そのため昭南丸は避けきれずに衝突したという。
 衝突前に、昭南丸はア号に対して接近を阻止するため、放水を行ったり、音響装置などで警告を行った。これに対して、SS側は「ア号は静止していたのに、突然衝突された。日本側は救助もしてくれなかった」と主張している。
 水産庁によると、6日の捕鯨妨害は午前3時ごろから行われていた。ボ号が捕鯨母船「日新丸」に接近し追跡を始め、さらに、ア号も接近。約2時間にわたって、異臭がする薬品入りのボールを発射装置を使って発射したほか、目に当たると失明の恐れがあるとされるレーザー光線の照射などを行った。
 今シーズンの捕鯨船団は昨年11月に日本を出航。これまでに数回にわたって妨害行為を受けている。
 政府は6日、ア号などの船籍国のニュージーランドと寄港地のオーストラリアに対し、取り締まりなどの措置を取るよう申し入れた。農林水産省も今回の衝突について、「危険な妨害行為が招いた結果であり、遺憾」とする声明を出した。

【用語解説】シー・シェパード
 過激な行動で知られる環境団体「グリーンピース」から1977年に分派して設立された。海洋生物保護を訴えているが、アイスランドの捕鯨船を沈没させるなどしてきた。「エコ・テロリスト」とも呼ばれ、国際捕鯨委員会(IWC)は名指しで行動を非難する声明を出している。
◆シー・シェパード船衝突、NZ政府に抗議
2010年1月7日(木)12時49分配信 読売新聞
 平野官房長官は7日午前の記者会見で、反捕鯨団体シー・シェパードの小型高速船が南極海で日本の調査捕鯨船団の監視船に衝突した事故について、「極めて遺憾だ」と語り、日本政府として小型高速船の船籍のあるニュージーランド政府に抗議したことを明らかにした。
◆シー・シェパード 抗議船が沈没 世界最速ボート転用
1月8日12時22分配信 毎日新聞
【ジャカルタ支局】
 反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)は7日、日本の調査捕鯨船と衝突、大破した抗議船「アディ・ギル号」が沈没したことをウェブサイト上で明らかにした。SSの別の船がえい航作業中だった。

【写真で見る衝突の様子】調査捕鯨:調査船と抗議船が衝突
http://video.mainichi.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48227968/48227968peevee291545.flv

 アディ・ギル号は三胴型の高速ボート。08年4~6月には、「アースレース号」の名前で、それまでの記録を一気に2週間短縮する、発動機艇の世界一周最速記録(61日間)をスペイン発着コースで打ち立てた。
 AP通信などによると、全長約24メートルで、船体は炭素繊維などでできており、最大速度は50ノット(時速約93キロ)。化石燃料の代替のバイオディーゼル燃料を使用するという。
 船長のニュージーランド人男性らが04年ごろ、バイオ燃料の啓発などを目的に、世界記録更新を目指して建造を企画した。記録更新後、SSの抗議船として利用されることになり、SSは昨年10月、「同船獲得を支援した(資金)寄付者」(SSウェブサイト)の米国の実業家の名前に"改名"した。SSは、黒に塗り替えられ「ステルス爆撃機に似た」(AP通信)外観となったアディ・ギル号を、同12月から、日本の捕鯨活動の阻止行動に用いると発表していた。

成人式/外国人参政権反対遊説(渋谷・横浜)

 午前11時より、渋谷駅前ハチ公広場で開催された草莽全国地方議員の会(超党派)主催による外国人参政権反対遊説に参加しました。遊説活動は午後から横浜駅前に移動して行うことになっておりましたが、私は港区の成人式に来賓として招かれていたため、一旦隊列を離れ地元に戻りました。
21J議他269-6342.jpg 「成人の日 記念のつどい」に出席致しました。
 成人式については、一年前も掲載致しましたが(http://herumi.jp/giin/post_46.php)、一部成人による騒ぎ等で、式典の運営に支障が出るなどの事態が各地で起きており、今年も関連ニュースが続きました。港区も一昨年まで、狼藉(ろうぜき)を働く成人こそいませんでしたが、式典中私語を慎まない人が多く、早速議会で取り上げ改善を区に求めました。
 その結果昨年からは行政の皆さん、実行委員に参加された新成人の皆さんの努力が実り、折り目けじめが在る、かつ和やかな雰囲気の式典になっております。
 式典は二部構成となり、第一部は港区長など来賓によるスピーチを厳粛に聞く時間、第二部では旧友との再会を楽しむための歓談の時間となっております。一部と二部の間は、会場の模様替えを行うために、一旦新成人に移動してもらい、その間に一部で使用した椅子を撤去し新たに丸テーブルを運び入れ、再び新成人を会場に招き入れる仕組みを取っております。
21J議他269-6347.jpg 一見手間がかかるようなプロセスにも見えますが、全員が次の目的のためお互い協力し合い動くことを、成人になってすぐに体感することは、意味のあることだと思います。
 新成人の皆さんおめでとうございました。

 式典終了後、横浜に向かい、横浜駅西口で行われた外国人参政権反対遊説に再び合流致しました。

 神奈川県民の皆さんに訴えました。

  • 私は民主党員である前に日本の国民であること。
  • 国民として国益を第一に考える責務があること。
  • 外国人参政権反対は外国人差別には当たらないこと。
  • どんな国会議員でも、選挙区内に地方議員を多く擁さなければ活動ができず、地方参政権とはいえ国政に多大な影響を与えること。
  • 「将を射るには馬を射ろ」の諺どおり、国(将)を倒すなら、都道府県議会議員(馬)や市区町村議会議員(馬の足)を押さえれば可能となること。

 なお当日の遊説の様子を動画サイトYou Tubeで見ることが出来ます。
http://www.youtube.com/watch?v=fTw3L-ClNtI

港区新年あいさつ交歓会

21J政273-6285.jpg 港区新年あいさつ交歓会が、東京プリンスホテルで開催され、町会などの地域団体、商店会などの産業団体、PTAなどの教育団体、港区行政それに区議会関係者が一同に会しました(写真:壇上は武井雅昭港区長)。

駅頭活動再開

21J政267-6277.jpg 新年に入り、本日より朝の駅頭活動「朝風」を再開致しました。
 今日の現場は東京メトロ南北線六本木一丁目駅2番口です。都合により火曜日実施となりましたが、以降従来どおり隔週で月曜日の朝8時より9時まで挨拶を行っております。区政にご要望がございましたら、お気軽にお声掛け願います。

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103 

Home > 活動報告

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る