Home > 活動報告

活動報告

六本木パトロール

0910274360.jpg 六本木安全安心パトロール隊の活動に、久しぶりに参加しました。今年に入り、都議選、衆院選、区議会定例会と続き、中々参加する機会を失していたのですが、やはり現場は重要です。様々新たな課題を目にしました。
 道路整備が終わったばかりの芋洗坂では、ごみの不法投棄が目に付きました。最近はごみを出す方も巧妙で、レシートや納入品記録などが見つからないようにしています。また民間のごみ回収業者も、以前は業者名の入ったごみ袋を使用していましたが、最近は市販の物を使っています。
 今後の区政において、これらの問題解決に取り掛かりたいと思います。

街頭監視(19日)

 外苑東通り路上における街頭落書きの実態把握のため、監視活動を昨日行いました。今回は麻布台から六本木交差点までのエリアです。近日これら被害個所の消去活動を行います。

麻布台3丁目における街頭落書き被害個所
0910274181.jpg

原口総務大臣を訪問

0910224245.jpg 松下政経塾地方議員の会の一員として、原口一博総務大臣を訪問しました。

 大臣は松下政経塾4期生で、2年前の私の選挙の折、応援弁士として個人演説会に来て頂きました。

 大臣からは、

  • 国家経営のガバナンスを構築していかなければならない
  • 松下幸之助の言にあるとおり、政治を正さなければ日本は良くならない
  • 民主主義は、政治家に何かしてもらおうではなく、個人の責任を要請するものであること
  • 政治の世界の常識を常識として行動するな
  • 政治や地域の再編のカギは人であること

などのお話をうかがいました。

 お話の後、各出席議員から意見や質問などを受けたいとの大臣の意向で、各々質問や意見が出されました。私からは、破綻が確実視されている地方議員年金制度に税金がつぎ込まれている問題、また地域主権を進める上での特別区制度のあり方について意見を述べさせて頂きました。

 鳩山内閣で、松下政経塾出身の閣僚には、他に前原誠司国土交通大臣(8期生)、武正公一外務副大臣(5期生)、福山哲郎外務副大臣(11期生)、野田佳彦財務副大臣(1期生)、長浜博行厚生労働副大臣(2期生)、山井和則厚生労働政務官(7期生)、三日月大造国土交通政務官(23期生)が就任しております。

=======================================

0910224180.jpg 本日朝、東京メトロ南北線六本木1丁目駅2番口にて駅頭活動を行いました。

明治大学ホームカミングデー

0910223175.jpg 第12回明治大学ホームカミングデーに参加しました。明治大学を卒業して10年、20年、30年、40年、50年目のOBOGが招待されました。私は平成元年、1989年の卒業で、今年で20年目となります。久しぶりに同級生に再開することが出来た一方、先週大学付属の中野中学からの同級生が急死するという出来事もありました。今思うとこの20年はあっという間の時間であったかと思います。時の流れの速さを感じつつも、これからの20年、30年を日々充実させて生きていきたいと思います。

東京国際映画祭

 第22回東京国際映画祭が、今月17日から25日まで、六本木ヒルズで開催されています。

 けやき坂には、エコをテーマにしたグリーンカーペットが敷かれました。私は芸能人ではないので、ここを歩くことはありませんが、同映画祭オープニング作品「オーシャンズ」の、世界最速のワールドプレミア上映への招待を受けました。

2110203162.jpg フランスの映画で、ジャック・ペランとジャック・クルーゾー両監督による作品で、海洋の中での生き物の様子が描かれています。今回は世界初公開なので日本語の字幕が付きましたが、来年1月の日本公開では、宮沢りえさんのナレーションが吹き込まれるとのことでした。

 ところで、上映前の挨拶で、鳩山首相が友愛について言及しておりましたが、映画の中で海洋生物同士の弱肉強食の様子が描かれており、私の後ろに座っていた観客が、「全然友愛じゃないじゃん。」とこぼしていました。そのとおりで、実は国際社会も、まさに弱肉強食の世界です。日本を外敵から守る必要を併せて痛感しました。

※東京国際映画祭ホームページ http://www.tiff-jp.net/ja/
※映画「オーシャンズ」ホームページ http://oceans.gaga.ne.jp/

区政座談会を開催

 区政座談会を、六本木にある松下政経塾東京事務所で開催致しました。

 座談会はミニ集会の形式をとり、初めに私から議会の概要、先週閉会した第三回定例会の内容、平成20年度決算、そして区民の皆さんから受け付けた要望事項について、それぞれ報告を行いました。

 その後出席者の皆さんより質問、意見、そして次の議会への要望などを伺いました。皆さんのご関心が特に多かった事項が、税金の使われ方、地域産業の育成でありました。20年度決算で不用額(使われなかった税金の額)が増えていることへの疑問、また現行の入札制度で地元企業よりも低価格の区外企業が落札している現状などへの不満をうかがい、今後一層の是正を進めていかなければならないと思いました。

 また会議中、海江田万里衆議院議員が、突然参加されるという"ハプニング"もありました。

しおかぜ公園でバーべキューパーティー

2110203123.jpg 東京都理容生活衛生同業組合みなと支部青年部主催によるバーベキューパーティーに参加致しました。会場は台場に近くのしおかぜ公園。この公園は、実は港区ではなく品川区のエリアに属します。

 支部の皆さんが調理した料理は大変美味しく、また天候にも恵まれ楽しいひと時でありました。

港区民まつり

 増上寺並びに芝公園一帯で開催された港区民祭りに参加しました。

 これまでほぼ毎年、献血推進ボランティアとして麻布法人会のブースに立っておりましたが、今年は法人会から港区産業団体連合会に献血事業が移りました。また日頃応援頂いている日本会議東京都港支部が、新たにブースを立ち上げることになり、こちらでは子供達を対象に、世界の国旗当てクイズが開催されておりました。

 献血では、70人の方が来訪され、55人方から献血にご協力頂きました。2110163077.jpg
 また国旗クイズでは、クイズに答えた子供達にプレゼントする日の丸の小旗400本が、あっという間に無くなり、世界の国々に対する子供の関心の高さを感じました。2110163090.jpg

追悼 中川昭一元財務・金融大臣ご逝去

 今月4日、中川昭一元財務・金融相ご逝去の報に触れました。心より哀悼の意を表します。
 この日は、朝から拉致被害者支援組織「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(通称:救う会)」の幹事会が都内で開かれ、拉致被害者家族も同席していたところに一報が入り、一同で黙祷を捧げました。
 翌5日に開かれた区議会決算特別委員会での質疑で、私は質問の冒頭で哀悼の意を表明しました。私は民主党議員ですが、不思議なことに中川元大臣と同じ自民党の議員からは、誰もお悔やみを述べた方はおりませんでした。

 中川氏は、かって拉致議連の会長を務められておりました。初めてご挨拶した際、私の名刺をご覧になって、「ほう、あなたは政経塾の出身?政経塾の皆さんには、日本のために頑張ってもらわなければいけませんね。」と言われたことを覚えております。その後何度か会食の機会が有りましたが、紳士的な雰囲気の方で、いわゆる"もうろう会見"のような状態に遭遇したことはありませんでした。
 平成14年(2002年)の10月15日、帰国する5人の拉致被害者を羽田空港での出迎えました。この時、北朝鮮側から二人の随行員、実態は監視員ですが、彼らも同じ飛行機に同乗しておりました。5人が降りた後、空港内の控室で、拉致議連のメンバーで民主党の西村慎吾衆議院議員(当時)が、「おい。あおの監視役の連中はどないしとんのや。」と尋ねられ、私が「まだ機内に居るようです」と答えると、突然立ち上がり「あいつらがタラップ降りてきたところをだな、ガン飛ばしに行くぞ!」と言って部屋を出て行こうとされました。これに当時自由党の小池百合子議員が「私も行く!!」と立ち上がり、さらに民主党の松原仁議員も「そういうことなら、俺も行くぞ!」と続き、最後自民党の中川会長だけが、一人ポツンと取り残されそうな状態になりました。私が「中川先生、どうされますか?」と尋ねると。「それなら私も。」と言われ、一同タラップの下まで進みました。
 果たして監視役が降りてくるや、議連の秘書団がデジカメを構え顔写真にを撮り、さらに銀や支援者から様々野次が飛びました。私も「ここは法治国家だ。この国で好き勝手なことはさせねえからな!」と叫んだことを覚えております。彼らは憮然とし表情で、迎えのマイクロバスに乗って行きました。この時撮影した顔写真は、夕方のニュース番組で公開されました。

 56歳とは、早すぎる死です。日本の保守政治再生の要でもあった方です。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

定例会最終日 インフルエンザ対応の補正予算など可決

 午後1時より本会議が開会されました。
 本日新たに、
議案第89号 平成21年度港区一般会計補正予算(第4号)
が提出されたため、総務常任委員会への付託が決まり、一旦本会議は休憩となりました。
(新型インフルエンザ対応のための補正予算案です。詳細は後日ご報告致します)

 総務常任委員会で同議案に関する審議が行われ、全会派一致で可決されました。その後本会議で行う委員長報告の案文を確認するため、各常任委員会及び各特別委員会が相次いで開かれました。

 本会議が再開され、各常任・特別委員長による委員長報告が行われ、議案及び請願に関する採決が行われました。採決の結果は以下のとおりです。

<全会一致で可決された議案>
議案第72号 港区総合支所及び部の設置等に関する条例の一部を改正する条例
議案第73号 財団法人港区勤労者サービス公社に対する助成に関する条例を廃止する条例
議案第74号 港区立児童遊園条例の一部を改正する条例
議案第75号 港区立公共駐車場条例の一部を改正する条例 
議案第76号 平成21年度港区一般会計補正予算(第3号)
議案第77号 平成21年度港区介護保険会計補正予算(第1号)
議案第83号 工事請負契約の承認について(港区立特別養護老人ホーム白金の森大規模改修工事)
議案第84号 工事等請負契約の承認について(港南三・四丁目地区電線共同溝等整備事業に係る工事)
議案第85号 物品の購入について(港南小学校ちゅう房機器)
議案第86号 訴えの提起について
議案第87号 訴えの提起について
議案第88号 訴えの提起について
議案第89号 平成21年度港区一般会計補正予算(第4号)

<賛成多数で可決された議案>
議案第78号 平成20年度港区一般会計歳入歳出決算
議案第79号 平成20年度港区国民健康保険事業会計歳入歳出決算
議案第80号 平成20年度港区老人保健医療会計歳入歳出決算
議案第81号 平成20年度港区後期高齢者医療会計歳入歳出決算
議案第82号 平成20年度港区介護保険会計歳入歳出決算

<全会一致で採択された請願>
請願21第 4号 障がい者通所施設への助成拡大に関する請願※
請願21第 7号 学童クラブの障害児受け入れ年齢延長に関する請願
請願21第 8号 一日外出および宿泊訓練費の補助に関する請願
請願21第10号 私立幼稚園保護者の教育費負担軽減に関する請願
※前回定例会からの継続審議となっていた請願

<全会一致で可決された発案>
発案21第11号 平成21年度補正予算の適正な執行を求める意見書
発案21第12号 新型インフルエンザ対策の抜本的強化を求める意見書

<継続審議となった発案>
発案21第10号 港区高齢者の医療費の助成に関する条例

 以上をもって、平成21年第三回定例会は閉会致しました。

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103 

Home > 活動報告

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る