Home > 活動報告

活動報告

総務常任委員会が開会

 本日総務常任委員会が開会しました。議題は以下のとおりです。
(1)報告事項
 ①平成21年第3回港区議会定例会提出予定案件について
 ②平成22年度組織改正(案)について
 ③土地の購入について(三田二丁目)
(2)審議事項
 ①付託案件について

 質疑の内容については、議事録が出来次第掲載致します。なお慣例により、正副委員長は原則として質疑を行わないこととなっており、今後も副委員長である私が質問を行う予定はありません。

 今定例会における提出予定案件については、昨日の記事をご参照願います。その中で、総務常任委員会が所管する議案は以下のとおりです。
議案第72号 港区総合支所及び部の設置等に関する条例の一部を改正する条例
議案第76号 平成21年度港区一般会計補正予算(第3号)
議案第77号 平成21年度港区介護保険会計補正予算(第1号)
議案第83号 工事請負契約の承認について(港区立特別養護老人ホーム白金の森大規模改修工事)
議案第84号 工事等請負契約の承認について(港南三・四丁目地区電線共同溝等整備事業に係る工事)
議案第85号 物品の購入について(港南小学校ちゅう房機器)

 また議案第83号に関連して白金の森、議案第84号に関連して港南三・四丁目と隣接している補助123号線(9/13に供用開始)を視察することが決まりました。

議案説明・編集委員会・行財政等対策特別委委員会

 平成21年第3回港区議会定例会が、今月16日から来月9日まで開会します。同定例会の初日に行われる本会議にて、所属会派フォーラム民主を代表して代表質問に立ちます。

 本日午前10時30分より行政から技官説明を受けました。今定例会における提出予定案件は以下のとおりです。
議案第72号 港区総合支所及び部の設置等に関する条例の一部を改正する条例
議案第73号 財団法人港区勤労者サービス公社に対する助成に関する条例を廃止する条例
議案第74号 港区立児童遊園条例の一部を改正する条例
議案第75号 港区立公共駐車場条例の一部を改正する条例 
議案第76号 平成21年度港区一般会計補正予算(第3号)
議案第77号 平成21年度港区介護保険会計補正予算(第1号)
議案第78号 平成20年度港区一般会計歳入歳出決算
議案第79号 平成20年度港区国民健康保険事業会計歳入歳出決算
議案第80号 平成20年度港区老人保健医療会計歳入歳出決算
議案第81号 平成20年度港区後期高齢者医療会計歳入歳出決算
議案第82号 平成20年度港区介護保険会計歳入歳出決算
議案第83号 工事請負契約の承認について(港区立特別養護老人ホーム白金の森大規模改修工事)
議案第84号 工事等請負契約の承認について(港南三・四丁目地区電線共同溝等整備事業に係る工事)
議案第85号 物品の購入について(港南小学校ちゅう房機器)
議案第86号 訴えの提起について
議案第87号 訴えの提起について
議案第88号 訴えの提起について

 以上議案17件です。内訳ですが、条例の一部改正3件、条例の廃止1件、補正予算2件、決算5件、工事請負契約の承認1件、工事等委託契約の承認1件、物品の購入1件、訴えの提起3件となっております。


 午前11時より区議会だより編集委員会が開かれました。編集委員会は区議会だよりの編集を行う委員会で、各会派から一名ずつ参加しており、フォーラム民主からは私が参加しております。 今回の議題です。
(1)区議会だより記載方法の変更提案について(委員会の活動記録について)
(2)区議会会議録検索システムの公開に関わる個人情報について
(3)その他


 午後1時30分から行財政等対策特別委員会が開会されました。 
 今回の議題は以下のとおりです。
(1)報告事項
 ①平成21年度溶く財政調整区別算定結果(港区)について
 ②平成22年度財調に向けた大枠の方向性等について
(2)審議事項
 ①付託案件について

 質疑内容については、議事録が出来次第掲載致します。

外国人労働者適正雇用講習会

 麻布区民センターデ開催された外国人労働者適正雇用講習会に参加致しました。
 国内で発生する外国人犯罪は近年減少傾向にありますが、不法滞在外国人の8割が不法就労者であるといわれております。外国人を適正に雇用することで、犯罪の温床を無くしていこうと言うのが今回の講習会の目的です。
 講習会では、警察、入管、厚労省、東京都の各担当者が講演しました。中でも外国人登録証明書の内容を正しく理解しておくことが重要かと思いました。

 以下は当日会場で配布された資料の一つ、外国人労働者雇用マニュアル(東京都発行)からの引用です。
①外国人登録証明書の有無を確認
 原則として、日本に90日以上滞在する外国人は、外国人登録証明書を所持しています。また在留資格の欄に「在留の資格なし」のカードを提示する者は雇用することはできません。
②在留期限を確認
 在留期限の日付が既に経過している者は雇用することはできません。
 ※更新(延長)した場合は、裏面に記載されます。
③在留資格を確認
 在留資格「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」は活動の制限が無いので雇用できます。
④活動内容を確認
 就労が認められる16種類の在留資格は、活動の内容が特定されており、それ以外の仕事には従事できません。
⑤資格外活動許可書を確認
 就労が認められていない在留資格で資格外活動の許可を受けていない者は雇用することはできませんが、留学生などが資格外活動許可を受けた場合、風俗関係など一部の職種を除き、アルバイトが可能になります。
 ※ただし稼働時間の制限があります。
⑥資格外活動許可書の稼動条件を確認
 許可された活動以外の稼動をした場合「資格外活動違反」を問われる場合があります。
 ※在留資格が「特定活動」の場合、「指定書」の記載内容を見て就労可能かどうかを確認する必要があります。

特別地方公共団体港区

 一昨日投稿した都区財政調整制度に関する続編です。前回の最終部で、「正直議員就任当初は、なんで港区で納めた税金が吸い上げられて、他の区に行っているのか理解できませんでした。」という文言で締め括りました。
 固定資産税、区民税の内の法人納付分、特別土地保有税、これらを調整三税と呼びます。市区町村を基礎自治体と言いますが、23区を除く基礎地自体には、これら三税に対する徴収権が有ります。しかし23区には同権は無く、東京都が徴収しております。ですから「吸い上げられている」という表現は、若干過激だったかも知れません。ではなぜこのような仕組みとなっているのでしょうか?

 港区を含め東京23区は、地方自治法において「特別地方公共団体」の一種とされ、特別区と呼ばれております(同法281条)。これに対して特別区以外の基礎自治体、例えば川崎市や宝塚市などは「普通地方公共団体」とされております(同法第5条以下)。
 特別地方公共団体である特別区は、人口が高度に集中する大都市地域における行政の一体性及び統一性の確保という理由で、普通地方公共団体で認められている仕事でも、都が行っている場合が在ります(同法281条第2項以下)。
 特別区の制度は、昭和22年(1947年)に公布された地方自治法により定められ、大戦前から在った都内35区が再編され、現在の23特別区となりました。35区時代は、都の単なる行政上の区割りでしかありませんでしたが、同法により議会を有する自治体として再生しました。
 しかし長い間、特別区は東京都の内部団体であり、一般で言う地方公共団体、あるいは基礎自治体ではないとする見解が主でありました。平成12年の地方分権改革により、ようやく特別区は基礎自治体であると定められ、東京都から独立性を掌握することができるようになりました。現在港区で定める条例は、「港区○○条例」と呼ばれておりますが、同年以前は「東京都港区○○条例」と呼ばれておりました。
 東京都から「独立」したとは言え、未だ我が港区の法的地位は、前述の特別地方公共団体であり、本来市町村の様な基礎自治体に属すべき権限を、都が掌握したままの状態が今日まで続いております。このため、前回記載の都区財政調整制度による税金の分配、そして前述の調整三税を都が徴収するという構図となるのです。
 先の衆院選で政権交代が行われ、地方分権に関する議論も関心を集めております。私は特別区の議員として、東京からの地方分権の波を起こして参りたいと思います。

松下幸之助墓所参拝

 休日を利用して、神戸市中央区にある春日野墓地で先祖の墓参り、そして和歌山市和佐にある松下幸之助墓所への参拝を行って参りました。
 いずれも例年なら年頭に行ってきた習慣でしたが、今年は政局が流動化したこともあり、機会を失して来ました。
 松下家の墓所は、松下幸之助氏(松下政経塾塾主・パナソニック創業者)の生誕地に隣接し、墓所から通りを挟んで反対側には、松下の名を採った松下公園も在ります。生誕地は現在、児童遊園として開放され、園内には生誕記念碑が在ります。

松下家墓所の入口(左)と松下幸之助生誕地に在る記念碑(右)。共に和歌山市内にて。2109053742.jpg2109053746.jpg

都区財政調整制度について

 来週、行財政等対策特別委員会(8日)、総務常任委員会(9日)が相次いで開かれます。両委員会の報告事項の中に、都区財政調整区別算定結果があります。何のことだが分からない方が多いかと思いますので、ご説明致したいと存じます。

 表題にもございますが、東京都と23区の間には、都区財政調整制度が在ります。簡単に申しますと、23区の間で財政格差を発生させないために、裕福な区から税金を取り、裕福でない区にお金を落とし、全体としてバランスを取ろうとする制度です。
 この時の算定基準として、各区の基準財政収入額と基準財政需要額が上げられます。前者が税金の入りの部分、後者が出の部分です。基準財政需要額は、さらに内訳として、経常的経費と投資的経費に分かれます。前者は常に必要となる経費、後者は投資に要する経費です。
 この基準財政収入額と基準財政需要額の差額を埋めるべく、都から支出されるお金が普通交付金です。基準財政収入額に対し基準財政需要額が少ない場合、つまり入りより出が少ない場合は普通交付金は発生致しません。反対に基準財政収入額に対し基準財政需要額が多い場合、つまり入りより出が多い場合は普通交付金は発生致します。
 平成21年度当初算定で、交付金が発生していない特別区が、渋谷区と我が港区です。渋谷区の場合、基準財政収入額が約480億円、基準財政需要額が約470億円です。そして我が港区の場合は、基準財政収入額が約650億円、基準財政需要額が約520億円です。
 私のブログは、他の23区の議員の皆さんもご覧になっており、ここから先は大変申し上げづらいのですが、どうかご容赦願います。
 交付金が最も多いのが足立区で990億円。基準財政収入額が約510億円、基準財政需要額が約1500億円で、両者の比率がおよそ1:3です。次に多いのが江戸川区で約840億円。収入額が約570億円、需要額が約1410億円で、1:2.4です。真ん中あたりだと江東区で約500億円で、収入額が約440億円、需要額が約940億円、1:2.1となります。
 これら23区に対する普通交付金の総額が約8930億円、そして港区からの税金が約4000億円で、極端な話、23区の収支の補填額の半分近くを、我が港区で負っていることになります。

 なぜこんな話をするのか、決して僻みで言っているのではありません。あくまで港区民の皆さんに、皆さんの納めた税金の流れの一端について知って頂きたいからです。正直議員就任当初は、なんで港区で納めた税金が吸い上げられて、他の区に行っているのか理解できませんでした。
 ではなぜこのような仕組みとなっているのか、明後日の号でご説明致します。


 

海賊対処について

 総選挙後、民主党・社会民主党・国民新党の三党による連立協議が始まりました。個別の政策について、三党間で一致できるもの、そうでないものが様々取り沙汰されております。外交防衛政策、中でもソマリア沖の海賊対処では、各党間の隔たりが目立って来ました。
 民主党は第一義的には海上保安庁の所管であるが、同庁で対応できない場合は自衛隊を活用するとの立場です。社民党と国民新党は自衛隊派遣に反対の立場です。社民党はともかく、国民新党までもが反対とは驚きました。
 本日朝放送されたTBS情報番組「朝ズバ!」の中で、自見庄三郎同党副代表が反対の理由として、海賊は軍隊でもテロリストでもなく盗人集団であること、マラッカ海峡で出没する海賊は海上保安庁が対処している、かってプルトニウムを日本に輸送した時、海上保安庁で6000トンの巡視船を建造し対応したというものです。

 上述のプルトニウム搬送について補足しましょう。
 平成4年(1992年)、フランスから我が国に向けてプルトニウムを輸送するオペレーションが実施され、プルトニウム輸送船「あかつき丸」がシェルブール港を出航し、無事日本への海上輸送が成功しました。当時大きなニュースとして取り上げられておりましたので、ご記憶の方も多いかと思います。
 この頃私は松下政経塾を卒塾し、都内に在る某シンクタンクで、政府や企業の危機管理に関わる仕事についておりましたが、航行ルートは直前まで明らかにされませんでした。そして「あかつき丸」の護衛任務に就いたのが巡視船「しきしま」です。
 JCG PHL31 しきしま。海上保安庁が保有する世界最大級の巡視船で、総トン数7175トン、基準排水量6500トン、全長150メートル、全幅16.5メートル、速力25ノット以上、兵装は 35mm連装機関砲 2門及び20mm機関砲 2門、搭載する航空機はアエロスパシアルAS332L1ヘリコプター 2機となっており、海上自衛隊のイージス艦のこんごう型護衛艦に迫ります。

 話がマニアックな方向へ流れましたので軌道修正します。私は自見氏の見解には疑義を唱えたいと思います。
 そもそもマラッカ海峡とソマリア沖では、海賊の持つ兵器が違います。マラッカ海峡の海賊は主に自動小銃で武装しておりますが、ソマリア沖の海賊は対戦車ロケット砲RPG-7を持つなど重武装化し、いわば施設の軍隊のような状況です。
 公海上における犯罪取り締まり行為という意味で、日本の警察力である海上保安庁を第一義的にその任に当たらせることについては、旧政府・与党(自民・公明)も見解を同じくしております。よって派遣されている護衛艦に、海上保安官が乗船し、被疑者に対する逮捕及び取り調べを行うことになっております。但し警察力で対処できない場合には、我が国の事実上の軍事力である自衛隊を活用することはやむを得ないことであります。

 そもそもこの海賊対処法、実は最初に提案したのは民主党であることを、皆様ご存じでしょうか。
 昨年秋、給油法の是非を巡り当時の与野党間で様々な議論が在りました。その中で鳩山由紀夫幹事長(当時)は、給油法に代わる対案として、ソマリア沖に護衛艦を派遣し民間船への護衛任務に当たらせること、但しそれは民主党政権下で行うつもりであると表明しました。この民主党の考えを、麻生政権が真似をしただけであります。
 海賊対処法案について、与野党案の間にはほとんど違いが無く、要はシビリアンコントロールの観点から、自衛隊派遣に関する国会承諾を、事前承諾(民主案)とするか事後承諾(自公案)とするかの違いでありました。
 平和や人権は、ただお題目に様に唱えているだけでは守れないことを、北朝鮮のミサイル実験、日本人拉致事件、オウム真理教によるサリン事件などで日本人もよく身に染みて分かっているはずです。政権与党である以上、実態に即した外交防衛政策を推進しなければ、国民の安全も国の安全も、そして世界の安全も守ることはできないと思います。

<参照URL>
○海賊対処に関する民主党の考え方(談話) http://www.dpj.or.jp/news/?num=15809
○ソマリア沖・アデン湾における海賊対処のための活動(統合幕僚監部) http://www.mod.go.jp/jso/kaizokutaisyo.htm
○海上保安庁の海賊対策 http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/anti-piracy/

徒歩遊説「麻布2号」を実施

 総選挙後初の山本へるみの徒歩遊説「麻布2号」を実施し、麻布台三丁目→麻布狸穴町→麻布永坂町の順に歩いて周りました。
 徒歩遊説は、歩きながら演説し、自ら決めたポイントで立ち止まって演説をする、この繰り返しです。演説の中で、今回の選挙で多くの議席を得たこと、そして皆さんのご支援により海江田万里候補が当選したことに謝意を示し、また今月16日より第三回港区議会定例会が開会すること、この定例会の冒頭本会議で会派を代表して代表質問に立つこと、議会で取り上げてほしい問題等について住民の皆さんから募りたいことを訴えました。
 私の徒歩遊説は、今後六本木を初め各地区に広げて実施して参りたいと思います。

防災の日 麻布小で訓練

 今日は防災の日です。麻布小学校で行われた訓練に参加致しました。この訓練には毎年麻布消防団員として参加して来ましたが、今年はどういうわけか、消防団員に加え、麻布小地区防災協議会事務局員、さらに住民として属している麻ノ葉町会防災担当役員という三役が重なり、てんてこ舞いに走り回らなければならない忙しい訓練でした、ふう~。
 午後一時に訓練開始。まず行われるのが子供の引き渡し。地震発生後、麻布小学校の児童は、下校せず一旦小学校に留まります。その後保護者が自宅から迎えに来て、子供達を引き渡すことになっております。この引き渡しが行われた後に、校庭内に作られた各コーナーに分かれ、親子で防災体験をするという流れです。コーナーには、消火器による初期消火、AEDの説明会、非常食の炊き出し、119番や171番への通話訓練、三角巾による応急措置などが在り、それぞれ消防団、消防署、麻布小PTA、赤十字奉仕会などが指導に当たりました。

児童達や保護者達にAED(自動体外式除細動器)について説明する麻布消防署員2109013739.jpg

<参照情報>
○AEDを知っていますか?日本心臓財団のAED総合サイト  
 URL http://www.jhf.or.jp/aed/
○特定非営利活動(NPO)法人 AED(自動体外式除細動器)普及協会
 URL http://www.aedjapan.com/
○ご利用方法 | 災害用伝言ダイヤル(171) | NTT東日本
 URL http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/goriyou.html

政権交代実現へ

 第45回衆議院議員選挙の当開票が行われ、我が党は解散時の112議席から308議席に伸び、単独過半数による「政権与党」となりました。一方対する自民党は、解散時の303議席を大きく下回る119議席となり、「野党第一党」となりました。この結果、現在の選挙制度、すなわち小選挙区比例代表並立制の元で、初めて政権交代が実現することになりました。
 東京都第一区では、我が党公認の海江田万里元衆議院議員が当選し、対立候補の与謝野馨前衆議院議員は比例区で復活当選致しました。
 選挙戦で、私は海江田万里選挙対策本部の遊説局港区担当として、区内で行われる全ての遊説の企画及び運用の責任者としての任に当たりました。拡声機による大きな音で区民の皆様にはご迷惑をおかけ致しました。またポスター掲示に多くの皆様にご協力を賜りました。公職選挙法により御礼の表現が出来ないことは甚だ申し訳ございませんが、これらの皆様のご理解とご協力による勝利であると海江田万里共々申し上げたく存じます。

東京一区における選挙結果です。
当 141742 海江田万里 民 元
比 130030 与謝野馨 自 現
    19288 冨田直樹 共 新

<左>当確報道後、報道陣のインタビューに答える海江田氏。隣は順に大塚たかあき(港区選出)、栗下善行(千代田区選出)両都議、後ろはボランティアスタッフの皆さん。<右>インタビュー後、支援者の皆さんによる万歳三唱に答えた。2108303642.jpg2108303679.jpg

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103 

Home > 活動報告

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る