Home > 活動報告 > 区政全般

区政全般

【港区】港区商店グランプリ 参加店舗募集

 以下港区ポータルサイトからの転載です。

 港区商店グランプリは、港区・港区商店街連合会・港区商店街振興組合連合会が主催し、顧客満足やサービス向上のために、時代の要請に即応しながら、意欲的、積極的に商店経営に努めている区内商店を審査、表彰することにより、商店経営の改善発展を図り、区内商業の振興に寄与することを目的とした事業です。
お客様が「ほっと」できるサービス・工夫のあるお店の応募をお待ちしています。

~笑顔あふれる「ほっとなお店」~
募集チラシはこちらから

☆対象店舗
 港区内に店舗を有する小売業及び飲食業、サービス業で、資本金もしくは出資金の総額が5千万円以下の店舗、または常時雇用する従業員数がサービス業の場合は100人以下、小売業及び飲食業の場合は50人以下の店舗であること。(ただし、パチンコ店、ゲームセンター、チケット販売業、不動産業、金融業等、病院、医院、規格化されたフランチャイズチェーン店、風俗営業又はそれに類似する業種を除く。)

☆募集店舗数
【商店会推薦枠】8店舗(申込順)
  加入する区内商店会長の推薦が必要です。
【一般公募枠】2店舗(予定)
  現在地で1年以上継続し営業していることが必要です。

☆申込方法
 申込書と調書を作成し、郵送またはファックスでご提出ください。
 ① 参加申込書(商店会推薦用)様式1
 ② 参加申込書(一般公募用)様式2
 ③ 調書(共通)様式3

☆募集締切
 平成23年9月14日(水曜)

☆参加費用
 5,000円 (商店グランプリ参加決定後に要する費用です。)

☆その他
○参加店舗の正式決定は、9月下旬を予定しています。
○審査員の巡回による現地審査を10月24日(月曜)に予定しています。
○表彰式を平成24年1月27日(金曜)に開催する予定です。
○各受賞店舗の概要や写真を「港区商店グランプリ受賞店舗ガイドブック」等で紹介します。

☆申込先
 郵便番号105-8511
 港区芝公園1丁目5番25号 港区役所3階
 「港区商店街連合会事務局」宛て
 ファックス:03-3578-1242
 問い合わせ電話:03-3578-2555

☆問い合わせ
 産業振興課産業振興係
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2553)
 ファックス:03-3578-2559

【港区】旧国立保健医療科学院活用 説明会開催

(港区ポータルサイトより)

 東北地方太平洋沖地震の影響により延期しておりました「旧国立保健医療科学院活用について」の説明会を下記のとおり開催します。

■日時
第1回:平成23年7月26日(火曜)午後6時30分から
第2回:平成23年7月30日(土曜)午前10時00分から

■会場
白金台いきいきプラザ ホール(地下2階)

※当日、別室にて保育室を設けています。
 保育を希望される方は、7月22日(金曜)までに企画課用地活用担当へご連絡ください。

■案内図

大きな地図で見る

■問い合わせ
企画経営部 用地活用担当
電話:03-3578-2503
高輪地区総合支所 協働推進課 まちづくり推進担当
電話:03-5421-7664 ファックス:03-5421-7626

【港区】「ちぃばす」の芝・高輪ルートのバス入れ替え

(港区ポータルサイトより)

 「ちぃばす」の芝ルートの中型バスと高輪ルートの小型バスを一部入れ替えます。

 芝ルートでは新橋駅周辺で交通渋滞が激しいことから、バスの定時運行が難しくなっています。また、高輪ルートは利用者の増加に伴い、車内が混雑し利用者の快適な車内環境の維持の妨げとなっております。
 このため、7月16日(土曜)より、芝ルートの定時運行の改善と高輪ルートの車内混雑緩和のため、下記のとおり「ちぃばす」車両の入れ替えを実施します。

〇変更前(7月15日まで)
 芝ルート  中型バス4台(別途予備で小型バス1台)
 高輪ルート 小型バス4台

◎変更後(7月16日から)
 芝ルート  中型バス2台、小型バス3台(予備車1台含む)
 高輪ルート 中型バス2台、小型バス2台

「ちぃばす」利用者の快適性の向上のため実施しますので、ご理解願います。

<問い合わせ>
 土木課交通対策担当
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2278)
 株式会社フジエクスプレス
 電話:03-3455-2213

【港区】放射能・放射線量測定結果(砂場・プールの水)

(港区ポータルサイトより転載)

 区では、子どもがいる保護者など区民の皆さんに対して、子どもの安全・安心について、より確実なものとしていただくために、4月25日から開始している「水道水」に対する放射能測定に加え、6月9日から、区内の保育園や公園などの「砂場」と学校の屋外プールの水の放射能測定を行っています。
 また、砂場の検体採取と同時に、職員が簡易型測定器を使って大気中の放射線量を測定しています。
 7月14日(木曜)に検体採取した「砂場の砂の放射線量と放射能」、「プールの水の放射能」の測定結果は、こちらでご覧下さい。

*砂場の砂とプールの水についての放射能の測定結果は、検体採取後、検査機関に持ち込んでから5日から6日かかりますので、公表はそれ以降となります。
*測定頻度は「週1回」とし、各週区内の5、6か所を順番に測定します。
*これ以前の測定結果については後段をご覧ください。

●6月15日から、区内の「大気」についての定点測定を開始しました。区内の大気中放射線量の定点測定はこちらをご覧ください。

【港区】仮称港区防災対策基本条例についてのご意見

 以下は港区ポータルサイトからの転載です。

 災害時に区民のかけがえのない生命と貴重な財産を守るためには、東日本大震災で発生したさまざまな事象を教訓とし、今後区が防災対策上取り組むべき課題を明らかにするとともに、区・区民・事業者が「自助」、「共助」、「公助」という防災の基本理念に基づき、それぞれが果たすべき役割と責任の中で、防災対策の取り組みを進めることが必要です。
 以上のような認識のもと、防災対策の基本理念や区・区民・事業者が取り組むべき基本的事項等を定め、今後の区の防災対策を総合的に推進するため、現在区では(仮称)港区防災対策基本条例の制定に向けた検討を進めています。
 条例の制定にあたり、より多く区民の皆さんの声を反映させるため、下記の要領でご意見を募集しますので、よろしくご協力をお願いします。

<対象>
 ・港区にお住まいの方
 ・港区内の会社や事業所にお勤めの方
 ・港区内の学校等に通学している方

<募集期間>
 平成23年7月11日(月曜)から平成23年8月10日(水曜)まで

<条例の構成>
(1)基本理念
(2)区、区民、事業者の責務(自助、共助、公助)
(3)防災街づくりの推進
(4)地域防災力の向上と防災教育の充実
(5)災害時要援護者対策の充実
(6)高層住宅等の震災対策の促進
(7)応急体制等の強化
(8)帰宅困難者対策の再構築
(9)復興対策

<(仮称)港区防災対策基本条例に盛り込むべき項目(素案)>
「(仮称)港区防災対策基本条例に盛り込むべき項目(素案)」はこちらからご覧になれます。
 (仮称)港区防災対策基本条例に盛り込むべき項目(素案)


<ご意見の提出方法>
 こちらからご意見の入力ができます。

 または、次のいずれかの方法でお願いします。
 ・直接ご持参いただく場合
  受付:港区役所5階の防災課へ
 ・郵便でお送りいただく場合
  宛先:〒105-8511
  港区芝公園1丁目5番25号
  港区役所防災危機管理室防災課
 ・ファックスの場合
  送信先:港区役所防災危機管理室防災課
  ファクシミリ:03-3578-2539

<その他>
 ・お寄せいただいたご意見は、内容を確認後、このホームページ上で公表します。
  ただし、お名前と連絡先等はすべて非公開とさせていただきます。
 ・確認等のため、区の担当者から直接ご連絡させていただくことがあります。
 ・ご意見の記述は、日本語のみとさせていただきます。


<問い合わせ>
 防災危機管理室 防災課 防災係
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2541)
 ファックス:03-3578-2539

【港区】保存文書の誤廃棄について

 この度、平成23年度の文書廃棄において、保存年限内の平成21年度分印鑑登録申請書(2,934件)、印鑑登録証明書交付申請書(5,715件)、平成22年度分住民基本台帳カード交付請求書の写し(493件)外の文書を誤って廃棄したことが明らかとなりました。

 この件に関して港区が発表した詳細については、こちらをご参照下さい。

【港区】港区内の空間放射線量(定点測定)について

 区では、区民の皆さんの安全・安心の確保を最優先とする観点から、6月15日(水曜)から、区内の「大気」中の放射線量の定点測定を開始しています。
 定点測定は、原則として毎週水曜日に行い、測定結果については、ホームページ等で公表します。

詳細はこちらから

※港区ポータルサイトより

【港区】結核業務相談員(非常勤保健師)を募集しています

<対象>
 保健師資格があり、パソコン操作(健診データの入力があるためエクセル・ワードなど)ができる人。

<期間>
 平成23年8月1日から平成24年3月31日(更新は可能)

<勤務条件>
 週4日(29時間)
 午前8時30分から午後5時15分まで(7時間45分)
 4週に1回勤務時間の調整を行います。
 年次休暇10日間、夏季休暇5日間
 残業なし

<勤務場所>
 みなと保健所 保健サービスセンター(仮庁舎)
 港区赤坂4丁目1番26号(東京メトロ銀座線・丸の内線 赤坂見附駅A出口 徒歩5分、東京メトロ千代田線赤坂駅1番出口 徒歩7分)

<勤務内容>
○結核健診業務-保健所内での接触者検診(月5回程度)および対象事業所での出張健診(準備・問診・医師の介助など)、健診の連絡・勧奨・日程調整・未受診の把握など。
○対象事業所への訪問調査-地区担当保健師に同行
○健診データ入力-健診結果の入力、報告書の作成など
○電話による相談・問合せへの対応

<募集人員>
 1名

<選考方法>
 履歴書などによる書類選考の上、面接をして決定します。

<報酬>
 月額181,900円(予定)
 交通費 実費相当別途支給
 社会保険(健康保険、年金あり)
 定期健康診断あり

<申し込み>
 市販の履歴書に必要事項を記入し(写真添付)。保健師免許証の写しを同封の上、郵送してください。
 【募集期限】平成23年7月22日(金曜必着)

<問い合わせ・申し込み先>
 みなと保健所保健予防課保健予防係
 〒107-0052 東京都港区赤坂4丁目1番26号
 電話:(代表)03-3455-4770
 ファックス:03-3798-4619

※港区ポータルサイト


【港区】障害者チャレンジ雇用職員募集

 知的障害のある人を非常勤の嘱託員として任用し、一般企業等への就労に向けた支援を行うことを目的とした、障害者チャレンジ雇用事業を実施します。

<対象>
(1)区内在住で、1人で通勤及び就労が可能な、愛の手帳の交付を受けている人。
(2)港区障害者インターンシップ事業の実習を修了またはこれに準ずる経験がある人。
(3)一般企業等での正規職員(事務系)としての就労経験がない人。
※詳しくは採用選考実施要綱をご覧ください。

<任用期間>
 平成23年10月1日から平成24年3月31日まで
 ※1年以内の期間を単位として、2回まで更新がすることができます。

<任用数>
 1人(選考)

<勤務場所>
 みなと図書館

<勤務内容>
 事務補助、返本・書架整理などの軽作業、パソコン作業(ワード・エクセルなどの操作を行う場合もあります) 等

<勤務時間>
 月曜から金曜(週5日勤務)
 午前8時30分から午後5時15分の間で1日6時間勤務、休憩1時間

<報酬>
 月額107,140円

<第1次試験日>
 平成23年7月25日(月曜)

<第2次試験日>
 平成23年7月28日(木曜)

<申込み>
 人事課(区役所10階)・各総合支所・台場分室・各港区立図書館等にある採用選考実施要綱の用紙に必要事項を記入し、郵送または持参で、7月19日(火曜・必着)までに〒 105-8511 港区役所人事課人事係へ。

港区障害者チャレンジ雇用職員採用選考実施要綱
港区障害者チャレンジ雇用職員採用選考申込書

<問い合わせ>
 人事課人事係
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2189)
 ファックス:03-3578-2129

※港区ポータルサイトより


【港区】みなと食品衛生月間

 7月20日から8月31日までは「みなと食品衛生月間」です。みなと保健所ではこの期間中、食中毒予防のためのさまざまな催しを実施します。


1.食の衛生相談コーナー
 普段買い物をしているときに、もっと食品の表示の見方が分かったらいいのにと思ったことはありませんか?家族の食事のために、気軽に栄養相談ができたらいいのにと考えたことはありませんか?
 そういった方のために、区内のスーパーで保健所職員が相談コーナーを開設します。また、特設手洗いコーナーにて正しい手洗いの方法も紹介します。

 お越しいただいた方には、粗品をお配りします。また今年は、東京タワーのマスコットキャラクター、ノッポン弟も応援に駆けつけてくれます。多くの方のご参加をお待ちしています。

〇 とき:平成23年8月4日(木曜)午後2時から午後4時
〇 ところ:ピーコックストア 芝浦アイランド店(港区芝浦4丁目22番22号 エアテラス1階)
協力:東京タワー


2.食中毒予防のパネル展示
 港区役所および麻布地区総合支所にて食中毒予防のパネル展示を行います。

〇 港区役所(1階ロビー)  7月20日(水曜)から8月3日(水曜)
〇 麻布地区総合支所(1階ロビー)  8月23日(火曜)から8月31日(水曜)

 区役所電光掲示板、男女平等参画センター電光掲示板にて「肉の生食の注意喚起」をしています。


3.肉の生食について
 肉の生食による食中毒にご注意ください。

 近年、生や半生、加熱不足の肉類を原因とする食中毒が増加しています。肉類の中には、腸管出血性大腸菌やカンピロバクターなどの食中毒細菌が付着していることがあります。これらの菌は少量の菌数でも発症するため、注意が必要です。食中毒予防の基本である「菌をつけない(清潔)、増やさない(冷却)、やっつける(加熱)」の三原則を守って、食中毒予防しましょう。


お知らせ
 夏祭りや学園祭が盛んな時期です。食品の取り扱いには、十分注意してください。
 食中毒予防に一番効果があるのは正しい手洗いです。外から帰ってきたとき、トイレの後、調理や食事の前などは特にしっかりと手を洗いましょう。


問い合わせ
生活衛生課(生活衛生センター)
食品安全推進担当
電話:03-5114-3009
ファックス:03-3585-4449

※港区ポータルサイトより

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10 

Home > 活動報告 > 区政全般

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る