Home > 活動報告 > 旧所属政党・会派記事

旧所属政党・会派記事

日本創新党平成23年新春の集い

460392_P1060392.jpg 日本創新党主催による平成23年新春の集いが、有楽町の東京国際フォーラムで開催され、所属議員として参加してました。
 講師には、政治評論家の三宅久之氏が来場され、これからの日本の進むべき進路についてご講演を頂きました。
 懇親会終了後、党幹部、所属議員、候補予定者で写真を撮りました。

八丈島視察二日目 地元名産品の製造現場を視察

000379:DSC08691.jpg 八丈島視察の二日目は、地元産業、特に名産品の製造現場を視察しました。
 八丈島が誇る名産品といえば、くさやと焼酎です。
 まず、長田商店を訪問し、くさやの製造過程についてお話をうかがいました。くさやには、青むろあじと飛魚があります。出来上がったくさやを試食させて頂きました(写真)。 私自身は、どちらかというと、飛魚の方がおいしく感じました。
 同社の資料によると、くさやの起源は、江戸時代、塩は貴重品であったため干物を作る際に同じ塩水を繰り返し使用していました。そのうちに魚体の成分が蓄積し、更に微生物が作用し塩水が発酵することにより、独特の風味と臭いを持つ『くさや液』ができたと言われています。また一説には、流人の保存食であったとも考えられています。

000380:DSC08701.jpg 次に訪れたのが八丈興発株式会社です。麦焼酎「情け嶋」や芋焼酎「八丈ごろし」を製造・販売しています(右写真)。
 同社の資料によると、1853年、ペリー米提督来航の年、鹿児島は阿久根の商人、丹宗庄右ェ門(たんそう しょうえもん)が琉球との密貿易(抜け舟)の罪によって八丈島に流罪となりました。当時、八丈島では雑穀を使ったドブロクを飲んでいましたが、庄右ェ門はさつま芋を見て、九州ではこのさつまいもで酒を造っていると言って、実家から蒸留器を取寄せ島民に焼酎造りを教えたのが八丈島での焼酎造りの始まりとのことです。

<関連URL>
くさや屋ドットコム(八丈島のくさや屋さん 長田商店) http://homepage2.nifty.com/kusaya/
八丈興発株式会社 
http://www.hachijo-oni.co.jp/

八丈島視察一日目 八丈町・東電施設を訪問

000375:DSC08656.jpg平成22年度港区議会みなとフォーラム・民主行政視察として八丈島に参りました。今回のテーマは、産業振興と地熱・風力発電であります。

 八丈島町長への表敬訪問の後、産業振興課長より、同町の産業政策についてブリーフィングを受けました。以下概要です。
○現在八丈島町では、高齢化率が32.9%になっている。
○地場産業では、何を生かしていくかを考えなければならず、漁業と農業を中心に考えている。
○また観光業にも力を入れ、黄八丈やくさやを売り出している。くさやの業者は13社あり、9割は、島外に搬出している。
○5月には海開き、8月には花火大会、そして春にはフリージア祭りを開催し、観光客を呼び込んでいる。

 私からも質問を行いました。
Q1:都内などで物産展は開いているのか。
A1:今年度は全国12ヶ所で開催した。観光協会が中心となり、くさやや焼酎などを生産者も一緒になって宣伝している。しかし実際に利益に返って来るのは難しく、業者にも規模しい状況だ。利益にはねかえるPR方法を考えなければならない。
Q2:観光ロケを誘致するなどの手法は。
A2:NHKの大河ドラマで、ロケ地として紹介されたことが在る。
Q3:八丈町産業生産額調によると、観光収入が全体の50%強を占めている。この際第三次産業にさらに力を入れていく考えは無いのか。例えば情報通信産業、特にコールセンターを誘致するなど。
A3:当町としては、第一次・二次産業を中心に考えたい。
(八丈町議会事務局長への質問)
Q4:国は来年地方自治法の改正を検討している。地方分権に向けた取り組みは。
A4:難しい質問だ。まず東京都に相談をしている。ごみの最終処分などでは広域連合も必要だ。国への対応については、まだ実施していない。

 インタビューを終えての感想です。
 私からの質問にもありましたが、八丈町産業生産額調では、平成18年における構成比として、第三次産業である観光収入だけで50.4%で、残りが第一次産業である農業・林業・漁業、第二次産業である加工業となっております。
 八丈島名物といえば、フリージア(農業)、くさや類・黄八丈(加工業)です。産業の枠組みを超え、観光とリンクさせていくのも必要でしょう。
 もっと大胆に考えれば、情報通信業の誘致も言いかと思います。コスト安だけで中国の大連にコールセンターを設けるくらいなら、当地八丈島に設置してもいいかと思います。地元の雇用にもつながりますし、東京から飛行機で1時間ほどですから、本土の人間も応募するかもしれません。そして就業者が増えれば、地元にもお金が落ちます。
 従来の経験に縛られず、思い切った改革が、町の活性化につながるものと思います。

000376:DSC08656.jpg 次に訪れたのが、東京電力地熱発電所・風力発電所です。同発電所にTEPCO八丈島地熱館が併設されており、地下1650メートルまで掘削したボーリングビッド(先端部分)が展示されています。
 大昔、八丈島は火山島として誕生しました。現在火山活動は行われておりませんが、地下深部にはマグマ溜りが在り、その影響で周辺の岩石に浸透した地下水が高温・高圧縮熱水として地熱貯留層に貯えられます。ここから熱水を蒸気井で地上に取り出し、分離した蒸気の圧力でタービンを回し電気をつくります。同館地下1650メートルまで掘削したボーリングビッド(先端部分)が展示されています。これが地熱発電の原理です。

000377:DSC08673.jpg 一方風力発電ですが、近年技術開発が進み、風況の良い地域での経済的な発電が可能となっております。東京電力では、八丈島の風況を活かし、我が国の電力会社で初めて風力発電の営業を始めました。

※文中東京電力パンフより参照 

党港区支部緊急幹事会

 民主党港区支部は、本日緊急の幹事会を開催致しました。
 党支部活動において、早急に確認を要する事態が発生したため、七戸淳幹事長(区議会議員)の発議により、大塚たかあき支部長、渡辺専太郎副支部長、杉浦のりお副幹事長、山本へるみ副幹事長が集まりました。

議員団会議・議案説明

 正午からフォーラム民主議員団会議が開かれました。内容は以下のとおりです。
1. 報告事項
① 22一定関連(代表質問・一般質問・予特総括質問)
  代表質問:阿部浩子 一般質問:山本閉留巳 予算特別委員会総括質問:杉浦のりお
② 常任・特別委員会関連報告
  4常任及び4特別委員会の日程について、各委員から報告が在りました。
③ 所沢視察について
  議会基本条例をテーマに、19日に所沢市議会に視察に行く件が了承されました。
④ 沖縄視察(総務常任委員会視察)について
  総務常任委員会で我が会派より、平和行政をテーマに沖縄視察の提案をしたことが報告され ました。
⑤ 八丈島視察(会派視察)について
  4月に会派としての行政視察として、八丈島に行く件について報告が行われました。
2. 審議事項
① 平成22年度予算特別委員会理事の選任
  山本閉留巳、杉浦のりお両議員が理事に就任する予定です。
② 新規及び継続の請願への対応について
  外国人参政権の慎重審議を求める趣旨の請願提出が予定されており、総務常任委員会が所管する予定。本来所管委員会委員は請願に署名しない慣例で、私は所管委員会である総務常任委員会の副委員長でありますが、国益のため、この慣例にとらわれない対応を考えております。
③ 平成22年第一回港区議会終了日の懇親会について
  幹事議員は、渡辺専太郎議員が決まりました。

 午後から、行政担当者から我が会派に対する議案説明が行われました。
 平成22年第一回港区議会定例会提出予定案件は以下のとおりです。内訳は、区長報告2件、条例改正14件(新規1件・一部改正13件)、補正予算4件、当初予算5件、工事請負契約の承認6件、指定管理者の指定1件、包括外部監査契約の締結1件、東京都後期高齢者医療広域連合葬祭費事務の受託1件、東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議1件です。
<区長報告2件>
区長報告第1号 専決処分について((仮称)こうなん星の公園自転車駐車場整備工事請負契約の変更)
区長報告第2号 専決処分について(港区立芝浦小学校・幼稚園改築工事請負契約の変更)
<議案33件>
議案第 1号 港区職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
議案第 2号 港区特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例
議案第 3号 港区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
議案第 4号 港区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
議案第 5号 港区道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例
議案第 6号 港区立公園条例の一部を改正する条例
議案第 7号 港区立上下水道施設上部利用公園条例の一部を改正する条例
議案第 8号 港区自転車等の放置防止及び自転車等駐車場の整備に関する条例の一部を改正する条例
議案第 9号 港区立福祉会館条例の一部を改正する条例
議案第10号 港区立いきいきプラザ条例(新規)
議案第11号 港区国民健康保険条例の一部を改正する条例
議案第12号 港区幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
議案第13号 港区幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
議案第14号 港区立運動場条例の一部を改正する条例
議案第15号 平成21年度港区一般会計補正予算(第7号)
議案第16号 平成21年度港区国民健康保険事業会計補正予算(第2号)
議案第17号 平成21年度港区老人保健医療会計補正予算(第1号)
議案第18号 平成21年度港区後期高齢者医療会計補正予算(第2号)
議案第19号 平成22年度港区一般会計予算
議案第20号 平成22年度港区国民健康保険事業会計予算
議案第21号 平成22年度港区老人保健医療会計予算
議案第22号 平成22年度港区後期高齢者医療会計予算
議案第23号 平成22年度港区介護保険会計予算
議案第24号 工事請負契約の承認について((仮称)芝地区子ども中高生プラザ等保健福祉複合施設新築に伴う電気設備工事)
議案第25号 工事請負契約の承認について((仮称)芝地区子ども中高生プラザ等保健福祉複合施設新築に伴う電気設備工事)
議案第26号 工事請負契約の承認について((仮称)芝地区子ども中高生プラザ等保健福祉複合施設新築に伴う空気調和設備工事)
議案第27号 工事請負契約の承認について((仮称)芝地区子ども中高生プラザ等保健福祉複合施設新築に伴う給排水衛生設備工事)
議案第28号 工事請負契約の承認について(港区立港南小学校グランド等設備及び港南幼稚園改築工事)
議案第29号 工事請負契約の承認について(港区立港南小学校グランド等設備及び港南幼稚園改築に伴う機械設備工事)
議案第30号 指定管理者の指定について(港区立麻布十番公共駐車場)
議案第31号 包括外部監査契約の締結について
議案第32号 東京都後期高齢者医療広域連合葬祭費事務の受託について
議案第33号 東京都後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について
<追加議案1件>
          人権擁護委員候補者の推薦について

党都連大会が開会

 民主党東京都総支部連合会(民主党都連)第13回定期大会が、午後6時30分から都市センターホテル(千代田区)開会されました。

 議案として、2008年活動報告案、2009年活動方針案、2007年決算報告2008年予算案、2007(平成19年)会計監査報告がそれぞれ上程され承認されました。
 また都連会長として、円より子参議院議員に代わり、新たに菅直人衆議院議員(党代表代行)が就任しました。また次回衆院選、都議選候補予定者が順次紹介されました。東京1区(新宿・港・千代田区)は海江田万里前衆議院議員、都議会港区は大塚たかあき都議会議員が、それぞれ候補予定者です。
 最後に大会アピールの採択とガンバローコールが行われ閉会しました。

党総支部、徒遊説を実施

 民主党東京都第一区総支部(海江田万里総支部長)は、11月4日から、港・新宿・千代田各区内住宅地を中心に徒歩及び定点箇所で演説を行う「徒遊説」(かちゆうぜい)活動を始めました。
 活動形態は、党所属の都議・区議がナビ議員として遊説隊を先導し、海江田総支部長がメイン弁士として定点箇所で演説を行います。港区では、私が遊説責任者としてオペレーションの企画・運用に当たり、ナビを大塚都議が担当する活動を「千里」(せんり)、また各区議が担当する活動を「徒風」(かちかぜ)と、それぞれ活動名が付されております。
 今後区内の皆様の地元を、大きな音を出しながらお邪魔することもあるかと思いますが、是非我が党へのご支持ご声援を、よろしくお願い申し上げます。

DSC04563.JPGDSC04584.JPG
11月11日実施の「徒風3号」の様子。(左)六本木7丁目6番路地にて。(右)六本木6丁目交差点角にて。

DSC04592.JPG「徒風3号」終了後、西麻布1丁目2番に在る旧ザブン(温泉施設)前にて、ナビ議員を山本から杉浦区議(右から二人目)に交代。「徒風4号」開始前のスナップ。一番右端が大塚都議。

DSC04895.JPGDSC04896.JPG
11月20日実施の「徒風9号」の様子(以下同じ)。(左)この日はテレビ東京の取材を受けた。六本木交差点「すし好」前にて。(右)六本木5丁目16番の住宅地にて。

DSC04901.JPGDSC04907.JPG
(左)六本木5丁目18番商店街にて。(右)六本木5丁目12番永坂下にて。

Home > 活動報告 > 旧所属政党・会派記事

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る