Home > 衆議院解散 私のネーミングは"読み違い解散"

衆議院解散 私のネーミングは"読み違い解散"

 衆議院は本日解散しました。法律の規定により40日以内に総選挙が行われることになりますが、既に麻生首相は来月18日公示、同30日投開票の日程を明らかにしております。
 今度の総選挙は、正式には第45回衆議院議員選挙と呼ばれ、定数は480、その内小選挙区が300、比例代表が180となっております。なお他の選挙では、選挙運動が行われることを告示と呼びますが、衆議院では公示と呼んでおります。
 今回の解散についてメディア上では様々なネーミングが付けられていますが、私なら"読み違い解散"ですな。麻生首相の字の読み違いもさることながら、麻生首相で自民党の支持率が上がると思った自民党の読み違い、一方解散の時期がもっと早かったのではないかという民主党の読み違い、経済課なら予想もしていなかった世界同時不況の発生という読み違い等々様々あります。
 我が民主党は政権交代を旗印にしてはいますが、これはあくまで手段であり目的ではありません。あくまで日本の政治の在り方を官主導から政治主導に変えて行くことが目的です。
 民主党は港区を含め東京一区では、海江田万里前衆議院議員を中心に日本の変革を目指して参りますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

Home > 衆議院解散 私のネーミングは"読み違い解散"

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る