Home > 政権交代実現へ

政権交代実現へ

 第45回衆議院議員選挙の当開票が行われ、我が党は解散時の112議席から308議席に伸び、単独過半数による「政権与党」となりました。一方対する自民党は、解散時の303議席を大きく下回る119議席となり、「野党第一党」となりました。この結果、現在の選挙制度、すなわち小選挙区比例代表並立制の元で、初めて政権交代が実現することになりました。
 東京都第一区では、我が党公認の海江田万里元衆議院議員が当選し、対立候補の与謝野馨前衆議院議員は比例区で復活当選致しました。
 選挙戦で、私は海江田万里選挙対策本部の遊説局港区担当として、区内で行われる全ての遊説の企画及び運用の責任者としての任に当たりました。拡声機による大きな音で区民の皆様にはご迷惑をおかけ致しました。またポスター掲示に多くの皆様にご協力を賜りました。公職選挙法により御礼の表現が出来ないことは甚だ申し訳ございませんが、これらの皆様のご理解とご協力による勝利であると海江田万里共々申し上げたく存じます。

東京一区における選挙結果です。
当 141742 海江田万里 民 元
比 130030 与謝野馨 自 現
    19288 冨田直樹 共 新

<左>当確報道後、報道陣のインタビューに答える海江田氏。隣は順に大塚たかあき(港区選出)、栗下善行(千代田区選出)両都議、後ろはボランティアスタッフの皆さん。<右>インタビュー後、支援者の皆さんによる万歳三唱に答えた。2108303642.jpg2108303679.jpg

Home > 政権交代実現へ

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る