Home > 渋谷センター街で街頭落書き現場視察

渋谷センター街で街頭落書き現場視察


 住民、事業者、行政による麻布地区の生活安全と環境を考える協議会(皆川昌博会長)の環境美化分科会(山本閉留巳分科会長)が、渋谷センター街における街頭落書き現場を視察しました。
000486:DSC08799.jpg 当初は、4月28日が語呂合わせで「しぶやの日」とされ、渋谷駅周辺の商店街、事業所、それに行政が一体となって、渋谷駅前ハチ公広場を中心に一斉清掃活動を行う予定で参加したのですが、雨天のため清掃活動は中止となり、セレモニーのみが開催されました。式典では各参加者グループの名称が記されたプレートが掲げられました(左写真)。
 結局曇天となり、セレモニーのみで帰るのはもったいないと思っていたところ、偶然渋谷センター街パトロール隊の皆さんと会場で会い、急遽同隊ご案内による街頭落書き現場視察を行うことになりました。
000487:DSC08817.jpg 渋谷センター街は、表通りは人通りが多いのですが、裏は昼間でも人気が無く、夜間は落書きの標的にされやすい状況です(右写真)。まさに都会の死角でしょうか。
 街頭落書きの防止は、一度書かれたらすぐ消すことです。放置しておくと次々と被害を続出させることになります。今回の視察を、今後の港区内における該当落書き対策に活かしたいと思います。


Home > 渋谷センター街で街頭落書き現場視察

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る