Home > 日本創新党キックオフ大会

日本創新党キックオフ大会

P1000318.JPG 日本創新党の事実上の党大会であるキックオフ大会が、港区六本木ヒルズで開催されました。
 我が党は、前杉並区長山田宏を党首として、全国の改革派の首長、そして超党派の地方議員が、平成の創新という理念を共有し、大同団結して結成した新党です。結成に参加した議員には、民主党や自民党などの既存政党を離党した者、あるいは無所属から入党した議員もおります。

P1000331.JPG 会場脇には党本部の街宣車が横付けされ、大会に向け全国各地で遊説活動に参加してきた議員全員が紹介されました。私も遊説隊長としてマイクを握りました。
「地元港区の区議会議員で、当遊説隊隊長でもあります、山本へるみです。本日はようこそ港区六本木ヒルズにご来場頂き、有り難うございます。これから皆様と共に、日本の改革に取り組んで参ります。どうかよろしくお願い申し上げます。」

P1000337.JPG 各議員の紹介に続き、ゲストスピーカーとして、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が登壇しました。民主党政権でこの国はどこに向かおうとしているのか、朝鮮半島情勢が流動化し、日本近海では中国海軍の艦船が出没し、海上自衛隊艦船や海上保安庁巡視船に対する挑発行為が続いていること、そのような情勢の中で、日本の国益を守る政党は日本創新党だけであるという趣旨のお話を賜りました。

 我が党に対する首長応援団として、河村たかし名古屋市長、中村時広松山市長、上田清司埼玉県知事、松沢成文神奈川県知事からも応援の弁を頂きました(河村市長、中村市長は映像紹介)。
P1000356.JPGP1000358.JPGP1000363.JPGP1000369.JPG

P1000373.JPG そしてハイライトとも言うべき、山田宏党首の演説が始まりました。演説の中で党首は、「あと2、3年で日本の破綻が必ず来ると思います。借金の積み重ねが続き、あと2年で日本は純債務国に、あと2年でなるでしょう。誰がツケを返すのか、その意志を示さなければ、日本の評価は下がるばかりです。ツケを返すのは、皆さんの子供や孫であります。是非その子供や孫の痛みを感じようではありませんか。」と訴えました。その時の動画は、以下のURLでご覧になることが出来ます。
 我が党の前途は厳しい状況にありますが、守るべきは自らの身ではなく、国家国民であるとの志をもって、日本の再生に取り組んで参ります。どうか多くの皆様の我が党へのご支持ご声援をよろしくお願い申し上げます。

<関連URL>
山田宏党首の演説動画 
http://www.nippon-soushin.jp/action/speech/post-4.html

Home > 日本創新党キックオフ大会

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る