Home > 海上自衛隊横須賀基地を視察

海上自衛隊横須賀基地を視察

020156_P1020156.jpg 港区防衛親交会 平成22年度海上自衛隊基地研修として、神奈川県横須賀市にある海上自衛隊横須賀基地(左写真)を視察しました。
 同基地の一部施設は米海軍横須賀基地内に間借りした状態となっております。今回の視察訪問先は、まさにその米軍基地内にある海上自衛隊第二潜水隊群司令部及び同群揮下の潜水艦なるしお(SS-595)でした。

 第二潜水隊群司令部では、港区防衛親交会顧問として表敬訪問し、海自側は同司令部首席幕僚の籠谷貴年二等海佐が応対されました。表敬の後、別室にて、この後訪問する潜水艦なるしおに関するブリーフィングを受けました。

 司令部を後にし、潜水艦なるしおを訪問しました。なるしおは、おやしお型潜水艦の6番艦で、平成15年就役、主要性能項目は以下のとおりです。

基準排水2,750トン
全  長81m
最 大 幅8.9m
高  さ10.3m
速  力水上12ノット 水中20ノット
主要兵装水中発射管一式
推進方式ディーゼル電気推進
乗  員約70名

 なるしおの艦上から、垂直の梯子を伝って、まるで奈落の底に落ちるように艦内に入りました。艦内では、潜水艦の司令塔に当たる発令所、食堂、機械室、居住区、発射管室を順に視察しました。発令所では潜望鏡を覗く体験もしました。残念ながら安全保障上の理由により、艦内の詳細をお話しすることはできませんが、事実上の"日本海軍"の潜水艦による哨戒任務の内容や範囲をうかがい知ることができました。 020153_P1020153.jpg

 昼食は、米海軍のオフィサークラブ(将校クラブ)で摂りました。米軍基地では食材を全て米国から運び入れているそうです(右写真:同クラブにある演台にて)。
 ところで、基地内に入る際には、身分証の確認などのセキュリティチェックを受けました。20年ほど前でしたら、自衛官の友人がいれば、その友人が身分証の提示さえすれば同伴で入ることができたのですが、やはり9.11以降警備が厳しくなったようです。日本人から見れば厳しそうな厳戒態勢ですが、これが国際社会の常識的基準なのだと思いました。

Home > 海上自衛隊横須賀基地を視察

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る