Home > 【産業振興】産業交流展を視察

【産業振興】産業交流展を視察

040650_P1040650.jpg 第13回産業交流展が、今月10日から12日までの三日間、東京ビックサイトで開催され、最終日の12日、会場を視察しました。

 会場内は、機械・金属、医療・福祉、環境、情報などのゾーンに分かれ、港区内からの各事業者が、それぞれの専門分野に分かれてブースを設置しました。すべてのブースには、港区の表示板も掲げられ、民間と行政がタッグを組んでいるという産業振興施策の一環を見れたことは喜ばしいと思いました。

040657_P1040657.jpg 出展内容も素晴らしく、間伐材を活用したテーブル(上写真)、屋根付きの車椅子(右写真)、顔認証システムなど、アイデアに富む商品が多く展示されました。

 一方せっかくのアイデア商品も、実用化にはハードルが在るのも事実です。需要件数が少ないと、単価が上がる問題もあります。
 それぞれの展示商品を拝見し、個人的には、区内の福祉施設に、移動支援の一環として屋根付き車椅子を置く、あるいは高齢者の徘徊対策として顔認証システムを導入するなど、アイデア商品の世間への普及を図るべく、まずは区有施設から積極的に活用してもいいのではないかと思いました。
 今後区では、出展支援だけでなく、展示商品が世間に周知され、需要が増えることを目的に、さらなる支援、普及支援を考えていく必要があるのではないでしょうか。

Home > 【産業振興】産業交流展を視察

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る