Home > 麻布小で餅つき大会/明治大学雄辯部120周年

麻布小で餅つき大会/明治大学雄辯部120周年

040906_P1040906.jpg 母校麻布小学校で、餅つき大会が開催されました。
 会場では、お母さん達が中心となり餅米を炊いたり、出来あがった餅を仕分けたり、付き終わった臼を洗ったりしました。
 そして餅をつくのは、男の仕事ということで、お父さん達や地域のボランティアが担い、最後の仕上げを同小の児童達が行いました。
 目の前で、大きな臼に餅がつかれて行く様子は、子供たちにとって興味深いシーンのようでした。お父さん達がつく時には、「よいしょ!」の掛け声が一斉にかかりました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

040915_P1040915.jpg 午後から明治大学雄辯部創部120周年記念式典が、千代田区駿河台にある明治大学アカデミーコモンで開催され、同部OBの一人として出席して参りました。

040920_P1040920.jpg 式典には同大OBでもある村山富市元内閣総理大臣が列席されました。現在の政治状況について、「民主党政権は、官僚と喧嘩しをしていけない。官僚はその分野のプロだ。その官僚をうまく使うことだ。政権の支持率は低迷しているが、さりとて自民党に対する支持率は、それ以下という状況だ。」との元総理の発言は印象的でした。

040928_P1040928.jpg 式典の後、懇親会に移りました。久しぶりに同期の男女と再会し、昔話に花が咲きました。集まった同期は4人。私を除く3人のうち、男子二人は物流会社と生命保険会社の課長に、女子は大学の教員になっておりました。
 現役部員とも交流することできました。またアトラクションでは、明治大学応援団のバンド部とバトン部による演技も披露されました。

Home > 麻布小で餅つき大会/明治大学雄辯部120周年

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る