Home > 【震災】計画節電に絡むニセ電話に注意!

【震災】計画節電に絡むニセ電話に注意!

 東北地方太平洋沖地震で、東京電力福島第一原子力発電所が機能停止となったことを受け、東京電力管内で景買う停電が実施されています。
 このような状況の中、区役所などの職員、東京電力の社員を名乗る人物から不審な電話かかってくる事案が多発しております。

 港区役所並びに東京電力では、計画節電に係る点検と称する戸別訪問は行っておりませんので、騙されないようご注意願います。
 また港区以外に在住されている方も、不審な電話を受けた際には、それぞれの自治体に事実関係を確認されることをお勧めします。

 先日練馬区で区議立候補予定者である松下政経塾の後輩がツイッターに投稿し、練馬区内で、区役所職員や東電社員を名乗り、各家庭を戸別訪問する旨の電話がかかるケースが続発しており、区も東電もそのようなことは行っておりませんのでご注意を、という内容でした。
 早速、港区議会予算特別委員会最終日にこの件を取り上げ、港区でも同様のケースが起きうるので対応を要望致しましたところ、港区のホームページに注意を呼び掛けるページが掲載されました。

 実は先週末、私の自宅にも、東京電力の保安会社を名乗る男から電話が入り、「そちらのビルのエレベータの状況を点検しにうかがいたい。」と言いました。私が「うちのマンションにはエレベータは無いよ。」と言うと、「では対象外ですので・・・。」、さらに私が「相手の状況も確認しないで電話するの?」と聞くと、一方的に切られてしまいました。
 そもそも港区は、他の自治体の方には申し訳ないのですが、計画停電の対象区になっていませんので、論理上もおかしな話です。

 このようなケースの他、震災被害に絡む悪徳商法も横行しているようです。くれぐれもご注意願います。

Home > 【震災】計画節電に絡むニセ電話に注意!

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る