Home > 【拉致】国民大集会 開催

【拉致】国民大集会 開催

0498.jpg 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(代表 飯塚繁雄)、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(会長 西岡力)、北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(会長 平沼赳夫)、以上三団体主催による国民大集会が、本日日比谷公会堂で開催されました。

 集会の様子は、日本文化チャンネル桜の番組、拉致問題アワー(動画サイトYou Tube)でご覧になれます。

 以下は主催団体の一つ、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(通称救う会)のメルマガの記事より転載です。

 家族会・救う会・拉致議連は本日(5月8日)午後2時から5時まで、東京都内の日比谷
公会堂で「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」を開催した。大地震の影響
が残る中、全国各地から1300人が参加して拉致被害者救出に対する国民のかわらない
熱気を証明した。詳しい内容は追って報告する。大会で採択された決議をお送りする。

■ すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会 決 議

私たちは本日、「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」を開催した。東日
本大震災で日本が大きな挑戦を受けている中での集会である。被災者の皆様には心か
らお見舞い申し上げたい。被災者を助けようとする努力と拉致被害者救出は、いのち
の大切さという点で同じものだ。

 5人の被害者は取り戻せたものの、まだ多くの同胞が自由を奪われ助けを待っている。
金正日政権の非道さと、我が国政府のふがいなさに改めて強い怒りを禁じえない。私
たちは今日、多くの被害者が生きて彼の地で助けを待っていることを確認した。「生
きているのになぜ助けられないのか」これが私たちの心の底からの叫びだ。

 独裁者の健康悪化とさまざまな制裁の効果で、北朝鮮体制はかなり追い込まれてき
た。優先的に食糧を供給されていた軍人の飢えが深刻化し、脱営が頻繁化している。
金正日は20代の3男を後継者としたが、権力層内部も一枚岩ではない。苦し紛れに行っ
た天安艦爆沈と延坪島砲撃の暴挙で、韓国も支援を止め制裁の輪に加わった。拉致被
害者情報もこれまで以上に流出し始めている。北朝鮮情勢は緊迫の度を増す一方であ
る。

 政府は担当大臣と対策本部体制の下、様々な活動をしている。11月には私たちの要
求を入れ、新たな8項目方針を決めた。朝鮮学校への国庫補助も手続きを中断した。し
かし、拉致を理由にした全面制裁はまだ発動していない。何より、被害者救出という
結果が出ていない。

 すべての被害者の安全と早期救出を実現するためには、「全ての拉致被害者の帰国
なしに日本は絶対に譲歩しない」という我が国民の決意を示しつづけながら、制裁と
国際連携の圧力で北朝鮮を交渉の場に引き出すことが必要だ。また、いつ何が起こる
か分からない北朝鮮情勢の下で、緊急事態発生時の救出計画を準備しておかなければ
ならない。私たちは次のことを強く求める。

1.金正日政権は、全ての拉致被害者をいますぐ返せ。
2.政府は、全ての被害者を取り戻すまで譲歩しないとの国家意思を示すため、拉致問
題を理由として送金停止と人の往来の全面停止を断行せよ。政府と関係地方自治体は、
朝鮮学校への公的支援を止めよ。
3.政府は、特定失踪者など拉致の可能性のある事案の捜査調査に全力を挙げ、寺越事
件をはじめとする拉致が明確な事案の認定を急げ。
4.政府は、緊急時の拉致被害者救出計画を準備し、関係各国にも働きかけよ。

 平成23年5月8日 「国民大集会」参加者一同

Home > 【拉致】国民大集会 開催

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る