Home > 【「慰安婦」像問題】明日訪米へ

【「慰安婦」像問題】明日訪米へ

 私は1月14日から18日まで(共に日本時間)、カリフルニア州グレンデール市に建てられた、韓国側のいう「従軍慰安婦」像視察等のため、超党派地方議員団、「慰安婦像設置に抗議する全国地方議員の会」の一員として渡米し、同像が建てられた同市他を訪れます。
 「慰安婦」像の視察と共に、同市議会を訪問し抗議の意を伝えます。同時に日米友好の重要性についても訴えて来たいと思います。
 今回の訪米は、松浦芳子杉並区議会議員を代表に、神奈川県、狛江市、大和市、港区、杉並区、足立区、松戸市、上越市、堺市の各議員(前職含む)と女性団体の代表者と通訳を加え、総勢13名の陣容です。内女性参加者は5名。所属党派も、自民、維新、みんな、それに無所属で、日本維新の会からの参加者は、私山本です。同像設置に抗議に賛同署名して頂きました地方議員は、既に300名以上に上りました。
 大戦後、私達は当時の連合国側の主張に基づく歴史観教育を施された上、既に国家間で決着のついた戦後補償についても、日本の一部のアホな売国的政治家のおかげで、何回も蒸し返されるような事態が続いております。この機会に、国際的規模で進む反日プロパガンダ工作の実態解明を図り、皆様にご報告させて頂きたいと存じます。

Home > 【「慰安婦」像問題】明日訪米へ

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る