Home > 活動報告 > 産業振興

産業振興

【産業振興】六本木商店街新年会

2600000661:ブログ用写真(DSC04959).jpg
 平成26年六本木商店街振興組合新年賀詞交換会が、ANAインターコンチネンタルホテル似て開催されました。
 私は同組合の理事として参加致しましたが、今年は司会の大役を仰せつかるに至り(写真下)、光栄至極に存じます。
2600000674:ブログ用写真.jpg

写真上:挨拶をする青野信次六本木商店街振興組合理事長

【産業振興】港区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定

(港区のホームページより)
 港区では、仕事と子育ての両立や、男女がともに働きやすい職場を実現するためにワーク・ライフ・バランスに取り組んでいる中小企業を「港区ワーク・ライフ・バランス推進企業」として認定し、その活動を積極的に後押ししています。
 このたび、平成25年度の新規認定企業が決定しました。
 詳しくは、港区のホームページ 「港区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定事業」平成25年度の新規認定企業が決定しましたをご参照下さい。

【産業振興】麻布法人会プラスワンパーティー

2573091102:プラスワン写真(ブログ投稿用).JPG 公益社団法人麻布法人会(坂本章二会長)主催による「プラスワンパーティー」が、明治記念館で開催され、会員の一人として参加して参りました。
 今月は会員増強月間で、新しい仲間を増やして行くための取り組みが進められておりますが、それに先立ち同会の全役員が一堂に会し、会員の皆さんとの親交を深めるために開催されました。
 今年は私事で、この夏まで麻布法人会の活動にも参加できないでおりましたが、ようやく落ち着きましたので、今後は率先して参加して参りたいと思います。

【産業振興】麻布法人会バーベキュー懇親会(30日)

2566001202:台場BBQ写真(投稿用データ).jpg 公益社団法人麻布法人会主催のバーベキュー懇親会が、昨日東京青海に在るダイバーシティー東京の屋上で開催され、会員として出席致しました。

【産業振興】六本木商店街振興組合新年会

 六本木商店街振興組合の平成25年新年会が、ANAインターコンチネンタルホテルで開催され、同組合理事の一人として参加致しました。

【産業振興】麻布法人会 最乗寺へハイキング

平成24年11月10日、麻布法人会の親睦事業として、曹洞宗大雄山最乗寺へのハイキングが行われました。

【産業振興】ものづくり商業観光フェア

 東京ミッドタウンで、第4回港区ものづくり・商業観光フェアが開催され、六本木商店街振興組合理事として参加致しました。

【六本木】商店街暑気払い

0964.jpg 六本木商店街振興組合(青野信次理事長)理事会の暑気払いが、駒形どぜうで開催され、理事の一人として参加致しました。

【六本木】商店街理事会

 六本木商店街振興組合(青野信次理事長)定例理事会が、六本木ロアビル6階に在る同組合事務所にて開会され、理事の一員として参加致しました。同組合理事に復帰してから最初の理事会です。
 今回の議題は以下のとおりです。
 1.麻布消防署定例報告
 2.新規加入審議、脱退報告
 3.総会を振り返って
 4.組織、役割、業務分担
 5.各部年間活動方針、事業内容、遂行計画
 消防報告では、先の広島で発生したホテル火災を機に、管内の宿泊施設に対する緊急一斉点検を行っていることについて、オブザーバー参加の麻布消防署査察係長より報告が行われました(報告終了後、同係長は退席)。
 加入・脱退報告では、新たに二社が加入、また一社が脱退したことが報告されました。
 組織・役割・業務分担では、同組合内各部門への副理事長及び理事の配置について報告がなされ、私は、街づくり部、教育情報広報部、パトロール隊の各部門を担当することになりました。
 今後も六本木商店街振興組合理事としての活動報告を皆様に行いたいと思います。


【産業振興】麻布法人会新年会

 社団法人麻布法人会の新年会が、明治記念館で開催され、出席して参りました。

【産業振興】六本木商店街振興組合新年会

 六本木商店街振興組合の新年会が、ANAインターコンチネンタルホテルで開催され、出席して参りました。
 新年会に先立ち、六本木デザイナーズフラッグコンテスト2012表彰式も行われ、優秀作品8点が選ばれました。
(関連URL)http://www.ractive-roppongi.com/10programs/flags.shtml

【六本木】六本木マスカレード 仮装の祭典2011

1019.jpg1220.jpg
 「六本木マスカレード 仮想の祭典2011」(主催:六本木商店街振興組合)が、星条旗通り(六本木七丁目)の道路を歩行者天国にして開催されました。
 仮装をテーマにしたこのイベントは、昨年に続いて2回目の開催となります。当日私は、メインステージが置かれた政策大学院大学前広場とパレードの誘導スタッフとして参加致しました。
 同通りには、六本木商店街の各店舗が出店を開店し、来客者で大いに賑わいました。パレードでは、麻布小学校の児童などからなるバトンチームの皆さんを先頭に、俳優座や一般参加者の皆さんが、マスクを付けて、外苑東通りを行進しました。

ラクティブ六本木:RACTIVE ROPPONGI
【六本木】仮装の祭典 Roppongi Masquerade(平成22年11月21日 当サイト記事)

【視察】産業交流展2011を視察

2233.jpg 東京ビックサイトで開催された産業交流展2011を視察致しました。
 同交流展は、東京都内の各地で物づくりに勤しむ皆さんが、その得意技や技術を披露し合うイベントです。

 数年前から私が注目しているのが、オールライト工業所(港区芝大門)さんが製作しているウェザーキャップ付きの車椅子です。車椅子にキャップを付けることで、雨の日でも外出することが出来るようになります。同社では今年、この技術を応用し、築地市場で活用されている運搬車にキャップを取り付けるという新しい試みを実用しました(写真)。
 間伐材を活用に取り組む正和製作所(港区東麻布)では、今年は東日本大震災被災地の間伐材を活用した家具が展示されておりました。
 ファイブギア(港区西麻布)さんのびっくり仰天絵本。絵本に登場するキャラクターに、子供や家族の顔を貼り付け、我が子が主人公となるような、物語の中に家族が入り込んでいくような、ユニークな絵本が紹介されておりました。

 港区以外の地域からも様々な展示が行われておりましたが、中でも震災復興支援ゾーンの中の一つ、みやぎ優れMONO発信事業委員会(仙台市泉区)さんによる枝豆皮抜き機は、枝豆を機会に入れるだけで、自動的に皮がむけて豆だけになるという、文字通り優れものであります。

 様々な技術展示を拝見致しましたが、これからもこのようなアイデア、夢、志のある会社が発展できるよう、皆さんと知恵や知識を出し合って、物づくりの街、港区を創って参りたいと思います。

第13回産業交流展

【港区】港区商店グランプリ 参加店舗募集

 以下港区ポータルサイトからの転載です。

 港区商店グランプリは、港区・港区商店街連合会・港区商店街振興組合連合会が主催し、顧客満足やサービス向上のために、時代の要請に即応しながら、意欲的、積極的に商店経営に努めている区内商店を審査、表彰することにより、商店経営の改善発展を図り、区内商業の振興に寄与することを目的とした事業です。
お客様が「ほっと」できるサービス・工夫のあるお店の応募をお待ちしています。

~笑顔あふれる「ほっとなお店」~
募集チラシはこちらから

☆対象店舗
 港区内に店舗を有する小売業及び飲食業、サービス業で、資本金もしくは出資金の総額が5千万円以下の店舗、または常時雇用する従業員数がサービス業の場合は100人以下、小売業及び飲食業の場合は50人以下の店舗であること。(ただし、パチンコ店、ゲームセンター、チケット販売業、不動産業、金融業等、病院、医院、規格化されたフランチャイズチェーン店、風俗営業又はそれに類似する業種を除く。)

☆募集店舗数
【商店会推薦枠】8店舗(申込順)
  加入する区内商店会長の推薦が必要です。
【一般公募枠】2店舗(予定)
  現在地で1年以上継続し営業していることが必要です。

☆申込方法
 申込書と調書を作成し、郵送またはファックスでご提出ください。
 ① 参加申込書(商店会推薦用)様式1
 ② 参加申込書(一般公募用)様式2
 ③ 調書(共通)様式3

☆募集締切
 平成23年9月14日(水曜)

☆参加費用
 5,000円 (商店グランプリ参加決定後に要する費用です。)

☆その他
○参加店舗の正式決定は、9月下旬を予定しています。
○審査員の巡回による現地審査を10月24日(月曜)に予定しています。
○表彰式を平成24年1月27日(金曜)に開催する予定です。
○各受賞店舗の概要や写真を「港区商店グランプリ受賞店舗ガイドブック」等で紹介します。

☆申込先
 郵便番号105-8511
 港区芝公園1丁目5番25号 港区役所3階
 「港区商店街連合会事務局」宛て
 ファックス:03-3578-1242
 問い合わせ電話:03-3578-2555

☆問い合わせ
 産業振興課産業振興係
 電話:(代表)03-3578-2111(内線:2553)
 ファックス:03-3578-2559

【法人会】麻布法人会社会貢献委員会

 午後3時より、社団法人麻布法人会社会貢献委員会が、同会事務局会議室(元麻布)で開催され、委員の一人として出席致しました。
 私は5年ほど前まで、同委員会の委員をしておりましたが、その後別の委員会に移り、今年再び古巣に戻る形になりました。
 今回の主要議題は、本年度委員会活動の実施内容についてで、具体的には、
○ 献血活動について
○ みなと区民まつりについて(本年10月8日・9日開催)
○ Pカード・切手回収について
○ 健康&クリーンウォーキングについて
○ GRSについて
○ CO2削減計画について
以上について話し合われました。

産業振興:みなと社交料飲組合総会懇親会に出席

 みなと社交料飲組合(西村一雄会長)の総会懇親会に、来賓としてお招きいただきました。
 同組合は、港区でバー、スナック、クラブ、キャバレー、パブ等を営業している皆さんの組合で、議員時代からお世話になっております。
 皆様へのご挨拶で、この度の選挙戦でお世話になったことの謝辞、議席奪還に向けた欠表明を述べた後、以前より組合の皆さんが懸念されている課題で、夜間六本木の路上で頻繁に発生している不良外国人による迷惑な客引き行為に対して、その一掃に向け、引き続き取り組みを継続して行きたいと申し上げました。

みなと社交料飲組合のホームページ

【産業振興】六本木商店街振興組合総会

 六本木商店街振興組合(青野信次理事長)第16回通常総会が、国際文化会館にて開会されました。
 総会では、第1号議案 平成22年度決算関係書類承認の件(事業報告・財産目録・貸借対照表・損益計算書・剰余金処分案・監査意見書)、第2号議案 平成23年度事業計画並びに予算決定の件、第3号議案 平成23年度借入金の最高限度額決定の件、以上の各議案が審議され、いずれも満場一致の承認を得ました。
 総会終了後、NPO法人まちづくり協会理事長、三橋重昭氏の講演会、そして懇親会が開催されました。

【駅頭】麻布十番1番口

460378_P1060378.jpg 今朝は、東京メトロ南北線麻布十番駅1番口にて、区政報告ビラ「街頭報告」を配布しました。
 
 偶然近くでフォーラム民主の阿部浩子議員が演説をされていました。
 昨年まで同じ会派にいた好で、阿部議員の写真を撮ってあげましたところ、彼女も私の写真を撮ってくれました(上写真)。阿部サン、有り難うございました。

460380_P1060380.jpg 夜は、JR田町駅芝浦口にて、同じくビラ配布活動を行いました。

自衛隊情報保全隊による監視?

 今夜、平成23年産業団体連合会新春賀詞交換会が東京プリンスホテルで開催され、来賓の一人として出席させて頂きました。

 ところで、今月24日の報道によりますと、自衛隊情報保全隊が、保守系運動体の集会に隊員を潜入させ、集会への自衛隊員の参加の有無について、監視活動を行っていたとのことであります。
 情報保全隊とは、防諜(スパイ対策)や隊員の思想信条調査など、自衛官の動向を監視することを目的に創設された部隊です。
 それまで防衛庁長官直轄部隊として活動していた中央調査隊、及び陸海空三自衛隊にそれぞれ置かれていた調査隊が、平成15年に廃止再編され、防衛大臣直轄部隊として、三自衛隊にそれぞれ情報保全隊が創設されました。そして平成21年にこれら三隊が再編され、新たに統合幕僚長直轄の情報保全隊が発足しました。数年前に左派系市民団体に対する監視活動が公になり、騒動となったことをご記憶の方もおられるかもしれません。

 今回問題となったのは、12月1日に、虎ノ門に在るニッショーホールで開催された、保守系運動団体「頑張れ!日本」主催による民主党政権打倒を訴える趣旨の集会です。実はこの集会に、私も弁士として参加しております(下記動画参照)。
 この集会で司会を務めたのが、タレントの葛城奈海さんでしたが、現役の予備自衛官でもあります。この集会の後、自衛隊関連行事で司会を務める予定でしたが、自衛隊側から断られた経緯があります。おそらくは保全隊の監視活動の結果でしょう。それでも彼女は、日本を愛する気持ち、そしてその日本を防衛する自衛隊の皆さんへの信頼は揺るがないと、後日述べておりました。素晴らしい女性です。
 私の支援者にも、女性を含め予備自衛官の方々がおります。このブログも監視の対象となっているのでしょうか。情報保全隊の皆さん、私には隠し事はありませんので、どうぞホームページの隅々までご覧いただきたいと思います。
 私は監視されることにはなれています。と言いますのも、かってそして今も、私は公安当局の視察対象となっております。視察とは、警察用語で監視を意味します。別段悪い事をしたわけではなく、保守系の市民運動に参加していたこと、特に北朝鮮拉致被害者救出運動では、現場の責任者を担っていたこともあり、公安当局が関心を持つこと自体、当然のことであり、またそうでなければ日本の公共の安寧、すなわち公安は保てないのであります。
 むしろ日本の事実上の軍隊である自衛隊の防諜部門から監視されることは名誉なことかもしれませんね。もっとも自らに都合の悪いことにはフタをしようとする現政権の命令に従わなければならない皆さんには、心からの同情を禁じえません。

 当該集会の折の私の演説に様子が、動画サイトYou tubeに投稿されておりますので、以下ご参照下さい。投稿された88sikokuさん、有り難うございました。

<関連URL>
自然と調和する社会を目指して


【遊説】自転車遊説(六本木七)/みなと支部新年会

460292_P1060292.jpg460293_P1060293.jpg
 午後、六本木七丁目において、自転車遊説を行いました。

 夜、グランドプリンスホテル高輪で開催されました、東京都理容生活衛生同業組合みなと支部の新年会に出席して参りました。
 その後、お台場海浜公園駅北口で、区政報告「街頭報告 台場版平成23年1号」の配布活動を行いましたが、雨天でビラの受け取り状況が芳しくなく、途中で中断しました。

【主張】法人税減税について

 管首相が、昨年12月中旬、法人税を5%減税する方針を明らかにしました。このことについて、少し時期が遅れましたが、私の見解を明らかに致します。

 昨年夏の参院選で、山田宏日本創新党党首も法人税の減税について言及をしておりました。
 確かに、我が国の法人税率は、これまで40%で、中国の25%、韓国やEU各国平均の24%に比べ、高いと思います。その点では減税は間違ってはおりませんが、今回発表の5%程度では、債務の返済や内部留保に留まり、期待される海外からの投資拡大にはつながらないとの意見もあります。
 また相続税の増税や所得控除の上限固定化など、富裕層から税金を取る姿勢も明らかです。富裕層を虐めると、一見拍手喝さいを浴びるかもしれませんが、これは単なる大衆迎合主義です。税負担に嫌気がさした富裕層が、地域や国を出て行くようになれば、その分税収は下がり、予算も縮減を余儀なくされます。そして、最終的には社会の底辺に居る人々にしわ寄せが起きることになります。
 政府の減税案に関する党見解をまとめるよう、既に党本部は要請をしております。今現在私個人は、EUや韓国レベルの税率にするべく、今回の政府案よりさらに10%以上の減税を求めて行くべきだと考えております。

六本木商店街振興組合新年会

060081_P1060161.jpg060082_P1060184.jpg
 「平成23年 六本木商店街振興組合 新年賀詞交歓会」が、ANAインターコンチネンタルホテルで開催されました。私も同組合の組合員です。
 新年会に先立ち、六本木デザイナーズフラッグコンテストの表彰式が行われました(左上写真)。一般公募で選ばれたデザインの旗が、外苑東通りや六本木通り沿いの街路灯に、今後順次掲揚されていきます。
 表彰式の後、新年会が開催され、会の冒頭、青野信次理事長が挨拶に立ちました(右上写真)。
 議員就任から4年が経過しましたが、港区議会の予算・決算各特別委員会では、商店街振興などを含む産業経済費の審議時間が、他の項目にかけ極端に短いことに驚いております。議会はそのような状況ですが、私は産業経済の振興に力を入れて行きたいと思います。もちろん港区議は、全港区民の奉仕者でありますが、特に人生の大半を過ごしている六本木の商店街振興には、特段の関心を持って参りたいと思います。

060083_P1060193.jpg 新年会終了後、麻布十番駅1番口にて、区政報告を配布する活動を行いました。

【六本木】仮装の祭典 Roppongi Masquerade

050080_P1050080.jpg 「第一回仮装の祭典 2010 Roppongi Masquerade」が、星条旗通り(六本木七丁目)で開催されました。

 『Roppongi Masquerade(六本木マスカレード)』のテーマは「マスク」です。星条旗通りを中心に、街路灯に「仮面」のアート装飾を施し、六本木は芸術的な街に変身します。イベントステージを設置し、民族舞踊や伝統文化の披露、仮面作り体験ワークショップや、パレード、仮面人気投票等、様々なイベントを実施します。メイン会場となる星条旗通りでは、六本木自慢の飲食店はもちろん、多くの露店が出店し、賑わいを後押しします。(港区ポータルサイトより)

 私も上の写真の様ないでたちで、会場内をまわりました。顔も体も隠し、仮装するような経験は普段余り無いだけに、ある種妙な気分になりました。

050020_P1050020.jpg 正午と午後三時の二回、仮装パレードが外苑東通りで行われました。パレードには麻布小の児童らで構成される麻布バトンクラブ、俳優座研究生、一般参加者などが行列を組んで、星条旗、ミッドタウン前、六本木交差点、ロアビル前を往復行進しました。

 今回は第一回ですが、来年以降も、この様な面白い企画が開催されることを期待します。

【産業振興】産業交流展を視察

040650_P1040650.jpg 第13回産業交流展が、今月10日から12日までの三日間、東京ビックサイトで開催され、最終日の12日、会場を視察しました。

 会場内は、機械・金属、医療・福祉、環境、情報などのゾーンに分かれ、港区内からの各事業者が、それぞれの専門分野に分かれてブースを設置しました。すべてのブースには、港区の表示板も掲げられ、民間と行政がタッグを組んでいるという産業振興施策の一環を見れたことは喜ばしいと思いました。

040657_P1040657.jpg 出展内容も素晴らしく、間伐材を活用したテーブル(上写真)、屋根付きの車椅子(右写真)、顔認証システムなど、アイデアに富む商品が多く展示されました。

 一方せっかくのアイデア商品も、実用化にはハードルが在るのも事実です。需要件数が少ないと、単価が上がる問題もあります。
 それぞれの展示商品を拝見し、個人的には、区内の福祉施設に、移動支援の一環として屋根付き車椅子を置く、あるいは高齢者の徘徊対策として顔認証システムを導入するなど、アイデア商品の世間への普及を図るべく、まずは区有施設から積極的に活用してもいいのではないかと思いました。
 今後区では、出展支援だけでなく、展示商品が世間に周知され、需要が増えることを目的に、さらなる支援、普及支援を考えていく必要があるのではないでしょうか。

東京国際映画祭~ソーシャル・ネットワークを観賞

040311_P1040311.jpg 第23回東京国際映画祭が開幕し、その開会式の招待されました。

 毎年映画祭初日には、特別招待作品が上映され観賞しておりますが、今年は「ソーシャル・ネットワーク」(監督:デヴィッド・フィンチャー)でした。
 あらすじを、東京国際映画祭ホームページから引用します。

 2003年の秋の夜、ハーバード大の学生であり、コンピュータ・プログラミングの天才=マーク・ザッカーバーグはPCに向かって座り、ある新しいアイデアに夢中になっていた。大学寮の小さな一室で始めたブログやプログラミングに対する彼の激しい情熱は、すぐに世界的なソーシャル・ネットワーク・サービスへと成長し、コミュニケーションの革命を起こすことになる。わずか6年で5億人が登録。マーク・ザッカーバーグは歴史上もっとも若い億万長者となった。しかしこの成功と同時に、彼には複雑な人間関係と、権利トラブルが待ち受けていた...。

 とてもおもしろいストーリーでした。世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)に成長した「フェイスブック」の創立者が主人公で、実際の出来事に脚色を加えた内容となっております。まあ、どこの国にも、恋愛下手で、趣味に没頭するオタク学生がいるものだと思いましたし、「フェイス・ブック」が拡大していく中で展開される人間模様も見どころでした。一般公開されましたら、皆さんにも是非お勧めしたい作品です。

<ソーシャルネットワーク公式サイト>
http://www.socialnetwork-movie.jp/site/

印刷組合の暑気払いへ

 東京都印刷工業組合港支部の暑気払いが、アジュール竹芝にある銀座アスターで開催されました。
 皆様の前でご挨拶をすることとなり、印刷業の皆様は私ども議員にとっては大切なパートナーの存在であること、地元企業の皆様と力を合わせて港区の発展や産業振興に努めたいこと、若輩者ですがよろしくお願い申し上げます、とご挨拶させていただきました。

六本木商店街振興組合総会(27日)

P1000234.JPG 昨日六本木商店街振興組合の総会・懇親会に、組合員として出席致しました。
 長い間同組合理事長としての任に就いておられた後藤譲氏に代わり、今年度青野信次(株式会社 麻布 青野総本舗 代表取締役社長)新理事長が選出されました。総会後の懇親会では、新しい理事の皆さんが紹介されました(写真)。

<関連URL>
和菓子老舗東京麻布青野総本舗 http://www.azabu-aono.com/shop/


理容組合みなと支部新年会

21J議284-6799.jpg 東京都理容生活衛生同業組合みなと支部の新年会が、グランドプリンスホテル新高輪で開催され、港区議会議員として出席して参りました。
 政治家にとって、髪の毛は、ある意味"命"といっても過言ではない物で、その意味では床屋さん、美容師さんとは"切っても切れない仲"でしょうか。
 みなと支部の皆さんのご発展ご活躍を心よりお祈り申し上げます。
(写真:新年の挨拶を行う佐久間輝夫東京都理容生活衛生同業組合みなと支部長)

印刷工業組合新年会

21J政276-6773.jpg 東京都印刷工業組合港支部新年会が、八芳園(港区白金台)に出席して参りました。
 小島猛支部長は、挨拶の中で、「景気低迷の折、より印刷組合が紙メディアとして連携し、生き残るにはどうすればいいのか。もっと日本人は自信を持っていいのではないか。結果的にダメであっても、自信をもって仕事に取り組む姿勢が大事だ。」などと述べられました(写真)。

<関連URL>

都税事務所訪問/六本木商店街振興組合新年会

21J議275-6463.jpg 麻布台三丁目に東京都港都税事務所が新設され、午後から地元麻ノ葉町会の一員として所内を見学しました。同事務所は、以前三田の札の辻交差点脇にありましたが、このほど現在地に移転して参りました。私が少年時代は、お蕎麦屋さんがあったところで、外苑東通りを挟んで日本郵政公社飯倉分館が在ります。
 所内組織として、管理業務を担当する総務課、土地家屋の評価などを担当する固定資産評価課、固定資産税の課税などを担当する固定資産税課、軽油引取税や都たばこ税などを担当する事業税課、法人事業税などを担当する法人事業税課、徴収を行う徴収課から構成されます。
 各部署に分かれておりますが、上の写真のとおり、納税・評価証明書等の発行・法人事業税や都民税の申告などが、一階の簡易受付コーナーで一括して行われ、利用者には便利な仕組みとなってすくみとなっております。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


 夕方からANAインターコンチネンタルホテルにて、六本木商店街振興組合の新年賀詞会が開催されました。
 新年会に先立ち、六本木デザイナーズフラッグコンテストの表彰式が行われました(写真)。今年これらのフラッグが、六本木の街路を飾ることになります。
21J議275-6484.jpg 六本木は日本有数の繁華街であり、また国際的にも認知度の高い地区です。国内のみならず海外からも多くの来街者が来る場所です。路上客引きや薬物取引などの問題も目にしますが、この街で育った者として、責任感を持って守って参りたいと思います。
 後藤譲同組合理事長の挨拶の後、谷口光一六本木町会長のご発声による乾杯で懇親会が始まりました。

産業交流展2009

0911084762.jpg 東京ビッグサイトで開催された「第12回産業交流展2009」を視察して参りました。中小企業による国内最大級のトレードショーで、主催団体である産業交流展2009実行委員会には、東京都、東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、(株)東京ビッグサイト、(財)東京都中小企業振興公社、(地独)東京都立産業技術研究センターが参加、また後援団体として、(社)東京工業団体連合会、(独)中小企業基盤整備機構、東京信用保証協会、東京中小企業投資育成株式会社 が参加しました。

0911084765.jpg 港区からは、「みなとものづくりルネッサンス」がブースを出し、上の写真の様なフード付きの車椅子が展示されていました。雨の日でも出掛けられるための工夫です。丁度今から一年前に、汐留シオサイトで開催された「ものづくり・商業観光フェア」でも同じような車椅子が展示され、この時は黒色のフードでしたが、今回は改良され透明のフードとなりました。前方が見えるようにするために、再度工夫した結果だそうです。
 こういう地元の皆さんの工夫が、区政にも反映されるように努めて参りたいと思います。

参考URL
みなとものづくりルネッサンス http://www.minato-mmr.net/
ものづくり・商業観光フェアにて http://herumi.jp/giin/sangyou/post_13.php

東京都赤十字血液センターを訪問

0910294403.jpg 日本赤十字社東京都赤十字血液センターを、麻布法人会と港区産業団体連合会の皆さんと訪問致しました。
 同社と共同で、麻布法人会では平成12年からこれまで29回、また港区産業団体連合会では先に開催された港区民祭りで初めて献血活動を開催しており、この10年間私もボランティアとして参加して参りました。献血がどのように製剤化されてくのか、その現場を見学することが訪問の目的です。
 まず松崎政治東京都血液センター献血一部長から概要の説明を受けました。同センターでは、1都4県から送られて来る血液の検査、また1都1県への製剤の搬出を行い、1年間で130万体の検査(全国の4分の1)、そして同じく85万体の製剤を製造しているそうです。
 その後センター内の見学に移り、肝炎やエイズなどのウィルスを防ぐ核酸増幅部門、血液受け入れ後の血液型の分類、感染症検査や赤血球などの血球計数、それに白血球抗原検査を行う検査部門、赤血球製剤、血漿製剤、そして血小板製剤を製造する製剤部門、実際に医療機関に血液を搬送する供給部門を順に回りました。
 製剤の実質保存期間が驚いたことに、赤血球製剤が2週間、血小板製剤が2日半で、極めて限られたものであります。
 今後の血液事業の推移ですが、松崎部長によれば昨年度の献血者数が508万人で、それまでの減少傾向から変わり久々に14万人増えたとのことですが、血液需要の増大は続き、少子高齢化により輸血を受ける人の大半が高齢者となっているようです。一方献血供給者は今や40~50歳代が主流ですが、10年間で生産年齢が740万人減少することが予想されています。
 需要が高まりながらも供給が減り、上述の通り血液製剤の保存期間も短く、予断を許さない状況が続きそうです。日本赤十字社では、今年10月に秋葉原に献血ルーム「akiba:F」を開設し若年層の献血数の増加、そして1人の年間献血回数の複数化などの献血普及に努めております。

麻布法人会ハイキング

 麻布法人会主催による第31回ハイキングに行きました。例年であれば、4月ないしは5月頃の開催となるのですが、今年は10月になりました。
 今回は千葉県の上総一ノ宮を散策して参りました。およそ30名ほどのメンバーで、上総一ノ宮駅を始点に、玉前神社、憩いの森、洞底湖、「いそかつ」(昼食場所)と、およそ2時間半の行程でした。天気予報では曇り後晴れでしたが、実際には途中から雨が降りだすというハプニングも起きましたが、無事歩き切りました。

東京国際映画祭

 第22回東京国際映画祭が、今月17日から25日まで、六本木ヒルズで開催されています。

 けやき坂には、エコをテーマにしたグリーンカーペットが敷かれました。私は芸能人ではないので、ここを歩くことはありませんが、同映画祭オープニング作品「オーシャンズ」の、世界最速のワールドプレミア上映への招待を受けました。

2110203162.jpg フランスの映画で、ジャック・ペランとジャック・クルーゾー両監督による作品で、海洋の中での生き物の様子が描かれています。今回は世界初公開なので日本語の字幕が付きましたが、来年1月の日本公開では、宮沢りえさんのナレーションが吹き込まれるとのことでした。

 ところで、上映前の挨拶で、鳩山首相が友愛について言及しておりましたが、映画の中で海洋生物同士の弱肉強食の様子が描かれており、私の後ろに座っていた観客が、「全然友愛じゃないじゃん。」とこぼしていました。そのとおりで、実は国際社会も、まさに弱肉強食の世界です。日本を外敵から守る必要を併せて痛感しました。

※東京国際映画祭ホームページ http://www.tiff-jp.net/ja/
※映画「オーシャンズ」ホームページ http://oceans.gaga.ne.jp/

しおかぜ公園でバーべキューパーティー

2110203123.jpg 東京都理容生活衛生同業組合みなと支部青年部主催によるバーベキューパーティーに参加致しました。会場は台場に近くのしおかぜ公園。この公園は、実は港区ではなく品川区のエリアに属します。

 支部の皆さんが調理した料理は大変美味しく、また天候にも恵まれ楽しいひと時でありました。

印刷組合納涼祭

 東京都印刷工業組合港支部(小島猛支部長)主催の納涼祭に出席して参りました。議員関係では、都議会から大塚たかあき議員(民主)、代理出席できたしろ勝彦議員(自民)、区議会からは菅野弘一議員(自民)、それに山本が出席致しました。
 納涼祭に先立ち、加盟企業に永年勤続10年の従業員の皆さんに対する表彰式も行われました。おめでとうございます。
 宴会中ご氏名を受け演壇よりご挨拶を申し上げました。

 民主党港区議会議員の、山本へるみです。東京都印刷工業組合港支部の皆様、本日はご盛会誠におめでとうございます。また永年勤続表彰を受けられた従業員の皆様にもお祝い申し上げます。
 いろいろと厳しい情勢が続いておりますが、私は皆様と力を合わせることで、必ずやこの難局を乗り越えられるものと信じております。
 私事で恐縮ですが、先の区議会定例会で異動となり、この度総務常任委員会副委員長を拝命致しました。所掌事務の中には、区との契約関連も含まれております。何か皆様のお仕事で、お困り事などがございましたら、何なりとご相談下さい。
 来月16日からは、次の定例会が開催されます。印刷に携わる皆様の声を、区政に反映して参りますので、ご意見やご相談をお気軽にお寄せ下さい。
 本日はおめでとうございます。

東京河川改修促進連盟大会/麻布法人会総会

 第47回東京河川改修促進連盟総会及び促進大会に、港区議会建設常任委員会の一員として参加して参りました。同委員会からは、林田和雄委員長(公明)、鈴木洋一副委員長(自民)、古川伸一委員(公明)、二島豊司委員(自民)も参加しました。DSC08311.JPG

 同日夕方、第39回社団法人麻布法人会通常総会に出席致しました。私の実家の会社も法人会員です。総会では、吉田正昭会長の再任と執行部の布陣が承認されました。

港区商店街連合会/東京都印刷業組合港支部

 港区商店街連合会(区商連)総会の懇親会に出席して参りました。私も同商店街加盟の六本木商店街振興組合の組合員でもあります。議員就任以前、六本木商店街振興組合の理事として、区商連総会及び懇親会の受付業務に立ったことがあります。区議会議員として、商店会の皆様の区政に対する受付としての役割を果たしたいと思います。

DSC08252.JPG挨拶に立つ須永達雄港区商店街連合会会長。
DSC08291.JPG来賓挨拶に立つ大塚たかあき民主党東京都議会議員。
DSC08298.JPG来賓紹介を受ける区議会議員。左から森野弘司郎議員(自民党)、近藤まさ子議員(公明党)、山本へるみ。

 区商連懇親会の後、東京都印刷業組合港支部の総会懇親会に参加して参りました。印刷業は私達議員にとっては無くてはならない存在です。世の中がいくらIT化、ネット化と言われても、やはり基本の伝達手段は紙ベースだと思います。今後も地域の産業振興のためにも、印刷業の皆さんを応援できる区政を進めたいと思います。

DSC08301.JPG挨拶に立つ小島猛東京都印刷業組合港支部長。

法人会バス旅行

 麻布法人会バス旅行で、静岡に行きました。
 キリン ディスティラリー株式会社の富士御殿場蒸留所では、ウィスキーの試飲も行いました(写真)。同社はキリン・シーグラム株式会社が、平成14年(2002年)に社名変更した会社です。
DSC07491.JPG

商店グランプリ/連合港新年会

 昨日、「平成21年度港区商店街連合会新年賀詞交歓会・平成20年度港区商店グランプリ表彰式」に出席致しました。港区議会では、産業政策を担当する区民文教委員会(渡辺専太郎委員長)所属の議員が出席することになっており、私は同委員会所属ではありませんが、議員就任以前、六本木商店街振興組合の理事を務めていた縁も有りうかがいました。
 港区商店グランプリとは、「お客様に愛されるお店づくり」及び「お店のイチ押し商品・サービスの開発・提供」に意欲的、積極的に努めている区内商店を審査・表彰することにより、商店経営の改善発展と区内商業の振興に役立てるものです(港区商店グランプリ受賞店ガイドより)。
 今回の受賞店は以下のとおりです。受賞された皆様おめでとうございます。
①にっぽんの洋食 赤坂 津つ井
②しゃぶしゃぶ・すき焼き 瑞雲
③新橋ベースボール居酒屋 三冠王
④コーヒーローストSAI
⑤Hair Cut KAWAMURA
⑥シャトレーゼ三田通店
⑦仙台坂 ますもと酒屋
⑧ヨロズヤ文具店
⑨Restaurant Carioca by R.Ramos
⑩ふじ鮨
DSC06087.JPG商店グランプリ受賞式の様子。檀上は開会の挨拶を行う後藤譲六本木商店街振興組合理事長。

 商店街連合会新年賀詞交歓会の後、日本労働組合総連合会(連合)港地区協議会主催の新春の集いに参加しました。民主党からは、大塚たかあき都議、渡辺専太郎区議、七戸淳区議が、また武井雅昭港区長も参加しました。
 私は区民の皆さんと共に、現場で汗を流す皆さんの声も区政に反映して行きたいと考えております。厳しい雇用環境にはありますが、働く皆さんの応援をして行きたいと思います。DSC06093.JPGDSC06095.JPG
挨拶をする武井雅昭区長(左)と大塚たかあき東京都議会議員(右)


麻布法人会新年会/きれいにする会始動

 社団法人麻布法人会(吉田正昭会長)主催の新年会が、ANAインターコンチネンタルホテルで開催されました。
DSC05953.JPG

 六本木をきれいにする会(皆川昌博会長)の今年の清掃活動が始まりました。今年も参加者の皆さんと、六本木をきれいにして行きたいと思います。
DSC05957.JPGDSC05964.JPGDSC05981.JPGDSC05983.JPG

六本木商店街/飯五町会新年会

 六本木商店街振興組合(後藤譲理事長)と東麻布飯五町会(内田定二郎会長)の新年会に、それぞれ参加致しました。
 六本木商店街振興組合に、私は組合員として入会しております。また東麻布飯五町会では、飯倉熊野神社例大祭や年末の防犯パトロールに参加させて頂いております。DSC05933.JPG六本木商店街振興組合の新年会の様子。会の初めに毎年恒例の獅子舞が披露された。

法人会バス旅行に参加

 社団法人麻布法人会主催によるバス旅行が開催されました。私は同法人会厚生委員として参加致しました。
 コースは、筑波山神社→昼食→アサヒビール茨城工場見学→みかん狩り(筑波山)の順でした。麻布法人会では、年に一回バス旅行を開催しております。法人会内では厚生委員会が担当しております。旅行を通じて、住民の皆さん、事業者の皆さんとの意見交換や要望聞き取りなどを行っており、大変貴重な機会です。今後とも麻布法人会員の皆さんとの交流を大切に致したいと思います。

筑波山神社の境内(左)とアサヒビール茨城工場(右)DSC05015.JPGDSC05032.JPG
アサヒビール茨城工場展望台にて。出来立てのアサヒスーパードライ(左)とアサヒ黒生(右)。DSC05020.JPGDSC05025.JPG

勉強会~大統領選後の国際社会と日本に与える影響について~

 社団法人麻布法人会青年部会サンエークラブ(淺沼洋一会長)主催にる勉強会が、泉タワー会議室(港区六本木一丁目)で開催されました。テーマは、「アメリカ合衆国大統領が決まる これからの国際社会と日本に与える影響とは何か!」でした。
 今回の講師は、愛知淑徳大学ビジネス学部教授の真田幸光氏で、昨年の回に引き続き今回二度目のご講演となりました。因みに真田氏は、大阪夏の陣で徳川方についた真田伸之(幸村の兄)の末裔に当たる方です。

 真田氏の講演の内容は以下のとおりです(あくまで私の書き取りのまま)。
①ブッシュ政権の8年間における世界経済は、米国をトップとする並列型構造であった。
②オバマ次期大統領は、この構造を変え、平等型の経済構造を目指そうとしている。
③共和党の弱点は、一般庶民に対する優しさの欠如とイラク戦争の失敗だった。
④その優しさの欠如を埋めようと始めたのがサブプライムローンで、低所得者に対する債権を優良証券と組み合わせ、小口化・証券化・流動化し、さらには格付け機関による格付けが行われた。
⑤アメリカは自らを世界経済の中心と思っていたが、その実、世界経済のブラックホールで、大消費国である。
⑥アメリカは、基軸通貨ドルによる世界経済システム維持を目論んでいるが、ロシアや中国は、ルーブルや人民元による基軸通貨化を狙っている。
⑦ヘッジファンドについては、その規制の可否についてサミットなどで議論が起こるであろう。
⑧次期オバマ政権が、仮に今後金融界と妥協し、従来の並立型構造を容認するなら、金融市場に資金が戻り株価は上昇し、2010年から景気は上向くだろう。
⑨自己資金の範囲内の投資は構わないが、いわゆる投機は避けるべきだ。
⑩経営者の皆さんは、まずは自らの実需を優先し、真の本業を守るべきだ。

 講演後、講師と私との質疑応答は以下のとおり。
Q1:今回の騒動後、三菱UFJによるモルガン増資、野村のリーマン買収が続いたが、これらはアメリカの失策に対する埋め合わせなのか。
A1:今回の増資・買収は、アメリカ側から奉加帳(ほうがちょう)を突き付けられ、お金を持って行かれたようなものだ。当初韓国の銀行が買収を申し出たが、これを断り、日本の証券会社に買わせたのでは。
Q2:北朝鮮による偽ドル札製造問題は、基軸通貨体制への攻撃とみなされ、アメリカは捜査・規制を強化したのか。
A2:むしろ武器の調達において、取引をやり易くするために偽札を製造・使用したと考えられる。取引にはテロ集団との関係も在る。本物の紙幣を使い、金融機関を通して取引を行うことにより、足がつくことを警戒したのではないか。


ものづくり・商業観光フェアにて(平成20年11月8日)

DSC04270.JPGDSC04272.JPG
 11月7日と8日の両日、港区ものづくり・商業観光フェアがシオサイトにて開催されました。私は7日に視察に参りましたが、あるブースで上記写真のように、屋根付き車椅子が展示されていました。当日デジカメを持っていなかったので、翌9日再訪し、関係者の方のお許しを頂き、撮影とブログアップ致しました。
 港区は、今でこそ開発が進み、ITや金融といった産業が増えましたが、元々は物づくりの街でした。時代と共に新しい産業が発展することは理解できますが、伝統的な産業を継続していくことも大事だと思います。双方の産業をいかにして共存させていくのかが、これからの港区の産業政策におけるポイントだと思います。
 今回の屋根付き車椅子のようなな発想に感動致しました。この車椅子なら雨天の日でも外出することができます。まさに時代の要請ともいうべき物が、伝統産業の中から生まれて行くことに、物づくりに携わる人々の心意気を感じました。

ALL page  1   2   3   4   5 

Home > 活動報告 > 産業振興

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る