Home > 活動報告 > 政治活動

政治活動

【フジ抗議】チャンネル桜番組/参加者撮影映像

 昨日行われたフジテレビに対する抗議活動の様子を、日本文化チャンネル桜が放送しました。
 デモ行進自体は整然と行われましたが、その後、主催者を代表して田母神俊雄頑張れ日本!全国行動委員会会長、それに共催団体である草莽全国地方議員の会から、小磯明東京都議会議員(自民)、松浦芳子杉並区議会議員(創新)、小坂英二荒川区議会議員(創新)、吉田あい杉並区議会議員(自民)、山本光宏大和市議会議員(みんな)、二瓶文隆前中央区議会議員、それに私山本とで、フジテレビに抗議文を手渡しに参りましたが、フジテレビ側が抗議文の受け取りを拒否したため、現場が一時騒然となりました。
 小磯都議と私、そして途中から水島総頑張れ日本!幹事長も加わり、警備のガードマンと交渉しておりましたが、ガードマンが受け取るとの一点張りが続き、そのまま参加者の勢いに押されるまま同テレビ敷地内に進入する結果となりました。
 最終的には、フジ側が抗議文を受け取ったため、事態は収拾されました。チャンネル桜の放送動画と、当日参加者のお一人が、別角度から映像を撮影されていた動画をご紹介致します。

8.21フジテレビ包囲、TV放送の正常化を求める運動[桜H23/8/22]

2011.8.21 フジテレビ抗議デモ 田母神閣下がフジの前で大モメ (1)

 以下続きます。
2011.8.21 フジテレビ抗議デモ 田母神閣下がフジの前で大モメ (2)
2011.8.21 フジテレビ抗議デモ 田母神閣下がフジの前で大モメ (3)

【フジ抗議】韓流ドラマ問題でフジテレビに抗議デモ

 フジテレビが、昼間時間帯のほとんどを、韓国ドラマばかりを放送している、いわゆる韓流問題で、21日同テレビ周辺でデモ行進が行われました。デモは二回行われ、それぞれ4千人、3千人の参加者が集まりました。
 俳優の高岡蒼甫さんのツイッター上での投稿や、それに関するふかわりょうさんのコメントなどで、ご存じの方も多いかと思います。

 まずこの問題に関する私の見解を示したいと思います。
 元々嫌韓流という立場ではなく、韓流ブームが到来する以前から、北朝鮮の女性スパイを主人公とした「シュリ」など、韓国映画を鑑賞していたことがあります。拉致被害者救援活動に関わってきた者として、自然な関心でありました。どこの国の映画であれ、極端な話、北朝鮮の映画でも、作品として面白いものは見るという立場です。
 しかし最近は、とにかく儲かればいいという一部のテレビ局と広告代理店の姿勢に疑問を持っています。以前竹中平蔵慶應義塾大学教授から伺った話ですが、数年前、正月三が日、昼から夕方まで、木村拓哉さん主演のドラマ「ヒーロー」の再放送を行っていました。あれはテレビ局に以前ほど制作費が無く、ヒットしたドラマを再放送することで、経費が掛からないようにしているとのことでした。
 この視点を今回の問題置き換えれば、韓流ブームが去ったにもかかわらず、安く放映権料を払い、韓国からドラマを輸入し、それで昼間の時間帯を埋めているようなものです。フジテレビは、この他にもスポーツ番組で。「韓日企画」という表現を使ったり、サッカーなでしこジャパンの優勝時には、国歌君が代の斉唱シーンをカットしたりと、韓国側におもねるような姿勢が目に付きます。竹島が依然として韓国に不法占拠されている状況の中で、このような姿勢が日本の民間テレビ局としてふさわしいのか、疑問であります。

 さて当日のデモの様子です。
 私は午後1時半に現場に到着しましたが、主催者である「頑張れ日本!全国行動委員会」の皆さんが準備作業を始めていました。
 また同じ頃別企画で、ツイッターなどインターネット上での呼びかけに応じた若者を中心とした有志の皆さんによるデモ行進が、船の科学館前からフジテレビ前を通り潮風公園まで行われました。主催者や警察関係者などへの取材の結果、何とその数が4千人まで膨れ上がったとのことです。
 午後2時半から、本来私が参加する予定の「頑張れ日本!全国行動委員会」の夜フジテレビ前での街頭演説会が行われました。
 その後場所を移動して、ゆりかもめテレコムセンター駅前からデモ行進が、午後4時20分から開始されました。開始に先立ち、主催者を代表して田母神俊雄頑張れ日本!全国行動委員会会長の挨拶、共催団体として草莽全国地方議員の会の議員・前議員による応援アピールなどが行われました。デモ行進は開始後、フジテレビ周辺を周り、潮風公園で解散となりました。

 デモ行進終了後、フジテレビ側に抗議文を手渡そうと致しましたが、当初フジ側がこれを拒否し、代わりに警備のガードマンが受け取るなどの対応をしたため現場が混乱し、怒った参加者がフジテレビ敷地内に突入する事態に発展致しました。
 水島総頑張れ日本!の幹事長と臨場した地方議員が収集に入り、最終的にフジテレビ側が抗議文を受け取る姿勢を示しました。そして参加者が見守る中、田母神会長よりフジテレビ側担当者に抗議文が手渡されました。
 その後状況報告街宣と国歌君が代斉唱をもって、この日の抗議活動は終了致しました。

 なお当日のデモ行進とその関連状況に関する様子を、私が現場で撮影し、動画サイトYou tubeの専用チャンネル、 へるみちゃんねるに投稿しておりますのでご覧下さい。
 タイトル名は、【フジテレビ抗議1】から【フジ抗議17】までの17巻に分けてあります。

【靖国】靖国神社参拝

2308150217.jpg 日本を護るために戦われた英霊の皆さん、また自国のために戦われた諸外国兵士の皆さんに対し、日本国民として謹んで哀悼の意を表します。

 本日、靖国神社を参拝致しました。

 午前8時過ぎに靖国神社に到着し、超党派による「靖国神社を参拝する地方議員の会」の皆さんと合流致しました。同会では、全国から50名以上の地方議員現職、前職が一堂に会しました。一行は参集後、松浦芳子杉並区議会議員(日本創新党)を先頭に境内を行進し、神門前にて植松和子函南町議会議員(無所属)の指揮により「海ゆかば」を合唱致しました。

 その後日本会議地方議員連盟による昇殿参拝が行われ、同じく現職・前職の全国各層の地方議員が参加致しましたが、民間より、昨年の尖閣事件ビデオを世間に公表した元海上保安官、一色正春氏も参加されました。
 ところで、マスコミは「公式参拝か否か」との問いかけをしますが、そんな判断基準は存在しません。一般人が拝殿前で賽銭をして拝む様子が一般参拝、本殿に上がり参拝するのが昇殿参拝。いずれにしても、英霊を弔うことには変わりありません。そもそも公式、非公式と分けること自体、その行為に対して何かしらの後ろめたさを感じさせるものがあります。それは英霊に対して無礼極まりない考え方です。
 そんな感性でありますから、日本のマスコミ、全てとは言いませんが、国内的にも国際的にも使い物にならない存在となりました。政治家も同じ、そして日本人のある部分も同じです。英霊を侮辱し怒らせた結果です。

 参拝後、同神社境内で開催された「第25回戦没者追悼中央集会」に出席し、正午の時報と共に黙祷を捧げました。集会では、各界からの提言がなされ、先ほどの一色元海上保安官が、「国を守るために戦って人を追悼する人が、なぜ右翼とよばれなければならないのか。」と述べられていたことが印象に残りました。
 午後、神社近くで日本創新党地方議員会に出席致しました。

 改めて申し上げますが、私は議員になる以前から、議員時代を含め、毎年8月15日には靖国神社を参拝しております。今の日本の平和と繁栄の原点は、大東亜戦争で国のために命を捧げた英霊の存在があるからです。
 日本の名誉を、日本人の魂を辱めるようなニュースが、国内外で溢れておりますが、今一度英霊への祈りを捧げつつ、これからの日本の在り方を、皆さんと考え、行動していきたいと思います。

【原発】総理脱原発弔辞について

 広島に原爆が投下され66年が経過しました。大量殺戮兵器により犠牲となられた方々に哀悼の意を表します。

 広島平和祈念式典で、管総理は弔辞の中で、原発に頼らない社会を訴えました。私は長期的視点で、30年から50年のスパンで考えて、原発政策は見直すべきだとおもいますが、総理がこの式典で脱原発を述べるのには違和感があります。
 原発に頼らない社会は、それはそれで理想かもしれませんが、これまで築いてきた我が国の繁栄において、どれだけ原発の恩恵にあずかってきたのか、全く言及されておりません。これは、何も総理だけでなく、多くの日本人にも言えることではないかと思います。
 しかも震災前に、総理自らが音頭を取り、ベトナムへの原発売り込みに力を入れていたことを忘れているのでしょうか。
 都合の良い時は利用し、そうでなければ切り捨てる、人間の醜さを感じる発言でした。

【拉致】生島孝子さん失踪事案に関する質疑の記録

 以下は、私のツイッターをフォローして下さっている、生島馨子さんの投稿です。

突然ですが、二葉百合子さんの「岸壁の母」を知っていますか。もしかしたら会えるかもと1丈の望みを託し、岸壁で待つ母の姿です。特定失踪者の母うらも同じ思いで政府が対応をしてくれるのを切望して亡くなりました。今回米国の人権報告書に拉致被害者として入っていません。政府も同じ見解でしょうか
1:46 AM Jul 26th webから

8月日朝協議行う方向を検討。拉致、核がテーマとか。記事では、政府関係者の見解として被害者家族が高齢化する中何もしないわけにはいかないと!しかし政府が拉致被害者とせず手つかずの特定失踪者の中に、本人が70歳80歳の高齢になる事実を、国民の皆様理解して下さい。
2:01 PM Jul 26th webから

 生島さんは、北朝鮮による拉致の可能性がある生島孝子さんのお姉様です。失踪当時は、港区の職員で麻布支所(現在の麻布地区総合支所)に勤務しておりました。
 4年前に議員に当選した後、初の区長・教育長に対する一般質問で、生島さんの失踪事件について取り上げております。
 当時の議事録を以下に紹介致します。

< 平成19年9月14日開会 : 平成19年第3回定例会 >

◯四番(山本閉留巳君) これより、みなとフォーラム・民主所属、私、山本閉留巳が一般質問を行います。
(中略)
 質問十番、港区職員、生島孝子さん失踪事案についてお尋ねします。
 生島孝子さんは、昭和四十七年当時の麻布支所において電話交換手として勤務しておりましたが、同年十一月一日に失踪いたしました。当日は有給休暇をとり、自宅アパートを出て以降、行方不明となっております。
 それから時が流れ、平成十四年十二月二十日、生島さんの職場と同じ場所にある麻布区民センターにおいて偶然北朝鮮拉致被害者家族及びその支援者による集会が開催され、私も現場責任者として参加しておりましたけれども、このとき区の関係者の方から、私たちスタッフに対して、港区の職員の中で過去きわめて不自然な形で行方不明になっている者がいるという情報が寄せられたことが事の始まりでございます。
 その後、生島さんの家族から政府、あるいは民間の支援団体への届出、一連の報道、脱北者による証言、また警察の再捜査の動きが続き、現在では生島さんが拉致被害者である可能性が取りざたされております。
 本件が拉致事件であるか否か、現時点で判断することはできません。しかし、被害者が港区の職員であるということ、そして、我が議会は、平成十二年十月、まさに七年前のこの定例会において、二十三区に先駆け、拉致問題に関する請願を全会一致で採択しております。
 北朝鮮は六か国協議に参加するそぶりを見せながら、核開発の全面停止に応じておらず、また、拉致問題について誠意ある対応を見せないなど、依然として我が国に対する敵対的姿勢を崩しておりません。かかる状況下にあって、区として本件について、政府に真相究明や情報公開を求める意思があるのか否か、区長のお考えをお聞かせ願います。
 これをもちまして、質問を終わります。ご清聴ありがとうございました。

◯区長(武井雅昭君) ただいまのフォーラム民主の山本閉留巳議員のご質問に順次お答えいたします。
(中略)
 最後に、職員の失踪事案についてのお尋ねです。
 拉致問題の解決は、喫緊の国民的課題であり、今後とも、拉致問題をはじめ、さまざまな人権侵害問題に関する区民の認識を深めることは重要と考えております。
 生島孝子さんが行方不明になった事実については確認をしており、現在、関係機関による捜査等を見守っている状況です。今後、真相が解明される中で、区として適切に対応してまいります。
 よろしくご理解のほどお願いいたします。

【創新党】靖国参拝 党大会

 日本創新党大会及び関連行事が開催されました。

0073.jpg 午前中、東日本大震災復興祈願のための昇殿参拝が行われ、山田宏党首初め党幹部、一般党員が参加致しました。昇殿参拝では、党首他、中田宏代表幹事、岡野としあき政策委員長、そして本参拝担当する国民運動本部長として、私山本の4人が、玉串をささげました。参拝終了後、境内に在る遊就館前にて記念撮影を行いました。

 午後から、会場を日本青年館に移して、地方議員会、杉並支部設立大会、党大会が相次いで開かれました。
 地方議員会は、現職、元職、新人予定者が参加し、党公認候補予定者として、川村宅哉氏(千葉県八街市)、石井幸子氏(埼玉県杉戸町)が紹介されました。
 党大会では、昨年度の活動報告と決算・監査報告、今年度の活動計画案、予算案、基本政策案、人事案が承認されました。政策案では、議員数・公務員数の削減、減税政策、少子化対策、脱原発とエネルギーの多角化、物つくり大国と日本の教育、国防政策について報告が行われ、党員との間で質疑も行われました。

0109.jpg 党大会終了後、良い国フォーラムが開催され、来賓として平沼赳夫たちあがれ日本代表、主催者を代表して松沢成文前神奈川県知事が挨拶し、講師として来場された竹田恒泰氏(慶應大学講師 旧竹田宮家)のご講演をうかがいました。

【拉致】北朝鮮当局者特例入国に対し抗議活動

0008.jpg このほど日本政府は、北朝鮮IOC委員の特例入国を認めました。来日したのは、IOCのチャン・ウン委員ら2人で、本日港区のグランドプリンスホテル新高輪で開催されるアジアオリンピック評議会の総会に出席しました。
 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)では、この動きに
対し、平田隆太郎事務局長以下20名のメンバーで、午前8時から会議の始まる9時までの間、会場前での抗議の意思表明活動を実行しました。活動では拡声器などは使用せず、横断幕持っての無言の抗議活動を行いました。
 同協議会加盟団体の一つ、北朝鮮に拉致された日本人を救出する青年の会(救う会青
年)の代表者として、山本以下港区民5名がこの活動に参加致しました。

麻布生活安全協議会/たち日・創新党合同勉強会

 午後3時から、第30回麻布地区の生活安全と環境を守る協議会に出席しました。同協議会で、私は環境美化分科会長を務めております。
 協議会では、生活安全分科会と環境美化分科会それぞれの取り組みについて報告が行われました。
 また「安全で安心できる港区にする条例」に基づく表彰候補者の推薦、みんなと安全安心メールの配信が議題となった他、麻布警察署から共同住宅防犯対策助成事業、麻布消防署から熱中症について、それぞれ報告が行われました。

  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 午後4時から、たちあがれ日本・日本創新党合同勉強会・懇親会が、衆議院第一議員会館で開催されました。
 講師として、伊藤哲夫日本政策研究センター代表が、「やっぱりおかしい 新歴史・公民教科書」と題し講演されました。

【駅頭】麻布十番1番口/【放置看板】六本木五丁目

0896.jpg 今朝は、東京メトロ南北線麻布十番駅1番口にて、政策ビラ「駅頭報告 平成23年7月1日号」を配布致しました。
 以前からブログで何度か紹介し、またこの6月議会でも請願書を提出致しましたが、地下鉄入口のすぐ脇が、「障害保健福祉センター ヒューマンぷらざ」の乗降場所です。写真のように自転車で場所取りを行い、他の車が止まらないようにしました。このような行為について、道路交通法上問題があるとの認識はありますが、皆さんの安全のために、やむを得ず行っております。
0900.jpg
 昼過ぎに六本木交差点の喫煙ボックスの清掃活動を行いましたが、以下の写真は、その往路途中に外苑東通りに置いてあった放置看板であります。道路管理者に無断で置いてある看板について、私は発見次第、区に通報しております。

【菅政権打倒】6.30 日本の未来を考えるシンポジウム

 菅首相の即刻の退陣を求め、6月30日に首相の地元・吉祥寺で開催された『6.30 民主党に政府を任せていいのか?!日本の未来を考えるシンポジウム』の模様をダイジェストでお送りします(チャンネル桜より)。

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34 

Home > 活動報告 > 政治活動

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る