Home > 活動報告 > 政治活動

政治活動

【日本会議】港支部で研修旅行

0811.jpg 日本会議港支部の研修旅行に参加して参りました。さきの区議選では、同支部より推薦を賜っております。
 今回の訪問地は日光。輪王寺、東照宮、二荒山神社、華厳の滝、中禅寺立木観音を、二日かけて順に回りました。
 宿泊地は、日光レイクサイドホテルで、支部の皆さんと今後の支部の運動方針について、様々な議論を行いました。教科書採択、朝鮮学校補助金、選挙における投票率向上など、支部として取り組むべき課題が明確になりました。

【尖閣】交通会館前街頭演説

0790.jpg 日本会議主催による「尖閣を守れ!全国統一行動」の一環として行われた有楽町交通会館前公広場での街頭署名活動に、弁士として参加致しました。
 弁士は私以外に、こいそ明東京都議会議員が務めました。

 尖閣列島は日本固有の領土です。港区議会では、昨年の9月議会で私が起案した「尖閣諸島海域における中国漁船の領海内での不法操業と海上保安庁船に対する衝突事件への我が国政府の対応に抗議する意見書」を、全会派一致で採択しました。

「尖閣諸島海域における中国漁船の領海内での不法操業と海上保安庁船に対する衝突事件への我が国政府の対応に抗議する意見書」
 違法操業中の中国漁船が、本年九月七日、尖閣諸島の久場島沖の我が国領海内において、退去命令や停船命令を無視し、不法操業し第十一管区海上保安本部の巡視船、「よなくに」(PL63)、「みずき」(PS11)に相次いで衝突し、そのまま逃走を図ったため、同本部は公務執行妨害罪の容疑で、同漁船長を逮捕しました。
 しかし那覇地方検察庁は、九月二十四日、送検していた同漁船長を処分保留で釈放しました。これは主権国家、法治国家としての責任を放棄し、また我が国は中国の圧力に屈したとの印象を、国民のみならず国際社会にも与えかねず、極めて憂慮すべき事態であります。また、外交上重大な影響を及ぼしかねない釈放の決定を、一地検が判断したことは、まさに政治不在であり看過できません。
 尖閣諸島は、日本政府が何度も現地調査を行ったうえで、明治二十八年(一八九五年)一月十四日の閣議決定によって日本領に編入したもので、尖閣諸島に対する最初の領有行為です。
 大正八年(一九一九年)には、中国福建省の漁民が魚釣島付近で遭難し、同島に避難した三十一人を住民が救助し、全員を中国に送還しました。
 この救援活動に対し、中華民国の長崎駐在領事から大正九年(一九二〇年)五月二十日に感謝状が届けられました。感謝状の中には、尖閣諸島がはっきり、日本の領土として記述されていました。中国側は、尖閣諸島の領有権を主張していますが、その最大の問題点は、中国が明治二十八年(一八九五年)から昭和四十五年(一九七〇年)までの七十五年間、一度も日本の領有に対して異議も抗議も行っていないという事実であります。このことは日本の領有が国際法上、正当なものである決定的な論拠となるのです。
 今後、中国が尖閣諸島及び周辺海域の領有権を強硬に主張し、中国漁船が尖閣諸島周辺海域で操業することが予想されます。その場合、我が国漁船と中国漁船との間で操業をめぐりトラブルが発生したり、衝突事件が再発するなど、安全な航行が阻害され、ひいては我が国の領域保全が脅かされかねないことを、港区民のみならず多くの国民が不安を感じているところです。
 よって、港区議会は、国民の生命、人権、財産、安全、そして領土・領海を守るため、今回の政府の措置に強く抗議すると共に、次の事項が速やかに実現されるよう強く要請します。
 一 尖閣諸島及び周辺海域が我が国固有の領土及び領海であることを、歴史的事実と法の道理に則して、中国政府及び国際社会に堂々と主張する外交努力を強めること。
 二 尖閣諸島周辺海域において、我が国の漁業者が自由かつ安全に操業・航行できるよう適切な措置を講じること。
 三 日中両政府は、冷静な外交を通し再発防止策を講じること。
 以上、地方自治法第九十九条の規定により、意見書を提出いたします。
 以上でありますが、皆様におかれましては、本発案に満場のご賛同を賜りますようお願い申し上げます。

【動画情報】赤坂見附交差点での騒動の様子(5/21)

 5月21日のブログ記事にも書きましたが、赤坂見附交差点で、中国首相来日に抗議する目的で、国民運動団体 頑張れ日本!全国行動委員会による街頭宣伝活動が行われました。
 この活動の最中、警官隊との間で、押し問答に端を発する騒動が発生致しました。その様子が、動画サイトYou tubeに投稿されておりました。投稿されたtakaberry3さん、有り難うございました。

 マイクを握っているのが水島総チャンネル桜社長、警官に大声で抗議している青色スーツ姿が三輪和雄日本世論の会会長(港区民)、眼鏡をかけて水島社長の隣に立っているのが梅原克彦前仙台市長です。私と議論している濃グレースーツで眼鏡をかけているのが赤坂警察署警備課長。

 当初抗議活動は順当に行われておりましたが、終盤で参加者の一人が横断歩道を渡ろうとし、それを阻止する警官数名と口論が始まりました。その参加者が着ていたTシャツに本来チベットの動物であるパンダの絵が書いてあることが、「お咎め」の原因でした。
 その後、平服の私が帰宅しようと渡ろうとしたところ、今度は私を止めようとしましたので、私は厳重に抗議し、説明を要求。しかも周りでは普通の私服で横断する通行人が多数いました。
 このあたりから一挙に騒ぎが大きくなり、現場の警備責任者である赤坂警察署警備課長から明瞭な説明が無かったことで、騒ぎが長引きました。
 押し問答の末、結局私の理が通り、赤坂見附交差点横断歩道を渡り、無事帰宅することが出来ました。まあ現場の警官諸氏も任務として働いており、その労苦は分かりますが、単に命令に服するだけでなく、現場の状況に応じた臨機応変を求めたいところです。

【防災】麻布小地区防災協議会総会開催

0783.jpg 今朝は、東京メトロ南北線麻布十番駅1番口にて、「駅頭報告 平成23年6月1日号」の配布活動を行いました。

 第14回麻布小地区防災協議会(水橋則男会長)総会が、麻布小学校会議室で、午後4時より開催され、同協議会事務局員として参加致しました。

 総会は私が司会を務め、まず議事に先立ち、白川しげ子我善坊自治会会長による開会の辞、水橋則男同協議会会長による会長挨拶、西田京子港区麻布地区総合支所協働推進課長による課長挨拶と行政側担当者の紹介、鈴木義治麻布小学校長による校長挨拶が行われました。
 西田課長からは、東日本大震災発生当日の役所としての対応について検討を行っていること、また鈴木校長からは、同じく当日に、学校では、子供の保護者への引き渡しと帰宅困難者の収容が同時に発生したことなどについて、報告が在りました。

 議事は、慣例により、議長を水橋同協議会会長が務め、まず平成22年度活動報告、平成22年度決算報告、会計監査報告が順に審議され、いずれも了承されました。
 続いて、平成23年度活動計画案、平成23年度予算案、規約改正案(副会長を二名から三名に増員)、役員改正案が順に審議され、いずれも了承されました。役員改正では、水野むねひろ前事務局長に代わり、私が新たに事務局長として就任することになりました。

 総会終了後、引き続いて防災講演会が開催され、「都市の震災と救助犬活動について」と題し、日本救助犬協会の濱野一男氏の講演が行われました。
 濱野氏は震災後、宮城県名取市に入り、倒壊家屋に取り残された生存者の確認作業を行いました。活動を通じ、現地では日頃から地域のつながりの強さがあり、普段から地域の情報を、住民同士で共有しており、そのことが救出活動に大きく役立ったとのことです。 一方東京では、その情報が入りづらいのではないかとの指摘もありました。しかも、自分たち自身が被災者になる可能性もあるが、そのリスクを乗り越えて行方不明者をさがさなければならない。そのための訓練が必要だと述べられました。自分たちの身の安全を確保しつつ、救助活動ができるようにするための方法を、真剣に考えなければなりません。
 濱野氏は、他に訪問活動犬、セラピードックについても紹介されました。被災者の心を癒す活動も大事で、そのための犬の協力を検討してほしいとのお話でした。


【動画】菅内閣打倒演説会の様子

 6月2日の記事にも書きましたが、その前日の1日、衆議院第二議員会館と首相官邸前で、頑張れ日本!主催の『6.1 菅内閣を国民の手で打倒せよ!緊急国民行動』が行われ、私も弁士の一人として参加致しましたが、その時の演説の様子が、動画投稿サイトYou tubeにアップされておりました。
 演説の途中で、学生時代から親交のある長島昭久民主党衆議院議員が通り過ぎて行かれました。志と良識のある国会議員の皆さんの奮起を期待したいところです。
 投稿していただきましたtakaberry3さん、有り難うございます。

【駅頭活動】お台場海浜公園駅

0755.jpg 今日から、夜の駅頭活動も再開致しました。
 今夜の場所は、ゆりかもめお台場海浜公園駅北口で、配布物は、駅頭報告平成23年6月1日号でした。駅頭報告は、活動再開後、新たに発行しているビラです。
 帰宅者の皆さんの中に、私のことを覚えていて下さる方々もおられ、「今回は惜しかったですね。」「また活動を始めたのですね。頑張って下さい。」とおっしゃっていただける方々の言葉に元気づけられました。

【拉致】すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大行進

0729.jpg 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)、北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(拉致議連)主催により、「生きているのになぜ助けられない!すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大行進」が本日午後行われ、私も参加致しました。

 約100人の日本人拉致被害者も、少なくとも世界12か国の拉致被害者も、自由を奪われながら、今も救出の日を待っています。生きている拉致被害者が北朝鮮にいるのに、なぜ助けられないのでしょうか。
 万景峰号入港禁止などの制裁を緩めてほしいと北朝鮮は2008年8月、生存者を帰すための「調査やり直し」を約束しましたが、9月になり突然その実行を中止して今に至っています。
 北朝鮮が「調査のやり直し」の約束を一方的に破棄してから今年の9月で3年になります。それまでに北朝鮮が約束を履行しない場合、政府は在日朝鮮人の再入国不許可対象拡大、送金全面禁止などの追加制裁発動を絶対にすべきで、家族会・救う会はその実現のため強い運動を展開していくことを決めました。
 不誠実な態度を取り続けている北朝鮮に、わが国と国民の毅然とした意思と強い怒りを伝えるために、そして米国を初め世界に向けて、わが国の真意を正しく伝えるために、私たちは、政府が「更なる対応措置」として、「拉致」だけを理由に、制裁の発動に踏み切ることを強く要請しています。政府を動かす大きな力は日本国民の世論です。政府が毅然とした対応を行うよう、国民の皆様の叱咤激励をお願いいたします。

 デモ行進に先立ち、午後2時から被害者家族などによる訴えが行われ、2時半より大行進が始まりました。デモのコースは、集合場所である芝公園23号地→芝公園3丁目左折(愛宕通り)→西新橋1丁目右折(外堀通り)→新橋駅前左折(外堀通り)→数寄屋橋→東京駅八重洲口前→常盤橋までの約4キロでした。
 行進で私は第二挺団のリーダーの役でしたが、運営上の都合で、途中から急遽マイクリーダーも兼ねることになりました。
 デモ行進の様子が、日本文化チャンネル桜の番組で紹介されております。15分40秒頃と19分25秒頃、20分00秒頃、マイクを通じての小生の声が入っています。

内閣不信任案騒動をめぐり

0698.jpg 昨日、頑張れ日本!全国行動委員会による菅首相不信任を求める抗議活動が、衆議院議員会館前と首相官邸前で実施され、私も参加致しました。

 今日は内閣不信任案をめぐるニュースが報道されています。以下は、この件で今日一日ツイッターで投稿した内容です

午後から不信任決議のための本会議。今日は一日、このニュースから目が離せないです。 #minatoku
10:59 AM Jun 2nd webから

ところで最近聞いた話。23区某区で、それまで民主の看板を掲げていた会派が、新人議員の要求で、民主を名乗らないことにしたとのこと。新人の声を聞く器の大きさか、それとも新人を抑えられない情けなさか。 #minatoku
11:07 AM Jun 2nd webから

もっともその会派の幹事長は小沢ファンのようで、政界再編なら、民主党からさっさと乗りかえようという魂胆かもしれませんが。 #minatoku
11:08 AM Jun 2nd webから

皆様リツイート有り難うございます。昨日首相官邸前で撮影した首相の車です。 http://twitpic.com/55ow0b #minatoku
11:20 AM Jun 2nd webから

今日一日、国を挙げてのバカ騒ぎは、あっけなく終わりました。さんざん管政権を批判しておきながら、否決となったとたん、挙党一致だ、野党の不信任案に乗れないなどもっともらしい理屈をつける。本当に下らない喧嘩だ。こんな政党を去年離党してよかった。付き合いきれない。 #minatoku
4:13 PM Jun 2nd webから

先ほどのツイート、総理の苗字は、管ではなく菅ですね。ご指摘に感謝。頭に来ていて字を間違えました。 #minatoku
4:55 PM Jun 2nd webから

民主党の造反組と言われた皆さん、よくまあトイレから出て来たばかりのようなスッキリした顔して、テレビにしゃしゃり出てくることができますな。 #minatoku
10:51 PM Jun 2nd webから

党を守るために政治家になったのではない、国を守るため、子供たちを守るためと前日まで言っていた人がいましたが、結局自分を守るためということであります。ならハッキリそう言えば分かり易い。 #minatoku
10:52 PM Jun 2nd webから

やれ民主主義だ、挙党一致だ、野党の出す不信任案には乗れないと言い訳ばかりしている卑怯者が多い民主党。いざという時に腹をくくれなかったわけでしょう。 #minatoku
10:58 PM Jun 2nd webから

筋を通して賛成票を投じた松木謙公、横粂勝仁両議員はどうなるのでしょうか。彼らの考え方に全面的に賛同するわけではないが、少なくても今回に限り、男を挙げたことは間違いありません。 #minatoku
10:59 PM Jun 2nd webから

日本人の美徳として、自分が元いた所を悪く言うべきではないと思いますが、今日のような、散々引っ張りまわして、人騒がせなことをしても厚顔無恥でいられる民主党なら、もういらない、日本からさっさと消えてほしいと思いました。 #minatoku
11:02 PM Jun 2nd webから

「消える」と言えば、都内各区議会の民主党会派で、民主の名を消しているところが増えている事実を、今一度思い起こす必要があります。都合の良い時だけ民主党の名を使い、そうでなくなればさっさと隠す。国会民主党が厚顔無恥なら、地方議会民主党もこれまた同じなり。 #minatoku
11:06 PM Jun 2nd webから

活動再開のご報告

0697.jpgご支援頂いている皆様へ

 本年4月に行われました港区議会議員選挙では、多くの皆様からご支援ご声援を賜り、心より光栄に存じます。また結果判明後、多数の方々がメールでご激励下さり、元気づけられました。
 この選挙で、私は30票差で次点という結果となりました。選挙後、地元の皆様の元をご挨拶にまわりながら、今回至らなかった点、あるいは逆にご評価頂けた点をうかがうことができました。開票終了直後は、次回については考えないつもりでおりましたが、皆様のおかげで徐々に今後の方向性が見えて来るようになりました。
 本日6月1日より、次の目標を見据えて、本格的な活動を再開することに致しました。早速、今朝東京メトロ南北線六本木一丁目駅2番口で、政策ビラ配布活動を行いました。
今後駅頭や街頭、集会などの会場、そしてインターネット上などでお目にかかる機会が増えて来るもの存じますが、今後とも山本へるみに対しましてのご指導ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
この度は誠に有り難うございました。

 平成23年6月1日

山本閉留巳

【頑張れ日本】中国首相来日で抗議活動、現場騒然

 本日、港区赤坂見附交差点で、中国首相来日に抗議する目的で、国民運動団体 頑張れ日本!全国行動委員会による街頭宣伝活動が行われました。
 警察当局との事前調整で、活動自体はうまく進行しておりましたが、解散前に参加者の帰宅ルートをめぐり、警察と押し問答が勃発し、当たりは騒然となりました。
 混乱当初、私は調整に入りましたが、警視庁赤坂警察署警備課長より、私の帰路についても規制と干渉を受けたため、法的根拠の説明を要求。
 また活動参加者から「公務執行妨害罪」による逮捕者を出させないため、参加者に手を後ろの組むよう呼びかけました。手が触れた多だけ公妨(公務執行妨害)で逮捕されるケースがあるからです。
 最終的に私の要求が通り、無事に帰宅することが出来ました。

 当日の現場の様子を、参加者のお一人がビデオに収め、早速動画サイトニコニコ動画に投稿しました。ニコニコ動画は、一般会員なら無料ですぐに登録することができます。
5月21日頑張れ日本_国民の通行を邪魔する警察!

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34 

Home > 活動報告 > 政治活動

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る