Home > 活動報告 > 政治活動

政治活動

首相談話に対する抗議活動

010992-P1010992.jpg 今月10日の首相談話発表に対する抗議活動が、昨日と本日、首相官邸前で行われ、私も参加致しました。私山本へるみは、今回の首相談話の内容に反対する立場です。

 この談話の内容は、国民的合意どころか、与党内でも十分な議論・検討・合意が図られたものですらありません。
 まず平成7年の村山首相(当時)談話、この談話の内容にも問題がありましたが、「植民地支配」の内容に触れていないにもかかわらず、今回の談話では、「政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。 」と断定し、いわゆる「植民地支配」による侵害にまで言及しており、偏った歴史観に基づくものであると考えます。
 我が国は朝鮮半島を統治はしましたが、植民地支配はしておりません。この両者は別物であります。現在でも日本政府の公式見解では、日韓併合条約は当時の国際法に照らし合わせて、正当な手続きを踏んで締結されたものである、とされております。
 また今後中国などから、二国間の首相談話を要求させられる可能性もあります。過去に我が国の首相が歴史認識に触れた例はありますが、それらは首脳同士の共同声明であり、アジア諸国全体を対象としたものでありました。事実中国では「日本の植民地支配で傷つけられたのは韓国だっけではない。朝鮮、中国、東南アジア諸国も苦しめられた。」という論評もでております。
 今回の談話では、昭和40年、1965年に締結された日韓基本条約以来、日本政府や国民が行ってきた努力、そしてそれに対応してきた韓国側の姿勢が全く言及されておりません。条約締結を機に、日本側から支払われた経済協力費、韓国側では賠償金とされておりますが、これは日本国民の税金であります。そのお金を使い、当時の韓国政府は経済発展に傾注し、今や韓国は世界有数の主要国となりました。

 首相談話というものは、その時々の首相の考えを表したものであり、あくまで政府の公式見解が、国家の基本的な考え方であります。村山談話以降、政府見解より談話が国の外交政策に影響力を持つようになり、談話が一人歩きしている鑑があります。私が今回政府関係者を取材したところでは、首相の意向以上に政府首脳、はっきり言えば仙谷官房長官の意向が根強く反映されたとのことであります。020011-P1020011.jpg
 戦後我が国は既に60回以上の謝罪をしております。こんなことをいつまで強要されなければならないのでしょうか。日本人には謝罪が一つのけじめですが、中国や韓国では、それこそ墓穴まで暴いて、末代まで恨みつづける文化であり、到底日本人と相容れるはずがありません。
 謝罪趣味、自虐趣味のフィーリングで、我が国の名誉、歴史を傷つけるような政治を、私は容認致しません。管直人氏には、日本国の首相を続ける資格が無いといわざるを得ません。

 官邸前での抗議活動終了後、松浦芳子杉並区議会議員、鈴木正人埼玉県議会議員、二瓶文隆中央区議会議員と共に、内閣官房に対して抗議文を提出致しました。

「謝罪談話」に対する反対声明記者会見

 昨日、創生「日本」、たちあがれ日本、日本創新党の三組織による共同記者会見が行われました。

                         共同声明

 私たちは、創生「日本」の声明(別紙)を踏まえ、「日韓併合百年」に当たり、菅総理が「談話」を軽率に発表しようとすることに対し断固反対を表明するとともに、広く国民の方々に反対運動を呼びかけるものである。
平成二十二年八月六日


(賛同者)
たちあがれ日本代表 平沼 赳夫
日本創新党党首 山田 宏
創生「日本」会長 安倍 晋三
神奈川県知事 松沢 成文
埼玉県知事 上田 清司
前横浜市長 中田 宏
ジャーナリスト 櫻井 よしこ
杏林大学名誉教授 田久保 忠衛
京都大学大学院教授 中西 輝政
高崎経済大学教授 八木 秀次


(別紙)
「日韓併合百年」における政府の対応に対する声明


 政府は、七月十六日、今月二十九日に「日韓併合百年」を迎えるに当たり、菅首相の「談話」を検討している旨、明らかにしました。
 また、仙谷官房長官は、同月七日、同じく「日韓併合百年」に当たり、韓国との戦後処理の問題につき、「法律的に正当性があると言って、それだけで物事は済むのか」とし、日韓関係の改善に向け「新たな個人補償」を政府として検討するが如き考えを示した。

 しかし、もしこのような方向で政府の対応がなされるとすれば、ことはきわめて重大である。

 まず第一に、歴史の評価は基本的に歴史家に任せるべきであり、歴史認識について政府が特定の認識を示すことは慎むべきである。政府の見解であれば、真実の探求よりも、外交的、政治的配慮に重点を置かざるを得なくなるのは自明の理である。また、このような配慮によって問題が決着しないことは、過去の河野談話、村山談話の経緯が示すところでもある。

 第二に、韓国との戦後処理の問題は、既に日韓請求権協定において、「両国及びその国民の財産並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題」は「完全かつ最終的に解決された」とされている。「新たな個人補償」の可能性を提起すること自体、この原則を覆し戦後処理の根幹を否定することであり、わが国民が放棄した請求権を含め、解決した問題を再び蒸し返すことにもつながりかねない。

 「日韓併合百年」に当たっての政府の動きは、両国関係を損ないこそすれ、何ら益するものではないのみならず、国民や歴史に対する重大な背信でもあり、断じて容認できるものではない。

 われわれはかかる動きは断固として阻止されるべきものであることを表明し、国民に対し広く呼びかけるものである。

平成二十二年八月五日

創生「日本」

北朝鮮拉致被害者奪還を訴え渋谷でデモ行進

010928-P1010928.jpg 頑張れ日本全国行動委員会主催により、拉致被害者救出を訴えるデモ行進に参加致しました。010929-P1010929.jpg

金賢姫元北朝鮮工作員来日について

 金賢姫元北朝鮮工作員が、今月20日から23日まで来日しました。昨年来、拉致被害者救援組織「救う会」の一員として、金元工作員の招致運動に参加してきた者として感慨が有ります。

 今回の来日をめぐり、様々な議論が行われたことは承知しております。
 確かに、金元工作員が、昭和62年(1987年)に発生した大韓航空機爆破事件の実行犯の一人であり、乗員乗客115人の命を奪った天下の大罪人といえます。
 また事件に際し、日本の偽造旅券を使用したことにより、旅券法違反容疑がかけられ、未だ公訴時効が成立していない点で、日本から見れば容疑者ともいえます。
 また日本滞在中における待遇について、特にヘリコプターによる「遊覧飛行」に批判が寄せられました。一体どこから「遊覧飛行」という言葉が出てきたのか分かりませんが、かって我が国に敵対していた元工作員に、我が国の国力、発展ぶりなど、日本の実態を学習させるための視察といった名目でも立てれば良かったかのではないかと思います。

 以上、まず批判的な側面を書きましたが、私は拉致問題に永年関わってきた者として、また一人の日本人として、彼女には感謝したいと思います。
 彼女の自供がなければ、李恩恵こと拉致被害者田口八重子さんの消息が明らかにされることはなかったでしょう。
 またこれまでは、北朝鮮工作機関の中で、日本人「教官」として、金元工作員には田口さんが、元工作員の相方だった金淑姫工作員には横田めぐみさんがついていたとの情報がありました。大韓航空機爆破事件を「南朝鮮による謀略」とする北朝鮮にとっては、田口さんも横田さんも死んだことにしたかったわけです。ところが今回元工作員自身が横田めぐみさんと会ったことが在ることが明らかになりました。
 ARF(ASEAN地域フォーラム)出席のためベトナム・ハノイを訪問している北朝鮮代表団の 一人が元工作員について、「国と家族を裏切った者だから話したくない。」と述べそうです。上述のとおり、これまで北朝鮮は、大韓航空機爆破事件を「南朝鮮による謀略」とし、元工作員を偽者としておりましたが、元工作員を北朝鮮の人間であることを認めたようなものであります。
 北朝鮮は大韓航空機爆破事件と田口八重子さん目撃を証言した金元工作員、そして横田めぐみさん初め多くの拉致被害者目撃証言をした安明進元工作員を決して許しません。二人ともいつ刺客に抹殺されてもおかしくない存在です。ですから過剰といわれても、厳重な警備陣が敷かれたことは当然かもしれません。

 テレビを見ておりますと、何も知らない一部の「コメンテーター」が知ったかぶりなことをいっておりましたが、問題の本質は、金元工作員への待遇云々ではなく、日本国民の生命・財産・安全・人権を守るべき日本国政府が、全ての拉致被害者の安否確認と生存者の救出、そのための情報収集、北朝鮮への戦略的対応など、犯罪国家北朝鮮に対してするべきことすべきとの観点に立つべきであります。これは国のトップの意志に関わる問題です。
 一方トップの意志の不確かさとは別に、真に国民と国益の為に日夜活動している人々が、我が国の政府機関、情報機関、捜査機関の中にいることも私達は知るべきであります。彼らあるいは彼女達が、国民が気付かないところで、誰からも評価されなくても、粛々と自らの果たすべき使命を全うしようとしていることを、この十数年間の救出運動を通じて私は知っております。その使命感に対して、心より敬意を表したいと思います。

麻布十番で駅頭活動

000767-P1010767.jpg 本日朝、麻布十番駅1番口にて、朝の挨拶活動を行いました。とても暑い朝でした。

靖国神社 みたままつり

000717-P1010717.jpg 000714-P1010714.jpg
 靖国神社で開催されている「みたままつり」に、日本会議港支部、そして日本創新党ボランティアの皆さんと共に行って参りました。同支部では、境内に提灯を掲げております(上右写真)。
 同神社のご案内(ホームページ)によると、日本古来の盆行事に因み昭和22年に始まった「みたままつり」は、今日、東京の夏の風物詩として親しまれ、毎年30万人の参拝者で賑わいます。期間中、境内には大小3万を超える提灯や、各界名士の揮毫による懸雪洞が掲げられて九段の夜空を美しく彩り、本殿では毎夜、英霊をお慰めする祭儀が執り行われます。また、みこし振りや青森ねぶた、特別献華展、各種芸能などの奉納行事が繰り広げられるほか、光に包まれた参道で催される都内で一番早い盆踊りや、軒を連ねる夜店の光景は、昔懐かしい縁日の風情を今に伝えています。

 以下は境内に掲げられた懸雪洞です。左上から順に、李登輝元中華民国総統、俳優森光子、脚本家倉本聰、音楽家つのだ☆ひろ、俳優的場浩司、俳優伊藤つかさ各氏による作品です。
000719-P1010719.jpg 000721-P1010721.jpg
000718-P1010718.jpg 000723-P1010723.jpg
000728-P1010728.jpg 000725-P1010725.jpg

六本木一丁目駅頭で挨拶活動

010708-P1010708.jpg 参院選投開票日の翌日、六本木一丁目2番口にて、朝の駅頭挨拶活動を行いました。

東京遊説

P1000602.JPG 日本創新党本部による東京遊説が行われました。
 今回の遊説には、山田宏党首を中心に、松浦芳子杉並区議会議員それに私が同行しました(左写真:右から山田党首・松浦議員・山本)。先月30日に開催された結党大会後、初めて党首を中心に演説する遊説活動となりました。

P1000615.JPG
 遊説地点は、渋谷ハチ公前広場を始点に、表参道交差点、麻布十番入口(右写真)、東京ミッドタウン前、終点として銀座マリオン前を順に周りました

救国連合決起集会

P1000565.JPG 市民団体「がんばれ日本全国行動委員会」主催による、「救国連合へ 国民総決起集会 草の根の手で日本を救おう!」に参加しました。
 会場には、創生日本(自民党有志)、たちあがれ日本、日本創新党の三党所属の国会議員、自治体議員が勢揃い致しました。
 山田宏創新党党首の演説の後に、平沼赳夫たちあがれ日本代表と手を組んだアピールする姿が見られました。

党遊説 さくら・れいめい(芝浦港南)/明大校友会

P1000536.JPG 党街宣車「れいめい号」に乗車し、港区芝浦港南地区で遊説を行いました。今回は、ワールドシティタワーズ、シティタワー品川(写真)、芝浦アイランドと周りました。10年ほど前、このあたりは自衛隊分屯地や都電操車場跡地がありましたが、今では近代的な高層住宅街となっております。

 午後から、明治大学紫紺館(千代田区)で開催された明治大学校友会東京都南部支部総会に出席致しました(下の写真は同会港地域支部の皆さんとの記念撮影)。
P1000547.JPG

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34 

Home > 活動報告 > 政治活動

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る