Home > 活動報告 > 政治活動

政治活動

北方領土の日 北方領土は、日本固有の領土です。

 今日は北方領土の日です。2年前、議員当選以前に発行していた当時のメルマガ「みなと安全通信」平成19年2月7日号の記事を再構成し以下掲載致します。

 ソ連(当時)による我が領土に対する不法占拠から、63年半が過ぎました。
 2月7日は北方領土の日です。毎年この日は、全国から民族派団体の街宣車が終結し抗議活動が行われます。私の実家の側にある飯倉片町交差点では、ロシア大使館の警備に当たる機動隊が、街宣車の進入を防ぎ、一帯は騒然とした雰囲気になります。
 ところで、なぜこの日が北方領土の日といわれているのでしょうか。
 1855年(安政元年)12月21日、現在の静岡県下田市において、日露通好条約が締結されたことにより、日露両国の国境が確定されました。この12月21日というのは旧暦で、現在の2月7日に当たります。この条約により、樺太(サハリン)は日露両国の雑居地となり、千島列島に関しては、択捉(エトロフ)・得撫(ウルップ)の両島の間に国境線が引かれました。現在我が国が択捉島を含む北方4島が日本領であると主張する根拠はここにあります。
 先の大戦で、1945年8月15日に日本が連合国側に降伏したにも関わらず、ソ連は国際法に違反し、千島列島への上陸を行い、そのまま北方4島を不法占拠し、今日に至っています。
 戦後61年以上が経過しているにも関わらず、今なお北方4島がロシアに、そして竹島(島根県隠岐郡)が韓国によって、それぞれ不法占拠され続けています。さらに韓国与野党国会議員50人による対馬も韓国領とする「対馬返還要求決議案」が発議される問題も発生しております(平成20年11月3日 国民運動ブログ参照)。
 これら一連の事実を、今一度皆さんにも考えて頂きたいと思います。北方領土は、日本固有の領土です。

(左)ロシア大使館前での抗議活動の様子。(右)飯倉片町交差点における警察による警備の様子。
DSC06328.JPGDSC06349.JPG

六本木町会新年会/日本会議港支部月例会

 六本木町会の新年会が開催されました。昨年町会長に谷口光一氏が新たに就任され、新会長の元での最初の新年会となりました。
 港区議会からは、私以外に森野弘司郎議員(自民)、池田こうじ議員(自民)が、また我が党からは、海江田万里東京1区総支部長、大塚たかあき都議、七戸淳区議が、それぞれ出席致しました。
 六本木は、日頃の議員活動、地域活動で大変お世話になっている場所です。六本木で育った者として、住民の皆さんの目線から港区の政治を良くして参りたいと存じます。

 その後日本会議港支部(綿貫洋支部長)の月例会二次会に駈け付けました。港区議会からは、水野むねひろ議員(自民)、森野弘司郎議員(自民)、赤坂だいすけ議員(自民)が既に参加しておりました。私を含め、日本会議所属の港区議をもって、日本会議港区議会議員連盟を超党派で構成しております。
 今回の講師は明星大学戦後教育史研究センター勤務・同大学非常勤講師の勝岡寛次氏。同氏は10年近く前、東京都議会展示室で開催された「世界の教科書展示会」の監修をなさり、私も実行委員の一人として同展示会に参加しておりました。
 戦後教育の中で、日本の歴史教科書は連合国側の主張に沿った内容となり、私自身も人生のある時期まで、大東亜戦争(太平洋戦争)での日本の加害責任を中心とした、自虐史観を抱いていました。この展示会では、果たしてそんなに日本が悪い国だったのか、世界中の教科書で日本がどのように取り上げられているのか、多くの人に知ってもらうことが、同展示会の趣旨でした。
 来月から第一回港区議会定例会が開会されますが、港区の公立小中学校で採用されている教科書の内容を検証し、正すところは正して参りたいと思います。

北朝鮮人権週間活動報告② 渋谷駅前街宣署名活動に参加

 渋谷駅ハチ公広場で開催された「12.13渋谷街頭行動」に参加しました。
DSC05396.JPGDSC05397.JPG

 私が始めてハチ公広場で街宣を行ったのは、今から8年前、「北朝鮮に誘拐された日本人を救う青年の会」代表として、同会主催による街頭署名活動に参加した時です。当時は「拉致疑惑」と報道され、また拉致という言葉自体に日本人の認知が広がっていなかったことも在り、誘拐という言葉を団体名に関しておりました。同会は救う会全国協議会の、確か4番目の加盟団体であったと思いますが、その後平成14年(2002年)に、「北朝鮮に拉致された日本人を救う青年の会」と改称され今日に至ります。
 その時の街宣の際、交番の警察官が近づいて来て、職務質問を受けました。一瞬規制されるかと思いましたが、この警察官は、「申し訳ないが、メガフォンを地に置かず、肩からぶら下げるか、持つかしてくれ。下に置くと、別に設置の許可がいることになる。面倒言って悪いね。」と言って立ち去りました。今でも、この方に感謝しております。
 今回は、警視庁が電光表示車を広場近くに出し、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間 拉致 日本はみすてない」と表示してくれました。この運動をめぐる時代の変化を感じました。
DSC05384.JPGDSC05381.JPG

 署名活動の様子。この運動は、多くのボランティアの皆さんに支えられている。
DSC05382.JPG

 弁士として各地各党の地方議員が集まりました。
DSC05369.JPG吉田康一郎東京都議会議員(民主党 中野区選出)
DSC05372.JPG今回の街頭行動を呼びかけた松浦芳子杉並区議会議員(自民党)
DSC05383.JPG植松和子函南町議会議員(無所属)
DSC05389.JPG小坂英二荒川区議会議員(無所属)
DSC05399.JPG古賀俊明東京都議会議員(自民党 日野市選出)

 確かに10年前に比べ、国民レベルでも、行政レベルでも、そして政治レベルでも、拉致被害者救出運動への理解が広がっているのは事実です。様々な所でご協力頂いている皆様には、心より感謝申し上げます。
 ただ私達の目標は、あくまで拉致被害者全員の安否確認、そして全生存者の救出です。今後も地方議員として、草の根レベルから救出と真相解明、そして国民各位への啓発活動を続けて参ります。

北朝鮮人権週間活動報告① 国際シンポジウム参加

 今月10日から16日までは、北朝鮮人権侵害問題啓発週間です。同週間における活動を、随時ご報告します。

 星陵会館大ホール(千代田区)で開催された国際シンポジウム「北朝鮮の現状と拉致被害者の救出」に参加しました(写真左)。主催は北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)、北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(拉致議連)の三団体でした。

 (写真右)総合司会を務めたジャーナリスト、櫻井よしこ氏。
DSC05252.JPGDSC05253.JPG
 冒頭の挨拶。飯塚繁雄家族会代表(左)と平沼赳夫拉致議連会長(右)。飯塚氏は、李恩恵こと拉致被害者田口八重子さんの兄。DSC05254.JPGDSC05255.JPG

 第一部では、「北朝鮮情勢と拉致問題について」と題して、専門家によるパネルディスカッションが行われました。その中で、アーサーブラウン元CIA(米中央情報局)東アジア部長、張哲賢元統一戦線部(北朝鮮工作機関)員から、それぞれ報告が行われました。
<ブラウン氏の講演概要>
①拉致問題は、日本が被害者救出を最優先の使命とするべきである。
②国民の救出は国家の使命。ベトナム敗戦後、アメリカは捕虜を全員救出した。
③六ヶ国協議は失敗。金正日は核放棄を考えていない。
④アメリカの本音は、拉致は六ヶ国協議の阻害要因。日本は口をつぐんでほしい。アメリカは頼れる同盟国ではない。
⑤日本のオプションとして、単独経済制裁の実施などの経済力の活用、インテリジェンス能力の拡大を実施せよ。日本には素晴らしいジャーナリスト、ビジネスパーソン、学者、警察が存在する。
<張氏の講演概要>
①控室で会った横田めぐみさんの母親に、なぐさめる言葉もかけられなかった。
②金正日独裁は、朝鮮人民だけでなく外国人も悲しませている。
③小泉元首相訪朝時、北朝鮮が拉致を認定さえしてくれれば、100億ドル拠出すると発言。日本は自ら要求を下げた。認定でなく返せと言うべきだった。
④金正日は、行政主要部署の部長を兼務、責任者を第一副部長とし、人事権や行政結論権を直接自分が独占するという「部長代行制」を実施。
⑤金正日は、行政から個別幹部に至るまで、該当の上級党の指導部署を介して、提議書を党組織担当書記の批准を受けるよう法制化。この「批准制」を通じての「唯一独裁」を構築。
 流暢な日本語で、同盟国アメリカの情報員だった人物から、「拉致問題は、日本が被害者救出を最優先の使命とするべきである。」は当然として、「アメリカは頼れる同盟国ではない。」と言われたことは、少なからず衝撃的でした。また、「それなりの理由」で、サングラスやマスクで顔を隠して登壇した元北朝鮮工作員から、「めぐみさんの母親に、なぐさめる言葉もかけられなかった。金正日独裁は、朝鮮人民だけでなく外国人も悲しませている。」との発言に、かって敵側にいた人物とは言え、同情を禁じ得ませんでした。

 左から西岡力救う会副会長、ジャーナリスト惠谷治氏、一人置いてアーサーブラウン元CIA東アジア部長、洪ホン早稲田大学客員教授、張哲賢韓国国家安保戦略研究所先任研究員(元統一戦線部員)
DSC05259.JPG

 第二部は、「今後の展望と拉致問題解決のための運動について」と題し、家族会・救う会・拉致議連、それに北朝鮮による拉致の疑いが在る失踪者に関する調査活動を続けている特定失踪者問題調査会から、それぞれ代表者による発言が行われました。

 家族会の皆さん(左)と拉致被害者発言する横田めぐみさんの母、早紀江さん(右)。
DSC05261.JPGDSC05269.JPG

 (左)左から古屋圭司自民党拉致問題対策特命委員長、中井洽民主党拉致問題対策本部長、西村眞吾拉致議連幹事長。(右)荒木和博特定失踪者問題調査会長。DSC05287.JPGDSC05301.JPG

金正日氏の映像報道について

昨日FNN(フジニュースネットワーク)の各報道番組で、金正日の長男、正男氏が今月パリに現れた時の映像が流れました。
FNNは、これまでも先月同氏が北京に現れた時や、その以前にマカオに滞在している時の様子、さらに一昨年には次男の正哲氏、その夫人と思われる女性、それに随行員らが、エリック・クラプトンコンサートを鑑賞しにドイツに現れた時も映像に収めており、この分野での取材力の強さを示しております。情報源には、某国情報機関が関係しているものと認識しております。

私も拉致問題や竹島問題を通じて朝鮮半島情勢に関心を抱く者として、この種の報道に注目をしております。ただ、単に興味深い映像に関心が集中するだけではいけないとも思います。
私は視点を二つに分けてみるべきと考えます。
一つは正男氏の動向とそれにリンクする金正日の病状、さらにそこから派生して権力の移行がどのように進んでいるのかという点。
もう一つは、その結果として今後5年あるいは10年の間、朝鮮半島情勢がどのように動き、そのことが日本の安全保障、そして拉致被害者救出にどのように影響して行くかという点です。

最近の一連の報道では、どうも前者に関心が集中し過ぎている印象を持ちます。
7日後には米大統領選が行われます。現状では民主党オバマ候補が優位に立っているようです。
日本人の中には、共和党をタカ派政権、民主党をハト派政権と思う人がいらっしゃるようですが、私は決してそうは思いません。14年前の北朝鮮核開発に端を発した危機の際、当時の民主党クリントン政権は、北朝鮮核施設に対する空爆、そして海上封鎖を真剣に検討していました。いつまでも話し合いだけに応じているわけではない、というのが民主党政権のイメージです。

我が国もそう遠くない将来、経済や福祉ではなく、安全保障が総選挙のメインテーマになる時が到来するでしょう。その時に備え、国民一人一人が、自国と自国民の安全保障について考えてみるべきであると思います。

区内で街宣激走中!

PA210023.jpg民主党東京都第一区総支部では、政治運動として区内における街宣活動を強化しております。私は、同支部の遊説担当として、街宣活動の企画及び運用の任に当たっております。

写真は、今月21日、白金高輪駅1番口(高輪支所側口)前での"トロイカ街宣"の様子です(写真提供:大塚たかあき)。

PA210025.jpg海江田万里総支部長、大塚たかあき都議(党港区支部長)それに私が順にマイクを廻しながら、民主党の政策、都政報告、区政報告を行いました。
現下の状況を反映してか、激励の声を頂いたり、ビラの受け取りが良かったりしますが、浮かれることなく地道に政策の可否を訴えていく努力を続けて参りたいと思います。

PA210024.jpg

拉致被害者帰国から6年

今日10月15日で、5人の北朝鮮拉致被害者が帰国して6年目になります。
当時私は、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会幹事として、被害者家族の皆さんと羽田空港のエプロンで、全日空チャーター便からタラップを降りて来る被害者の皆さんを出迎えました。

本当に感動的な場面でした。初めに地村夫妻が姿を見せた瞬間、ワーという感激の声が一帯に広がり、蓮池さん夫妻、曽我さんと続いて下りてきました。皆さんの顔は、それまで公開されていた写真とはおおよそ変わっており、25年という歳月の長さ、そしてその間のご苦労を感じました。大変失礼ながら、あまりの変わりように、私は最初曽我ひとみさんを見分けることが出来ませんでした。

あの感動から6年が経ち、しかしながら横田めぐみさんを初め他の拉致被害者の救出は果たせていません。折も折り、このタイミングでアメリカの対北朝鮮テロ支援国家指定が解除されてしまいました。日本国民としては正直残念ですし不満でもあります。
しかしながら、一連の拉致事件は、我が国の主権、また我が国民の人権に対する侵害であり、国民と政府、そして与野党を超え一丸となって拉致被害者の救出の為に行動しなければなりません。

確かに経済や社会福祉も重要な政治課題ですが、国民主権、基本的人権の尊重を憲法で謳うなら、拉致被害者の救出は何よりも重要な政治課題でしょう。そのことを日本国民は、もう一度思い起こすべきであると思います。

ALL page  1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34 

Home > 活動報告 > 政治活動

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る