Home > 【撫子日和】悲しみと涙の重さ

【撫子日和】悲しみと涙の重さ

<チャンネル桜>

 日本では今、河野談話の見直し気運が高まっているが、これに反発する勢力は良く、「慰­安婦にされたお婆さん達の悲しみ」を訴え、実証的な言論を封殺しようとしてくる。しか­し、強制連行や性奴隷などといったデタラメにより汚名を擦り付けられた「父祖の涙」は­どう考えているのだろうか?歴史上、世界各地どこにでもあった春をひさぐ女性達の涙と­、おそらく世界に類例がない、世代丸ごとが性犯罪者の汚名を被せられた男達の涙。ここ­には全く違う重さがあることを、女性の立場からも指摘させて頂きます。

Home > 【撫子日和】悲しみと涙の重さ

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る