Home > 活動報告 > 政務調査

政務調査

日米次世代会議プロジェクト

 松下政経塾政経研究所日米次世代会議プロジェクトが、参議院議員会館特別会議室で開催されました。
 講師としてライシャワー東アジア研究所所長、ジョンズ・ホプキンス大学教授でいらっしゃるケント・カルダー氏が招かれました(写真)。平成2年松下政経塾で、日本の国際貢献をテーマに行われた同氏の授業を私も受講した経験が有り、久し振りに恩師にお目にかかることができました。
DSC05947.JPG
 参加者は、山田宏杉並区長(2期生)、武正公一衆議院議員(民主 塾5期生)、徳永久志参議院議員(民主 塾7期生)、佐藤広典東京都議会議員(民主 塾21期生)など塾出身政治家、それにプロジェクトをサポートしてい頂いているPHP研究所研究員、事務局を務める同期の高橋仁君を初めとする政経研究所員などでした。

 今回のテーマは、Quiet crisis of the Japan-US alliance(日米同盟の静かなる危機)。講演及び配布資料から、要点を私なりに以下にまとめます。
①日米関係の構造が変化し、両国間の文化交流、人脈ネットワークが弱まってきている。
②ライシャワー元駐日大使は、アメリカは幅広く日本の政界と対談すべき、という考えを持ち、両国で政変があっても強い日米関係を続けることが出来た。
③グローバル化により、環境・テロ・安全保障・所得格差など両国の課題と利害関係が拡大していく。
④今後の日米関係のあり方については、米独関係が参考になる。文化交流が盛んで、ドイツのNGOが米国議員の招待などに力を入れている。ドイツは米国の信頼できる同盟国であると共に、欧州では先見的なリーダーである。
⑤日米同盟は、アジア太平洋のみならず、それ以外の地域でも、陸・海・空における安保協力が重要だ。

 講演後質疑応答とディスカッションが行われました。
山本:テロ・(中国などの)産業スパイ・投資情報など、情報面における日米同盟体制については。
カルダー氏:双方の情報交換を進めていくべきだが、情報のリークについてどのように対策を行うかが重要だ。日本にはスパイを取り締まる法律が無い。リーク対策のための効率的なシステムを考えるべき。
山本:北朝鮮への対応をめぐる日米間のパーセプションギャップ(見解の相違)により、米国に対する日本の世論が急速に冷めている印象がする。今後の日米同盟にとって危険だと考えるが。
カルダー氏:この面でも情報交換が必要だ。偵察衛星による情報、在日朝鮮人から北朝鮮への資金の流れ等。外務省・警察庁・防衛省などの間の情報の縦割りは避けるべき。拉致問題は悲惨な事件だ。しかし日米間に国益の違いが在るのも事実。拉致問題解決の為に、グローバルに考えて、中国や欧州を巻き込んで、人権問題としてもっと幅広く北朝鮮に圧力をかけるべき。米のテロ支援国家解除よりも、日本が世界銀行への拠出額第二位の国であるという事の方が大きな影響力があるのではないか。

 講演終了後、港区西麻布にある「くろさわ」(映画監督黒澤明氏がオーナーを務めた和食店)で夕食会を行いました。

GTT Watch 政策コロキアムに参加

 慶応義塾大学グローバルセキュリティ研究所主催による第1回GTT Watch 政策コロキアムに、昨9日参加致しました。
 この研究所G-SECとも呼ばれ、小泉政権で閣僚でいらした竹中平蔵同大学教授が所長を勤められています。
 またGTT Watchは、G-SECが総合研究開発機構(NIRA)から引き継いだデータベースプロジェクトで、世界のシンクタンクが英語で発行する政策研究論文等を中心に、その書誌情報を集録しています(G-SEC資料より)。このプロジェクトには、私が松下政経塾生時代に教わった曽根恭教同大学法学部教授も参加されています。

 今回のテーマは「知の仕掛けを考える-欧米のシンクタンクから何を学ぶか」で、講師は小池洋次日本経済新聞社論説副委員長でした。講師が齊藤将彦街美観研究会代表の親戚ということでご紹介を受け、この度の参加となりました。
 以下講師のお話を私なりに書き取った内容です。
①政策立案のベースは、インフォームド・パブリック(大衆に政策について啓発・周知がなされていること)とエビデンス(証拠・論拠)であり、政策立案を進める組織がシンクタンクである。
②国民一人ひとりが政策に対する意識を深めることが大切であり、そのためのアイデアや知の仕掛けを行う仕掛け人がシンクタンクである。
③欧米では、官間と民の間で人材移動が頻繁に行われている。
④政策形成のあり方が日米で違いが在り、不良品(良くない政策)についての立案過程への検証が米国では行われている。
⑤欧米のシンクタンクは、寄付を中心に運営され、その時々の政権をチェックしょうとするボランティア精神が持たれている。
⑥日本のシンクタンクは冬の時代と言われ、不況に入ると企業の調査・研究部門が削減されてしまう。
⑦最近の日本のシンクタンクとして、都市部を中心に活動する都市型・NPO型シンクタンクが在る。
⑧シンクタンクが成り立つかは、政策に対する意識が深いか否かで決まる。

 上述最後の⑧にあるとおり、政策に対する意識の深さが重要であると思います。特にこれは国民に言えることではないでしょうか。しかし、いきなり明日から、国民の皆さん政策に関心を持ちましょう、といって改善する状況にはありません。
 私は教育が重要であると思います。子供の時からのさることながら、大人に対しても教育、あるいは啓発は大事です。そのことを強く認識した勉強会でした。

自衛隊餅つき大会(市ヶ谷)

 市ヶ谷駐屯地・基地餅つき大会に、海江田万里党東京一区総支部長、渡辺専太郎港区議と出席致しました。
DSC05594.JPG
 私は、中学生の時より、港区防衛親交会に入会しておりましたが、今年同会顧問に就任させて頂きました。港区議会からは、他に渡辺議員(民主)それに森野弘司郎議員(自民)も顧問に就任しており、民主:自民が2:1という防衛関係では稀な状態となっております。
 会場では、自衛隊の将官クラス、佐官クラスの皆様より、貴重なお話を伺う機会を得ました。 今後も、港区民と自衛隊との親交を深めるために、活動して参りたいと思います。

 餅つきの様子。防衛省内隊員食堂にて。
DSC05582.JPGDSC05590.JPG
(左)市ヶ谷駐屯地・基地内で見かけた標語板。(右)防衛省正面の様子。DSC05632.JPGDSC05633.JPG

国基研会員の集いに参加

 財団法人国家基本問題研究所の会員の集いに参加して参りました。同研究所の理事長は、ジャーナリストの櫻井よしこ氏です。
 研究所設立の目的として、同研究所HPには、「連綿と続く日本文明を誇りとし、かつ、広い国際的視野に立って、日本のあり方を再考しようとするものです。同時に、国際情勢の大変化に対応するため、社会の各分野で機能不完全に陥りつつある日本を再生していきたいと思います。そこで国家が直面する基本問題を見詰め直そうとの見地から、国家基本問題研究所(国基研・JINF)を設立いたしました。」と記載されております。私もこの趣旨に賛同し、会員として入会致しました。

左から理事長櫻井よしこ理事長、 副理事長田久保忠衛副理事長、西岡力・潮匡人・遠藤浩一各企画委員(千代田区 東京會館にて)DSC05430.JPG

放置自転車対策キャンペーン/六本木ヒルズ水田視察

 麻布地区の生活安全と環境を守る協議会(皆川昌博会長)による、放置自転車対策キャンペーンが、地下鉄大江戸線赤羽橋駅前で行われました。同協議会に加盟している町会や商店会、事業者に加え、港区と警視庁の職員も参加し、早朝の出勤時間帯に啓発用のティッシュ配りや放置自転車に対する警告ステッカー貼りを行いました。

<左>赤羽橋駅中の橋口前の放置自転車の様子。<右>同駅赤羽橋口前におけるキャンペーンの様子。
DSC04950.JPGDSC04952.JPG
赤羽橋歩道上に止められている放置自転車に対する警告ステッカー貼り作業。
DSC04955.JPGDSC04956.JPG

 六本木ヒルズ内の施設屋上に在る水田を、自民党区議団の水野むねひろ議員、森野弘司郎議員と共に視察しました。視察にご協力頂きました管理者である森ビルの皆様に感謝申し上げます。

<左>六本木ヒルズシアター屋上に在る水田。<右>水野議員(中央)と森野議員(左)。
DSC04976.JPGDSC04980.JPG
<左>水田内をメダカが泳ぐ。<右>シアター屋上から見たテレビ朝日屋上(緑化)の様子。DSC04982.JPGDSC04992.JPG

松下政経塾シンポジウムへ参加

 松下政経塾のOB組織、松下政経塾員会の総会と、松下政経塾記念シンポジウムが、24日午前と午後、東京プリンスホテルで相次いで開催されました。

 有限責任中間法人松下政経塾員会は、松下政経塾出身者で構成され、現在の代表理事は逢沢一郎衆議院議員(自民党 岡山1区選出)です。私は事務局次長として同会の運営に参画しております。 総会では、平成19年度事業・決算・監査報告、平成20年度事業・予算計画案が、それぞれ承認されました。総会後の懇談会では、今後の塾員会の運営について参加者による自由討論が行われました。

 松下幸之助生誕記念 松下政経塾シンポジウムでは、「米国新政権の誕生と日米同盟の行方」と題し、塾員と日米両国専門家による基調講演とパネルディスカッションが行われました。
 シンポジウム終了後の懇親会では、久し振りに塾の先輩・同輩・後輩との語らいに花が咲きました。

DSC04909.JPG松下政経塾員会総会の様子。向かって右は逢沢一郎代表理事(1期生。自民党衆議院議員)、左は高橋秀明事務局長(2期生。元埼玉県知事特別秘書)。
DSC04911.JPGシンポジウム開会前のひととき。後列一番左は鈴木康友浜松市長(1期生)、二番目が奈良俊幸越前市長(6期生)。
DSC04912.JPG逢沢一郎自民党衆議院議員(1期生)による塾員代表挨拶。
DSC04924.JPGジャーナリスト櫻井よしこ氏による来賓挨拶。「政治が停滞しているが、日本は重要な所に立っている。日米安保存在の安住の上で考えるのは危険で、他国依存から脱却を。」
DSC04925.JPG山田宏杉並区長(2期生)による開催趣旨説明。

DSC04931.JPGパトリック・クローニン国家戦略研究所長による基調講演。「日米間の信頼欠如は同盟を損なう。北朝鮮情勢では、あらゆる緊急事態に日米で備えるべき。」
DSC04933.JPGフランク・シルフォジョージワシントン大学準副学長による基調講演。「米政権交代は、対テロについて調整をし直す機会だ。敵の力を弱め、中から崩壊させる手法を取るべきだ。」
DSC04934.JPGパネルディスカッションの様子。
DSC04942.JPG前原誠司民主党衆議院議員(8期生)がパネラーとして参加。「日米安保の範囲を確認し、自分の国は自分の力で守れる政治決断を日本が行うべき。」

横田めぐみさん拉致現場を視察

 拉致被害者、市川修一さんのお母様、市川トミさんが亡くなられました。心よりご冥福をお祈り致します。

 横田めぐみさんが、北朝鮮工作員に拉致されてから31年が経ちました。
 この日事件現場を視察しました。視察は、午後3時台と、また事件が起きた可能性が高い午後6時30分過ぎに、それぞれ一回ずつ行いました。以下の写真は、3時台を中心にに撮影したものです。

DSC04806.JPGめぐみさんが在籍していた新潟市立寄居中学校。事件が起きた昭和52年(1977年)11月15日、午後6時30分頃、友人二人と、校門手前に写る営所通りを向かって左手に進んだ。
DSC04811.JPG同級生A子さんはここで右折、めぐみさんとB子さんはそのまま直進した。
DSC04813.JPG西大畑交差点。B子さんはここで左折、以後めぐみさんは一人で自宅方向に直進した。
DSC04818.JPG運命のT字路(事件現場)。当時捜索に当たった新潟県警の警察犬が、寄居中校門から進み、この場所で動きを止めた。車に無理やり押し込まれたものと考えられる(推定午後6時35頃)。
DSC04875.JPG同じ場所における事件発生推定時刻の写真。現在は付近に街灯が在るが、当時は無く、夜は暗闇であったという。
DSC04823.JPG警察犬はマンホールの辺りでくるくる回り、それ以上先には進まなかった。めぐみさんの自宅は、向かって左手方向。
DSC04877.JPG同じ場所の事件発生推定時刻の写真。
DSC04825.JPG横田宅(当時)の隣家。事件当日の午後6時半過ぎに、この家の二階に下宿していた女子大生が、女性の悲鳴を聞いている。
DSC04840.JPG横田宅近くの寄居海岸、遠くかすかに佐渡島が見える。午後7時台に爆発音が響き、めぐみさんの母、早紀江さんを初め近隣住民も耳にしている。工作船のエンジン起動音かと思われる。事件からおよそ一年後、佐渡で曽我ひとみさんが拉致された。めぐみさんとひとみさんは、一時期北朝鮮の収容施設で生活を共にしている。

 また事件発生直前には、現場付近で不審な出来事も起きておりました。

DSC04810.JPG 寄居中学裏手の道。めぐみさん拉致事件が明らかになった後年、当時の同級生D子さんが、当日夕方この場所に不審な白い車が止まっていたことを思い出し証言している。白い車については、当日この周辺で複数回目撃証言が有る。
DSC04850.JPG事件が起きた営所通りから一本北側に位置するあいづ通り。めぐみさん拉致直前、近所の女子高生E子さんが、ここで背後から二人の男が迫る気配を感じ逃走。その際道路脇の空き地に止まっていた白い車を目撃。さらにその前、同日午後、付近でめぐみさんの同級生の母F子さんも、白い車に乗った不審者に危うく拉致されそうになった。

<対馬危機>国会議員勉強会に出席

 対馬危機をテーマにした国会議員の勉強会が、「真・保守政策研究会」(中川昭一会長)と「日本の領土を守るために行動する議員連盟」(山谷えり子会長)による共催により、昨日憲政記念会館(千代田区)で開催され、オブザーバー参加して参りました。

 講師として財部能成対馬市長が対馬の現状について報告を行いました。
 同市長は、「対馬の人口がかっての7万人から3万7千人に減少し、就労環境の悪化で、九州や大阪に働き手が行ってしまっている。韓国人観光客は8万~9万人、韓国資本による土地の買収は5500坪で、対馬全土の0.26%に当たっている。対馬は日本の防波堤として活躍して来た。対馬の保全は日本の領土の保全につながる。どうか対馬を見捨てないでほしい。」と訴え、新法として「国境離島振興法」の必要性を述べました。

 勉強会には、内閣府・国土交通省・総務省・外務省・防衛省・海上保安庁の各省庁からの担当者も出席、それぞれこれまでの対馬に対して行った政策について報告が行われました。
 また出席した議員からは、「韓国資本が日本人名義で土地購入する行為は、公正証書原本不実記載に当たるのではないか。」や「自衛隊基地のすぐ隣に外国資本のホテルが建てられること自体問題だ。基地と民有地の間にバッファーゾーンを造るべきではないか。」、「防人の島新法制定推進議員連盟を立ち上げるべきだ」といった発言が相次ぎました。

 今回の勉強会に至る前、新法について、国土交通省は「他地域も疲弊しており、対馬のためだけの法律は難しい。」、また韓国資本の土地買収について防衛省は「見回りをしているので問題ない。」という姿勢で、いずれも国境の島における安全保障という観点が抜け落ちている姿勢でした。私は官僚批判に終始することは好きではありませんし、全ての官僚を否定するつもりもありませんが、国益よりも自分の立場を優先するバカ官僚、略してバカンリョウには、対馬問題も、この国の安全保障も任せられない、我々地方議員は、地道に草の根の精神で頑張らなければいけないと痛感しました。

 なおオブザーバー参加した地方議員が「対馬を守る地方議員の会」を結成し、国会議員と連携しながら行動することになりました。

DSC04737.JPG配布された資料。
DSC04738.JPG会の冒頭挨拶をする平沼赳夫真・保守政策研究会最高顧問。
DSC04752.JPG対馬の現状報告を発表する財部能成対馬市長(右)。隣は作元義文対馬市議会国境離島活性化特別委員長。

対馬における韓国進出問題について

対馬で起きている問題について、最近新聞報道が相次いでおります。まず私のメルマガ、行動通信本年8月22日号の記事を転載します。

<ここより転載>
■対馬で現地視察
今月17日から20日まで、長崎県対馬に行って参りました。我が国の新しい中学社会科学習指導要領の解説書に竹島を明記したことに端を発した、いわゆる「竹島問題」により、韓国与野党国会議員50人による対馬も韓国領とする「対馬返還要求決議案」が発議され、また韓国退役軍人による対馬市役所前での自傷抗議活動も発生致しました。
対馬が韓国領であったという歴史的事実は無く、韓国側の決議案上程も抗議活動も暴挙としか言いようがありません。

超党派の日本会議地方議員連盟(会長 野村有信都議会議員)では、この問題に関して対馬現地における実態調査を目的に、対馬視察先遣隊(団長 小磯明都議会議員)を派遣することになり、私もその一員として参加致しました。先遣隊は、地方議員の他、会社員や主婦など総勢15名、港区議会からは私の他に森野弘司郎自民党区議、また民主党からは吉田康一郎都議会議員(中野区選出)、三野由美子藤沢市議会議員が参加致しました。

現地対馬では、韓国プサンとの直行船が就航した事も在り、近年韓国からの観光客が急増し、その意味では一見観光景気が良いかのように見えます。しかし観光客のゴミ捨て等のマナーの悪さが目立ち、対馬市民の間で不快感が広がっていました。
さらに問題なのは、近年の不景気で市民が所有する土地を手放すケースが目立っていることです。これらの土地は複数の日本人を経由し、韓国資本が購入していること、またその土地が対馬に在る自衛隊基地の隣接や周囲に集中していることを考えると、この取引に関わる人々に、ある種の意図を感じます。
現地で視察した土地の一つに、海上自衛隊対馬防備隊本部に隣接する真珠工場跡地が在りました。対馬は元来真珠の養殖が盛んで、この工場地には、かって天皇皇后両陛下もご訪問され、行啓記念碑も建てられています。
以前防衛省側は、基地拡張計画の関係で、この工場跡地の購入を検討していましたが、僅か数千万の予算が下りずモタモタしている間に売却され、今は韓国側の保養施設になってしまいました。日本国民でありながら、行啓記念碑を見ることもできなくなっています。
永年開催されて来た厳原港まつりも、いつの間にかアリラン祭と名称が変わり、祭りを主催する現地商工会の幹部も、その多くがいわゆる「アリラン派」で固められているような状況で、多くの市民や商工関係者が現状に不満を持っていても、公然と言えない状況が続いています。

私達は、この現状について、韓国側の動きに警戒をしつつも、長い間離島振興をなおざりにしてきた日本国の責任も大きいと考えています。従って今回の視察結果をベースに、かっての小笠原振興法の様な特別立法の制定を国に求めていく必要があると思います。
視察期間中表敬訪問した財部能成対馬市長も、報道陣を前に「国境離島振興法」の制定を国に働きかけていく姿勢を示しておりました。
私も地方議員として地域振興、また日本国民として領土保全との観点から、この動きを支援して参りたいと思います。
<ここまで転載>

以下は当時現場で撮影した写真です。メルマガではご紹介できませんでしたが、今回掲載致します。

DSC03193.JPG韓国資本に買収された自衛隊隣接地。韓国風の建物が見える。元は真珠工場で、天皇皇后両陛下行幸碑もこの中に有るが、日本国民でありながら入ることも見ることができない。

DSC03233.JPG韓国人活動家集団が自傷行為を行った現場。すぐ後ろには幼稚園が有る。

DSC03250.JPG対馬市内には、韓国飲食店の看板が目立つ。わざわざ日本に旅行に着てまで、韓国料理を食べる韓国人も珍しいが。それとも、ここは「韓国領」だから、韓国料理店が数多く有ってもいいと思っているのだろうか。

DSC03263.JPG街中のスーパー店内も、ハングルが目立つ。

DSC03294.JPG対馬沿岸に漂着する多数のゴミ。

DSC03292.JPG漂着した韓国のペットボトル。

なお先日閉会した港区議会第三回定例会期間中、決算特別委員会教育費審議にて、上記視察の報告を行った上で、港区で現在採用している教科書での領土の表記について、質疑を行いました。後日改めて詳細をご報告します。

ホームページ開設

いつも大変お世話になっております。
この度、私山本へるみのオフィシャルサイトを開設致しました。
ここでは、議員活動、地域活動、社会活動等を、皆様に分かりやすくお伝えしていきたいと思います。
私事ですが、今日で42歳になりました。決意を新たに、港区議会議員として皆様の負託応えるべく日々努力して参ります。
どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

ALL page  1   2   3   4   5   6   7 

Home > 活動報告 > 政務調査

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る