Home > 山本へるみの政策

山本へるみの政策

全力でムダを排除!!

ムダにNO!減税にYES!

1.すぐ行動!払い過ぎた税金、区民への皆さんへの還元策の立案

 平成25年度の港区の財政指数は1.3で、支出よりも収入が三割上回り、その分区民の皆さんは高すぎる税金を支払わされている状況です。払い過ぎた分を区民の皆さんへ還元するための方策、あるいは減税の実施を訴えます。

2.すぐ改善!歳費や政務活動費とは別に支給される費用弁償(事実上の「議員交通費」)の廃止へ

 前回達成できなかった公約です。一人当たりの港区議の年間歳費総額約730万、期 末手当(ボーナス)総額約300万、政務活動費総額180万、ここまでの合計1200万円。これらに加えて議会に出席する毎に支給される費用弁償(事実上の「議員交通費」)があり、一人一日4千円、全議員年間総額800万円以上(年間議会60日以上で計算)が支給されております。

3.すぐ一掃!繁華街などでの客引き行為、ゴミ不法投棄、路上放置看板、ポイ捨てタバコ、街頭落書き。

 六本木や新橋などの繁華街で横行する、これらの行為を一掃して参りたいと考えます。港区が関係機関と連携して、一層厳しい対応をしない限り、これらの問題は解決しません。現場感覚を区政に反映して参りたいと思います。

4.すぐ着手!港区にサービス付高齢者住宅の誘致、また民間保育園の誘致継続

 昨年より区内の医療法人にて、介護スタッフとして働かせて頂いておりますが、高富裕層のためでなく、また税金をばら撒く方法でもなく、普通の所得の人が普通に入居できるサービス付高齢者住宅の誘致を進めて参りたいと思います。
 また議員時代、待機児童解消のため民間保育園の誘致を訴えて参りましたが、港区はその後民設民営の保育施設を誘致し、265人いた待機児童数が47人(昨年4月1日現在)にまで減少致しました。この施策の継続を訴えます。

5.すぐ調査!地盤沈下の実態解明

 区内いたる所で地盤沈下や陥没が起きております。これらの実態を解明し、対応策を検討して参ります。

Home > 山本へるみの政策

フォト
このサイトを検索
アーカイブ
フィード

このページの先頭へ戻る